キャラクター攻略

2016/05/25 23:52

メイ


※赤字で表記されているものは,アップデートなどで追記を行った部分です。対応するアップデートのバージョンを,文末に記載しています(S1.1→SIGN Ver.1.1,R1.04→REVELATOR Ver.1.04など)。
※緑字で表記されているものは,「REV 2」以降のアップデートで追記を行った部分です。対応するアップデートのバージョンを,文末に記載しています(R2→REV 2,R2 2.10→REV 2 Ver.2.10)。

プロフィール

 明朗快活な性格で細かい事は気にしない。難しい事を考える前に,行動を起こすことを信条としており,その活発な行動力に仲間たちが振り回される場面もしばしば見受けられる。しかし,彼女の言動に呆れと疲れを感じながらも常に前向きなメイの姿勢は周囲の人間に元気を与えている。(CV:こおろぎさとみ)

身長 158cm
体重 49kg
出身 不明(日本)
血液型 B型
誕生日 5月5日(拾われた日)
大切なもの ジョニー
趣味 ジョニーのことを考えること
嫌いなもの はげ

基本性能

 巨大なイカリを手に戦うメイは,その小さい身体とは裏腹な,パワー型のキャラクターだ。通常技はどれも振りが大きく,小回りこそ利きにくいが,ヒットさせれば抜群の威力を誇る。パワー型らしく,コマンド投げもしっかり用意されているので,投げキャラが好きなプレイヤーにもオススメできる。
 さらに彼女の仲間であるイルカやシャチといった海洋生物を使っての攻撃は,ほかのキャラクターにはないトリッキーさを備えている。足払いなどで相手からダウンを奪ったあとは,彼らの力を借りながら,中段技と下段技,そして投げ技による起き攻めを仕掛けていこう。とくに相手を画面端に追い詰めれば,バリエーション豊かな連係で相手を追い詰められるはずだ。一方で,地上でのけん制はそれほど得意ではない。「拍手で迎えてください」や「お見逃しなく」を併用しながら空中から攻めるなど,トリッキーな立ち回りでそれを補っていくのだ。

GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
足払いでダウンを奪ったあとは,「拍手で迎えてください」を絡めた起き攻めを狙う。ここからオーバーヘッド・キッスや中段攻撃の6+Kを織り交ぜつつ,相手を揺さぶっていく
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
遠距離戦が苦手なメイは,相手にいかに近づくかが勝敗の鍵を握る。「お見逃しなく」を黄色ロマンキャンセルして,積極的に攻めていこう

必殺技
イルカさん・横 4タメ6+S or HS
イルカさん・縦 2タメ8+S or HS
オーバーヘッド・キッス 相手の近くで623+K
拍手で迎えてください 41236+P or K or S or HS(長押し可能)
└ イルカ搭乗 空中でイルカと接触する
お見逃しなく 214+P or K
└ ボールジャンプ 空中かつボールの近くで2要素
燕穿牙? 空中で41236+HS
覚醒必殺技
グレート山田アタック 236236+S or D
究極のだだっこ 63214+HS
超絶悶絶きりもみ大旋風 63214+S
└ デラックス五所川原ボンバー 超絶悶絶きりもみ大旋風中にP
一撃必殺技
そしてさらば。 一撃準備後に236236+HS

ガトリングルート


ガトリングルートの読み方

共通動作&カラーバリエーション


GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
挑発1
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
挑発2
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
敬意1
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
敬意2
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
一撃準備

GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 1
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 2
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 3
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 4
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 5
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 6
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 7
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 8
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 9
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 10
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 11
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 12
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 13
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 14
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 15
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 16
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 17
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 18
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 19
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 20
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 21
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 22
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
Color 23
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
対同色時


通常技解説

立ち攻撃

GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
連/必/J
ATK:10 F:5±0
立ちP
連打キャンセル可能で,基底ダメージ補正もない。接近戦でのアクセントに使おう。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
必/J
ATK:20 F:9-3
立ちK
リーチが長く,さらに足元には無敵状態があるけん制技。中間距離での主力として活躍してくれる。
下段のしゃがみKへのガトリングルートが追加され,ガードの揺さぶりがより強力になった(S1.1)。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
必/J
ATK:30 F:7-1
近距離立ちS
攻撃レベルが高く,ジャンプキャンセルが可能。空中連続技へのつなぎに重宝する。
ノックバックが短くなり,攻撃を当てた後に距離が離れにくくなった(S1.1)。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
必/J
<
ATK:33 F:12-9
遠距離立ちS
攻撃発生は遅いものの,非常にリーチが長いけん制技。相手との間合いを計り,空振りしないように使っていこう。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
ATK:50 F:13+7
立ちHS
イカリを振り下ろす攻撃で,攻撃判定が強く,対空やけん制技潰しに使っていける。カウンターヒットさせると,よろけを誘発できる。
キャンセル可能時間が16フレームから19フレームに延長され,タイミングを遅らせた必殺技や,タメ技でのキャンセルがやりやすくなった(S1.1)。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
ATK:25 F:27-7
ダストアタック
イカリを軸に回転ラリアットで攻撃する中段技。攻撃発生自体はそれほど早くないが,ガードされても反撃を受けにくい。

しゃがみ攻撃


GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
連/必/J
ATK:10 F:4±0
しゃがみP
立ちPよりリーチは短いが,攻撃発生に優れたしゃがみP。こちらは暴れにも使っていける
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
ATK:14 F:5-3
しゃがみK
基底ダメージ補正は80%と重いが,メイにとっては貴重な下段攻撃。中段攻撃の6+Kと組み合わせ,相手のガードを揺さぶっていこう。
立ちPやしゃがみPから,3+Kと入力しても出せるようになった(R2)。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
必/J
ATK:26 F:9-4
しゃがみS
リーチ,攻撃判定ともに優秀な,地上戦での主力けん制技。先端部分ヒット時に,次の攻撃へつなげにくいのがやや難点か。
3+Kへのガトリングコンビネーションルートが追加されたことにより,足払いが届かない位置でもダウンを奪えるようになった。また,相手の接近を止める目的で置いたしゃがみSに3+Kを入れ込んでおき,ヒット時に自動で3+Kが発生し,連続ヒットするといった使い方も可能だ(R2 2.10)。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
ATK:40 F:11-25
しゃがみHS
イカリを大きく振り上げる攻撃で,対空に使える。ただしスキは非常に大きいので,空振りは厳禁と覚えておこう。
キャンセル可能時間が23フレーム目までから33フレーム目まで延長された(S1.1)。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
ATK:30 F:7-1
足払い
攻撃発生の早い下段攻撃。基底ダメージ補正がかからないので,立ちガード崩しに活躍してくれる。ここからの連続技がメイの火力源だ。
攻撃判定が前方に拡大され,従来届かなかった距離の相手にもつながるようになった。やられ判定も大きくなったことには注意(S1.1)。

地上特殊技


GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
ATK:44 F:16〜47-7〜+11
6+P
攻撃発生まで上半身無敵が続く,気絶値の高い打撃技。ただし攻撃発生は遅いので,相手のジャンプ攻撃を落とすには,早めに出す必要がある。また,ボタンを押し続けることで発生タイミングが調整でき,最後まで溜めると相手を壁張り付きにする効果が付与される。
ボタンを押し続けている間,上半身無敵が継続するようになった(R2)。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
ATK:35 F:20+1
6+K
前方に小さくジャンプしながら蹴りで攻撃する中段攻撃。ガードされてもメイ側が有利なので,連係にオススメ。ただし,ここから連続技を狙うには,「拍手で迎えてください」を活用するか,ロマンキャンセルを使う必要がある。
攻撃力が26から35に上昇した(S1.1)。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
ATK:70〜90 F:16〜26-21〜-8
6+HS
イカリを振り下ろし,広い範囲を攻撃する攻撃。地上と空中のどちらの相手にも当てやすく,けん制技として使っていける。また,ボタンを押し続けることで,攻撃発生のタイミングを調節でき,最大までタメると中段攻撃となる。
一定時間ボタンを押し続けると,自動的に最大タメ版が出るようになった(R1.03)。
内側部分の攻撃判定が拡大された(R2)。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
ATK:24 F:8-27
3+K
イカリを頭上に構え,ヘッドスライディングのような格好で突撃する。姿勢が低いため相手の攻撃をかわしやすく,かつ攻撃判定も強いのだが,ガードされると大きなスキをさらしてしまう。ロマンキャンセルとセットで使っていこう。
前進速度が増加し,離れている相手にもヒットしやすくなった。また,減速のタイミングが若干早くなっている。(R2 2.10)。

ジャンプ攻撃


GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
連/必
ATK:8・8 F:5 A:2(2)2
ジャンプP
スキが小さく連打キャンセルが可能なので,空中戦で活躍する。空中の相手を追いかけるときに使っていこう。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
ATK:24 F:7 A:6
ジャンプK
横方向に攻撃判定が強く,持続も長いので空対空に最適。連続技の中継にも役立つ優れた技だ。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
必/J
ATK:30 F:12 A:4
ジャンプS
斜め下方向を攻撃する技で,跳び込みに向いている。ただし攻撃発生は遅く,めくり能力は低いので,空中ダッシュで奇襲するときなど,相手が正面にいる状況で使うのがいいだろう。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
ATK:38 F:12 A:10
ジャンプHS
イカリを大きく振るう攻撃で,判定が大きく,ジャンプ中の相手を捉えるのに適している。さらにカウンターヒットさせると相手は長時間受け身不能となるので,すかさず近距離立ちSやジャンプKから追撃を狙っていこう。
カウンターヒット時の相手の浮きが低くなり,受身不能時間が29フレームから31フレームに伸びて追撃しやすくなった(S1.1)。
攻撃力が35から38に増加した(R1.03)。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
必/J
ATK:35 F:10 A:12
ジャンプD
跳び上がりながら頭突きで攻撃する。ジャンプキャンセルが可能なので,空中連続技のつなぎに使っていこう。
攻撃力が33から35に増加した(R1.03)。
高めに設定されていた気絶値が標準になった(R2)。
カウンターヒット時の受身不能時間が30Fから60Fに延長され,さらに横方向への吹き飛びが減少されたため,追撃しやすくなり,カウンターヒット時のリターンが増加している(R2 2.10)。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
ATK:34 F:13 A:地面まで
ジャンプ2+HS
イカリに乗って落下しながら真下を攻撃。落下中は攻撃判定が出続けるうえ,めくりでも当てやすい。頭上付近からの跳び込みにはこの技を使っていこう。

共通システム技


GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
ATK:25 F:16-10
デッドアングルアタック
6+Pとと同じ動作で反撃する。発生は遅いので,ガードされないようスキの大きい攻撃を狙って発動するようにしたい。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
ATK:0・55 F:1+46
地投
地上投げ
メイの後方に相手を放り投げてダウンさせる投げ技。このあとは起き攻めにいくか,ロマンキャンセルから追撃を狙っていこう。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
ATK:0・55 F:1
空投
空中投げ
相手を掴み,前方の地面へと投げ飛ばす空中投げ。これでダウンさせたら,ダッシュやジャンプで近づいて起き攻めを狙おう。


必殺技解説

イルカさん・横

4タメ6+S or HS
 イルカに乗って前方へ突進する必殺技。S版は攻撃発生が早く,足払いからの連続技や奇襲に便利。HS版は攻撃発生が遅い代わりに移動距離が長く,さらに相手を画面端に追い詰めた状況でヒットさせると,相手を壁張り付き状態にできる。
 どちらも空振りした場合の着地硬直がほとんどないので,相手の目の前に着地〜投げ,といった連係も効果的。コマンドがタメなので,スキあらば1でタメを作る癖をつけておこう。
 S版の横方向への突進速度が上昇した(S1.1)。
 HS版はノーマルヒット時の受身不能時間と壁張り付き時間が,それぞれ2フレーム延長された。代わりに,カウンターヒット時の受身不能時間と壁張り付き時間が60フレームに減少した(S1.1)。

:イルカさん・横
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-

種類 攻撃力 発生 硬直差 攻撃属性
S版 35 5 -4 上 / 空
HS版 45 13 -5 上 / 空

イルカさん・縦

2タメ8+S or HS
 イルカに乗ったメイが,放物線を描くような軌道で突進する技。この軌道のうち,昇りが空中ガード不能の上段攻撃,下りが空中ガード可能な中段攻撃という特性を持つ。
 イルカさん・横と同様,空振り時のスキがほとんどなく,空中の相手を撃墜するのに適している。ただし無敵時間はないので,対空として使うのではなく,相手のジャンプを防止する感覚で,けん制目的で使っていこう。
 S版は攻撃発生が早いが受け身不能時間が短く,逆にHS版は攻撃発生が遅い代わりに受け身不能時間が長い。後者は空中連続技に組み込むのが主な使い道だ。
 S版の上昇部分における上方向のやられ判定が縮小され,対空に使いやすくなった。しかし,下降部分のヒット効果が通常のけぞりに変更されたため,リターンは減少している。S版,HS版共にヒット時の跳ね返りは小さくなっているので,展開の早い攻めを継続させよう(R2 2.10)。

:イルカさん・縦
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-

種類 攻撃力 発生 硬直差 攻撃属性
S版 40 8 -9 上・中 / 空
HS版 45 15 -9 上・中 / 空

オーバーヘッド・キッス

相手の近くで623+K
 相手を掴んだのち,オーバーヘッドキックの要領で相手を後方の壁へと叩きつけ,バウンドさせるコマンド投げタイプの必殺技。技後は相手が空中で受け身不能状態となるので,近距離立ちSやダッシュジャンプKなどで拾って,空中連続技をたたき込める。なお,コマンド完成直後から投げ判定が発生するまでは,相手の投げに対して無敵なのも見逃せないポイントだ。
 コマンドが623+Kに変更され,ほかの技の暴発が起こりにくくなった。黄色ロマンキャンセル可能時間が投げ判定の発生直前までとなり,硬直も2フレーム増加。空振り時のリスクが増加している(S1.1)。
 空中で相手を蹴り飛ばした後,空中で行動できるように変更された。これにより,メイが画面端を背負った状況からでも追撃が可能となった。着地する寸前に,空中ダッシュからジャンプKやジャンプSを跳ね返ってきた相手に当て,連続技を狙おう(R2)。

:オーバーヘッド・キッス
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-

攻撃力 発生 空振り硬直 無敵
0・40 4 全体44 1〜5投

拍手で迎えてください / イルカ搭乗

41236+P or K or S or HS(長押し可能) / 空中でイルカと接触する
 画面内にフープを設置し,その地点に向かって呼び出したイルカを突撃させる,飛び道具タイプの必殺技。ボタンによってフープの設置場所とイルカの動き方が異なり,P版はメイの目の前,S版は画面半分ほど先にフープを設置。この場合,イルカはどちらも真横に向かって突撃することとなる。一方,K版はメイの真上,HS版は前方の空中にフープを設置。それをくぐるように,イルカは放物線を描いて突撃する。
 技の性質が大きく変更された。フープの設置後,待機状態になったイルカは一定時間が経過すると自動で突撃する。また,イルカ待機状態では,設置に使用したものと同じボタンを離すことで,任意にイルカを射出できる。改めてボタンを押さずにイルカを突撃させたい場合は,設置時にボタンを押しっぱなしにし,射出したいタイミングで離そう(S1.1)。
 足払いをヒットさせたあとの起き攻めや,相手へ接近するきっかけ作りとして活躍する技だ。なお,フープを設置するタイミングでは,黄色ロマンキャンセルも可能。テンションゲージを使ってしまうが,安全に設置を行うことができる。
 また,イルカとメイが空中で接触すると,イルカさん・横のように,メイもろとも前方へ突進する攻撃に変化。この攻撃後はすぐに自由に動けるようになるので,相手に近づくための奇襲として活用していこう。
  イルカ突撃がボタンを離した瞬間に変更されたことで,設置状態を維持しながら同じボタンで攻撃することが可能になった。K版のフープを設置しながら,同じKボタンの必殺技であるオーバーヘッドキスで相手のガードを崩しにいく,といった動きが可能に(S1.1)。
 また,攻撃判定の発生が13Fから10Fに。攻撃判定の発生前からイルカ搭乗ができるようになった(S1.1)。
 イルカ搭乗は攻撃力が一律50になり,これまでS版のみ違っていたヒット後の相手の吹き飛び量が,ほかボタンと同じに。また,ヒット後空中ダッシュ可能になるまでの時間が3フレーム早くなった(S1.1)。

 S版イルカ搭乗ヒット時の画面端張り付け時間が4フレーム短縮され,P版 / K版 / HS版と同じになった(R1.03)。
 ロマンキャンセルなどの時間停止中にボタンを離した際,時間停止解除後にイルカが射出されるようになった。また,イルカ搭乗からの突進攻撃において,通常攻撃キャンセルの先行入力受付時間が1F増加された(R2)。

GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
P版
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
K版
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
S版
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
HS版
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
イルカ搭乗時の突進攻撃
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-

種類 攻撃力 発生 硬直差 全体動作
P版 20 25 +2 全体43
K版 20 24 +7 全体37
S版 20 25 +2 全体43
HS版 20 24 +7 全体37
イルカ搭乗 50 13 着地まで

お見逃しなく / ボールジャンプ

214+P or K / 空中かつボールの近くで2要素
 地面から呼び出したラッコの持ってきたボールを放り投げる飛び道具技。ボールは放物線を描くようにゆっくりと移動し,相手にヒットもしくはガードされる,あるいは3回地面にバウンドするまで画面内を跳ね回ることとなる。
 ボールを出すまでに長い予備動作があるのが難点だが,一度出てしまえば長時間画面に留まり続けるので,相手の行動を大きく制限できる。黄色ロマンキャンセルと組み合わせて,攻めのきっかけを作るのに活用していこう。
 なおヒット時は受け身不能時間が非常に長く,とくにカウンターヒットした場合は近距離立ちSなどから連続技を狙うことができる。さらに空中のメイがボールに合わせてレバー下要素を入力すると,ボールを足場としたジャンプも可能。トリッキーな動きで相手を惑わせよう。
 コマンド入力の優先度が溜めコマンドの必殺技より上位に変更され,ほかの技の暴発が起こりにくくなった(S1.1)。
 ボールジャンプは,ボールを踏んだ際にメイとボールがその場で一瞬静止するようになり,ボールの攻撃判定発生前にボールジャンプしても攻撃判定が出る。この変更により,ガード方向の表裏を揺さぶる連係が可能になった。足払いや燕穿牙?などでダウンを奪い,目の前でP版お見逃しなくを黄色ロマンキャンセル。ここから低空空中ダッシュで相手を跳び越しつつボールジャンプするとめくりになり,通常ジャンプから即ボールジャンプすることで表ガードとなる。ヒット後はメイがバウンドするので,下り際にジャンプHSから連続技を狙おう(S1.1)。

 ボールジャンプの破裂がヒットした際に相手が浮くようになるタイミングが,ボールを踏みつけた瞬間に変更された(R2)。

:お見逃しなく
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-

種類 攻撃力 発生 全体動作
P版 40 37 全体45
K版 40 37 全体55

燕穿牙?

空中で41236+HS
 イカリを振り上げてからボディプレスで相手を地面にたたき落とすジョニー直伝の必殺技。主に空中連続技のフィニッシュとして重宝する技だ。上方向に攻撃するので,相手がメイよりも高い位置に来るように連続技をつなげていこう。1段目の振り上げがヒットすると,相手を横方向に大きく吹き飛ばす。画面中央ではヒット後に相手との距離が開くため,拍手で迎えてくださいやお見逃しなくを設置して有利な状況を作っていこう。画面端では,振り上げで吹き飛んだ相手に2段目のボディプレスを連続ヒットさせられる。近距離でダウンを奪えるため,設置技を駆使した起き攻めを仕掛けよう。
 初段が中段判定になり,発生が2F早くなった。また,攻撃判定が下方向に拡大されたため,低い位置でJHSからキャンセルすることでガード崩しとして機能する。ただし,JHSが直前ガードされた場合は燕穿牙?がしゃがみにヒットしなくなるので注意したい(R2 2.10)。

燕穿牙?
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-

攻撃力 発生 攻撃属性
30・20 14 中 / 空

覚醒必殺技:グレート山田アタック

236236+S or D
 暗転後,後方から巨大なくじらを呼び出して突進させる覚醒必殺技。暗転までに時間はかかるが,その後の攻撃発生は早く,空中ガード不能効果までついている(フォルトレスディフェンスは可能)。またカウンターヒットさせれば,転がりダウンを誘発できる。
 さらに無敵時間は暗転直前から攻撃発生後まであるので,これを利用して相手のけん制技に差し込むように当てることも難しくない。さすがに切り返しとして使うにはリスクが大きいが,チャンスは見逃さないようにしておこう。

グレート山田アタック
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-

攻撃力 発生 硬直差 攻撃属性
140[175] 9+0 -33
※[]内はバースト覚醒時のもの。


覚醒必殺技:究極のだだっこ

63214+HS
 振りかぶってのパンチがヒットすると,だだっこのように連続して回転パンチで攻撃するという覚醒必殺技。攻撃発生が早く,かつ発生後まで無敵時間が持続するので,相手の連係に対する切り返しとして活用していこう。
 攻撃発生が暗転後1フレームに変更された。動いていた相手はフォルトレスディフェンスが間に合わなくなり,切り返しに使いやすくなった(S1.1)。

究極のだだっこ
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-

攻撃力 発生 硬直差 無敵時間
16・9×31 8+1 -13 1〜9無,10〜14打

覚醒必殺技:超絶悶絶きりもみ大旋風

63214+S〜超絶悶絶きりもみ大旋風中にP
 ハンマー投げのように回転しながらイカリを振り回して攻撃する覚醒必殺技。攻撃発生は早く,足払いなどから連続ヒットも狙える。また回転中は,テンションゲージを消費することなく,後述の「デラックス五所川原ボンバー」に派生可能。シャチを突撃させてダメージを与え,浮いた相手にさらに連続技をたたき込める。
 デラックス五所川原ボンバーはガードされてもメイ側が有利となるので,超絶悶絶きりもみ大旋風で止める意味はほとんどない。相手のR.I.S.C.レベルを溜めさせることにもつながるので,ガードされても最後まで出し切ったほうが得策だ。

GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
超絶悶絶きりもみ大旋風
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
デラックス五所川原ボンバー

種類 攻撃力 発生 硬直差 無敵時間
超絶悶絶きりもみ大旋風 18×10 1+8 -4 1無,動作中投
デラックス五所川原ボンバー 48 11 +9

そしてさらば。

一撃準備後に236236+HS
 イカリを振り下ろす打撃攻撃がヒットすると画面が暗転,いつのまにか場所を移し,相手をメイシップの主砲砲身へ閉じ込めたのち,遥か彼方へ向かって発射する……という一撃必殺技。暗転後から無敵時間があるものの,割り込みに使うには心もとない。主に相手の気絶時に,トドメとして利用することになるだろう。
 内側部分の攻撃判定が拡大された(R2)。

そしてさらば。
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-

種類 発生 硬直差 無敵時間
通常[決着条件成立時] 9+19[ 5+14] -20 9〜30[5〜21]無


基本コンボ解説


※このムービーは,SIGN Ver.1.1のものです。

初級編


1. 【しゃがみP→しゃがみK→足払い】(ダメージ38)
 ガトリングを利用した基本連続技。メイは「拍手で迎えてください」を利用した起き攻めが強力なので,テンションゲージが少ない状況では,ダウンを奪うことを重視しよう。

2. オーバーヘッド・キッス→ダッシュ〜近距離立ちS[JC]→ジャンプ【S→HS→D】[JC]→ジャンプ【HS→D】[C]→燕穿牙?(ダメージ156〜162)
 コマンド投げであるオーバーヘッド・キッスから始動する追撃用の連続技。バウンドを拾うダッシュ近距離立ちSは,ヒット後少し遅らせてからジャンプキャンセルすることで,ジャンプにダッシュの慣性がかかるようになる。これにより,最速でジャンプキャンセルするより前進でき,最後のジャンプDがヒットしやすくなるという仕組みだ。難しい場合は近距離立ちSを省いて,直接ダッシュ〜ジャンプKから連続技を決めよう。

3. (S拍手で迎えてください設置中)6+K(→拍手で迎えてください解放→ヒット)→【立ちP→しゃがみK→足払い】(ダメージ76)
 S拍手で迎えてくださいを設置した状態で,中段攻撃の6+Kをヒットさせたときに狙う連続技。6+Kがヒットしてからなるべく解放を遅らせることで,立ちPへのつなぎを簡単にできる。

中級編


4. しゃがみS[C]→Sイルカさん・横[RC](→着地)→ダストアタック〜8→ジャンプHS→ジャンプHS→ジャンプ【HS→D】[JC]→ジャンプ【S→HS→D】[C]→燕穿牙?(ダメージ191〜194)
 けん制の遠距離立ちSや,しゃがみSからSイルカさん・横を地上ヒットさせたときの連続技。Sイルカさん・横がヒットした瞬間にロマキャンしないとダストアタックが間に合わないことに注意。また,ダストアタック以降のコンボパーツは,同技でガードを崩したあとの追撃レシピとしても覚えておきたい。

5. 【立ちK→足払い】[C]→Sイルカさん・横[RC]→空中ダッシュ【K→HS】(→着地)→ダッシュ〜ジャンプ【K→HS→D】[JC]→ジャンプ【HS→D】[C]→燕穿牙?(ダメージ178〜182)
 足払いからSイルカさんをヒットさせたときに狙う,ロマンキャンセルを使用した連続技。Sイルカさんをロマンキャンセルするとメイが空中に移動するので,そのまま空中ダッシュからジャンプ【K→HS】をヒットさせて着地。続けて一瞬ダッシュしてからジャンプKへとつないでいこう。ここで一瞬ダッシュを挟んでおかないと,最後のジャンプDが空振りするケースが多い。

6. (相手画面端)【近距離立ちS→立ちHS】[C]→HSイルカさん・横(→壁貼り付け)→ジャンプ〜空中ダッシュ【P→K→HS】(→着地)→6+HS(ダメージ195)
 相手を画面端に追い詰めた状況で使用する連続技。HSイルカさん・横をヒットさせると相手が壁張り付き状態になるので,ここで間髪入れずに低空空中ダッシュPへとつなぐ。着地後の6+HSがヒットすると相手はダウンとなるので,P拍手で迎えてくださいでキャンセルして,そのまま起き攻めに移行しよう。

7. (相手画面端)ダストアタック〜66+HS最大タメ[C]→HSイルカさん・横→ジャンプ〜空中ダッシュ【P→K→HS】(→着地)→6+HS[C]→超絶悶絶きりもみ大旋風〜五所川原ボンバー(ダメージ180)
 画面端でダストアタックをヒットさせたときに狙いたい連続技。6+HSを入力した直後にレバーを4に入れ,HSボタンをホールドしておくと,最大タメ6+HSヒット後にHSイルカさんのタメが間に合う。
 2回目の6+HSから超絶悶絶きりもみ大旋風へのつなぎは遅めに。五所川原ボンバー後は相手がダウンするので,6.と同じくP拍手で迎えてくださいを準備して起き攻めに臨もう。
 「XrdR」ではダストアタックの仕様が変わったため,ダストアタック〜6ヒット時には以下のものを使おう。
(相手画面端)ダストアタック〜6→立ちHS→立ちHS→6+HS(最大タメ)[C]→HSイルカさん・横→ジャンプ〜空中ダッシュ【P→K→P→K→D】[C]→燕穿牙?(ダメージ171)
 画面端でダストアタックをヒットさせたときに狙いたい連続技。6+HSを入力した直後にレバーを4に入れ,HSボタンをホールドしておくと,最大タメ6+HSヒット後にHSイルカさんのタメが間に合う。HSイルカさん・横のヒット後は最速でジャンプ〜空中ダッシュを入力することを意識しよう。

掲載されている内容/データに間違いを見つけたら?