オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
デビルサバイバー2公式サイトへ
  • アトラス
  • 発売日:2011/07/28
  • 価格:6279円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
82
投稿数:4
レビューを投稿する
海外での評価
82
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

デビルサバイバー2

デビルサバイバー2
公式サイト http://ds2.atlusnet.jp/
発売元 アトラス
開発元
発売日 2011/07/28
価格 6279円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
82
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • マニア向け。軽い気持ちじゃクリアーできない。 65
    • 投稿者:むろまろ(男性/40代)
    • 投稿日:2012/02/18
    良い点
    スペックの低いDSなので3D描画だと質の低い汚い画面になるのだが、全般的に2D描画にしているので画面が綺麗。
    物理、炎、電撃など、さまざまな属性の得意不得意を調整して、戦いを有利に進めれるのが楽しい。
    悪魔合体して、強い味方をつくっていくのが楽しい。
    非常に難易度の高いゲームだけど、抜け穴はあるのでそれを見つけてクリアーした時は快感。
    ボリュームはかなりある。
    悪い点
    ストーリーが小、中学生向けなので、長すぎる強制朗読の会話内容は僕のようなおじさんには苦痛だった。
    戦闘時、次々と敵が追加されるので所見での戦術プレーは不可能。
    たった4チームしか戦闘に参加できない。
    難易度が高すぎて、何度も心が折れる。
    難易度が高いくせに、ゲームオーバーになるとそのステージのプレイは全て無駄になる。
    DSなのに、まったくペンに対応してない。
    総評
    アトラスのゲームはあまりしてないのだが、とてもマニアを意識した作りをしていると感じた。
    やりこみ度は非常に高いと思う。僕はちまちま安い悪魔を買って育てるケチなプレーをしてたので、初回エンディングまで60時間ちかくかかってしまった・・・。
    基本、倒しても倒しても敵が追加されるシステムで、戦術よりもゴリ押しプレーとなってしまうため、じっくり考える派の人には向かないかも。
    プレーキャラが次々変わるシステムが良く分からない。終盤はチームが固定になるのだが、それを知らずにつまらないストーリー会話を飛ばし送りしてたら、いつのまにか、まったく育ててないキャラ2名が固定参加という形になってしまった。
    難易度設定をつけてほしかった。イージーなら6チームプレイ、ノーマルなら5、ハードなら4という具合に。
    通勤時間を使って気楽に遊ぶつもりでプレーしたのだが、今回あまりにも疲れてしまったので、たぶんアトラスのゲームはもうしないと思う・・・。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 4 2 5
  • 安定した良作。 80
    • 投稿者:名無し(男性/30代)
    • 投稿日:2011/09/10
    良い点
    ・何通りかのエンディング。 ・縁システム。
    ・時間経過で仲間(悪魔ではない)の生死が変わる所。
    ・サウンド
    ・仲間や自分のとった行動でストーリーの視点が変わる。
    悪い点
    ・悪魔合体でリミテッドが多すぎた気がする。
    ・ダブルエクストラは必要だったのか?一回ぐらいしか使わなかった。
    ・強スキルがあればそれだけで進める。特に二週目以降。
    ・前作同様に、最初らほぼ最後まで同級生キャラがついてきます。
    進め方によってはPTから外れますが。
    総評
    まだ全シナリオはクリアしていません。
    セプテントリオンのデザインに関しては好き嫌いが別れる気がします。
    金子さんが好きなか方にとってはボスデザイン分が減ったのでどうかと思います。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 4 4 4
  • お勧めできる一品 90
    • 投稿者:crow(男性/40代)
    • 投稿日:2011/08/19
    良い点
    ・スキルクラックの拡張
    縁システムによるスキルクラックの共有で、状況次第では、一体のボス級悪魔から複数の上級スキルをクラック可能になった。
    (主人公なら最大で4つ、他のメンバーなら最大2つまで同一悪魔からクラック可能)
    ただこれは、捨拾選択をする必要が薄くなったと言う事でも有るので、良くも悪くもと言った所。

    ・種族スキルの強化
    基本が低レベルの悪魔でも、レベルアップによって種族スキルが上級版に書き換えられるので、愛が有れば最後まで使っていける。
    (耐性等、若干不利な点は存在するが、絶対的な差にはなっていない)

    ・高位悪魔が絶対有利と言う事があまり無い
    上記とも関連するが、レベル補正がかなり強く出ているので、低位悪魔でもしっかりレベルアップして行けば上級悪魔に充分立ち向かえる。
    逆に言えば、レベル補正がかなり強い為に、レベルアップが不十分だと一蹴されるので注意が必要。
    (なので、ボス戦直前で「あー、こりゃ詰んだかな」と言う状況でも、フリーバトルでレベル上げをすれば意外と何とかなったりする)
    悪い点
    ・若干、シミュレーション時のテンポが悪い
    前作でもその傾向は有ったが、兎に角敵が種族スキルや個人スキルを使いまくってくるのでテンポが悪く感じる。
    「兎に角使えるものは使えるだけ使う/使っておく」と言う思考が強過ぎるような印象。
    移動力を1にしたり、一時的に回復不能状態にする種族スキル等、難易度的には油断出来なくて良いのだが……。

    ・二週目以降に条件付きで出現する○○○が微妙
    ネタバレになるので名前は伏せますが、これがちょっと微妙。
    前作でのルシファーのような、詰め将棋のように、数手先を想定しつつ戦うのではなく、火力で一気に勝負を決める戦い方になるのが若干興醒め。
    (安定しないものの、瞬間的な最大火力は前作のルシファー以上なので長期戦を選び難いのもその一因)

    ・一部のスキルがバランスブレイカー
    とある物理打撃型スキルが、他の物理型スキルに比べ突出した性能を誇っている。
    (物理反射以外が相手なら、こちらのスキル構成次第では即死攻撃にもできる)
    総評
    不満な点が無いわけではないが、総合的に見れば充分以上にお勧めできる一品だと思う。
    (私自身、女神転生シリーズのコアなファンでも有るので、多少のバイアスが掛かっているだろう事は否定しないが……)

    グラフィックや音楽などはDSである事を差し引いても充分。
    サバイバーズアワードと言う、いわゆる周回やり込み要素も有るので充分楽しめる。
    アドオン機能と言う、若干運任せな所も有るにせよ、仲魔も自由に強化が出来るので、お気に入りを最後まで連れ回せるのは嬉しい。

    また前作もそうだったが、モブキャラ(「会社員」とか「チンピラ」とかの、いわゆる名無しNPC)が凄く良い味を出している。
    グラフィック的にも、「いや寧ろこいつ連れて行きたいんだけど」と言うキャラも居たりする。


    ただ、状況によっては(特に二週目以降)フリーズバグの報告も有るので、その点はマイナスかな。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 5
  • 文句ない名作 95
    • 投稿者:miyoP(男性/20代)
    • 投稿日:2011/08/18
    良い点
    悪魔の種類増加
    種族スキルがより派手に凶悪に
    ムービーによる演出の大幅な強化
    悪い点
    敵が種族スキルを使いこなせてない
    総評
    前作は悪魔の種類が少なく1週目でほぼ全ての悪魔を扱うことになったのですが、今回は使い切れない量だと思います。
    種族スキルはそんなに増えては無いのですが、後半強化されて派手になります。ただ、一部のとくに強く登場頻度も高い能力を敵は全く使って来ないので、理不尽な敵に理不尽な強さの悪魔をぶつけるというメガテンの面白さがSLG部分では出し切れてない感じがあります。耐性や戦闘のスキルはいつも通りの調子で手強いですが。

    前作同様、フリーバトルをすれば楽、しないと苦というバランスで誰でも楽しめる調整です。育成で勝つか、戦術で勝つか、好きな方を選べるのは素晴らしいと思います。
    ストーリーもメガテンらしさを残しながらも、少し万人向けよりになっているので気軽に、でも王道ストーリーとは違う結末を目指してもいいんじゃないかということを考えつつやってもらいたいです。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 5 5
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月19日〜04月20日