オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
あつまれ どうぶつの森公式サイトへ
  • 任天堂
  • 発売日:2020/03/20
  • 価格:5980円(税別)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/02/21 15:14

イベント

「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に

 任天堂は2020年2月20日,「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」を配信し,同社が3月20日に発売するNintendo Switch用ソフト「あつまれ どうぶつの森」の詳細を公開した。本稿で,配信で明かされた情報を紹介しよう。

画像(001)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に

「あつまれ どうぶつの森」公式サイト


 配信の第1部では「無人島移住パッケージのサービス紹介」として,これまで公開された情報を含む,基本的なゲームの進め方や本作でできることが紹介された。
 プレイヤーは自分が暮らす無人島をいくつかの候補から選ぶことが可能で,その際に北半球エリア南半球エリアかを選択する。例えば4月だと北半球は春で南半球は秋,10月はその逆で北半球が秋で南半球は春といったように季節は異なり,どちらも四季の変化に伴って遊びや暮らしも変化していく。

画像(002)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に 画像(003)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に
画像(004)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に 画像(005)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に
画像(053)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に

 移住する島についたら,出迎えてくれたたぬきちまめきちつぶきちからオリエンテーションを受け,テントが支給される。好きな場所にテントを張れば,無人島生活の始まりだ。なお,ほかの移住者の場所探しを手伝うこともできるとのこと。

画像(057)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に
画像は配信をキャプチャしたもの
画像(054)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に
画像は配信をキャプチャしたもの
画像は配信をキャプチャしたもの
画像(059)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に 画像(058)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に

 無人島にはさまざまな施設がある。「案内所」は,生活雑貨の販売や不用品の買い取り,無人島生活のアドバイスといったサービスを提供する,移住者のためのサポート施設だ。DIYワークショップに参加すれば,集めた素材を使って,家具やアイテムなどをクラフトしたり,リメイクしたりできる。

画像(006)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に 画像(007)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に
画像(008)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に
画像(009)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に

 「飛行場」は,ローカル通信やインターネット通信を介してほかのプレイヤーを島に招いたり,逆にほかの島へ出向いたりが可能で,1つの島には最大8人で滞在できる。またこの施設には,島民にメッセージカードを送る郵便サービスもあるそうだ。

画像(010)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に
画像(011)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に
画像(012)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に 画像(013)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に

 無人島移住プランを取り仕切るたぬき開発は,さまざまな形で移住者たちをサポートしてくれる。新たに登場する「特製スマートフォン」は,カメラや地図,プレイヤーを安全なところまで送り届けてくれる「緊急脱出サービス」機能などが搭載された便利アイテム。こちらも新要素となる「たぬきマイレージ」は,たぬきちたちが提案する無人島の過ごし方に沿って行動するとマイルが溜まるサービスで,溜めたマイルは各種費用の支払いや案内所のタヌポートでの景品交換に使えるという。
 テントやスマホといった生活に役立つ道具の提供やマイレージサービスのほか,1日の始まりに島のトピックや生活のアドバイスといった情報を伝える島内放送でも,島民の生活をサポートしてくれるようだ。

画像(014)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に
画像(015)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に 画像(016)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に
画像(017)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に

 シリーズおなじみ,サソリやハチといった危険な生き物は島にも生息している。さらに本作には,夜になるとオバケが出現するらしい。配信を見るかぎり恐い存在ではなさそうだが,ともあれ夜の散策は要注意だ。
 シリーズおなじみといえば,流れ者(?)のジョニーは本作でも“漂流”してくる。さらに映像では,どこかで聞き覚えのある関西弁で話す「緊急脱出サービス」のオペレーターも。これまでのシリーズ作品のキャラクターがちょっと違った形で登場しているかも? という期待も高まる。

画像(055)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に
画像は配信をキャプチャしたもの
画像(056)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に
画像は配信をキャプチャしたもの

 加えてオプションサービスとして,自分の家を建てる「マイホームプラン」や,マイレージの景品で行くミステリーツアー「離島ツアー」,同じ島に暮らしているプレイヤーと一緒にパーティ(最大4人)を組んで探索できる「住人呼び出し」機能が用意されている。
 “同じ島に暮らしているプレイヤー”とは,1本のソフトを複数人で遊んでいる人のこと。本体1台とソフト1本があれば,家族で同じ島に生活できるようだ。

画像(018)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に 画像(019)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に
画像(020)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に 画像(021)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に
画像(022)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に
画像(023)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に

 スマートフォンアプリ「Nintendo Switch Online」とも連携し,「とびだせ どうぶつの森」「どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー」など,ニンテンドー3DSの「どうぶつの森」シリーズで作成したマイデザインのQRコードを読み取ることで,それらの作品で製作したデザインを本作で使えるようになるという。さらに,チャットやボイスチャットの機能もあり,それらのサービスは2020年3月中に開始する予定とのことだ。

画像(024)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に
画像(025)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に

 配信の第2部では「無人島発展イメージ」が紹介された。無人島では島の土地を販売したり,プレイヤー自身で勧誘したりすることで新たな移住者を受け入れられる。また,博物館や商店,仕立て屋やキャンプサイトなど新たな施設を誘致できるという。
 さらにゲームの進行に伴い,島の案内所もリニューアルされ,プレイヤーの家の増築やリフォームに加え,移転サービスも提供されるようになる。リニューアル後は,村運営サポートの経験豊富なスタッフとして,しずえさんが登場する。

画像(026)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に 画像(027)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に
画像(028)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に
画像(029)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に 画像(030)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に
画像(031)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に

 島には多くの観光客や行商人が訪れ,さまざまな来訪者が参加するイベントが予定されていることも明かされた。無料アップデートでは,季節限定のゲストが登場する特別なイベントも順次開催される予定とのこと。

画像(032)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に 画像(033)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に
画像(034)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に 画像(035)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に

 たぬき開発のサポートを受けつつ橋や階段などを作ってインフラを整え,島を発展させていくことで工事ライセンス「島クリエイター」を取得でき,今度は道路を敷設できるようになる。河川や崖の工事が可能となるライセンスも取得すれば,都市開発SLGやサンドボックス型のゲームのように,プレイヤー好みに島自体をクリエイトできるようだ。

画像(036)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に 画像(037)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に
画像(038)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に
画像(039)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に

 配信の第3部では,「あつまれ どうぶつの森」に寄せられる質問に答えるFAQが公開された。
 ここでは,まず本作が1台のNintendo Switchで最大8人までプレイできる遊べるということ,「どうぶつの森」シリーズの「amiibo」および「amiibo カード」に対応していることが紹介された。

画像(040)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に
画像(041)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に
画像(042)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に 画像(043)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に

 インターネットを介した「おでかけ」ではフレンド同士で遊べることはもちろん,ワンタイムパスワードを発行してフレンド以外の人とも遊べるようになっている。ほかのプレイヤーの島を勝手に開発できないよう,おでかけ中はオノやスコップを使用が制限されるが,「ベストフレンド」設定によってそれが解除され,フレンドと一緒に島の開発ができるようになるとのことだ。

画像(044)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に 画像(045)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に
画像(046)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に 画像(047)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に

 本作はNintendo Switch Onlineの「セーブデータお預かり」に対応していないが,サーバーにバックアップしたデータを復旧できるサービスを用意し,セーブデータのトラブルに対処するという。同サービスは後日提供予定とのこと。
 また,リリース後もに無料アップデートが行われることも明かされた。最初のアップデートは発売日の3月20日で,データの更新により4月のイースターイベントを楽しめる。さらに配信中のスマホアプリ「どうぶつの森 ポケットキャンプ」(iOS / Android)をプレイしている人向けのキャンペーンも予定しているとのことだ。

画像(048)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に 画像(049)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に
画像(050)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に
画像(051)「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」情報まとめ。住人との交流がより自由になり,島の開発というクリエイト要素が楽しめる作品に

「あつまれ どうぶつの森」公式サイト

  • 関連タイトル:

    あつまれ どうぶつの森

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月05日〜04月06日