オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
アイドルマスター2公式サイトへ
読者の評価
86
投稿数:11
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
参加者200名組の頂点がついに決定。高レベルなパフォーマンスが続出した「アイドルマスターミュージックフェスタ」決勝戦をレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/04/01 17:51

イベント

参加者200名組の頂点がついに決定。高レベルなパフォーマンスが続出した「アイドルマスターミュージックフェスタ」決勝戦をレポート


左から,伊神P氏,日野P氏,Linda aAl-CUE氏
アイドルマスター2
 PlayStation 3向けオンラインカラオケコンテンツ「JOYSOUND DIVE」「アイドルマスター」のコラボレーション企画,「アイドルマスターミュージックフェスタ」関連記事)。その決勝大会が2013年3月30日,JOYSOUND品川港南口店にて行われた。

 当日は,参加200組の中から,厳正な書類審査や二次予選を見事に勝ち抜いた11組が登場。歌にダンスにと個性あふれるパフォーマンスを披露した。会場には審査員を務めた伊神P氏日野P氏Linda aAl-CUE氏のほか,天海春香役の中村繪里子さん,星井美希役の長谷川明子さん,我那覇 響役の沼倉愛美さんら「アイドルマスター」の声優陣も駆けつけ,審査に加わった。本稿では,そんな決勝戦の模様をお伝えしていこう。

 会場は,決勝戦に観客として参加できる「オーディエンス権」を獲得した150名で埋め尽くされており,イベントへの期待感で満ちていた。そんな中,長谷川明子さん,中村繪里子さん,沼倉愛美さんら,ゲスト声優陣が登場。軽いトークで会場を温めたあと,いよいよ決勝戦がスタートした。

「アイドルマスター」シリーズ公式サイト


 最初に登場したのは,雪国もやしの二人。「アイドルマスター2」に出てくる男性トリオ,ジュピターの「恋をはじめよう」を堂々としたパフォーマンスで歌い切った。ちなみに二人は高校を卒業したばかりらしく,最後の学生服姿で参加。会場からは「卒業おめでとう!」という歓声が響きわたった。

雪国もやしさん

 2番目の出場者は,らなさん。高音と低音を巧みに使い分けて「青い鳥」のM@STER VERSIONを熱唱した。この見事な歌唱に,会場からは「まるで,二人で歌っているみたいだった」と高い評価が。らなさんによると,二次選考のとき,すでに高音で大きなインパクトを与えていたので,決勝では違った驚きを感じてほしかったという。

らなさん

 3番目の出場者は,真ヘアが「萌える!」と大好評だった,湊音 悠(みなとゆう)さん。アップテンポな「自転車」を元気いっぱいに歌った。会場からも「かわいい〜」という声が連発し,長谷川さんも「超かわいかったです! ありがとうございました!」と絶賛。審査員によると,ステップを踏みながら歌うことは非常に難しいらしく,湊音さんはしっかりとそれができていたことが評価された。

湊音 悠さん

 4番目の出場者は,ねりぃさん。歌唱曲「隣に…」では,カッコイイ低音ボイスを披露。会場をしっとりとした雰囲気で包み込んだ。伊神P氏も声質を高く評価しており,二次審査のときから期待していたという。ステージに立った感想についてねりぃさんは「気持ちよかったです」とコメントした。

ねりぃさん

 5番目は,四条貴音をイメージした衣装が大きなインパクトを与えた諸星美希さん。歌唱曲「Little Match Girl」では,華麗なパフォーマンスで会場を盛り上げた。審査員からは,曲自体の難度が高いにも関わらず,ダンスをしながらきちんと歌えていた部分が評価された。

諸星美希さん

 バラード曲の「眠り姫」を透き通るようなボイスで歌いあげたのは,6番目に登場した氷点さん。歌い終わった瞬間,会場からは割れんばかりの拍手が送られた。伊神P氏からは「声に透明感があるだけじゃくて,表現力豊かに歌い込んでいる」とのコメントもあり,審査員らの評価もかなり高かった。

氷点さん

 ここで休憩を挟み,イベントは後半戦へ。7番目の出場者は,あさみんPさん。歌唱曲「自分REST@RT」では,「みんな行くよ〜!」と,実際のライブさながらに会場を盛り上げた。とにかくステージと客席の一体感が高く,審査員も「圧倒されて声も出ないです」と驚いていたようだった。あさみんPさんも「いつもライブで元気をもらっているので,今日は元気をお返ししようと思っていました」と笑顔でコメントした。

あさみんPさん

 8番目に登場したのは,女性かと見まごうほどかわいい黒崎ましろPさん。歌唱曲「tear」では,軽やかにステップを踏みながら最後まで歌いきり,観客を魅了。審査員も一様に「とってもかわいかった」と絶賛した。終了後には,「まっこまこりーん」と,真のネタで会場を沸かす場面もあり,歌い終わった黒崎ましろPさんは「一体感がすごかった」と感想を述べていた。

黒崎ましろPさん

 9番目に登場したのは,天海春香をイメージしたコスチュームで登場したハルチンさん。春香役の中村さんの前ということで,若干緊張した様子ではあったが,歌唱曲の「乙女よ大志を抱け!!」で完成度の高いパフォーマンスを見せてくれた。審査員席から「中村さんとハルチンさんで,ハルソンの共演を見てみたい」というコメントも飛び出したほどだ。

ハルチンさん

 10番目の登場は,ジュピターの天ヶ瀬冬馬と御手洗翔太のコスチュームで登場したウエベクトルの二人。歌唱曲の「HELLO!!」では,デュエットならではの躍動感あるパフォーマンスで会場を盛り上げた。審査員席からは,歌詞が掛け言葉になっていて難しいのに,ちゃんと歌えているのがすごいとコメントがあった。全体的なクオリティの高さに,会場からも絶賛の声が上がっていた。

ウエベクトルさん

 決勝戦最後の出場者は,我那覇 響のコスチュームで登場したおにくさん。歌唱曲の「Next Life」は,振り付けも楽曲も難度が高いが,おにくさんは見事にこれをやってのけた。審査員も「最後ということで,すべてを出し切った感が出ていて,非常に良かった」と高評価。ちなみに,衣装はおにくさんのお母さんが作ってくれたもので,またダンスの練習はお父さんが手伝ってくれてたそうだ。友達からの励ましもあったらしく,おにくさんは「応援してくれたすべての人に,ありがとうと言いたいです」と感極まった様子で感謝の言葉を述べていた。

おにくさん

 これにてすべてのパフォーマンスが終了。審査結果の発表へと移った。誰がグランプリを獲ってもおかしくないほど高レベルな戦いの中,見事優勝したのはあさみんPさん。伊神P氏によると,オーディエンスとの一体感が決め手だったとのことだ。
 優勝したあさみんPさんは,「この数週間,アイドルマスターのことだけを考えて生きてきました! アイマス最高です!」と満面の笑顔でコメントした。ちなみに,JOYSOUND DIVE賞は氷点さん,ナムコ賞はハルチンさん,声優賞は湊音悠さんとおにくさんがダブル受賞。残念ながら賞を逃してしまった出場者には,声優陣のサイン入り色紙がプレゼントされた。

優勝したあさみんPさん

・JOYSOUND DIVE賞:氷点さん
・ナムコ賞:ハルチンさん
・BNG賞:ウエベクトルさん
・声優賞:湊音悠&おにくさん
・グランプリ:あさみんPさん


 最後は,アニメ「アイドルマスター」のオープンニングテーマ「READY!!」を,審査員,参加者,観客の全員で合唱。鳴り止まない拍手と歓声の中,華やかに「アイドルマスターミュージックフェスタ」は幕を閉じた。

1番:雪国もやしさん(男性2名)「恋をはじめよう」
2番:らなさん(男性1名)「蒼い鳥」
3番:湊音 悠さん(女性1名)「自転車」
4番:ねりいさん(男性1名)「隣に…」
5番:諸星美希さん(女性1名)「Little Match Girl」
6番:氷点さん(男性1名)「眠り姫」
7番:あさみんPさん(女性1名)「自分REST@RT」
8番:黒崎ましろPさん(男性1名)「tear」
9番:ハルチンさん(女性1名)「乙女よ大志を抱け!!」
10番:ウエベクトルさん(男性2名)「HELLO!!」
11番:おにくさん(女性1名)「Next Life」


「アイドルマスター」シリーズ公式サイト

  • 関連タイトル:

    アイドルマスター2

  • 関連タイトル:

    アイドルマスター2

  • 関連タイトル:

    アイドルマスター

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月15日〜07月16日