お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
書籍「198Xのファミコン狂騒曲」,8月31日に発売。雑誌「ログイン」「ファミコン通信」で要職を務めた塩崎剛三氏初の自伝
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2024/05/24 18:57

ニュース

書籍「198Xのファミコン狂騒曲」,8月31日に発売。雑誌「ログイン」「ファミコン通信」で要職を務めた塩崎剛三氏初の自伝

 東府屋ファミ坊こと塩崎剛三氏は2024年5月23日,書籍「198Xのファミコン狂騒曲」が8月31日にSBクリエイティブから発売されることを,自身のXで発表した。価格は2200円(税込)。

画像集 No.001のサムネイル画像 / 書籍「198Xのファミコン狂騒曲」,8月31日に発売。雑誌「ログイン」「ファミコン通信」で要職を務めた塩崎剛三氏初の自伝
※上記の画像はSBクリエイティブ公式サイトより

 塩崎氏はかつて,パソコン雑誌「ログイン」の副編集長や,週刊ゲーム情報誌「ファミコン通信」の2代目編集長を務めた人物だ。さらに,編集者だけではなくゲーム開発者としても活躍し,「オホーツクに消ゆ」「いただきストリート」といった作品にも携わった経歴を持っている。

 SBクリエイティブの公式サイトによると,本書籍は塩崎氏初の自伝になり,水野店長(水野震治氏)やゲヱセン上野(上野利幸氏)ら編集者仲間,「ドラゴンクエスト」シリーズで知られるゲームデザイナー堀井雄二氏との出会いで,編集者だけではなくゲーム開発にも挑戦していく様や,ログインのいちコーナーだった「ファミコン通信」をゲーム雑誌ナンバー1にするまでの記録が描かれているとのこと。

 また,塩崎氏は自身のXにて,“1981年冬からの、ファミコン創生期のころの記憶が風化しないよう、僕視点でその周辺の歴史を記した「回顧録」のようなものです。”と本書を紹介している。

「198Xのファミコン狂騒曲」について(SBクリエイティブ公式サイト)


  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月22日〜06月23日