オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ソニーが2019年度の連結業績を発表。ゲーム&ネットワークサービスは大幅減益,PlayStation 5は予定通り年末商戦向けに展開
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/05/13 18:47

ニュース

ソニーが2019年度の連結業績を発表。ゲーム&ネットワークサービスは大幅減益,PlayStation 5は予定通り年末商戦向けに展開

画像集#001のサムネイル/ソニーが2019年度の連結業績を発表。ゲーム&ネットワークサービスは大幅減益,PlayStation 5は予定通り年末商戦向けに展開
 ソニーは本日(2020年5月13日),決算・業績説明会を行い,同グループ会社の連結業績を発表した。

 全体での売上高は約8兆2599億円,営業利益は約8455億円で,いずれも昨年度と比べおよそ5%減。減収の主な原因としては,スマートフォンやテレビなどを取り扱うエレクトロニクス・プロダクツ&ソリューション部門と,PlayStationプラットフォームなどを取り扱うゲーム&ネットワークサービスの大幅減収が挙げられている。一方で,モバイル機器向けイメージセンサーを取り扱うイメージング&センシング・ソリューション部門は,大幅増収であるという。

 ゲーム&ネットワークサービス分野のみに絞れば,売上高は1兆9776億円,営業利益は2384億円。前年度と比べて,前者はマイナス3333億円(14%減),後者はマイナス727億円となる。減収の理由には,PS4ハードウェアおよびソフトウェアの失速や,為替の影響が挙げられている。
 結果としては,2018年度の業績説明会における次年度見通しの「売上高2兆3000億円・営業利益2800億円」を下回る形となった。しかし2016年度(売上高:1兆6498億円)や2015年度(売上高:1兆5519億円)と比べれば,まだ高水準を維持していると言える。

 世界的に経済ダメージをおよぼしている新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関しては,ゲーム&ネットワークサービス部門と映画部門にはプラス,ほかはマイナスで,とくにエレクトロニクス・プロダクツ&ソリューション部門と金融部門への影響が大きいとされている。
 このプラスは,外出せずに自宅でゲームや映画を楽しむ人が増えたことによるもののようだ。ゲーム&ネットワークサービス部門はPS4の販売やソフトウェア開発に多少の悪影響を受けたが,PlayStation Plusなどのネットワークサービスは伸長状態にあるとのこと。

 PlayStation 5については,年末商戦にあわせて発売する予定のまま,変更はないという。

ソニー公式サイトの投資家情報ページ

  • 関連タイトル:

    PS5本体

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月14日〜06月15日