オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
eBASEBALLパワフルプロ野球2020公式サイトへ
  • KONAMI
  • 発売日:2020/07/09
  • 価格:通常版:7980円(税抜)
    パワフルエディション:9980円(税抜)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「eBASEBALL プロリーグ」,セ・リーグ第5節第2回戦の公式レポートが公開
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2021/01/07 22:00

リリース

「eBASEBALL プロリーグ」,セ・リーグ第5節第2回戦の公式レポートが公開

eBASEBALL プロリーグ
配信元 KONAMI 配信日 2021/01/07

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

DeNA、セ・リーグ優勝!!
「阪神vsDeNA」「中日vs広島」「巨人vsヤクルト」

 一般社団法人日本野球機構(以下、NPB)と株式会社コナミデジタルエンタテインメント(以下、 KONAMI)は、プロ野球eスポーツリーグ「eBASEBALL プロリーグ」2020シーズンの内、eペナントレース、セ・リーグ第5節第2回戦の3試合を、1月7日(木)20時から配信しましたので、下記に試合結果をお知らせいたします。

 セ・リーグ第5節第2回戦のカードは阪神vsDeNA、中日vs広島、巨人vsヤクルト。本日はその第3試合が行われました。
 第1カードは阪神vsDeNAによる首位攻防戦。今季無敗のDeNAのルーキー・辻が本日も大活躍しました。最初に試合を動かしたのは阪神・徳田。1回裏に1点を先制するも、無敗のルーキー・辻はここから勝負強さをみせます。2回表に連打で2点を奪い逆転すると、3回表には2者連続ソロホームランで2点を追加。更に最終回にも3本目のホームランでダメ押しの追加点をあげ、5−1の快勝。DeNA・辻は5勝1分で無敗記録を更新。そしてこの勝利によってDeNAが2年ぶり2度目となるeペナントレース、セ・リーグ優勝を決めました!
 第2カードは中日vs広島。中日・菅原と広島・伊勢家のキャプテン対決となった一戦。序盤、1回表に広島・伊勢家が2点を先制し主導権を握ると、3回表には起用した鈴木がソロホームランでさらに1点を追加。伊勢家は安定した守備も光り、完封。試合は終始ペースを握った広島・伊勢家が3−0で勝利をおさめました。
 そして第3カードは巨人vsヤクルト。eクライマックスシリーズへの進出を争う2チームの戦いは、1回から大きく動きます。1回表、ヤクルト・大川がソロホームランで1点を先制すると、その裏、巨人・吉田が起用する丸とウィーラーが2本のホームランで3点を返しすぐさま逆転。さらに3回裏に巨人にソロホームランが飛び出し、一気にヤクルトを突き放します。そのまま試合は終了し、4−1で巨人が勝利。勝利をおさめた巨人は、eクライマックスシリーズへの出場を決めました。

 また配信では、解説に佐伯貴弘が登場、試合と共に実況解説も盛り上がりをみせました。

 尚、明日1月8日(金)20時からは、eペナントレース、パ・リーグ第5節第2回戦の3試合が行われます。対戦カードはオリックスvsロッテ、楽天vs日本ハム、西武vsソフトバンク。明日はどのような熱いドラマが待っているのか、ますます目が離せません!!

<各試合結果>
■タイトル: 阪神 vs DeNA  (会場:甲子園球場)
■出場選手: 阪神・徳田 直也/DeNA・辻 晴
■スコア: 阪神 1―5 DeNA
■戦評:
 阪神とDeNAによる首位攻防戦の第2回戦。今季ここまで負けなしのDeNA・辻が快勝を収め、無敗を継続。この勝利によって、DeNAが2年ぶり2度目のeペナントレース セ・リーグ優勝を決めた。
1回裏、優勝に向けて2連勝が必要な阪神は幸先よく1点を先制するが、ここまで無敗のルーキー、DeNA・辻はこの日も打撃好調。2回表に連打で逆転すると、3回表には梶谷とソトの2者連続ソロホームランでリードを広げた。
追いかけたい阪神・徳田だったが、DeNAのOB選手の三浦から今永へと繋ぐ“阪神キラーリレー”の前に打線が振るわず。守備からリズムを作りたいところだったが、最終回には代打・宮?にダメ押しとなるソロホームランを許し、万事休す。DeNAが見事に逃げ切り、勝利を決めた。DeNAはeペナントレース初年度の2018シーズン以来となる、2年ぶり2度目のセ・リーグ王者へと輝いた。
 勝利したDeNA・辻は無敗の継続だけではなく、この試合3本塁打を放ったことでホームラン王争いでもトップに立った。敗れた阪神・徳田は今季戦績を1勝1敗3分とし、2年目のシーズンを五割の成績で終えた。

■試合後コメント:自身負けなしの5勝(1分)という戦績で、チームをリーグ優勝に導いたDeNA・辻選手
「チームメイトのおかげでこのような結果になったと思うので、みんな本当にありがとうと言いたいです。開幕前は良くて1勝できれば、というぐらいの気持ちだったので、サポートしてくれたチームメイトのみなさんに感謝しています」

画像集#001のサムネイル/「eBASEBALL プロリーグ」,セ・リーグ第5節第2回戦の公式レポートが公開 画像集#002のサムネイル/「eBASEBALL プロリーグ」,セ・リーグ第5節第2回戦の公式レポートが公開
画像集#003のサムネイル/「eBASEBALL プロリーグ」,セ・リーグ第5節第2回戦の公式レポートが公開 画像集#004のサムネイル/「eBASEBALL プロリーグ」,セ・リーグ第5節第2回戦の公式レポートが公開

■タイトル: 中日 vs 広島 (会場:クラウン)
■出場選手: 中日・菅原 翔太/広島・伊勢家 雄次
■スコア: 中日 0―3 広島
■戦評:
 中日と広島の第2回戦はキャプテン対決となったが、投打に広島・伊勢家が圧倒し勝利。このカードの対戦成績を1勝1分とした。
 広島・伊勢家は1回表、先頭長野の2ベースヒットを足掛かりにチャンスを広げると、ピレラの犠牲フライと坂倉のタイムリーヒットで2点を先制する。今季初勝利を目指し反撃したい中日・菅原だったが、安定したナイスピッチ率を誇る相手投手陣を前に得点を生み出せない。
 広島は2020年シーズンに支配下登録されたばかりの藤井黎をリリーフ登板させるなど、ポストシーズン進出の可能性が絶たれた中でも次に繋がる試合運びを披露。終始優位にゲームを進めた広島・伊勢家が3対0で完封勝ちを収めた。
 勝利した広島・伊勢家は今季の通算成績を4勝1敗1分とし、キャプテンとして最後までチームを牽引する戦いぶりを見せた。敗れた中日・菅原はこれで4敗1分となり、白星を挙げられないままシーズンを終えた。

■試合後コメント:自身4勝目となる白星を挙げた広島・伊勢家選手
「チームのeCS進出は無くなってしまいましたが、eペナントレースの大事な1試合を気を抜かないようにプレーをしました。(キャプテン対決となったが)相手の菅原選手の胸を借りるつもりで戦わせてもらいました」

画像集#005のサムネイル/「eBASEBALL プロリーグ」,セ・リーグ第5節第2回戦の公式レポートが公開 画像集#007のサムネイル/「eBASEBALL プロリーグ」,セ・リーグ第5節第2回戦の公式レポートが公開
画像集#006のサムネイル/「eBASEBALL プロリーグ」,セ・リーグ第5節第2回戦の公式レポートが公開 画像集#008のサムネイル/「eBASEBALL プロリーグ」,セ・リーグ第5節第2回戦の公式レポートが公開

■タイトル: 巨人 vs ヤクルト (会場:東京ドーム)
■出場選手: 巨人・吉田 友樹/ヤクルト・大川 泰広
■スコア: 巨人 4―1 ヤクルト
■戦評:
 セ・リーグ第5節、eクライマックスシリーズ進出を争う巨人とヤクルトの第2回戦は、長打攻勢で得点を重ねた巨人が勝利し、3位以内を確定させた。
 逆転でのAクラス入りのためには勝利が絶対条件のヤクルト・大川は1回表、村上のソロホームランで1点を先制。今季ここまで無敗を続けている状態の良さを見せつけ、勝利に向けて好発進を切る。
 しかし、この日は巨人・吉田が打撃で上回る。1回裏に丸とウィーラーの2本塁打で逆転に成功すると、3回裏には坂本にもソロホームランが飛び出し、一気にヤクルトを突き放す。守っては先発の戸郷から5投手のリレーで相手打線を初回の1点に抑え、4対1で逃げ切りに成功。巨人がこのカード2連勝でAクラス入りを決めた。
 勝利した巨人・吉田は大一番で高精度の打撃を披露し、自身の戦績は3勝2敗と今季の勝ち越しを決める勝利。敗れた大川はこれで3勝1敗2分とこの日が今季初黒星ながらも、Bクラスが決まる手痛い敗戦になってしまった。

■試合後コメント:チームのeクライマックスシリーズ進出を決める白星を手にした巨人・吉田選手
「練習から調子が良く、勝てると思って試合に臨めました。リーグ優勝を目標にやってきた中で、自分自身あまりチームに貢献できていなかったので、今日勝ってeCSの進出を決められたのでよかったです」

画像集#009のサムネイル/「eBASEBALL プロリーグ」,セ・リーグ第5節第2回戦の公式レポートが公開
画像集#010のサムネイル/「eBASEBALL プロリーグ」,セ・リーグ第5節第2回戦の公式レポートが公開 画像集#011のサムネイル/「eBASEBALL プロリーグ」,セ・リーグ第5節第2回戦の公式レポートが公開

★本日のピックアップ選手
横浜DeNAベイスターズ:辻 晴

■戦績: 5勝1分(20年シーズン、1/7現在)
■キャッチコピー:DeNAを愛する哀★球児

■プロフィール
2001年生まれ、東京都出身の18歳。今年、ドラフト1位でDeNAに入団した。データを生かしたプレー、予測できない投球、そして大好きなDeNA愛で、チームを盛り上げるルーキー!開幕からヤクルト相手に12−1の快勝から、怒涛の負けなし5勝1分という好成績をおさめる。本日は阪神相手に5−1で快勝し、ルーキーながらチームをリーグ優勝へ導いた立役者。ライバルは対戦成績が五分のヤクルト・矢吹選手。

■はみだしポイント
趣味はプロ野球観戦。好きなプロ野球選手は、努力の力量に感銘をうけた、倉本寿彦選手。パワプロ歴は7年。

「eBASEBALL プロリーグ」2020シーズン 配信チャンネル
【YouTube】
・KONAMIパワプロ・プロスピ公式チャンネルhttps://www.youtube.com/channel/UCWzEh28vj3mQKpe0fzVTOUw
・NPB eスポーツ公式チャンネル https://www.youtube.com/channel/UC2QZ_00ZrbRv_LiXIulpk1w

【OPENREC.tv】
・KONAMI公式チャンネル https://www.openrec.tv/user/KONAMI573ch

上記チャンネル以外にも、「スポーツブル」「パ・リーグTV」にて配信を行います。
※「パ・リーグTV」でご視聴いただく場合はご利用登録が必要となります。

「eBASEBALL プロリーグ」 について
「eBASEBALL プロリーグ」は、「実況パワフルプロ野球」シリーズを使用した、日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメント共催のプロ野球eスポーツリーグです。プロ野球12球団を代表するプロプレイヤー達が、実際のプロ野球同様にセ・リーグとパ・リーグに分かれ、日本一の座をかけて競います。
eスポーツを通して新しい野球の楽しみ方を提供することで、野球ファン拡大を目指すことを目的として開催するもので、今季3年目を迎える“もう一つのプロ野球”です。

著作権表記:(C)NPB (C)Konami Digital Entertainment
  • 関連タイトル:

    eBASEBALLパワフルプロ野球2020

  • 関連タイトル:

    eBASEBALLパワフルプロ野球2020

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月27日〜01月28日
タイトル評価ランキング
75
原神 (PC)
59
原神 (PS4)
50
LOST ARK (PC)
46
V4 (iPhone)
2020年07月〜2021年01月