オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「Catalyst 12.11 Beta11」リリース。「Far Cry 3」に向けた最適化と,大きめのバグフィックスが入る
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/12/04 11:12

ニュース

「Catalyst 12.11 Beta11」リリース。「Far Cry 3」に向けた最適化と,大きめのバグフィックスが入る

 もう12月だが,「Catalyst 12.11 Beta」のアップデートは続くようだ。
 北米時間12月3日,AMDは,Catalyst 12.11 Betaのリリース第5弾となる「Catalyst 12.11 Beta11」を公開した。
 対応OSは32/64bit版Windows 8・7・Vista(とLinux)。さっそく入手したいという人は,下に示したリンクを使ってほしい。なお,「Display Driver」のバージョンは9.01.8(1212021802-9.01.8-121202a-150272E-ATI.2)で,Beta8の9.01.8(1211151533-9.01.8-121115a-149712E-ATI)と比べると,表記の数字はわずかに引き上げられている。

Catalyst 12.11 Beta11

 Catalyst 12.11 Betaシリーズのドライバが性能面の最適化を志向していることは,第1弾のリリース以降,繰り返しお伝えしてきているが(関連記事1関連記事2),今回のBeta11で,そのターゲットは「Far Cry 3」となっている。同時に公開された「Catalyst Application Profile 2」も適用することで,性能は従来のβドライバと比べて最大25%向上するとのことだ。
 特定の環境でハングしたり,特定のアプリケーションで画面表示がおかしくなったりといった,割と大きめのバグが潰されているのもポイントといえるだろう。リリースノートの内容は例によって和訳し,本稿の最後にまとめてあるので,興味のある人はチェックしてもらえればと思う。

 というわけで,Far Cry 3をプレイする気満々の人はもちろん,そうでない人でも,修正内容に気になるところがあるなら,自己責任で試してみてはどうだろうか。
 なお,AMDはCatalyst 12.11 Betaシリーズの導入をゲーマーに勧める一方,β版ドライバを「現状渡しの無保証版」とも位置づけ続けているので,その点はだけはご注意のほどを。


●Catalyst 12.11 Beta11における性能向上
  • ドライバと合わせてCatalyst 12.11 Application Profile 2を導入すると,「Far Cry 2」で8x MSAAおよびSSAOを適用したとき,2560×1600ドットで最大25%。8x MSAAおよびHDAOを適用すると2560×1600ドットで最大15%


●Catalyst 12.11 Beta11で解決した問題
  • 「Intel X58 Express」または「Intel X79 Express」搭載システムにRadeon HD 7000シリーズ搭載カードを1枚差すと,時折システムがハングする問題
  • Radeon HD 7000シリーズのCrossFireX構成時にEyefinityのセットアップを行おうとすると,(セットアップが)ハングすることのある問題(※ということだと思われる。原文は「Resolves an intermittent hang encountered with AMD Radeon HD 7000 Series GPUs in a CrossFire Eyefinity setup.」)
  • DirectX 9.0cベースとなるゲームタイトルのいくつかで画面表示がおかしくなる問題
  • 「XBMC Media Center」でフォントが表示されない問題
  • 「Media Player Classic - Homecinema」でフルもしくはハーフの浮動小数点演算を行うよう設定するとビデオの表示がおかしくなる問題
  • これまでに登場したLinux向けCatalyst 12.11 Betaドライバが不安定だった問題


●Catalyst 12.11 Beta11時点におけるアドバイス
  • 関連タイトル:

    Radeon Software

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ