オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ドラゴンクエストライバルズ公式サイトへ
読者の評価
56
投稿数:5
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「ドラゴンクエストライバルズ」,テンポゼシカデッキを紹介。特技カードのコンボで勝負を制する
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/11/21 08:00

攻略

「ドラゴンクエストライバルズ」,テンポゼシカデッキを紹介。特技カードのコンボで勝負を制する

 スクウェア・エニックスが配信しているスマートフォン向け対戦デジタルカードゲーム「ドラゴンクエストライバルズ」iOS / Android)。今回の記事では,現ランクマッチで人気の「テンポゼシカ」デッキを紹介する。筆者(ルネ)も,このデッキでレジェンド9位まで到達した。

■テンポゼシカとは?
ようじゅつしを採用したゼシカデッキの俗称。



デッキ内容


リーダー 説明
ゼシカ 紅蓮の火球:敵1体に3ダメージを与える

カード名 枚数 レアリティ
メラ 2 ノーマル
早詠みの杖 2 レア
ヒャド 2 ノーマル
みならいあくま 2 ノーマル
マジックフライ 2 ノーマル
メラミ 2 レア
イオ 2 ノーマル
イエローシックル 2 ノーマル
わらいぶくろ 2 レア
わたぼう 1 レジェンド
魔力の息吹 2 ノーマル
メラゾーマ 2 レア
きとうし 2 ノーマル
亡者のひとだま 2 ノーマル
ようじゅつし 2 スーパーレア
バラモス 1 レジェンド


「テンポゼシカ」じゅもん発行ページ



基本的な戦略


 このデッキの基本的な戦い方は,序盤をテンションスキルなどで凌ぎ,終盤は特技カードを使うたびに追加ダメージを与えられるようじゅつしや,みならいあくまとのコンボを決めて一気に盤面を制圧しつつ,相手リーダーの体力を削りきるというもの。序盤からユニットを展開して積極的に攻めていくタイプのデッキではないため,以前紹介したアグロゼシカとは動きが大きく異なる。

関連記事:「ドラゴンクエストライバルズ」レジェンドランク2位に到達したアグロゼシカデッキを紹介。レジェンドレアカードはわたぼうのみ


 序盤で意識するのは,毎ターンテンションを溜めながら動くこと。終盤にようじゅつしコンボで手札を大量に消費するため,手札リソースをできるだけ使わないことが重要となる。
 具体的には,先攻の場合,毎ターンテンションを溜めて,3ターン目にテンションスキルを撃てるようにしておきたい。後攻の場合は2ターン目にやることがなくなることが多いため,「テンションスキルをとりあえずリーダーに撃つ」という動きをしがちだが,これは厳禁だ。序盤のテンションスキルは「常に相手ユニットの除去に用いる」ということを覚えておこう。



 ちなみに,盤面のユニットを処理しておくというのは,4ターン目に亡者のひとだまを盤面に出すことへの準備でもある。というのも,“効果の対象にならない”という効果を持つ亡者のひとだまは,盤面のユニット以外で除去することが難しい。そのため,先攻でユニットのいない盤面に亡者のひとだまを召喚できれば,勝利にかなり近づいたといっても過言ではない。もし亡者のひとだまが手札になくても,相手の亡者のひとだまに対処できるようにきとうしを置くなどはしておきたい。



 5ターン目以降はようじゅつしコンボを狙っていく頃合だ。もし4ターン目にユニットを展開できていなくても,ようじゅつしと早詠みの杖のコンボなどで,相手の盤面を一掃することができる。
 また,ようじゅつしはHP6で耐久力があるため,返しの相手のターンで除去されにくいのが魅力だ。もし次のターンに生き残っているようであれば,特技カードを連発して一気に勝負を決めたい。もちろん,みならいあくまも積極的に絡めていきたいので,序盤とりあえずでこのカードを場に出す,なんてことはしないようにしよう。



 終盤まで勝負を決めきれなかった時は,フィニッシャーとしてバラモスが活躍してくれる。バラモスは特技ダメージ+3という恐るべきダメージブースト能力を持っているため,バラモスを展開した次のターンにメラミやメラゾーマといった特技カードを打ち込むことで,一気に相手リーダーにとどめを刺すことも可能だ。
 また,バラモスを出したターンでも0コストのメラやヒャド,もしくは早詠みの杖とのコンボでイオを撃つなどの動きは強烈なので,バラモスを出す展開になりそうであれば,これらのカードはとっておくといいだろう。


 このデッキでとくに重要なのが早詠みの杖の使い方だ。基本的にはようじゅつし,みならいあくま,バラモス,きとうしといったカードでのコンボで使うか,ほかに対処手段がない時の緊急回避用で使いたい。
 手札の内容が悪いときなど,早詠みの杖+魔力の息吹でカードを引いてしまいたい気持ちも分かるが,その使い方は効果が低いため,なるべくしないようにしよう。このカードを最大限に活かすのが,このデッキを扱うためのコツだ。


マリガン(引き直し)


■常にキープ
亡者のひとだま,ようじゅつし,わらいぶくろ

■対アグロデッキのみキープ
イエローシックル,マジックフライ

■対コントロールデッキのみキープ
魔力の息吹

 このデッキは,4ターン目に亡者のひとだま,5ターン目にようじゅつしを出す動きが強いので,基本はこれらのカードを探していくことになる。もっとも上記は大まかな基準なので,ようじゅつしが手札にある状態であればコンボパーツとして早詠みの杖をキープするなど,臨機応変に対応していきたい。



代用カードについて



 イエローシックルは対アグロデッキを意識したカードなので,特技を使うたびに攻撃力が上がるメイジキメラや,ミラーマッチで有用なセクシービームといったカードに変更するのもありだ。また,テリーとよく当たると感じたときは,カミュを入れてしまうのもありだろう。

著者紹介:ルネ
カードゲームやボードゲームの攻略・レビュー記事をメインに担当するフリーライター。第1回ドミニオン世界選手権優勝,第4回ドミニオン日本選手権優勝,HearthstoneのWESG2016 Asia-Pacific Final 3位入賞,日中対抗戦日本代表入りといった経歴に加え,その他複数のアーケードカードゲームで全国ランキング入りするなどの実績を持つ。ドラゴンクエストライバルズでは,史上2番目にレジェンドランクに到達した。主にアナログのカードゲーム/ボードゲームが大好物だが,コンシューマ,アーケードからソーシャルゲームまで,ゲームと名がつけば何でも食いつく雑食系。

「ドラゴンクエストライバルズ」公式サイト

「ドラゴンクエストライバルズ」ダウンロードページ

「ドラゴンクエストライバルズ」ダウンロードページ

  • 関連タイトル:

    ドラゴンクエストライバルズ

  • 関連タイトル:

    ドラゴンクエストライバルズ

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月13日〜11月14日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月