お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[gamescom]物語のように面白い? ゲーム開発者が振り返る「カジュアルゲームの歴史」とは
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/08/20 15:39

イベント

[gamescom]物語のように面白い? ゲーム開発者が振り返る「カジュアルゲームの歴史」とは

Michael Kalkowski氏(Founder,Managing and Creative Director,GameDuell)
画像集#002のサムネイル/[gamescom]物語のように面白い? ゲーム開発者が振り返る「カジュアルゲームの歴史」とは
 ドイツのケルンにて,8月21日(現地時間)からヨーロッパ最大のゲームイベント「gamescom 2013」が開催されるのだが,それに合わせて,ゲーム開発者向け国際会議の欧州版「Game Developers Conference Europe 2013」(以下,GDC Europe)が,同地にて8月19日から21日まで開催される。

 そのGDC Europe初日である19日には,「The Story of Casual Games」(カジュアルゲームの物語)という講演が行われた。講演者は,GameDuellというデベロッパのMichael Kalkowski氏。氏が所属するGameDuellはドイツのベルリンにあり,ソーシャルゲームのポータルサイトを運営/開発している企業である。
 Kalkowski氏による講演のテーマは,「カジュアルゲームの歴史を振り返る」というもの。いくつも企業やゲームタイトル,プラットフォームが登場しては栄枯盛衰を繰り広げるその様を,まるで物語のようだとKalkowski氏は述べる。同氏による講演の概要をレポートしよう。


Facebookで火が付いたカジュアルゲームの広がり

しかし転落もまた早かった


 Kalkowski氏が最初に紹介したのは,カジュアルゲームの売上の推移だ。1980年代にピークを迎えたのちに急激に落ち込み,その後はほぼ横ばいだったが,2000年を過ぎたあたりでものすごい勢いで成長し,現在に至るというグラフを示した。

Kalkowski氏が定義するカジュアルゲームの売り上げ推移。ゲームの多くがカジュアルだったとする1980年代を別とすれば,2000年代半ばの成長は劇的だ
画像集#003のサムネイル/[gamescom]物語のように面白い? ゲーム開発者が振り返る「カジュアルゲームの歴史」とは

 さらにKalkowski氏は,カジュアルゲームを,アーケード,コンシューマ,オンライン,ソーシャル,モバイルの5つプラットフォームに分類。Kalkowski氏が提示したグラフでは,新たなプラットフォームが誕生するたびにカジュアルゲームの売上が伸びていることが示されている。

2007年にFacebookがゲームプラットフォームとなったことで,カジュアルゲームは劇的な成長を遂げた
画像集#004のサムネイル/[gamescom]物語のように面白い? ゲーム開発者が振り返る「カジュアルゲームの歴史」とは
 とくに,Facebookでゲームが提供され始めた2007年を,Kalkowski氏は「特別な年」と呼び,これを境にカジュアルゲームの売上が,世界規模で急激に伸びたと述べる。
 当時,Facebookで提供されていたゲームのDAU(Daily Active Users)は,シミュレーションが全体の7割を占め,2009年にサービスが始まったZyngaの「FarmVille」がそれを牽引したという。

 FarmVilleは一時,DAUが3000万人を超え,その天下は長期にわたって続くのかと思われていたが,2010年には下降線をたどりはじめ,2012年にはその規模が絶頂時の6分の1近くになってしまったという。後継作品である「FarmVille 2」が2013年に提供されたものの,前作には遠く及ばない状況だ。
 FarmVilleに続く形でヒットしたのが「CityVille」だが,FarmVilleほどの盛り上がりはみられなかった。また,CityVilleのサービス開始時期は,FarmVilleのDAUが急激に落ち始めた時期と重なっているので,乗り換えたユーザーがかなりいることが推測できると,Kalkowski氏は指摘している。

FarmVilleとFarmVille 2のユーザー数推移グラフ(左)と,それにCityVilleのユーザー数を合わせたグラフ(右)。FarmVilleからCityVilleへと乗り換えたユーザーが多かったと,Kalkowski氏は推測する
画像集#005のサムネイル/[gamescom]物語のように面白い? ゲーム開発者が振り返る「カジュアルゲームの歴史」とは 画像集#006のサムネイル/[gamescom]物語のように面白い? ゲーム開発者が振り返る「カジュアルゲームの歴史」とは

Zyngaが株式公開した際のニュース映像。同社が株式公開した時点での企業価値は,70億ドルと見積もられたのだが……
画像集#007のサムネイル/[gamescom]物語のように面白い? ゲーム開発者が振り返る「カジュアルゲームの歴史」とは
 FarmVilleやCityVilleの開発元であるZyngaだが,2011年12月にIPOを果たすと,10億ドルの資金を調達した(関連記事)。これはアメリカのインターネット関連会社としては,Google以来の規模とのことで大きな話題になったので,このニュースを目にしたことのある読者も少なくないだろう。
 しかし,同社は2013年6月に18%のレイオフを発表。わずか数年で頂点から転げ落ちた。


カジュアルゲームの激動はしばらく続く

次を制するプラットフォームは?


 Facebookゲームに取って代わる勢力となったのはモバイルゲームだ。2007年に「iPhone」,2010年に「Nexus One」と「iPad」が発売されるなど,プラットフォームの拡大にともなって,カジュアルゲームの盟主の座をソーシャルから奪ったと,Kalkowski氏は述べる。
 新プラットフォームの登場に合わせて,カジュアルゲームの市場規模は拡大し続けている。Kalkowski氏はその市場規模について,「1980年代のアーケードゲームを『10』とすると,現在のモバイルゲームは『35万』になっている」と表現し,いかに巨大な市場となっているのかを示した。

モバイルゲームの次に来るカジュアルゲーム第6のプラットフォームはなにか?
画像集#008のサムネイル/[gamescom]物語のように面白い? ゲーム開発者が振り返る「カジュアルゲームの歴史」とは
 こうしてカジュアルゲームの歴史を振り返ると,2007年からはまさに「激動」といえる状況であり,トップのゲームや会社がめまぐるしく変わっているのが改めて分かる。このサイクルの速さはしばらく続くと,Kalkowski氏は予想しており,今後は「第6のプラットフォーム」が登場することで,カジュアルゲームの市場規模はさらに大きくなるとの予想を披露した。
 現在は「LINEゲーム」などに代表される,インスタントメッセンジャーと連動したゲームがはやり始めている。ではこれが第6のプラットフォームになるのかというと,Kalkowski氏はそうは考えていないと述べる。ただ,その根拠は示されなかった。

 Kalkowski氏の予想は楽観的なものであり,氏もそれを認めている。そのうえで,「未来のことは誰にも分からないので,ものすごい勢いで市場が急速に縮むこともありえるが,いずれにしろカジュアルゲームの歴史は,これからも面白いものになるだろう」と述べて,Kalkowski氏は講演を締めくくった。いずれにしても,カジュアルゲームを取り巻く激動の物語は,当分は終わりそうもなく,こちらもゲーマーを楽しませてくれそうだ。

GDC Europe 2013 公式サイト

gamescom 2013公式サイト

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月20日〜07月21日