オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
トライン〜失われし古代の秘宝〜日本語版公式サイトへ
読者の評価
70
投稿数:2
レビューを投稿する
海外での評価
82
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

トライン〜失われし古代の秘宝〜日本語版

トライン〜失われし古代の秘宝〜日本語版
公式サイト http://trine.zoo.co.jp/
http://www.trine-thegame.com/
発売元 ズー
開発元 Nobilis FranceFrozenbyte
発売日 2009/12/04
価格 6090円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
70
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 例えるならばうす塩おにぎり 65
    • 投稿者:のらくろ(男性/20代)
    • 投稿日:2010/04/01
    良い点
    このゲームはそれぞれの思惑を持った戦士・盗賊・魔法使いの3人が
    まるで運命に導かれるかのように秘宝に触り、魂がくっついてしまった!
    さてどうやって元に戻そうかといったストーリーの横スクロールアクションです。

    まず挙げるならば、その設定を生かしたアクション性を挙げたいと思います。
    聖書における「父と子と精霊」のように、ギャルゲーでの「乳と子と成年」のように
    ファンタジーでの構成ではもはや欠かせない三位一体的存在であるクラスを
    文字通り三位一体にし、切り替えによる役割分担とそれを彩る物理エンジンの
    コラボレーションはまさに洋ゲーらしい自由な謎解きを提供してくれます。

    敵の撃退は勿論、道中での危険を盾で防ぎ、力で道を切り開く戦闘特化の「戦士」
    ロープアクションと矢を使った謎解きも出来るスタンダードな「盗賊」
    魔法を使って箱や橋を作ったり、念動力で物を動かす謎解き特化の「魔法使い」

    この特徴を場面場面に応じて最適な行動を取ればスイスイ進みますが
    これらのどれか一人でも死ぬとステージの難易度が跳ね上がるため、
    それがゲームのスパイスにもなるのも良い所ではないでしょうか。
    前述した通り、謎解きも鍵束の中から1つを見つけるといったタイプでは無く
    あくまで用意された仕掛けと設置物を使って自由に解くタイプの物なので
    物理エンジンの法則に従って解くも良し、奇抜な方法で解くも良しと
    肩の力を抜いて謎解きが楽しめる事間違いないでしょう。
    悪い点
    敵との戦闘は謎解きまでの障害として用意されているのはいいのですが、
    敵のバリエーションは貧相で、
    後半になると作業感が漂う処理プレイになりがちでした。
    ストーリーも短く、端折り気味に進むので盛り上がってきての所でEDとなるため
    えっ!?もう終わったの!?と驚いてしまいました。
    総評
    横スクロールアクションを堅実にし過ぎるとこうなる、といった感じでしょうか。
    味はあって美味しい所はいくつもあるのですが、あまりにあっさりとし過ぎている。
    確かに面白い、確かに独特な所はある、でも何かが物足りない。
    肩の力抜いてプレイするならば良いのですが、期待し過ぎると
    1週間埼玉県を観光した時と同じ気分になると思います。
    全部が平均点の佳作、というのが私の正直な感想でした。
    プレイ時間
    5〜10時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 3 3 3
  • 良く出来た小品 75
    • 投稿者:花山椒(女性/30代)
    • 投稿日:2009/12/10
    良い点
    ・細やかなグラフィック
    システムそのものは2Dなのですが、3Dで描きこまれた世界はとても綺麗です。
    プレイヤーの操作するキャラクターや敵のアニメーションも軽快で
    敵を斬り付けたり弓を放つ感触が心地よいです。
    とかく丁寧な作りで、このシステムをあえて3Dで作った意義を感じ取れます。

    ・ほどよい難易度のパズル
    最大のウリである物理演算を利用したパズル要素が良く出来てます。
    あくまでアクションゲームの一貫としてのパズル要素なので
    同じ箇所で延々と頭を悩ませるようなことはそれほどなく
    お手軽にひらめきの快感を得ることが出来ます。

    また、解法がとてもアバウトで、正着手に近いものは存在しますが
    方法によってはより簡単な手順でスマートに突破することもできますし
    逆にゴリ押し感溢れる方法を取ることも出来ます。
    悪い点
    ・何度もやる気にはなれないかも
    ジャンルとしてはアクションゲームなのですが、パズルの比重が高めなので
    2周目以降は一度解いたパズルと再び相対する事になり、やや面白みに欠けます。
    また、戦闘において取れる行動がそれほど多くなく、難しいボス戦等もないので
    お手軽に遊べる半面、繰り返し遊べるようなアドリブ性は薄いです。

    ・だいぶ短い
    海外ではバリューウェアに位置するソフトなので仕方がないかもしれませんが
    あちこちで詰まってしまっても5,6時間で終わってしまうボリュームはちと寂しいです。
    前述したように繰り返し遊ぶ面白みにも欠けているので
    日本語版の価格は割高感があるかも。
    総評
    決して大作でもありませんし、大きなイノベーションもありませんが
    無難に良くまとまった作品で、誰が遊んでも楽しめる小品だと思います。

    それだけに何度も遊ばせる要素に欠けているのが少し残念です。
    プレイ時間
    5〜10時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 4 4 2
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
AD(最終更新日:2012/06/03)
TRINE ~失われし古代の秘法~ 日本語版
Software
発売日:2009-12-04
価格:1500円(Amazon) / 5092円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月26日〜05月27日