オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2019年この1枚
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/12/28 00:35

連載

ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2019年この1枚



フリーランス
川田宏行

代表作:「妖怪道中記」,「ワルキューレの伝説」,「ウイニングラン」,「ポッ拳」,「PAC-MAN CHAMPIONSHIP EDITION 2」,「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U」,「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」など

●Prepared Wave / 川島基宏

画像(020)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2019年この1枚
 今年の私のイチオシは「ベア・ナックル」シリーズなどゲーム音楽を多く手がけるコンポーザー、川島基宏氏の初のソロプロジェクトアルバム「Prepared Wave」。エレクトリック。ですね。クラブミュージック。然り。ミニマル。とも言えるでしょう。アブストラクト。う〜ん、新しいですもんね。
 そんなことはどうでもいいんです。ただただ無性にかっこいい! それに尽きるんです。無機的なパターンで奏でられた、それでいて躍動するセンテンスのもたらすエクスタシー。媚びないフレーズと電子音でこれでもかとたたみ掛けてくるその音楽は、前衛的などといった言葉の枠や壁をはるかに飛び越えて有機的でまるでファンクミュージックのようなうねりを伴って襲いかかってきます。
 ここでひとつ川島氏ワールドが完成形を迎えた、最初に聴いてそう確信した2019年の終わりを締めくくるに値するアルバム。11月のライブに続き2020年2月15日開催の「東京ゲーム音楽ショー」でも販売、また近日中にiTunes他にて配信予定とのこと。開発中と報じられている「ベア・ナックルIV」での川島氏のサウンドへの期待もいやがうえにも膨らんでしまいますね!

画像(021)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2019年この1枚
→公式サイトでチェック
Prepared Wave / 川島基宏
[発売日]2019年11月2日
[価格]2000円(税抜)
[発売元]Mvorak Records
(C)2019 Mvorak Records



ノーストリリア
菊田裕樹

代表作:「聖剣伝説2」,「双界儀」,「シャイニング・ハーツ」,「Indivisible」,「ソウルキャリバーV」など

●SQUARE ENIX ACOUSTIC ARRANGEMENTS

画像(022)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2019年この1枚
 運指や音域などさまざまな要素が絡んだ理由により、僕の楽曲は実際の生楽器で演奏するのが難しいのですが、このアルバムに収録された楽曲は、どれも見事なアレンジと演奏だと唸らされましたね。愛情と熱意なくしてはできない仕事。脱帽というか、素直に嬉しいです。

画像(007)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2019年この1枚
→Amazon.co.jpで購入
SQUARE ENIX ACOUSTIC ARRANGEMENTS
[発売日]2019年10月2日
[価格]3000円(税抜)
[発売元]スクウェア・エニックス
(C)1991, 1992, 1993, 1994, 1995, 1996, 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

【関連記事】ミュージック フロム ゲームワールド:Track 189



ベイシスケイプ
菊池幸範

代表作:「十三機兵防衛圏」,「最果てのバベル」など

●キャラバンストーリーズ オリジナル・サウンドトラック Vol.8

画像(023)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2019年この1枚
 2019年にリリース2周年を迎えた「キャラバンストーリーズ」8枚めのサウンドトラック。ただ今「キャラスト」はPS4版/PC版/スマホ版にて展開されています。ベイシスケイプではどんな風に音作りしてるのか自分も所属するまでわからなかったけど、綿密で丁寧なサウンドディレクションのあとは、とても自由な制作環境にあります。例えば、DAWは全員違ったりするし、音源の統一や指定も一切なし。作曲からミックスまで作家本人が行っています。これが彩り豊かで一曲一曲が個性際立ち、聴き込めるサントラとなっている理由では!? それに加え近年、プラグイン音源のハイクオリティ化があると自分は考えています。繊細に表現できる音色の選択によるフィールド曲などの雰囲気の豊かさ。最新のオーケストラ音源にEDM以降に流行した鮮明で力強い音源をあわせて、バトル曲などに使用すると、とてもいい感じ。これからのゲームサウンドの可能性や進化のチカラにときめきます。映像の向上との相乗効果でファンタジーRPGの感動も、より色鮮やかに心に残っていくと思いますね。キャラストの美麗な世界を思い浮かべながら、8枚178曲の宝石箱をぜひ開いてみてください♪ イベントやエリアが広がるごとに新曲が追加され続けているので、個人的には9枚めと10枚めも期待してしまう〜♪

画像(024)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2019年この1枚
→エビテンで購入
キャラバンストーリーズ オリジナル・サウンドトラック Vol.8
[発売日]2019年1月30日
[価格]2000円(税抜)
[発売元]ベイシスケイプレコーズ
(C)Aiming Inc.



フリーランス
清田愛未

代表作:「ゼノブレイド」シリーズ,「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズ,「ポケパークWii 〜ピカチュウの大冒険〜」,「ファイナルファンタジーソングブックまほろば」,「グランブルーファンタジー 蒼の少女編・暁の空編」(ED作詞)など

●VOICES 2 / 清田愛未

画像(025)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2019年この1枚
 清田はサントラで造語コーラスを使った曲を作らせていただくことが多いです(「ゼノブレイド」の「燐光の地ザトール」「ザンザ」等)。今回、清田の造語コーラスを山盛りに使ったオリジナルコーラスアルバムをリリースいたしました。少年風コーラス、ブルガリアンコーラス、いろいろ歌っています。ゲームサントラでも活躍なさっている和楽器ユニットHIDE×HIDEさんや、ドラムの岡島俊治さんにも参加していただきました。ミックスはTHE BLACK MAGESで活躍なさっていた福井健一郎さん。民族調、神秘系他、EDMなど、いろいろな曲調の楽曲を収録しています。

画像(026)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2019年この1枚
→Amazon.co.jpで購入
VOICES 2 / 清田愛未
[発売日]2019年11月20日
[価格]1800円(税込)
[発売元]Manamaru Records



ベイシスケイプ
工藤吉三

代表作:「十三機兵防衛圏」,「朧村正」,「グランナイツヒストリー」,「GITADORA」シリーズ,「雷電V」,「キャラバンストーリーズ」など

●Gris(Original Game Soundtrack)

画像(027)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2019年この1枚
 ほぼゲームプレイ中に文字情報が存在しない本作ですが、アート的な側面以上に「喪失からの再生」というコンセプトをビジュアルと共に音楽の力によって強く突きつけられる作品になっています。アコースティックでありながらミニマルで音響的なサウンドやインタラクティブな変化を含めたデザインの巧さも聴きどころですが、一番強く心を揺さぶられたのは声の扱いによるコンセプトの表現でした。
 「Gris, Pt. 1」では2声の美しいボーカルのハーモニーが、あるきっかけを機に、答えのない呼びかけを残し消え、エンディングの「Gris, Pt. 2」ではソロボーカルが形を変え、最終的には力強い2声のハーモニーに到達するようなデザインになっています。「喪失からの再生」というコンセプトを明確に表している一方で、Pt. 2の「再生」に至っても、歓喜や安堵のようなニュアンスは薄く、あくまで悲しみを乗り越えたうえでの強さをという楽想が「喪失からの再生」とは何かを自分自身に問われるようでした。最後までコンセプトは暗示的ではあるものの、これほどまでに文字情報がなくてもストーリーやプレイヤー自身へ深く浸透していく何かを感じさせるのは音楽の力によるものでしょう。

画像(028)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2019年この1枚
→Amazon.co.jpで購入
Gris(Original Game Soundtrack)
[発売日]2018年12月13日
※2019年にアナログ盤が発売(受注生産)
[価格]デジタル版:900円(税込)
[発売元]Berlinist
(C)2018 Nomada Studio. All Rights Reserved.



フリーランス
小塩広和(COSIO)

代表作:「グルーヴコースター ワイワイパーティー!!!!」,「スペースインベーダー インフィニティジーン」シリーズ,「アリス・ギア・アイギス」,「戦国アクションパズル DJノブナガ」など

●アリス・ギア・アイギス オリジナルサウンドトラック Vol.2
●ドールズフロントライン「オリジナル・サウンドトラック (音楽:Vanguard Sound)」

画像(029)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2019年この1枚
 1枚めは例によって自己推薦枠で恐縮ですが、去年から配信されているスマホ向けアクション「アリス・ギア・アイギス」のサントラの第2弾です。通常のスマホゲームではローンチ時にある程度まとめて曲を制作し、その後はイベントなどに応じて少しずつ曲を追加していくという形が多いのですが、「アリス・ギア・アイギス」に関してはサービス開始から2年を待たずにローンチ時よりも追加曲の方が多い(笑)ということで、Vol.1を上回る3枚組!!! それだけこのタイトルが異色……失礼、楽曲に力を入れていることがわかりますね。今回のバトル曲の新曲「Indigo Brunhild」は現・ZUNTATAメンバーのバトル曲をシメる(!)つもりで作った曲なので、ぜひ聴いてみてください。またZUNTATAの先輩方による高難易度作戦のバトルBGMも聴きどころ抜群です。個人的にはオケ曲のイメージが強い、なかやまらいでんさんの楽曲「Monkshood」などが「そう来るか!」という感じで面白かったです。
 もう1枚は「ドールズフロントライン」のサントラです。とあるイベントでこのアルバムの曲を知り、とても良かったので推薦に入れました。珍しく曲から先に触れて、あとからゲームを知ったというタイトルです。ゲームの方はもともと中国の会社が制作しており、そのため楽曲も中国のサウンド制作会社によって作られているところがポイントです。ゲームは女子×ミリタリーな感じなので、楽曲はオケ中心のいわゆるミリタリー系を想像してしまうのですが、このゲームではその路線ではなく近未来的なエレクトロ中心な楽曲に仕上げているところが非常に興味深いです。とくに「Safety First」はエレクトロ系シューティングBGMの代表作「エースコンバット3」を彷彿とさせる曲で非常に大好物ですね! 今の中国ゲーム楽曲の構成やクオリティだけでなく、そのセンスをうかがい知ることができて非常に勉強になります。これから中国進出を見据えている作曲家の方々、いかがでしょうか?(笑)

画像(030)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2019年この1枚
→Amazon.co.jpで購入
アリス・ギア・アイギス オリジナルサウンドトラック Vol.2
[発売日]2019年10月24日
[価格]3500円(税抜)
[発売元]ZUNTATA RECORDS
(C)TAITO CORPORATION 2019 ALL RIGHTS RESERVED.
(C)Pyramid,Inc. / COLOPL,Inc

画像(019)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2019年この1枚
→Amazon.co.jpで購入
ドールズフロントライン「オリジナル・サウンドトラック (音楽:Vanguard Sound)」
[発売日]2019年7月24日
[価格]3000円(税抜)
[発売元]ビクターエンタテインメント
(C)SUNBORN Network Technology Co., Ltd. (C) SUNBORN Japan Co., Ltd.

【関連記事】ミュージック フロム ゲームワールド:Track 190
【関連記事】ミュージック フロム ゲームワールド:Track 183



ユニークノート
小見山優子

代表作:「MONSTER HUNTER WORLD: ICEBORNE」などの「モンスターハンター」シリーズ,「ファイナルファンタジー レコードキーパー」,「キングダムハーツ0.2」,「ロックマンX7・X8」など

●実況パワフルプロ野球 VOCAL TRACKS -パワプロ 25th Anniversary Edition-

画像(031)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2019年この1枚
 音楽を担当をしていた高校からの友人、弓島隆子さんが「パワプロ11」のOP「Pride」を作曲しており、キャッチーで素敵なメロディだったのを嬉しくも悔しくも思ったのを覚えてます。ボーカリストのラインナップときたらすごい! 「ほっとけないよ」の東野純直さん、「ガンダム第08MS小隊」主題歌の米倉千尋さん、ウルトラマン主題歌ユニット「Voyager」の瀬下千晶さん、「夢をかなえてドラえもん」のmaoさん……と豪華な顔ぶれです。

画像(032)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2019年この1枚
→Amazon.co.jpで購入
実況パワフルプロ野球 VOCAL TRACKS -パワプロ 25th Anniversary Edition-
[発売日]2019年12月11日
[価格]2750円(税込)
[発売元]KONAMI
(C)Konami Digital Entertainment



フリーランス
佐藤 豪

代表作:「アカとブルー TYPE-R」,「#コンパス 【戦闘摂理解析システム】」,「雷電II」,「VIPER PHASE ONE」など

●彩京 ARCADE SOUND DIGITAL COLLECTION Vol.4

画像(033)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2019年この1枚
 またこの季節がやってきました。今年も数々のゲーム音楽CDが発売されましたね。その中で自分が選んだのは「彩京 ARCADE SOUND DIGITAL COLLECTION Vol.4」です。「ストライカーズ」シリーズの曲を今こうやって改めて聴くと、当時気がつかなかった良さに気づかされるなど新しい発見がありますね。そして何より基板の音がこうやって聴けるのは、やはりいいものです! デジタル録音されたとのことで、音質もメチャクチャ良いんですよ。当時をリアルタイムで過ごされた人達にも、もちろん聴いてほしいですが、若い世代でシューティングゲームの音楽の良さを知った方々に、「ストライカーズ」シリーズの楽曲もぜひ聴いてほしいなと思います。

画像(034)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2019年この1枚
→Amazon.co.jpで購入
彩京 ARCADE SOUND DIGITAL COLLECTION Vol.4
[発売日]2019年2月27日
[価格]2500円(税抜)
[発売元]クラリスディスク
(C)1999 Psikyo Produced by CITY CONNECTION CO., LTD.



ノイジークローク
佐藤 聡

代表作:「Alice Closet」,「オンエア!」,「MONKEY KING ヒーロー・イズ・バック」(SE),「きららファンタジア」(SE)など

●DEEMO ピアノコレクション

画像(035)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2019年この1枚
 ノイジークロークの佐藤 聡です。音ゲーが世の中に浸透して約20年ほど経ち、その分野も今では様々なものがある中、本作ほど「ピアノ」をメインに据えた音ゲータイトルは無いのではないでしょうか。ピアノが弾けなくとも、プレイすればまるで自分が「弾いたような」感覚が心地よく、素晴らしい楽曲ばかりです。今回のピアノアレンジも適度な難易度で、弾いてみたくなるような内容になっていると思います。壮大なオーケストラから、ロック、EDM、ワールドミュージックまで、ゲーム音楽はあらゆるジャンルを網羅しておりますが、ふと原点に帰る気持ちで、ぜひこのピアノアレンジを多くの方に知っておいていただきたいです!

画像(036)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2019年この1枚
→Amazon.co.jpで購入
DEEMO ピアノコレクション
[発売日]2019年3月27日
[価格]2700円(税抜)
[発売元]ヤマハミュージックコミュニケーションズ
(C)Rayark Inc.



DETUNE
佐野電磁

代表作:「鉄拳3」,「リッジレーサー」,「ドラッグ・オン・ドラグーン」,「グルーヴコースター」,「KORG Gadget for Nintendo Switch」など

●R4 -THE 20TH ANNIV. SOUNDS-
●beatmania IIDX 26 Rootage Original Soundtrack

画像(037)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2019年この1枚
 「R4 -THE 20TH ANNIV. SOUNDS-」の「Lucid Rhythms(#GadgetSwitch Remix)」はKORG Gadget for Nintendo Switchのみで作りました。先日リリースされた「beatmania IIDX 27」の「Duration」もKORG Gadget for Nintendo Switchのみ。とにかくホメて! 「beatmania IIDX 26 Rootage Original Soundtrack」の「From Time To Time (To Time Mix)」では、10年来のロングミックスが作りたいという思いが叶いました。
 そうそう、「いたずらガチョウがやって来た!」の曲(ドビュッシー!)と鳴らし方がめちゃめちゃゲームに合っていて良かった! ゲームも最高!

画像(038)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2019年この1枚
→Amazon.co.jpで購入
R4 -THE 20TH ANNIV. SOUNDS-
[発売日]2019年3月21日
[価格]3600円(税抜)
[発売元]SweepRecord
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

画像(039)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2019年この1枚
→Amazon.co.jpで購入
beatmania IIDX 26 Rootage Original Soundtrack
[発売日]2019年6月5日
[価格]5478円(税込)
[発売元]KONAMI
(C)Konami Amusement (C)Konami Digital Entertainment

【関連記事】ミュージック フロム ゲームワールド:Track 172



ユニークノート
柴田徹也

代表作:「デビル メイ クライ 2,3,4」,「モンスターハンター」,「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」,「メルクストーリア -癒術士と鈴のしらべ-」,「FINAL FANTASY XV」など

●ウクレレによる「ドラゴンクエスト」すぎやまこういち

画像(040)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2019年この1枚
 「ドラゴンクエストI〜XI」の楽曲からセレクションした「ウクレレ」による演奏アルバムです。昔のファミコン音源のお馴染みの楽曲から最新のオーケストラアレンジの楽曲までを、シンプルで素朴なウクレレアレンジで聴くことができます。ウクレレの素朴で美しい音色で聴いても、どの楽曲もやはり名曲とわかる楽曲ばかりで、「ドラクエ」の楽曲がもはや「ゲーム音楽」という概念すら変えていることに気付かされ、改めて感動しました!

画像(041)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2019年この1枚
→Amazon.co.jpで購入
ウクレレによる「ドラゴンクエスト」すぎやまこういち
[発売日]2019年8月7日
[価格]2500円(税抜)
[発売元]キングレコード
(C)ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO

【関連記事】ミュージック フロム ゲームワールド:Track 184



タイトーサウンドチームZUNTATA
下田 祐

代表作:「ラクガキ キングダム」,「アリス・ギア・アイギス」,「たけしの挑戦状」(TAITO CLASSICS版 追加BGM),「ロックマン9 野望の復活!!」,「エスカ&ロジーのアトリエ 〜黄昏の空の錬金術士〜」など

●SAMURAI SPIRITS オリジナルサウンドトラック

画像(042)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2019年この1枚
 11年ぶりとなる「サムライスピリッツ」シリーズ新作のサウンドトラック。ゲーム内容もBGMも初代を強く意識されていて昔からのファンには嬉しい一枚です。牙神幻十郎の「鬼囃子」、千両狂死郎の「座頭」、柳生十兵衛の「竹林の里」など、和楽器生演奏ならではの緩急、長い間の取り方があって、それがゲーム中の差し合いの緊張感、キャラクターの個性を高めていて良いです。

画像(043)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2019年この1枚
→Amazon.co.jpで購入
SAMURAI SPIRITS オリジナルサウンドトラック
[発売日]2019年6月27日
[価格]2750円(税込)
[発売元]SNK
(C)SNK CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.



ノイジークローク
白澤 亮

代表作:「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS」,「ブラックスター -Theater Starless-」など

●SNK ARCADE SOUND DIGITAL COLLECTION Vol.5

画像(044)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2019年この1枚
 20年以上前なのに未だに超必殺技のコマンドを覚えているほどプレイしたゲーム。2枚組で合計72曲を収録!(やりすぎ) DISC1は「餓狼伝説」、DISC2のうち30曲は「餓狼伝説2」、残り8曲が「餓狼伝説SPECIAL」の曲といった具合です。盤面には当時のゲーム画面が敷き詰めるようにデザインされていて、懐かしい記憶が蘇ります。ブックレットには素晴らしい楽曲を作られた田中敬一さんの当時の苦労話やエピソードも書き綴られておりました。ゲームのオリジナル音源のみの収録ですが、当時ゲームではあまりよく聴こえなかったボイスがこちらのサントラではものすごく鮮明に聴こえます。作りこまれた音の数々、今聴いてもしびれますねぇ。

画像(045)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2019年この1枚
→Amazon.co.jpで購入
SNK ARCADE SOUND DIGITAL COLLECTION Vol.5
[発売日]2019年8月28日
[価格]3200円(税抜)
[発売元]クラリスディスク
(C)SNK CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.



スタジオエデン
杉浦勇紀

代表作:「アズールレーン クロスウェーブ」,「Death end re;Quest」,「薄桜鬼 真改」,「DIABOLIK LOVERS」,「ネプテューヌ」シリーズなど

●FINAL FANTASY VII ORIGINAL SOUNDTRACK REVIVAL DISC

画像(046)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2019年この1枚
 「FINAL FANTASY VII」のサントラがなかったら、今の自分はいただろうか。いや、いない。そう断言できる、まさしく神アルバムです。なんなんでしょこのパワー。今聴いても新しく感じます。なぜこんなにもいいのか? 今回改めて聴き、バトルなど爽快な曲、ダークな曲、滑稽な曲、泣ける曲など、途方もなく曲が多いのに、全体の楽曲のバランスがいいことに気がつきました。自分も1本のゲームを作曲する際、全体のトーンを大事にするうえで、とくに滑稽な曲などは、どこまでやっていいのか非常に難しいのですが、「FINAL FANTASY VII」は楽曲演出の最高のお手本だと思います。来年のリメイク版も楽しみです!

画像(047)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2019年この1枚
→Amazon.co.jpで購入
FINAL FANTASY VII ORIGINAL SOUNDTRACK REVIVAL DISC
[発売日]2019年7月24日
[価格]5000円(税抜)
[発売元]スクウェア・エニックス
(C1997, 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA
ILLUSTRATION:(C)1997 YOSHITAKA AMANO



GAMADELIC
せいんと☆ぴーち(桃井聖司)

代表作:「ヘラクレスの栄光III 神々の沈黙」,「ヘラクレスの栄光IV 神々からの贈り物」,「ウィザードリィVI&VII コンプリート」,「ブレイブサーガ2」,「メテオス」,「大乱闘スマッシュブラザーズX」

●実況パワフルプロ野球 VOCAL TRACKS -パワプロ 25th Anniversary Edition-

画像(096)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2019年この1枚
 「パワプロ」25周年を記念して発売されたメモリアルアルバム。2001年発売の「パワプロ8」から歴代の主題歌たちが、このアルバムに大集結しています。「パワプロ」の主題歌といえば、甲子園の吹奏楽応援曲としても使われる大人気曲。なかなかの名作揃いです。
 その中でもとくにオススメなのが、「実況パワフルプロ野球2018」主題歌の「Brand New Sky」。それまでのシリーズの明るいポップロック路線とは一線を画し、4つ打ちリズムの上で展開されるキャッチーなメロディと洒落乙なコード進行、クラシカルなストリングスによるオブリガートとEDM的なシンセのシーケンスが交錯する絶妙なアレンジなど、どこを取っても最高の出来映え。そしてこの曲の吹奏楽アレンジがこれまた素晴らしいのですが、吹奏楽音源までは残念ながらここに収録されていません。
 「パワプロ」ファン、野球ファンはもとより、そうでない人にもぜひ聴いていただきたい1枚です。

画像(032)ミュージック フロム ゲームワールド:特別企画 ゲーム音楽コンポーザーが選ぶ2019年この1枚
→Amazon.co.jpで購入
実況パワフルプロ野球 VOCAL TRACKS -パワプロ 25th Anniversary Edition-
[発売日]2019年12月11日
[価格]2750円(税込)
[発売元]KONAMI
(C)Konami Digital Entertainment

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月26日〜01月27日
タイトル評価ランキング
88
84
DEATH STRANDING (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年07月〜2020年01月