オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
縦持ちアクションを採用した「ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ」ファーストインプレッション
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/09/14 20:00

プレイレポート

縦持ちアクションを採用した「ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ」ファーストインプレッション

ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ
 フォワードワークスは,スマートフォン向け新作RPG「ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ」iOS / Android)の配信を,近日開始する予定だ。

 「ワイルドアームズ」といえば,1996年にPlayStation用ソフトとして発売され,西部劇とファンタジーを融合させた世界観や,ドラマチックなシナリオと音楽などで好評を博した“荒野と口笛のRPG”。のちにPlayStation 2やPSPなどでシリーズ作品が展開されてきた。本稿では,その最新作となる今作の開発版をもとに,ゲームのファーストインプレッションをお届けしよう。

「ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ」公式サイト

「ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ」ダウンロードページ

「ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ」ダウンロードページ



ロディの裏切りで幕を開ける衝撃的なプロローグ


 シリーズをとおして荒れ果てた惑星「ファルガイア」を舞台としていることもお馴染みのワイルドアームズ。今作のストーリーは,そのファルガイアに危機が迫り,第1作の主人公であるロディが仲間たちを裏切ったという衝撃的なプロローグで幕を開ける。

ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ
オープニングアニメーション
ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ
ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ

 プロローグ後,ロディがゴブ退治を引き受けるシーンに移行する。そしてシリーズ第3作の主人公であるヴァージニアが合流し,チュートリアルを兼ねたクエストへと出発……というのが序盤の流れだ。序盤からシリーズをまたいで主人公同士が行動を共にする展開は,ファンにも嬉しいポイントだろう。ちなみに,本作におけるキャラはガチャではなく,ストーリー進行に応じて加入する形式となっている。

正義感が強く快活なヴァージニア。半ば強引にロディについてくる
ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ


バトルシステムはアクションを採用

ジャスト回避やカウンターが興奮を高める


 ワイルドアームズシリーズにおけるバトルシステムは,基本的にターン制だったが,今作にはリアルタイム制のアクションバトルが採用されている。操作方法は,キャラクターの移動がスワイプ,通常攻撃がタップ,チャージ攻撃がロングタップ,回避がフリック,そしてパーティのキャラアイコンをタップすると場に出ているキャラと交代といった具合だ。
 敵の攻撃をギリギリのタイミングで回避すると「ジャスト回避」が発生し,一定時間無敵となる。敵の攻撃にうまく合わせてチャージ攻撃を繰り出した場合は「チャージカウンター」となって,敵をしばらくダウンさせられる。敵は攻撃を繰り出す直前に赤→白の順に発光するので,この白のときにチャージ攻撃を当てられればカウンター成功だ。

ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ

ARMとギアはパーティ編成画面でキャラにセットできる
ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ
 バトル中,各キャラがフォースゲージを最大まで溜めると,固有の「FA」(フォースアビリティ)を発動できるのも特徴だ。なお,ロディのFAはARMの攻撃力を一定時間アップする「ブーストアタック」,ヴァージニアのFAは通常攻撃が強力になる「ガトリング」という効果だった。

 そのほか装備品として「ARM」と「ギア」が存在。キャラは装備しているARMに応じたアクティブスキルを習得し,ギアによってステータスがより強化される。強力なARMとギアはガチャを通じて手に入れることになるようだ。

 なおARMは,クエスト前にセットすることを前提としている。アクティブスキルを使用するときはMPを消費するため乱発は禁物だが,「兄の貫く想い」は広範囲に近距離攻撃,「信念を貫く蒼の騎士」はミドルレンジの遠距離攻撃など,使いどころ次第では一発逆転も狙える重要な要素だ。

ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ


ファンサービスが随所から感じられるタイトル


筆者推しの「ワイルドアームズ セカンドイグニッション」より,リルカ
ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ
 ターン制の撤廃はファンからすると戸惑う面もあるかもしれないが,歴代のキャラを操作してフィールドを駆け回りながら,敵と戦っていくのは率直に言って楽しかった。ジャスト回避やチャージカウンターを使いこなし,ここぞという場面でARMやFAを発動してたたみかけるのは爽快感抜群だ。

 ストーリーに関してはネタバレ防止のため言及を避けるが,既存キャラの“らしさ”は保たれていて,今作オリジナルのキャラであるブリトニーも快活な性格で魅力的だ。各キャラの固有ストーリーを確認できるサブクエストも搭載されており,こちらも見逃せない要素となっている。

 音楽面もワイルドアームズを語るうえでは欠かせないところだが,今作でもなるけみちこ氏がサウンドを手がけているので,ファンはその部分でも懐かしさを味わいつつプレイに没頭できそうだ。そもそもスマホを片手に正式配信を待つ渡り鳥に説明は不要かもしれないが,オリジナルスタッフの金子彰史氏が制作総監修として開発に参加している時点で,期待せざるを得ない“シリーズ最新作”である。

ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ

「ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ」公式サイト

「ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ」ダウンロードページ

「ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ」ダウンロードページ



※画面は開発中のものです。
※ 「PlayStation(R)」は、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標です。

  • 関連タイトル:

    ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ

  • 関連タイトル:

    ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月15日〜11月16日