オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
城とドラゴン公式サイトへ
  • アソビズム
  • 発売日:2015/02/05
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
ミュージック フロム ゲームワールド:Track 44
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/02/12 12:00

連載

ミュージック フロム ゲームワールド:Track 44

ミュージック フロム ゲームワールド


 バレンタインシーズンには国生さゆりの「バレンタイン・キッス」やPerfumeの「チョコレイト・ディスコ」が定番ですが,ここ数年,筆者がこの時期の定番曲として聴いているのが「恋と選挙とチョコレート」のグランドエンディング曲が収録された唯一のアルバム「CHOCOLATE SONGS」です。……という,非モテギャルゲートークはさておき,皆様のバレンタイン決戦の成功を祈りつつ,今週の「ミュージック フロム ゲームワールド」をビター&スウィートにお届けします!


TVCMでおなじみの“あの曲”が聴けるサントラがこれ!

「城とドラゴン オリジナルサウンドトラック」


タイトル 城とドラゴン オリジナルサウンドトラック ミュージック フロム ゲームワールド:Track 44
発売日 2015年12月22日
価格 1300円(税抜)
発売元 アソビズム
コピーライト (C)2015 Asobism Co., Ltd. All Rights Reserved.

 2015年2月に配信が開始され,累計320万ダウンロードを記録しているスマホ向けアプリ「城とドラゴン」iOS/Android)。TVCMで流れるテーマ曲が注目を集め,さまざまなキャラグッズが展開されるなど,高い人気を得ているタイトルの1つです。
 戦略を立てながらキャラを配置し,3分間で敵城を攻め落とすというライトなゲーム展開ながらも,空き時間についついプレイしてしまう中毒性の高さも魅力。そんな本作のサントラがリリースされたので,今週の1枚めは“あのテーマ曲”も聴ける「城とドラゴン オリジナルサウンドトラック」を紹介します!

 輪郭のくっきりしたシンプルなメロディと,RPG黎明期を思わせる雰囲気を持つ楽曲が,本作のBGMの特徴。作・編曲は,ピュアサウンド在籍時に「バイオハザード CODE:Veronica」「サモンナイト」シリーズでSEを,「サモンナイト クラフトソード物語」シリーズでは楽曲を手掛けた松岡耕平氏。現在はアソビズムに所属し,同社で配信中の「ドラゴンポーカー」iOS/Android)の音楽も作曲しています。

 1曲めは,長らくCD化が望まれていた「城とドラゴン テーマソング」。3拍子に乗って「し〜ろ〜と〜ど〜らごん〜」と歌われるこの曲,その独特の歌詞と懐かしさを感じさせる寂しげなメロディに,聴き覚えのある人も多いことでしょう。さらに,サントラ化を記念して,ラストに“完全版”と題された4分超えのフルバージョンも収録。とにかく,1回聴いただけでメロディが頭から離れなくなるインパクトがたまりません。ボーカルはジャケットにも登場している安留 咲ちゃんが担当しています。

 BGMはケルト音楽を参考にしているようで,切ないメロディの「城下町」や,街の賑わいが感じられる温かさにあふれた「城下町郊外」等,ファンタジーRPGの雰囲気にぴったりな楽曲が満載。行進曲のような前奏からアイルランド風のメロディが飛び出してくる「防衛作戦」は,終盤にリズムパートが消えてメロディだけを前面に出すなど,予測不可能な展開に驚かされる1曲です。

 クセになるエスニック調のフレーズが登場する「バトル『砂漠の魔人』」や,フルートのリードフレーズに耳を奪われる「バトル『森の怪人』」等,多数収録されたバトル曲も聞き逃せない曲が揃っています。
 全体的に民族楽器を多用したアレンジが,中世ファンタジー世界を舞台にした本作の世界観をばっちり演出しており,それぞれの曲からストーリーを感じられるのも魅力の1枚です。


「城とドラゴン」公式サイト


トラックリストを見る

1
城とドラゴン テーマソング
2
城下町
3
酒場
4
防衛作戦
5
城下町郊外
6
バトル〜出撃!
7
バトル「草原」
8
バトル「草原」〜決戦
9
バトル「砂漠の魔人」
10
バトル「砂漠の魔人」〜決戦
11
バトル「森の怪人」
12
バトル「森の怪人」〜決戦
13
バトル「廃墟のオバケ」
14
バトル「廃墟のオバケ」〜決戦
15
バトル〜勝利
16
バトル〜敗北
17
城とドラゴン テーマソング 完全版
18
城とドラゴン テーマソング 完全版 inst.



音楽には性別も世代も関係なし!

「オトカドール オトカミュージックコレクション」


タイトル オトカドール オトカミュージックコレクション ミュージック フロム ゲームワールド:Track 44
発売日 2015年12月16日
価格 3000円(税抜)
発売元 日本コロムビア
コピーライト (C)Konami Digital Entertainment

 まるで少女マンガ雑誌の表紙がそのまま筐体になったような,女の子向けアーケードゲーム「オトカドール」。明らかに対象に含まれない筆者は,これまではデパート内のゲームコーナーで小さな女の子がプレイしているのを背後からチラ見するだけでしたが,待望のソングコレクションがリリースされたことで,堂々と本作の音楽を楽しめるようになりました。というわけで,今週の2枚めはその「オトカドール オトカミュージックコレクション」をご紹介!

 作・編曲とサウンドプロデュースは「pop'n music」シリーズの楽曲でお馴染みの村井聖夜氏が担当。ボーカルは「ポップンミュージックボーカリストオーディション」に合格し,同シリーズの多くの楽曲で歌唱を担当しているNU-KO。ゲームに登場する多数のキャラに合わせ,ボーカルスタイルを自在に変化させて歌い上げており,さしずめ“七色の声を操る,うたのお姉さん”といったところ。

 DISC1のトップを飾る「オトカドール 〜このゆびとまれ〜」は,楽曲が放つキラキラ感がまぶしいセンセーショナルな王道デジタルポップで,「オトカドール」を代表する1曲。3曲めの「Healing Tree」はアコギを取り入れた,優しく癒されるドリームポップに仕上がっています。また,アレンジもボーカルスタイルもアダルトな雰囲気で攻めてくる「BARRIER」は,ドキドキする曲。3拍子に乗ったファンタジックなアレンジの「てんきあめ」は,まるで夢の国にいるような心地よさに浸れるのが魅力です。

 DISC2には,DISC1のアレンジ違いの曲をメインに収録。和楽器を使ったアレンジになってガラリと雰囲気の変わった「シ・ア・ワ・セ=ペロリ♪ -和風-」や,原曲のアコースティックロックからクラブミュージックに変化した「Tomorrow Tomorrow -ヒップホップ・スタイル-」等,それぞれの違いを聴き比べるのも楽しいです。個人的に,よりシンプルなアレンジになった「Healing Tree -アコースティック・スタイル-」は,いち推しです!

 現役でプレイ中の全国のオトカドーラーはもちろん,せめて音楽だけでも楽しみたいと思っていた人も,この機会にぜひソングコレクションを聴いてみてください!


日本コロムビア「オトカドール オトカミュージックコレクション」公式サイト


トラックリストを見る

[DISC1]
1
オトカドール 〜このゆびとまれ〜
2
マイ♪ドリームステージ
3
Healing Tree
4
Tomorrow Tomorrow
5
BARRIER
6
てんきあめ
7
黒い月の遊戯 - 序曲-
8
My Precious One
9
ちらちら・はらはら
10
もっと私を好きになって!
11
進め!女の子のマーチ
12
シ・ア・ワ・セ=ペロリ♪
13
愛だ恋だの情熱
14
イツモノワタシ
15
天ノ川夜曲
16
いのちの雫
17
潮騒のうた
18
トゥルーライヤー
19
お気に召すままア・ラ・カルト
20
千の木洩れ日
21
黒い月の遊戯

[DISC2]
1
オトカドール 〜このゆびとまれ〜 - オーケストラ・スタイル-
2
マイ♪ドリームステージ - ビッグバンド・スタイル-
3
Healing Tree -アコースティック・スタイル-
4
Tomorrow Tomorrow -シンセポップ・スタイル-
5
BARRIER -デジロック・スタイル-
6
てんきあめ -バロック・スタイル-
7
My Precious One -“Trick or Treet ♥"・スタイル-
8
刻印〜 Impress
9
シ・ア・ワ・セ=ペロリ♪ -和風-
10
ミカヅキ・フォーチュン
11
ちらちら・はらはら - "Merry Christmas♪"・スタイル-
12
フローズン・ドール
13
BARRIER - ボサノバ・スタイル-
14
Tomorrow Tomorrow -ヒップホップ・スタイル-
15
てんきあめ -ウィンターポップ・スタイル-
16
黒い月の遊戯 -フルコーラス-
17
オトカドール 〜このゆびとまれ〜 -フルコーラス-



■■風のイオナ■■
マーベルランドで産まれ,フェアリーランドで育ち,さざなみの島で一攫千金を夢見るも,バビリム王国に連れ去られて塔建設の奴隷として働く。巨大宇宙船に密航して惑星あくあへ逃亡後,仕事の都合でモタビア星に移住し,ハンターとして惑星ラグオルの調査をして生計を立てていたが,現在はNEO TOKYOを拠点に活動中。ゲーム&ゲーム音楽に加えて邦楽インディーロック&サブカルアイドル追跡,自転車旅行,広島東洋カープの応援などが趣味。2016年で編集&ライター生活20周年を迎えてしまいました。
  • 関連タイトル:

    城とドラゴン

  • 関連タイトル:

    城とドラゴン

  • 関連タイトル:

    オトカドール

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月17日〜07月18日