日本最大級の
総合ゲーム情報サイト

イベント

[TGS 2016]ゼロ距離の触れ合いにドキドキが止まらない! 今年も胸キュンMAXなボルテージブースの体験レポートをお届け

 2016年9月15日に開幕した東京ゲームショウ2016(一般公開日は17,18日)。各メーカーが趣向を凝らした出展内容で来場者を楽しませている中,目をキラキラさせた女性達が順番待ちの列を作る一角がある。ボルテージブースだ。

画像(001)[TGS 2016]ゼロ距離の触れ合いにドキドキが止まらない! 今年も胸キュンMAXなボルテージブースの体験レポートをお届け

 東京ゲームショウのボルテージブースと言えば,ゲームの世界を体験できるような,さまざまな参加型コーナーで訪れる人を楽しませてくれるほか,“壁ドン”や“顎クイ”といった胸キュンアクションをリアルに体験させてくれるアトラクションで,毎年注目を集めているブースの1つだ。今年はどんな胸キュンが待ち構えているのか,さっそく行ってきたので,そのレポートをお届けする。はあ,思い出してもドキドキします。

ボルテージ 東京ゲームショウ2016特設サイト



椅子ドンVR体験コーナー


画像(003)[TGS 2016]ゼロ距離の触れ合いにドキドキが止まらない! 今年も胸キュンMAXなボルテージブースの体験レポートをお届け
 今年のボルテージブースでまず注目したいのは,スマホアプリ「スイートルームで悪戯なキス」iOS / Android)の世界を堪能できるVR体験コーナー,その名も「椅子ドンVR」。HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を装着して目を開けると,そこは殺風景な小部屋。冷酷オレ様な大富豪「一ノ宮英介」が現れ,だんだん近づいてきて……ちょ,待って,近いよ〜!

 途中で部屋全体がエレベーターのように上昇していくのだが,座っている椅子はごく普通のものだったのに,映像の動きに合わせて動いてるように感じるのが不思議。視覚効果ってすごいね。部屋が上がりきると外には綺麗な夜景が広がっており,ロマンチックな雰囲気になったところでいよいよ椅子ドンが! きゃー,これさっきより近いよ!

画像(004)[TGS 2016]ゼロ距離の触れ合いにドキドキが止まらない! 今年も胸キュンMAXなボルテージブースの体験レポートをお届け 画像(005)[TGS 2016]ゼロ距離の触れ合いにドキドキが止まらない! 今年も胸キュンMAXなボルテージブースの体験レポートをお届け

 あまり書くとネタバレになってしまうので詳細は伏せるが,「椅子ドンって何だよ」と思う人はぜひ自分で体験を。ちなみに椅子ドンもいいけど,個人的には後ろからグワッとこられるやつも大好物です。

画像(006)[TGS 2016]ゼロ距離の触れ合いにドキドキが止まらない! 今年も胸キュンMAXなボルテージブースの体験レポートをお届け 画像(007)[TGS 2016]ゼロ距離の触れ合いにドキドキが止まらない! 今年も胸キュンMAXなボルテージブースの体験レポートをお届け


リアル体験コーナー「天下統一恋の乱 Love Ballad」


画像(008)[TGS 2016]ゼロ距離の触れ合いにドキドキが止まらない! 今年も胸キュンMAXなボルテージブースの体験レポートをお届け
 こちらは,戦国武将達との恋を描くスマホアプリ「天下統一恋の乱 Love Ballad」をモチーフにしたコーナー。同作から6人の武将がTGS 2016に降臨し,それぞれ異なるシチュエーションで訪れる人をドキドキさせてくれる。

 このコーナーには昼の「謁見の間」と夜の「殿の寝室」の2種類の部屋がある。
 謁見の間は豪華な襖で仕切られた部屋になっていて,2枚の“食べ物プレート”から好きなほうを選んで献上する(上に掲げる)と,襖が開いて,イケメン武将が出てきてくれて……という感じ。選んだプレートによって出てくる武将が変わるのもポイントだ。
 一方の殿の寝室は,蚊帳をイメージした幕が張られたちょっとムーディなお部屋だ。こちらでは,寝室で待っている殿に夜食の御膳を届けると,2人きりの時間を堪能できるのだが……。

画像(009)[TGS 2016]ゼロ距離の触れ合いにドキドキが止まらない! 今年も胸キュンMAXなボルテージブースの体験レポートをお届け 画像(010)[TGS 2016]ゼロ距離の触れ合いにドキドキが止まらない! 今年も胸キュンMAXなボルテージブースの体験レポートをお届け
画像(011)[TGS 2016]ゼロ距離の触れ合いにドキドキが止まらない! 今年も胸キュンMAXなボルテージブースの体験レポートをお届け 画像(012)[TGS 2016]ゼロ距離の触れ合いにドキドキが止まらない! 今年も胸キュンMAXなボルテージブースの体験レポートをお届け

 どちらの部屋でも,イケメン武将から羽織で包まれる「恋羽織」や,扇子で口を封じる「扇子トン」のほか,「鞘クイ」「指トン」といった胸キュンアクションをしてもらえる。ちなみに筆者は,偶然にも,両方の部屋でイケメン武将にガバッと包みこまれてしまった……ちょ,ホントに近すぎるって! しかも2人とも耳元で囁いてくれるもんだから,と,吐息が耳に……。もうドキドキして顔も見れないし,正直緊張しすぎて言われたセリフも思い出せない! とは言え,人生であんなシチュエーションを経験することはまずないと思うので,ハートが強い人はぜひ体験してみてほしい。あーもう1回行こうかな。

画像(013)[TGS 2016]ゼロ距離の触れ合いにドキドキが止まらない! 今年も胸キュンMAXなボルテージブースの体験レポートをお届け 画像(014)[TGS 2016]ゼロ距離の触れ合いにドキドキが止まらない! 今年も胸キュンMAXなボルテージブースの体験レポートをお届け
画像(015)[TGS 2016]ゼロ距離の触れ合いにドキドキが止まらない! 今年も胸キュンMAXなボルテージブースの体験レポートをお届け 画像(016)[TGS 2016]ゼロ距離の触れ合いにドキドキが止まらない! 今年も胸キュンMAXなボルテージブースの体験レポートをお届け


リアル体験コーナー「ダウト〜嘘つきオトコは誰?〜」


画像(017)[TGS 2016]ゼロ距離の触れ合いにドキドキが止まらない! 今年も胸キュンMAXなボルテージブースの体験レポートをお届け
 こちらはスマホアプリ「ダウト〜嘘つきオトコは誰?〜」iOS / Android)を題材にしたオリジナル謎解き「元彼・静雄から脱出せよ」が体験できるコーナー。制限時間5分の間に,密室に散りばめられた謎を解いて脱出を目指すという内容。

画像(018)[TGS 2016]ゼロ距離の触れ合いにドキドキが止まらない! 今年も胸キュンMAXなボルテージブースの体験レポートをお届け

 見事謎が解ければ,運命のカレが助け出してくれるが,ゲームオーバーになると,元カレの静雄が迎えに来て……。どうやら,謎がとけたかどうかでその後の胸キュンアクションが変わってくるようだ。スタッフに聞いたところ,この謎解きがなかなか難しいようで,筆者が体験した時点での正解率はかなり低かったみたい。

画像(019)[TGS 2016]ゼロ距離の触れ合いにドキドキが止まらない! 今年も胸キュンMAXなボルテージブースの体験レポートをお届け
画像(020)[TGS 2016]ゼロ距離の触れ合いにドキドキが止まらない! 今年も胸キュンMAXなボルテージブースの体験レポートをお届け
 実際に挑戦したみたところ,日頃のゲーム経験のお陰か,思いのほかスムーズに謎が解け,最後の謎にちょっと苦戦したものの,なんとかクリアすることができた。やったね! 出口の扉の外では,イケメンのお兄さんが花束を持って待っており,公開告白タイムが……。え,みんな見てるよコレ! 先ほどのイケメン武将のときと同様に,恥ずかしいやら,照れくさいやらでドギマギしっぱなし。ひざまずいて花束を渡されることなんてもう一生ないかも!

画像(021)[TGS 2016]ゼロ距離の触れ合いにドキドキが止まらない! 今年も胸キュンMAXなボルテージブースの体験レポートをお届け 画像(022)[TGS 2016]ゼロ距離の触れ合いにドキドキが止まらない! 今年も胸キュンMAXなボルテージブースの体験レポートをお届け

画像(023)[TGS 2016]ゼロ距離の触れ合いにドキドキが止まらない! 今年も胸キュンMAXなボルテージブースの体験レポートをお届け
 以上3つのコーナーが,今年のボルテージブースの内容だ。このほか一般公開日の17日と18日には,「イケメンBATTLE」と題して,各コーナーに出演しているイケメンモデルの中から投票でNo.1を決めるという企画が実施される。投票用紙は,各コーナーを体験した際に,胸キュンアクションをしてくれたイケメン武将orイケメンお兄さんから直接もらえる。
 また,オリジナルグッズが当たる大抽選会や,人気声優および舞台「天下統一恋の乱 Love Ballad 〜序章〜」に出演する劇団番町ボーイズ☆のメンバーによるトークショウといったステージイベントも開催予定だ。

 今年も強烈な胸キュン体験が用意されているボルテージブース。リアル体験コーナーは,どちらも待機列に並んでいる人に見られながらの体験なので,ちょっと尻込みしてしまうかもしれないが,イケメンを目の前にすると周りなんか見えなくなるから大丈夫(経験者談)! ぜひ勇気を出して(?)体験してみてほしい。

ボルテージ 東京ゲームショウ2016特設サイト


4Gamer「東京ゲームショウ2016」特設サイト


注目の記事

1
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
2
★★★★★★★★
3
★★★★★★
4
★★★★★★
5
★★★★
6
★★★★
7
★★★
8
★★★
9
★★★
お気に入りタイトル/声優

タイトル/ワード名(記事数)

全件表示する
最近記事を読んだタイトル/声優

タイトル/ワード名(記事数)

全件表示する