オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
結のほえほえゲーム演説:第85回「平成の子供達はどうしてドットの世界に夢を見たか」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/04/20 00:00

連載

結のほえほえゲーム演説:第85回「平成の子供達はどうしてドットの世界に夢を見たか」

画像(001)結のほえほえゲーム演説:第85回「平成の子供達はどうしてドットの世界に夢を見たか」

 ごきげんよう。女優・タレントとして活動しております,です。

 いよいよ平成が終わりますねぇ。平成において,ゲームの進化はめざましいものでした。グラフィックス表現の進歩,海外への躍進,スマートフォンへの進出……。昭和61年生まれの私は,この進化を肌で感じながら,ゲームと共に生きてきました。

ゲームと共に生きてきた
画像(004)結のほえほえゲーム演説:第85回「平成の子供達はどうしてドットの世界に夢を見たか」
画像(002)結のほえほえゲーム演説:第85回「平成の子供達はどうしてドットの世界に夢を見たか」

 私とゲームの出会いは,物心ついてすぐの頃。父親が買ってきたファミリーコンピュータ用ソフトの「スパルタンX」「ピンボール」を,ヘタクソながら一生懸命プレイしていました。そして幼稚園時代,「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」と運命の出会いを果たします。ドット表現の奥に,広大な世界とヒューマンドラマを感じ,何よりも夢中になりました。
 すっかり冒険の魅力にとりつかれた私は,歯医者に行くにも攻略本を持ち歩き,幼稚園ではスライムのイラストを描くように……。周囲の女の子がセーラームーンに憧れるなか,「ダイの大冒険」のマァムになりたかったのを覚えています。アクション,格闘,アドベンチャー,パズル……と多ジャンルのゲームを遊んでいましたが,とくにRPGと名のつくものに目がなく,片っ端から遊びました。「ファイナルファンタジーVI」「スーパーマリオRPG」「クロノ・トリガー」など,たくさんの名作との出会いは,私の心の血肉となっています。

 ドット表現や,短いテキストの中に,語られている以上のドラマを感じること。それは,“行間を読む”ことの美しさ,楽しさに似ているような気がします

 「ストリートファイター」「ギルティギア」で,キャラクターのプロフィールを暗記し,彼らの日常生活や心情を想像したり,「かまいたちの夜」「ダブルキャスト」をプレイした夜は,一人でトイレに行くことが怖くて仕方がなく,早足になったりしていました。

 中学高校と女子校に通っていた私は「ときめきメモリアル」で,いろんなデートを想像したりもしましたね。私の人生において絶対に手に入らない“学生デート”とは,どんなに楽しいものなのだろう……と。

 「どこでもいっしょ」トロと別れるときにはギャンギャンに号泣し,翌日学校を休んだこともあります。まだ身近な人間が亡くなったこともなく,恋人や友達と別れたこともなかった私にとって,あれは初めて経験した別れでした。

 繊細なグラフィックス表現が可能になった今,想像する楽しみが奪われてしまったようで,寂しさを感じることがないといえば嘘になります。だからこそ“想像する楽しみ”を大切に作っているゲームに出会えたときは,たまらなく嬉しいのです

 平成を生きてきた子供は,誰もが一度は言われたことがあるでしょう。「ゲームばっかりやってないで勉強しなさい!」「ゲームなんて将来役に立たないよ!」と。かくいう私も受験生の頃はゲーム禁止令が出たなぁ。塾帰りにこっそりゲーセンで「ポップンミュージック」をやっていたけど……。
 令和を生きる子供に同じことを言ったらどうなるのでしょう。「プロゲーマーになるもん!」「YouTuberになってゲーム配信するもん!」って言われるのかしら。少なくとも「役に立たない」と大声で一蹴することは難しい気がします。

 「好きなことで,生きていく」

 某広告で話題になったこのキャッチコピー。実は私,あまり好きではありません。はたから見たら,私の生き方も「好きなことで,生きていく」を地でいっているように見えるかもしれません。でも,私は“好きなことだけをやる”と“好きなことをやるために,好きじゃないことも我慢する”では,大きな違いがあると思うのです。私が,だめ,と言われつつも許される範囲で好きなものを満喫していたこと。これはかけがえのない経験だったはず。だから大好きなゲームにまつわる仕事において,たとえ意地悪な目に遭ったとしても,絶対に屈しない,めげないという決意を持って生きていけます。

 ゲームクリエーターは,限られた容量の中に作りたいものを詰めこんだことでしょう。子供達は,ゲームが必ずしも“良し”とされない時代に,遊びたいゲームを遊ぶために必死でした。

 制限の中で,想像力をフル回転する楽しさよ。

 年寄りくさいかな。分かってもらえないかな。意味分からないかな。でもね。

 平成の子供達は,ドットの世界に無限の物語を見ていたのです。

最近プレイしているゲーム(2019/4/20)
Nintendo Switch:「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
Nintendo Switch:「スプラトゥーン2
Nintendo Switch:「星のカービィ 夢の泉の物語」
iOS:「アークザラッド R
iOS:「ロマンシング サガ リ・ユニバース
iOS:「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ

■■結(女優・タレント)■■
女優・タレントとしてフリーランスで活動中。国内映画祭にて主演女優賞を多数受賞。幼少期からのゲーム好きが高じ,数多くのゲーム番組でMCを務め,イトキチ(糸吉)の愛称で親しまれている。

公式サイト:http://yui-monogatari.com/
公式Twitter:https://twitter.com/xxxjyururixxx
ニコニコチャンネル「結チャンネル」:http://ch.nicovideo.jp/yuichannel
  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月24日〜05月25日