オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
アサシン クリードIII公式サイトへ
読者の評価
63
投稿数:5
レビューを投稿する
海外での評価
86
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

アサシン クリードIII

アサシン クリードIII
公式サイト http://www.ubisoft.co.jp/ac3/
発売元 ユービーアイソフト
開発元 Ubisoft Entertainment
発売日 2012/11/15
価格 7770円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
63
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • もっとシステムを良くしてほしい! 55
    良い点
    フリーランが直感的にできてスイスイ進める。
    時代背景が非常に良い。史実に沿っているのが好き。
    グラフィックがきれい。
    海戦が面白い。
    悪い点
    バグがひどい。
    システムが全体的に前作を継承しただけで進化していない。
    敵がわらわら出過ぎ、
    もはやアサシンではない・・・。無双ゲーみたい。
    総評
    非常にグラフィックはよくできており、
    時代背景も自分好みなのですごく好き。
    しかし、ゲーム的に見るとバグが多すぎなのが致命的。

    また、解放軍は敵なので、イギリス軍に追われていても
    解放軍はイギリスと戦わず、主人公を狙ってくる。完全に共闘状態。
    この辺のシステムをどうにかしてほしい。

    あと難易度が選択できるようになってほしい。
    アクション苦手な自分には少しきつい、
    どうしてもゲームが進めないと、飽きてしまう。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 3 4 4
  • エツィオを超えられず、ただひたすらにバグが目立った。 40
    • 投稿者:Dice(男性/20代)
    • 投稿日:2012/12/26
    良い点
    フリーランの仕様が変わり、壁や木をすいすい登っていき、ストレスがない。
    カウンターは相変わらず強いが、自分から攻めていく戦い方がしやすくなっている。
    海上戦が出来が良い。ほぼ別ゲーではあるが、とても面白い。
    悪い点
    バグが多すぎる(た?)。
    使える武器や道具が増えたのは良いが、UIとかみ合わず使いづらい。
    ロードが長い・多い。
    総評
    満を持しての新作、ナンバリングだったが、エツィオで築いて来た物が全て壊された作品。
    パッチが配信され、大きなバグは取り除かれているが、細かい所は直っていない所も多し。
    主人公も街並みも地味。ボストンとニューヨークという大きな街が登場するが、ほとんど違いが無い。
    そして相変わらずのストーリー。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 3 2 3
  • シリーズで初めて改悪が目立った作品 45
    • 投稿者:ksk(男性/30代)
    • 投稿日:2012/12/07
    良い点
    ・操作性の良さ
    →シリーズおなじみの簡単操作で自由自在に走り回るプレイしやすさは健在です。
    ・大迫力の海戦
    →帆船を操作しての海戦はすごく楽しいです。単に船を操作するだけでなく航海中や戦闘中に乗組員が慌ただしく働いてる様子も詳しく描写されているのはすごい。ここだけを独立させてもう1本ゲームが作れそうなくらい作りこんであります。
    ・狩りが楽しい
    →森のエリアで出来る狩りは動物の種類や狩りの手段(餌でのおびき寄せ、エアアサシン、罠など)が豊富で楽しいです。
    悪い点
    ・拍子抜けのストーリー
    →デズモンドの現代編、コナーのアメリカ独立戦争編ともに尻切れトンボです。ネタバレを避けるため詳細は避けますが、デズモンド親子とコナー親子が対比されているわけでもなく、終盤の盛り上がりも無く「あれ?なんか敵の大ボス死んじゃったぞ?」みたいなストーリー。特にデズモンドの現代編は「I・II・IIIと続いてきた今までの戦いはなんだったんだ」という気分にさせられました。アサシンvsテンプル騎士団という構図から話を広げすぎて収拾がつかなくなっているように感じます。
    ・戦闘が単調
    →雑魚・ボス関わらず全ての敵がカウンターボタンで攻撃を受けてから即死・武器落とし・投げそれぞれのボタンを敵の種類に合わせて押すだけで倒せてしまうので非常に戦闘が単調です。体力も自動回復していくので緊張感もありません。
    ・暗殺らしい暗殺が少ない
    →ステルス要素が少なく、歴史の影で密かに暗躍するアサシンというよりはどんどん表舞台に飛び出て大暴れするようなミッションが多いです。軍を率いてみたり軍艦で戦ったりとこれほんとにアサシンなのかな?と思うことが度々ありました。
    ・街が小さい
    →舞台が開拓時代のアメリカという設定上、エルサレム、イタリア、イスタンブールなどに比べ街のスケールが圧倒的に小さくなっています。とにかく登れるところが低い。巨大かつ超有名な歴史的建造物に登ってシンクロ、なんてことは今作では無く、ほとんどが名も無き教会か森の木の上。しかも、森林部のビューポイントのある木は全て形が同じという手抜きに近い状態で、シンクロ中の街中の景色もスケールダウン。前作までの「プレイしてるだけで観光気分」は失われました。
    ・地図システムの改悪
    →街が小さいことと関係しているのかもしれませんが、今作ではビューポイントでシンクロしただけでは地図全体の半分程度しか見えるようにはならなくなりました。残りは徒歩で歩きまわって地図を塗りつぶしていく必要があります。街中はともかく、起伏の激しい森だとこれがものすごく面倒くさい。しかも完全クリアするには地図を全部埋めなければならないので、ひたすら何もせず町や森を走り回るという苦行を強いられます。もともとこういう手間を無くすためのビューポイントシステムではなかったんでしょうか・・・。
    ・謎の不親切
    →本拠地の運営(帳簿など)の操作性が劣悪極まりなく、ものすごく操作が面倒くさいです。ファストトラベル(瞬間移動)も出来が悪く、例えば本拠地から隣の森林部にファストトラベルしようとすると本拠地マップの端にワープ>ロード>本拠地マップの端から森林部に移動>ロード>森林部へ到着と無駄にロードが挟まる仕様になっており、しかも1つ1つのロード時間が長かったりするのでストレスがたまります。
    総評
    アサシンクリードはなんだかんだと新作が出る度に悪かったところ、物足りなかったところを少しずつ改善してきていたシリーズでしたが、今回ははっきりとした改悪が目立ったと思います。マンネリ打破を気にするあまり「街中を走るだけで楽しい」「自由に自分のスタイルで敵を暗殺する」といった要素が薄まってしまいました。操作性は改善してよりスムーズに走れるようになっているのに肝心の走る街が無い、というもどかしさがあります。熱中度が低く1周やったらもういいかなという気分になるので、せっかくの大量のやりこみ要素も宝の持ち腐れ状態です。

    狩猟や海戦など追加された新要素の完成度自体は高いのですが、同時に本来の良さが失われているのでどうにも中途半端でいまいち楽しめないゲームになってしまいました。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 2 1 5
  • 過去作から正統に進化した良作 85
    • 投稿者:gami(男性/20代)
    • 投稿日:2012/12/03
    良い点
    操作感が非常に良い。
    ボタン配置が改良され、より思い通りにアサシンを操作できるようになった。
    キャラのモーションも現実味があり、野山を走らせているだけで楽しい。


    チャンバラシステムもちょっと変化していて、最初は戸惑ったが、
    慣れれば過去作をしのぐ熱いチャンバラを繰り広げることが出来る。
    ザコ相手に暴れん坊していると、強敵との戦いでつまづくこともあるが、
    再戦して勝利したときの喜びもひとしお。
    操作に慣れ、思い通りに敵を薙ぎ払ってくれたときのコナーが最高にかっこいい。


    これまではタイトルの割にステルスゲームの要素が薄いシリーズに感じていたが、
    本作ではそこそこやり応えのあるステルス用サブクエストが用意されていてグッド。
    飛んで跳ねてのアグレッシブな暗殺もよろしい。


    狩りが意外に燃える。
    捕食動物との戦闘はQTEなので好みが分かれるかもしれないが、
    鹿とかウサギとかを追いかけ回して狩るのが楽しい。


    海戦も結局楽しかった。
    発売前はちょっと無いわ…、と思っていたけど、
    いざフタを開けてみるとこれだけでゲーム化できるんじゃないかと
    思うほどの出来栄えでびっくり。
    フルセイル! ハーフセイル! フルストップ! とかね、男のロマンですよ。
    コナー君も「なんか……いいな」と言っていました。
    俺もそう思います。


    キャラクターはそれぞれ人間味があってよかった。
    特にコナーは暗殺者だけど朴念仁で、年齢相応の無鉄砲さや恋愛に疎かったりするところがあり、好感が持てた。
    彼が頑なな態度を改め成長していくドラマ性は過去作にはない良さ。
    それがデズモンドと照らしあわされるさまなど、いと良し。
    それぞれのキャラに長所や短所があって、思想や信条を持っているところがしっかり描かれているから、ちゃんと話に没入できるし、
    主人公以外にも、かっこいいキャラや、悪いキャラがそれぞれ立っていて物語の盛り上がりに一役買っている。


    演出が最高。
    鳥肌の立つシーンもしばしば。

    悪い点
    操作感は良いが、バグが多い。
    空中を駆け上がったり、何もないところで詰まったり、
    足場があるのに水没したりする。
    壁に埋まったときはびっくりした。
    イマドキのゲームにもあるんですね、あんなバグ。

    また、ACっぽい暗殺の機会が少ないので残念。
    ステルスパートは多いように感じたが、初代のような神学者に紛れ込んでプスリ、というのが用意されていない。
    どちらかというと、PVみたいに、敵の大群をかきわけて合戦の最中にデュクシ!、みたいなのが多い。
    その点に関してはアサシンクリードっぽくないかも、と感じた。

    最悪だったのがミッションマーカーが表示されなくなること。
    マーカーがなくてもミッションは進められると聞いたので
    がんばって探してミッションを受けたら、敵も出て来ず結局進まなくなった。
    以後そのNPCにも会話ができない。
    でいまのところ弟子が揃いきらず放置。

    ストーリーは悪くないと思うが、細かいところはやっぱり考察サイトなくしては難しい。
    なんだかよくわからない陰謀だのなんだのが渦巻いているらしいことは分かるけど…
    (しかしメインストーリーは問題なく楽しめるドラマになっているので安心)
    総評
    操作を含めゲーム性が大きく進化したAC掘
    リベレーションのときはマンネリやめろやとか不満がられていましたが、
    本作ではそんなことはありません。

    爽快感の増したフリーラン、熱いチャンバラ、不器用な親子の絆(二本立て)、
    そして終局へ向けての盛大な盛り上がり。明かされる真実。シリーズ最高のボリューム。
    壮大なシリーズの最後を締めくくる作品としてアサシンクリードの集大成になっていると思います。1からプレイしてきたことを誇りに思います。

    というわけで買って損はしないと思います。
    バグが生理的に無理な人とかでなければ楽しい時間が過ごせると思います。

    バグや仕様のせいで最高に快適とはいきませんが、
    フリーズには慣れているので個人的には許容範囲内です。
    さすがに進行不可バグに目をつむるのは無理ですが、
    パッチが当たると思うので待ちます。信じてます。

    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 3 5 4
  • IIとは別のAC 90
    • 投稿者:パン子(女性/20代)
    • 投稿日:2012/11/24
    良い点
    グラフィックが綺麗。そして同時描画人数の増加で戦場が凄いことになってる

    最初は所謂主人公のお父さん(以下パパシン)を操作出来る。これによって終盤に感情移入がしやすくなる

    少年編コナーがイケメン。青年編もイケメンじゃないってワケじゃないよ?

    ACIの「アルタイル」が最高のアサシンであり
     ACIIのエツィオが「最強のアサシン」である理由が分かる
     主にカウンターとホームステッド的な意味で

    殺したくない相手を殺すハメになるコナー。これによって次作でどう揺れるか・・・

    最高最強のアサシンとして覚醒してるデズモンド君がとうとう本気だす。
     拳銃とは一体なんだったのか・・・ってくらいお強い

    海戦が思ってた以上に面白い

    マルチプレイが順調に進化してる
    悪い点
    コナー君がお馬鹿
     コナー君が弱い。ACIIで最強のアサシンをプレイした後だと弱く感じちゃうのは仕方ないけど、やっぱ弱い

    弟子システムが削除されてよく分からない人達しか弟子に出来なくなってる
     多分次作でのアサシン教団復興の伏線だと思うけど、うーん・・・

    騎士団がもっとお馬鹿

    パパシン編で十分と思ったのか、テンプル騎士団一行の描写が少ない
     結果的にボルジア親子程の存在感を感じられない。
     レアンドロスの方がまだ印象深いレベル
     ロベール・ド・サブレよりはさすがに印象深いけどね

    フルシンクロで100%!だったのに今作ではクリア=100%、フルシンクロ=125,150,190みたいな数字になってて達成感が薄れた

    16号居ないから仕方ないけど、そういう暗号が無くなってる

    QTEがある

    クリア後にアニムスから出られない。だから全部やりこんだ上でクリアしないとメールが読めない

    一部服装を着てるとムービー中頭にマジックで落書きされる

    総評
    でも、エツィオのアサシン無双が好きな人にはちょっと辛いかも?
    アルタイルは最強のアサシン、エツィオが最強のアサシンであったのに対して
    コナーは(言い方悪いけど)無名のアサシンで、師匠に当たる人も
    それほど身体を動かせる人じゃないので仕方ないかな・・・ってところはあるけど
    やっぱりエツィオに比べるとだいぶ弱く感じる
    逆にエツィオやアルタイルのカウンターに不満があった人にはちょうどいいくらいの戦闘バランスかも。
    最近の○○無双に例えるならACIIはアサシン無双だけど、ACIIIはそうじゃなく
    ちゃんとアクションゲームになってるから、戦闘が面白くなってる

    ストーリー展開はやや説明不足感はあるけど面白かったです。
    アサシンクリードで1番面白いと思ったのはやっぱりストーリーかな
    親友や師匠、父親、母親と別れてコナーはどこへ向かうのかが気になります。
    でも、最強と最高のアサシンの技術を持ってるデズモンド君はあんまり変わらないみたい
    コナーの木のぼり技術くらいしか追加されそうにないので、あんまり現代での操作は期待できません


    書きたいこと書けてない気がするけど、悪い点が結構見える作品
    でもACIIと比べて。って意味合いが強いものが有ったりして、ゲーム自体の評価は高いです。
    でも、ムービー中に頭に落書きされるのだけはシュールすぎるのでなんとかしてほしい
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 5 5 5
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月15日〜10月16日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年04月〜2019年10月