オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
インディーズゲームの小部屋:Room#31「Future Pinball」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2008/02/29 12:08

連載

インディーズゲームの小部屋:Room#31「Future Pinball」

インディーズゲームの小部屋:Room#31「Future Pinball」
 「インディーズゲームの小部屋」の第31回は,BSP Software Design Solutionsの「Future Pinball」を紹介する。厳密に言えば本作はゲームではなく,フリーで使えるピンボールゲーム作成ツールなのだが,ユーザーが作成した数百種類にもおよぶピンボール台が公開されており,これ1本で一生遊べるのではないかと思えるボリュームだ。もちろん,自分でオリジナルのピンボール台を作成することもできる……それなりのセンスと根気が必要だが。
 本作はフリーで公開されているが,公式サイトもツール本体もすべて英語なので,今回はその導入方法と遊び方を紹介しよう。

公式サイトの「Download」ページ。ここでまずは,ツール本体とテーブルデータをダウンロードしよう
インディーズゲームの小部屋:Room#31「Future Pinball」
 Future Pinballでピンボールを満喫するためには,Future Pinball本体テーブルデータの二つが必要だ。両方とも,Future Pinballの公式サイトからダウンロードできるので,まず始めにツール本体を落としてインストールしておこう。ダウンロードは「Download」ページから行える。
 このページの,「Future Pinball」と書かれた囲みの中にあるのがツール本体だが,ダウンロード用のリンクが二つあるのでちょっぴり注意が必要だ。
 上にあるリンクから落とせるのは,BitTorrent用のトレントファイルで,ツール本体ではない。BitTorrentクライアントを常用している人はこれを使ってツール本体を落としてもいいが,その下にある「Future Pinball v1.7.20070805」と書かれたリンクから本体を直接ダウンロードでき,そちらのほうが手っ取り早い。ツールをダウンロードしたらインストールをお忘れなく。

Future Pinballを起動し,「Sci-Fi Classic」のテーブルデータを読み込んでみたところ。ゲームの起動は本文を参考に,テーブルランチャーから行う
インディーズゲームの小部屋:Room#31「Future Pinball」
 これだけでピンボール台の新規作成はできるが,完成した台ですぐさま遊ぶにはテーブルデータが必要だ。こちらも同じページから,公式サンプル一つがダウンロードできる。ページのやや下にある「Sci-Fi Classic」の囲み内にあるのがそれで,こちらもやはりBitTorrentのトレントファイルと,ファイル本体の二つのダウンロードリンクが用意されている。二つあるリンクのうち,下の「Sci-Fi Classic」と書かれたほうから直接本体を落としてしまおう。ダウンロードしたファイルをインストールすれば準備完了。さっそくFuture Pinballを起動してみよう。

 Future Pinballを起動すると,最初に表示されるのはテーブルエディット画面だ。ここで,先ほどインストールした「Sci-Fi Classic」テーブルを指定して,ゲームを起動してやればよい。メニューの「File」から「Table launcher」を選ぶか,「F4」キーで直接テーブルランチャーを表示し,「Sci-Fi Classic」を起動すれば,いよいよゲームスタート。ゲームに必要な操作を下にまとめたので,参考にしてほしい。

コインの投入 5
ゲームスタート 1
ボールを打ち出す Enter
フリッパー 左Shift / 右Shift
台を揺らす Z / Spaceバー / 「/」(スラッシュ)
バックボードを見る Tab
カメラ位置の変更 F1〜F8
一時停止 Pause
終了 Esc


 細かな操作はほかにいくつかあるが,差し当たりこのあたりを押さえておけばいいだろう。カメラ位置について若干補足しておくと,「F3」と「F4」ではカメラがボールを追従する形になっており,「F8」は一回押すごとに視点をローテーションで変更する。自分の見やすいカメラ位置に設定しよう。

 「Sci-Fi Classic」だけでも十分楽しめるのだが,エイリアンをモチーフにしたこの台はなんとなく地味な気がしないでもない。ユーザーが作成した数多くのテーブルデータが公開されているので,どうせならもっと派手でゴキゲンな台も試してみたいところだ。ユーザーが作成したテーブルデータは,公式サイトの「Tables」ページにある各種リンク先から入手できるが,あまりに多くてどれから手を付ければいいのか分からないかもしれない。そこで最後に,筆者のお気に入りのテーブルと,その導入方法を紹介しておこう。

「Sci-Fi Classic」
インディーズゲームの小部屋:Room#31「Future Pinball」 インディーズゲームの小部屋:Room#31「Future Pinball」 インディーズゲームの小部屋:Room#31「Future Pinball」
インディーズゲームの小部屋:Room#31「Future Pinball」 インディーズゲームの小部屋:Room#31「Future Pinball」 インディーズゲームの小部屋:Room#31「Future Pinball」

「ROAD GIRLS REVISITED」
インディーズゲームの小部屋:Room#31「Future Pinball」
 筆者がお勧めするのは,「Tables」ページにリンク先が紹介されている,Blindmankind Pinball「ROAD GIRLS REVISITED」。台としての特徴は,上下2段のマルチフリップで,比較的マルチボールが発生しやすく,そして見てのとおりお姉ちゃんが山盛りだ。それもそのはず,道中で4人のお姉ちゃんをひっかけて,1000マイル先のパーティ会場まで車でぶっ飛ばすぜ! というのが,この台のテーマなのだ。実に分かりやすい。人生こうでなくっちゃ。
 この台では,車のエンジン音やパトカーのサイレン,お姉ちゃんの悩ましい声といった効果音がふんだんに使われており,賑やかなことこの上もない。カントリー調のBGMも楽しげな,いかにもアメリカンな台なのでぜひ試してほしい。

 テーブルデータのダウンロードで迷うことはないと思うので省略するが,ユーザーが公開しているテーブルデータの場合,インストーラはないのが普通なので,圧縮してあるファイルをダウンロードし終わったら解凍してフォルダの中身を見てみよう。フォルダの中にいくつかのファイルがあると思うが,この中で必要となるのは拡張子が「fpt」「fpl」になっているものの2種類。これらをすべて選択したら,Future Pinballのインストールフォルダ内にある,「Tables」フォルダにコピーする。あとは先ほどと同様,テーブルランチャーから「ROAD GIRLS」を選ぶだけだ。

「ROAD GIRLS REVISITED」
インディーズゲームの小部屋:Room#31「Future Pinball」 インディーズゲームの小部屋:Room#31「Future Pinball」 インディーズゲームの小部屋:Room#31「Future Pinball」
インディーズゲームの小部屋:Room#31「Future Pinball」 インディーズゲームの小部屋:Room#31「Future Pinball」 インディーズゲームの小部屋:Room#31「Future Pinball」

 基本的に,新規テーブルの導入手順はどれも同じなので,あとは同様の手順で,好きなだけお気に入りの台を試してみよう。公式サイトのリンク集にある,Future Pinball Releasesには,ざっと300種類近いテーブルデータが公開されているので,この先一生ピンボールゲームに困ることはなさそうだ。用意された台だけでは満足できないという,ピンボールに並々ならぬ愛情を抱いている人は,オリジナルの台を作成してみるのもいいだろう。それでは,よいピンボールライフを。

■Future Pinball公式サイト
http://www.futurepinball.com/

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月25日〜06月26日