オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
FINAL FANTASY VII REMAKE公式サイトへ
  • スクウェア・エニックス
  • 発売日:2020/04/10
  • 価格:パッケージ版:8980円+税
    ダウンロード版:8980円+税
    パッケージ&フィギュアセット:3万3980円+税
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
準備中
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
名曲をジャズアレンジで堪能できた「Billboard Live presents SQUARE ENIX JAZZ -FINAL FANTASY VII-」をレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/02/12 14:08

イベント

名曲をジャズアレンジで堪能できた「Billboard Live presents SQUARE ENIX JAZZ -FINAL FANTASY VII-」をレポート

 2020年4月10日にスクウェア・エニックスより,「FINAL FANTASY VII」(以下,FFVII)のリメイクとなるPlayStation 4用ソフト「FINAL FANTASY VII REMAKE」(以下,FF VIIR)がいよいよ発売される。
 「FFVII」と言えば個性豊かなキャラクターや奥深い物語だけでなく,心を沸かせる多彩なBGMも魅力の1つだろう。「SQUARE ENIX JAZZ」シリーズ第3弾として,本作の人気BGMの数々をジャズアレンジで楽しめるCD「SQUARE ENIX JAZZ -FINAL FANTASY VII-」が1月22日に発売されている。
 そんな「FFVII」×ジャズの世界を,生演奏で楽しめるライブイベント「Billboard Live presents SQUARE ENIX JAZZ -FINAL FANTASY VII-」が,2月8,9日に東京で開催された。本稿では,2月8日の昼の部の模様を紹介しよう。
 2月15日の大阪公演に行く予定の人は,ネタバレになってしまうので注意してほしい。

撮影:MASANORI FUJIKAWA
画像(001)名曲をジャズアレンジで堪能できた「Billboard Live presents SQUARE ENIX JAZZ -FINAL FANTASY VII-」をレポート

「Billboard Live presents SQUARE ENIX JAZZ -FINAL FANTASY VII-」

■期間/会場
2020年2月8日(土),9(日)/各2公演
Billboard Live TOKYO
2020年2月15日(土)/2公演
Billboard Live OSAKA

■演奏
トロンボーン:中川英二郎
ベース:川村竜
ドラム:髭白健
ピアノ:宮本貴奈(東京)/ 森丘ヒロキ(大阪)
ギター:鈴木直人
サックス・フルート:庵原良司


 筆者はジャズライブに参加するのが初めてのため少し緊張していたのだが,いざ会場につくと演奏を心待ちにしているファンの和やかな空気で満たされており,ワクワク感の方がずっと大きくなった。
 ライブそのものは美味しい料理やお酒に舌鼓を打ちつつ,ジャズの音色に身を任せるもので,筆者のようなジャズ初心者でもカジュアルに楽しめる内容だ。

 ライブの1曲目から最初のムービーで流れる「オープニング〜爆破ミッション」が演奏され,客席のボルテージは急上昇する。続く「神羅カンパニー」では,来場者は演奏に合わせて身体を揺らすなどして,思い思いに演奏を楽しんでいた。
 大編成のオーケストラと違って,1つ1つの楽器の演奏がより際立つのもジャズならではの楽しさで,ソロ演奏のときは自然と客席から拍手が沸く。

画像(002)名曲をジャズアレンジで堪能できた「Billboard Live presents SQUARE ENIX JAZZ -FINAL FANTASY VII-」をレポート 画像(003)名曲をジャズアレンジで堪能できた「Billboard Live presents SQUARE ENIX JAZZ -FINAL FANTASY VII-」をレポート

オープニング〜爆破ミッション
作曲:植松伸夫
編曲:中川英二郎

神羅カンパニー
作曲:植松伸夫
編曲:川村竜


 編曲を担当した中川氏と川村氏によると,今回のメンバーで演奏するのは3回目となるため,各演奏者のプレイがイメージでき,アレンジがやりやすかったと語る。また「FFVII」はファンの熱量の高い作品ということで,より編曲にも力が入ったそうだ。

 続いてはフィールドBGM「F.F.VIIメインテーマ」と一部の町で聴ける「旅の途中で」から,ボス戦で多く使用される「更に闘う者達」という緩急のある楽曲が演奏された。
 ゲーム中に何度となく聴いていた曲だけに,さまざまな思い出がよみがえって感慨深い気持ちになる。

画像(005)名曲をジャズアレンジで堪能できた「Billboard Live presents SQUARE ENIX JAZZ -FINAL FANTASY VII-」をレポート

F.F.VIIメインテーマ
作曲:植松伸夫
編曲:中川英二郎

旅の途中で
作曲:植松伸夫
編曲:中川英二郎

更に闘う者達
作曲:植松伸夫
編曲:川村竜


 ヒロインコーナーではティファとエアリスどちらのテーマを演奏するか,ファンの拍手の大きさで決める投票も。どちらにも盛大な拍手が送られて,結果的に両方を演奏してもらえることになった。
 川村氏はシリーズのファンで「FFVII」もやりこんでいるそうだが,ユフィ派であることを宣言すると,こちらにも賛同の大きな拍手が沸いた。

画像(004)名曲をジャズアレンジで堪能できた「Billboard Live presents SQUARE ENIX JAZZ -FINAL FANTASY VII-」をレポート

ティファのテーマ
作曲:植松伸夫
編曲:中川英二郎

エアリスのテーマ
作曲:植松伸夫
編曲:川村竜


 最後は特に人気が高い「片翼の天使」と「メインテーマ(FINAL FANTASY SERIES)」が演奏され,大盛況のなかライブが終了の時間を迎える。しかし拍手が鳴りやまず,演奏家たちは再び舞台へ。
 アンコール曲としてシリーズ通してファンが1番聴いている「ファンファーレ」が披露され,観客も手拍子をして一緒に音楽を作り,温かな空気のなかライブは幕を閉じた。

画像(006)名曲をジャズアレンジで堪能できた「Billboard Live presents SQUARE ENIX JAZZ -FINAL FANTASY VII-」をレポート
画像(007)名曲をジャズアレンジで堪能できた「Billboard Live presents SQUARE ENIX JAZZ -FINAL FANTASY VII-」をレポート

片翼の天使
作曲:植松伸夫
編曲:川村竜

メインテーマ(FINAL FANTASY SERIES)
作曲:植松伸夫
編曲:中川英二郎

ファンファーレ
作曲:植松伸夫
編曲:中川英二郎


 15日の大阪公演のチケットはBillboard Live OSAKAのサイトで発売中なので,気になる人はチェックしよう。
 残念ながら会場に行けないという人は今回演奏したものも含む,全12曲が収録されたCD「Billboard Live presents SQUARE ENIX JAZZ -FINAL FANTASY VII-」で,「FFVII」×ジャズの世界を満喫してほしい。

画像(008)名曲をジャズアレンジで堪能できた「Billboard Live presents SQUARE ENIX JAZZ -FINAL FANTASY VII-」をレポート
画像(009)名曲をジャズアレンジで堪能できた「Billboard Live presents SQUARE ENIX JAZZ -FINAL FANTASY VII-」をレポート
  • 関連タイトル:

    FINAL FANTASY VII REMAKE

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月20日〜02月21日
タイトル評価ランキング
89
84
DEATH STRANDING (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年08月〜2020年02月