パッケージ
Xbox Game Pass公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
100円ライターが買う。「お安く遊べるサービス」編
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2024/07/02 08:00

企画記事

100円ライターが買う。「お安く遊べるサービス」編

画像集 No.017のサムネイル画像 / 100円ライターが買う。「お安く遊べるサービス」編

 私は100円ライター。火をつける道具でも,ワンコインで働く物書きでもない。ただの“100円で遊べるゲームが好きなライター”だ。

 そう,ただただ金がない。目当てのゲームが豪華版やら店舗特典やらを展開してくださりやがるおかげで,稼いだ金はゲームに還元され,今月は食費すら怪しくなった。ここ数日はもっぱら小麦粉を混ぜて焼いたものにソースをかけて食っている。これがまた安くて腹持ちよくてウメえんだ。そんな食事になろうともゲームを買う手は止まらない。

 今日もまた,Steamやアプリストア,さらに100均やお菓子の裏紙など,(ほぼ)100円で遊べてしまうゲームたちを伝授しよう。


気になる名作が100円で遊べる!?
ゲームのサブスク「Game Pass」


 費用100円の制限がある以上,大作ゲームなんて望むべくもない。そう思っていたが世の中は案外優しいもので,ある日のこと4Gamer編集者に「100円でもAAAタイトル遊べるよ」と教えてもらった。

 それこそが「Xbox Game Pass」あるいは「PC Game Pass」と呼ばれる,Xbox提供の月額制(サブスクリプション)サービスだ。
 Game PassはXboxおよびPC向けタイトルのサブスクで,本来は月額850円(税込)だが,初回利用はなんと“14日間100円”で遊べる。

 えっ? マジっすか?

※注記:14日経過前にサービス利用を解除しないと自動継続のため注意
画像集 No.001のサムネイル画像 / 100円ライターが買う。「お安く遊べるサービス」編

画像集 No.002のサムネイル画像 / 100円ライターが買う。「お安く遊べるサービス」編

 マジだった。とりあえず登録してみたらちゃんと100円だった。最初に食費から削る人間にとって,サブスクを増やすことはかなり微妙な行為であるが,今はありがたく使わせていただこう。

 なお,「サブスクもアリならなんでもアリじゃねえか!」というお声も聞こえてきそうだが,当方はバーリトゥード(制限なし)スタイルでやらせていただいております。問題なくなったね。

 ということで実際にちょっと遊んでみると……おお。「Starfield」「モンスターハンターライズ」「Sea of Stars」なんてものまであるじゃないか。これらが100円で遊べるとか,今日は開店セールか? ほうほうとラインナップを眺めていると,とある作品に目がとまった。

画像集 No.003のサムネイル画像 / 100円ライターが買う。「お安く遊べるサービス」編

 それがこの「Humanity」である。ざっくり言うと“犬を操って,群衆たちをゴールまで導くパズルゲーム”で,昨年レビューを目にしたとき,なんとなく気にはなっていたが,結局買わずじまいだった作品だ。

 サブスクは,こういう「やりそうでやらなかったもの」との出会いがありがたい。たぶん,この機会がなければ忘れたままだった。

 というわけで思い立ったが吉日。さっそく体験してみよう。100円で遊びきろうと考えると,私には残り14日しかないのだ。

「ここで飛んで」「ここで曲がって」と犬で指示を出す。人を立体で交差させたりも
画像集 No.004のサムネイル画像 / 100円ライターが買う。「お安く遊べるサービス」編

 結果的に,このゲームは大当たりだった。

 自分が犬になって無限に現れる人々を導く――なんていう奇妙な世界観ながら,ゲーム自体の構成要素がシンプルでムダがなく,遊びやすい。ストレスなく思考に没頭できるので,夢中になって遊んでいた。

あと犬がかわいい。いつかビッグなライターになったらデカい大型犬を買いたい
画像集 No.005のサムネイル画像 / 100円ライターが買う。「お安く遊べるサービス」編

 Humanityを100円で楽しめただけでもかなり儲けもんだったが,出足がよかっただけに「せっかくだしやっておこう」なタイトルが加速度的に増えていく。そうなると,どう考えても14日では足りるわけがないし,足りなかったら毎月850円の請求が飛んでくるようになる。

 「ほら〜,ボクなら100円で遊べるよ〜」なんて甘い言葉に釣られてホイホイ登録してしまったが,う〜む。マズい。
 これは,一度知ると,もう抜け出せないかもしれない――。

「Xbox Game Pass」公式サイト




ついに0円ライター爆誕!
「ふりーむ!」でフリゲを遊びまくり


 原稿執筆の裏で,いきなり100円以上の出費が決まってしまったため,ここで昔の思い出にすがることにした。
 「お金がない! でもゲームやりたい!」というピュアなハートの小中高時代を支えてくれた,あのフリーな遊び場へと帰るときだ。

 そう。さまざまなゲームクリエイターが集う,フリーゲームがタダで遊べるネットの楽園,僕らの「ふりーむ!」へと――。

画像集 No.006のサムネイル画像 / 100円ライターが買う。「お安く遊べるサービス」編

 「ふりーむ!」は,「RPGツクール」などのソフトウェアによって制作された“フリーゲーム”が無料公開されているサイトだ。
 ここに陳列されている作品はすべて無料でプレイできるため,心ゆくまでゲームを楽しむことができる。

 「タダより高いもんはない」なんて言うけれど,同サイトにはタダより高いもん自体が置かれていない。永劫0円である。最高。

ゲームによってはダウンロードがいらず,ブラウザ上でも動作するタイプのものも。zipで落として,解凍して……みたいな手間いらずなのはうれしい(本作のふりーむページ)
画像集 No.007のサムネイル画像 / 100円ライターが買う。「お安く遊べるサービス」編

 フリーゲームという土壌は“だからこそ”の自由な作風と出会える。言ってしまえば,Steamなどで販売されるインディーゲームの界隈よりも,(イイ意味で)もっとカオスな作品群が展開されている。

最高
画像集 No.008のサムネイル画像 / 100円ライターが買う。「お安く遊べるサービス」編

こんなタイトルだが中身はけっこうしっかり。敵のイラストや各種テキストも凝られており,プレイしていて楽しかった(本作のふりーむページ)
画像集 No.009のサムネイル画像 / 100円ライターが買う。「お安く遊べるサービス」編

 それにしても楽しい。楽しすぎる。私はもともと「青鬼」「寄生ジョーカー」「ゆめにっき」なんかと育ってきた世代であるため,久々のフリゲ巡りで,自身の原点に立ち返ったような気持ちになれた。

 まさか,大人になってさらに金欠になったことで自らのオリジンと向き合うことになろうとは。人生一度は金をなくしてみるもんだ。

思えばこういうサウンドノベルを遊ぶのも久々だ。こちらはシナリオ展開もさることながら,絵も丁寧で魅力的。軽く遊べてしまう作品なのでぜひ(本作のふりーむページ)
画像集 No.010のサムネイル画像 / 100円ライターが買う。「お安く遊べるサービス」編

 しかし,そうこうしているうちに「なんだか無料で遊ばせてもらうのも悪いような気がしてきたなあ……」という罪悪感を覚えた。

 というか,なぁにが0円ライター爆誕だ。この企画は100円ライターだ。無料で遊んでいては企画倒れもいいところである。

「ふりーむ!」公式サイト



作者にお布施できちまうんだ。
この「BOOTH」ってとこならね


 というわけで,あれやこれやのステキなゲームを作ってくれた制作者の方々に,しっかりと還元できるサイトへと赴いた。

 その名は「BOOTH」。各種界隈のクリエイターが創作物を販売しているネットマーケットだ。利用している人は案外いるかもしれない。

私もちょこちょこ利用している。好きなイラストレーターさんが出してくれたTシャツとか,つい買っちゃうんですよね(小麦粉を混ぜて焼いたものを食べながら)
画像集 No.011のサムネイル画像 / 100円ライターが買う。「お安く遊べるサービス」編

 BOOTHにおけるゲームジャンルはというと,TRPGのシナリオ販売などをイメージする人がいるかもしれない。ただ,この場所にもけっこう“ツクール製のゲーム”なんかが出品されている。

 つまりはここも,ゲームの楽園の1つと言える。

「カテゴリ:ゲーム」「サブカテゴリ:PCゲーム」にすると検索しやすい。安く買えるものを探したいなら,下の価格を0〜500円くらいに設定しよう
画像集 No.012のサムネイル画像 / 100円ライターが買う。「お安く遊べるサービス」編

 ゲーム類は無料で出品されているものも多いが,なかには“投げ銭版”として作者を支援できるものや,設定資料集などの特典がついたバージョンに値段をつけて出品されているものもあったりする。

 有名なものだと「アクアリウムは踊らない」や「奇天烈相談ダイヤル」などは,無料版とは別に投げ銭版がある。
 しかもBOOTHなら“ブースト機能で好きな額を入力可能”。「このゲームおもしれえ!」と感激したら,大感謝のお気持ちで1000円でも60000円でも作者に支払うことができるわけだ。

「アクアリウムは踊らない」はSteam版,ふりーむ版もあるが,BOOTH以外ではお金を払うことはできないっぽい。でも500円か……さすがに100円じゃないしなあ……
画像集 No.013のサムネイル画像 / 100円ライターが買う。「お安く遊べるサービス」編

おっ! こうすれば100円っぽくなるじゃないか。解決解決
画像集 No.014のサムネイル画像 / 100円ライターが買う。「お安く遊べるサービス」編

 ……なんかいつの間にやら手から1000円が消えた気がするが,もちろんお金をかけなくたって遊べるゲームはたくさんある。

 個人的にいろいろ遊んだなかだと,「トイレットデストラクション」が非常にバカらしくておもしろかった。

“トイレに触ると爆発する呪い”にかかった少女の物語。なんだその設定
画像集 No.015のサムネイル画像 / 100円ライターが買う。「お安く遊べるサービス」編

冒頭からこれだもの。悪ふざけがすぎる。おもしろかったので投げ銭版も購入
画像集 No.016のサムネイル画像 / 100円ライターが買う。「お安く遊べるサービス」編

 ……あれ,なんやかんや金がどんどんなくなっている気が。いやべつに自制心がないとかじゃなくて,そう。“ボロは着てても心は錦”みたいなね。生業的にゲームに払うお金をケチったって仕方ないし,いい作品にはちゃんと払いたいし,お金の管理がだらしないとかじゃないし……。

 来月の支払い明細は今から恐れているが,小麦粉を混ぜて焼いたものにビビっていたら,ゲームのすばらしさなど届けられるものか。

「BOOTH」公式サイト


 私は100円ライター。火をつける道具でも,ワンコインで働く物書きでもない。ただの“100円で遊べるゲームが好きなライター”だ。

 今日もまた,100円で遊べるゲームを探しにゆく。

関連記事

100円ライターが買う。「100均は最高の遊び場」編

100円ライターが買う。「100均は最高の遊び場」編

 私は100円ライター。火をつける道具でも,ワンコインで働く物書きでもない。ただの“100円で遊べるゲームが好きなライター”だ。そんなわけで今回は,「100円で遊べるデジタル&アナログゲームのおすすめ」を紹介していく。

[2024/05/20 08:00]
  • 関連タイトル:

    Xbox Game Pass

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月14日〜07月15日