オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2007/09/11 12:00

連載

摩天楼はパラ色に
第1話:運転の腕を買われて犯罪の道へ

 

9月14日発売のドライバー第4作は……

 

image

1978年のニューヨークで,ヤバい仕事をこなして成金を目論む主人公のT.K.(キッド)。犯罪をバリバリこなす男というよりは,犯罪に巻き込まれて隅っこのほうで死んでそうな男にも見えるが,これでも18歳だ

 箱庭のように再現された広大な街の中を歩き回り,車で暴走して人を轢き,一般市民や警官を殴り倒し,撃ち殺す。そんな,不必要なほど極悪非道の限りを尽くせるクライムアクションというと,世界で何千万本も売れ,社会現象にまでなったという「グランド・セフト・オート」(GTA)シリーズを思い浮かべる読者が多いと思う。
 だが,ちょっと待ってもらいたい。独創的なドライブアクションゲームを世に送り出している,イギリスのReflections Interactiveが放つ「ドライバー」シリーズも負けてはいない。こっちだって全世界で累計1200万本以上売れている化け物タイトルであり,そもそも今のクライムアクションの土台を作ったのは,何を隠そうドライバーシリーズなのだ。

 そんなドライバーシリーズの最新作が「DRIVER PARALLEL LINES 日本語マニュアル付英語版」(ドライバー パラレルラインズ)だ。ドライバーシリーズはその名前からも分かるとおり,車を使ったさまざまなミッションをこなしていくゲームである。車ゲーといっても単なるレースゲームではなく,執拗に追走してくる敵車やパトカーを相手にド派手なカーチェイスを演じたり,運んだり逃げ回ったり追いかけたりと,そこは実にクライムアクションっぽい内容。
 前作「ドライバー3」では,肝心なドライブアクションよりもシューティングアクションの味付けが(良い意味でも悪い意味でも)強かったが,今作ではドライブアクションに重点が置かれており,ドライバーシリーズの名にふさわしいゲーム性に戻ったといえる。

 

image
image

殴り倒すなり,車で轢くなり,銃で撃つなり,街の中で好き放題暴れまくり。PS2版では一般市民は死なない仕様で,倒れてもムクッと起き上がったので非常に気持ち悪かったが,PC版ではちゃんと(?)死んじゃう

 

 そんな本作だが,2007年9月14日発売のPC版は日本語マニュアル付英語版で,当たり前だがゲーム中の音声,テキストはすべて英語のままである。割とストーリー展開を楽しむタイプのゲームなため,ストーリーやミッション内容をしっかり理解できないと,遊べないことはないが面白さは大きく変わってしまう。
 そこで,ニューヨークは好きだが英語はトホホという人でも本作を楽しんでもらえるようサポートしていくのが本連載なのだ。これから数回にわたり,本作のストーリーやミッション内容,攻略情報などをお伝えしていくので,当連載をチェックしておけば「何をしていいのかサッパリだぜFxxK!」ということは,少なくなるはずである。
 なお記事の性質上,ストーリー的にネタバレしてしまう部分もあるので,ご容赦のほどを。

 

image

この手のドライブゲームでは,街中を走る一般車の数が少なくて非現実的なものも多いが,本作では場所によっては一般車が多すぎる,なんてこともあるのが素晴らしい

image

英語字幕を表示させた場合。見た目は素敵なフォントが使われているものの,非常に読みにくい。とくに走行中はじっくり読み取るヒマはないので,かなりつらい

 

 

最初のミッション

 

image

筆者的には,こういうシーンは逃さず掲載していきたい。たとえゲーム展開となんら関係がなくても

 1978年のニューヨーク。抜群の運転技術を持つ主人公T.K.(キッド)は,さまざまなヤバい仕事を引き受けながら大金持ちを目指す18歳だ。
 派手なカーチェイスシーンや水着&下着(?)のお姉さんが登場するオープニングムービーをウキウキしながら眺めていたら,いきなり強盗の逃走を手助けするドライブミッションが始まった。こんな仕事は朝飯前だぜってなわけで,一般車の間をすり抜けながら,パトカーの追跡を振り切り,強盗を目的地まで送り届けるのだ。すると100ドルの報酬が得られる。こんな感じで,ヤバい仕事を次々にこなしていくわけだ。

 

image

目的地は右下のミニマップに表示されるので迷うことはない。しかし,ミニマップをちらちら見ながら運転していたら一般車とぶつかった,なんてのはかっこ悪い。でもまぁ半端じゃなく一般車が走るニューヨークでは,事故なんて当たり前

image

強盗を乗せて目的地まで逃走中。パトカーは簡単にまけるが,あまり派手に暴れまくると警察ヘリまで登場して上空からの銃撃で蜂の巣にされる。カーチェイスは後ろは気にせず,一般車の間を縫うように走り抜けるのがコツだ

 

 

ミッション ホイールマン

 

image

運転の腕次第では,仕事の世話をしてくれるというスリンク。なんというか,絵に描いたような1978年のワルだ

 ニューヨークでの寝床として世話になっているレイが,スリンクというヤツを紹介してくれるというのでバーに行ってみる。スリンクはアフロヘアーにチョビ髭,そして紫のスーツと,悪党というよりはチンピラみたいな男。というか,セクシーな踊りを披露しているダンサーばかりが気になって,スリンクの話は上の空だなぁ。

 まずはこちらが本当に腕の立つドライバーなのか確かめたいらしく,ニューヨークに放置してあるスリンクの車を回収し,レイの修理工場まで運んでこいとのこと。放置場所に行ってみると,ボロボロのスリンクの車がある。「これ以上,壊すんじゃないぞ」なんて言っていたが,確かにこれ以上壊したら木っ端微塵だ。スリンクはあまり車の運転がお上手ではないらしく,腕の立つドライバーが必要なのも納得である。

 

image

オープニングから微妙に期待はしていたが,バーで見られるセクシー姉さんの踊りに,すっかり虜である。ムービーシーンが荒いのが少々残念だが,わざわざゲームをやり直して3回も見てしまった。うーん,ニューヨーク万歳!

image

派手に暴れまくった形跡のあるスリンクの車を,レイの修理工場まで運ぶ。すでに(車の)手配度が上がっているため,パトカーは避けながら行動したほうがよい。道中で派手な事故を起こすと動かなくなる(爆発もする)のでご注意を

 

 オンボロ車を無事にレイの修理工場に運び込むと,車の手配度をゼロにする方法,修理やパーツを購入して車をアップグレード(ボディワーク,パフォーマンス,アクセサリ,スプレー塗装)する方法などのレクチャーが受けられる。これでオンボロだったスリンクの車も新車同様になるんだから,レイは本当に凄腕だ!

 ピカピカに生まれ変わったスリンクの車は,もらっちゃっていいようだ。どうせなら,もうちょっと格好いい車のほうがよかったなぁと思っていたら,この車で街の中に配置された三か所の計測ポイントを60マイル,70マイル,100マイルで通過しろとのこと。こんな簡単な腕試しでいいのだろうか?

 

image

レイの修理工場に持ち込めば,壊れた車も新車同様になる。車のアップグレードも可能なので,資金を貯めてフルチューン状態にするのも楽しみの一つ。防弾ガラスやニトロなどを搭載すれば,パトカーからの逃走も楽になるかも?

image

規定速度以上で計測ポイント(黄色のバーが目印)を通過する,スリンクからの最終試験。タイミングによっては一般車が邪魔になって失敗することもあるが,何度でも挑戦できるので簡単にクリアできるだろう

 

 

ミッション ガンマン

 

image

銃も使えなきゃ仕事にならないというわけで,スリンクに銃の指南を受ける。見かけによらず,いいヤツだなー

 腕を認められ,スリンクからの仕事を請け負うことになった。これでしばらく食いっぱぐれはなさそうだ。さあ真面目にコツコツ労働するぞ! とはいっても,車の運転だけウマくてもやっていける仕事ではなく,銃は必要不可欠である。早いとこ銃を使えるようになって,ギャングとか警官とか一般市民とかをバンバン撃つぞー。

 銃の基本的な取り扱いはスリンクに教えてもらえる。こんなことまでやってくれるなんて,スリンクってば意外にマメなアフロだ。とはいえ指示通りにできないと,最初の訓練からやり直しさせられる。スリンクってば意外に厳しいアフロだ。まぁこんなところで足踏みしているようじゃ,この先が思いやられるけど。

 

image

ロックオン:ロックオン機能を使って,指定されたドラム缶を撃つ。別に急ぐ必要はないが,テンポ良くドラム缶を吹き飛ばすと気持ちがいい

image

平行移動:ロックオンした状態で移動しながら車を撃つ。ロックオンしていれば,移動しても照準は標的を捕らえたままなので楽チンである

 

image

狙撃訓練:フリー照準モードを使うと精密射撃ができ,照準の細かい調整が可能となる。ここではタイヤを狙ってパンクさせたあと,車を爆破する

image

運転と銃撃:どうやっているのか謎だが,車を運転しながら窓から体を出して銃撃が可能だ。ロックオン機能を使えば少しだけ運転に集中できる

 

 

ミッション ペイ・レイ

 

image

いつもお世話になっているレイの,借金返済の世話をしてやるというミッション。18歳に泣きつくとは……

 世話になっているレイから,ラガーディアに返済する1500ドルが必要だという依頼があった。レイのためだ,面倒くさいが都合してやるしかない。金はレースやサイドミッションをこなして調達することになる。

 手っ取り早く金を稼ぐにはレースがお勧め。一般車のいないクローズドサーキットで行われるサーキットレース,そして一般車が走る公道で行われるストリートレースがある。どちらも難度はイージー,ミディアム,ハードとあるが,車の強化に金を使っても仕方ないので(別にいいけど),簡単に勝てるイージーに挑戦しておけばいいだろう。1500ドルなんてあっという間だ。

 レースのほかには高利貸しというサイドミッションがある。簡単にいえば取り立て屋だ。金貸しをボランティアと勘違いしているうっかり者の車を追いかけて,制限時間内に金を取り立てればオッケー。もちろん話し合いで解決するわけがないので,銃で説得するのだ。
 相手を追いかけながら銃を乱射する“ながら運転”のため,なかなか難しい。あまり派手に暴れすぎると,手配度も上がりパトカーとのカーチェイスにもなる。取り立て屋も大変だ。無事に1500ドルを稼いでラガーディアに金を返せばミッション完了。レイには感謝してもらいたいものである。

 

image

マップ上にいる相手の位置を確認しながら,制限時間内に追いついて取り立てを行う「高利貸し」。追いついたら話し合いなんかせず,即武力行使。ただし銃を使うと車とキッドの手配度が上がり,警察のヘリまで登場する恐れもある

image

3台のライバル車と競い合うサーキットレース。相手は派手にカラーリングされたレースカーっぽくてビビるが,イージーであれば余裕で勝てる。ミディアム以上は周回数が増え,ライバル車も速くなるため,チューンナップなしで勝つのは難しい

image

ストリートレースでは,マップ上にあるチェックポイントを通過すると次のチェックポイントがマップ上に現れる。ルートは決まっていないので,最短距離で次のチェックポイントを目指そう。一般車は多いし,パトカーもいるので意外と大変なレースだ

 

 

成り上がり伝説はまだ始まったばかり

 

 うすうす気がついている人もいると思うが,今回紹介した冒頭のミッションは,いずれもチュートリアル要素を含んだミッションであり,かなり簡単である。とはいえ,本作にはストーリーを追って展開されるメインミッションがまずあって,たまにミニゲーム的なセカンドミッションが入り,ときにはミッションは気にせず自由気ままにニューヨークを走り回れる,という流れはお分かりいただけたと思う。

 こんな感じで,次回以降もゲームのストーリーを追いながら,ミッションを紹介/攻略をしていく予定だ。

 

1978年のニューヨーク写真館

 

image
image
image
image
image
image

 

 

 ニューヨークでの行動は自由だが,違法行為が見つかると「手配度」がアップして,警察に追われることになる。

 本作では車の手配度(画面左下メーター横)とキッドの手配度(画面右下ミニマップ横)があり,車で犯罪を行うと車の手配度が,徒歩移動中に犯罪を行うとキッドの手配度が上がる。当然,手配度が高ければ高いほど警察の追跡も激化する。

 この二つに分かれた手配度がゲームを面白くしており,例えば車の手配度は乗っている車に対しての手配度なので,警察が見ていないところで別の車に乗り換えてしまえば手配度はリセットされる。また,キッドの手配度が上がっていても,中が見えにくい車に乗っていれば気付かれずにやりすごせるというわけだ。

 手配度は,警察に見つかると上がるということを覚えておこう。警察が見ていないところでは何をやってもおとがめなしなのだ。さすが自由の国アメリカ(?)である。

image
image
image

車の手配度は別の車に乗り換えれば消える。キッドの手配度が上がっている場合,すれ違いざまに顔が分かってしまうバイクやオープンカーなどは避けておいたほうが無難だ。中が見えにくい車であれば,キッドの手配度が高くても,画面左下メーター横の黄色いバーが最高になるまではパトカーの後ろを走っていても大丈夫

 

 

■■UHAUHA(フリーライター)■■
「ああ,憧れのハワイ道路」に続いて,またも週刊連載記事でアメリカをドライブすることになったUHAUHA氏。「そういえば“UHA”と“USA”って似てるし,これからはアメリカを意識して“USAUSA”に改名しましょう!」と提案したところ,すごくいやがられた。
  • 関連タイトル:

    DRIVER PARALLEL LINES 日本語マニュアル付英語版

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2018/05/25)
DRIVER PARALLEL LINES 日本語マニュアル英語版
Software
発売日:2007-09-14
価格:3980円(Amazon) / 6480円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月17日〜01月18日