お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Sensor Tower,レポート「2022年上半期アメリカのモバイルゲーム市場インサイト」を公開
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2022/08/25 19:58

リリース

Sensor Tower,レポート「2022年上半期アメリカのモバイルゲーム市場インサイト」を公開

「2022年上半期アメリカのモバイルゲーム市場インサイト」
配信元 Sensor Tower 配信日 2022/08/25

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

[レポートシェアリング]
「2022年上半期アメリカのモバイルゲーム市場インサイト」

画像集#001のサムネイル/Sensor Tower,レポート「2022年上半期アメリカのモバイルゲーム市場インサイト」を公開

このレポートでは、2022年上半期のアメリカにおけるモバイルゲーム市場の成果に関する紹介と詳しく分析を行いました。

2022年上半期、アメリカのモバイルゲーム市場の収益は114億ドルを記録し、ポストコロナ時代以降で初めて大きな落ち込みを見せました。パズル、ボード、ストラテジーゲームはまだアメリカ市場で最も収益の高いカテゴリーです。『Apex Legends Mobile』と『ディアブロ イモータル(Diablo Immortal)』の有名IPがモバイルでもリリースされ、アメリカモバイルゲーム収益増ランキング は再び新しい変化が現れました。このレポートでは、2022年上半期のアメリカにおけるモバイルゲーム市場の成果に関する 紹介と詳しく分析を行いました。

Google Playでポストコロナ時代初めての大きな落ち込み

2020年の新型コロナウイルス発生からアメリカのモバイルゲーム収益は高い水準を維持してきましたが、2022年上半期には大きな変動を見せました。全体的な収益が前年同期比で9.6%減となり、これはGoogle Playでの不振が主な要因とみられます。

2022年上半期のGoogle Playでのモバイルゲーム収益は46億ドル、前年同期比で20.2%も落ち込みました。これに対してiOSのユーザー支出は68億ドルで2021年の同じ時期と同じ水準です。 『キャンディークラッシュ(Candy Crush Saga)』、『コインマスター(Coin Master)』など長らく上位を占めてきた多くのタイトルの収益が低迷し、各地域のモバイルゲーム収益減の主な要因となっています。

画像集#002のサムネイル/Sensor Tower,レポート「2022年上半期アメリカのモバイルゲーム市場インサイト」を公開

2022年上半期アメリカのモバイルゲームは24億ダウンロードを記録し、前年同期比で2.5%減となりました。このうち、Google PlayとApp Storeでのダウンロード数シェア率はそれぞれ49.3%と50.7%です。アメリカはモバイルゲームの世界ダウンロード数のうち8.7%を占めており、依然としてインドの次に高い割合です。

画像集#003のサムネイル/Sensor Tower,レポート「2022年上半期アメリカのモバイルゲーム市場インサイト」を公開

アメリカのモバイルゲームユーザー支出はパズル、ボード、ストラテジーゲームに集中

2022年上半期のパズル、ボード、ストラテジーゲームは、アメリカのiOSユーザーによる課金額が最も多く、平均10億ドルを上回りました。中でもストラテジーゲームは『エボニー - 王の帰還(Evony)』、『ステート・オブ・サバイバル(State of Survival)』など多くの4Xストラテジー製品による持続的な収益により、7.1%の収益増を達成しました。その他で増加幅が大きいゲームジャンルは、アーケード(25%増)とボードゲーム(9.7%増)です。

スポーツ、シューティングとストラテジーが10%以上増加し、スポーツジャンルでは『MLB Tap Sports Baseball 2022』と『Mini Basketball』の2つの新作リリースによってダウンロード数が大幅に上昇しましました。シューティングでは『Apex Legends Mobile』の反響が大きく、リリースから2ヵ月足らずで400万ダウンロードを記録しています。注目すべきはAppLovinがワードパズルの『Wordle!』をリリースし、再び全米を揺るがした点です。半年足らずでiOSマーケットで1,200万ダウンロードを達成、iPhoneの無料ゲームランキングでは数ヵ月にわたり1位を獲得、パズルジャンルにおける前年同期比では4.9%も成長させたことになります。

画像集#004のサムネイル/Sensor Tower,レポート「2022年上半期アメリカのモバイルゲーム市場インサイト」を公開

Appleマーケットと比べ、アメリカのAndroidマーケットの成長がやや低迷しています。ダウンロード数ではアクションのみが6.3%増、収益ではアーケードのみが落ち込むことなく同水準を維持しています。

Androidマーケットではボード、ストラテジー、パズルが依然として収益の最も高いカテゴリーとなっており、そのシェア率は順に19.8%、19.7%、19.6%です。

2022年上半期アメリカのハイパーカジュアルモバイルゲームのダウンロード数が前年同期比4.8%減にもかかわらず、依然として3億4,000万件という驚異的な数字を維持しています。これはゲームダウンロード数全体の実に36.2%を占める値です。サブカテゴリーではサンドボックスと音楽ゲームの成長が著しく、その代表作には『ロブロックス(Roblox)』と『ビートスター(Beatstar)』があります。

画像集#005のサムネイル/Sensor Tower,レポート「2022年上半期アメリカのモバイルゲーム市場インサイト」を公開

きわだつストラテジーゲームの収益成長実績?

2022年上半期アメリカのゲームダウンロード数ランキングTop10は依然としてカジュアルゲームが主流で、中でもハイパーカジュアルゲームが4タイトルランクインしています。ウェブ版の同名タイトルである『Wordle!』がその人気を受け、モバイル版でもリリースされました。有名カジュアルゲームのパブリッシャーであるAppLovinは、2022年早々にパブリッシング権利を獲得し、広告を利用してアメリカでダウンロード数ランキング1位を獲得しました。そして2022年6月までに累計1,400万ダウンロードを記録し、パルクールゲームの『Subway Surfers』とシミュレーション サンドボックスゲームの『ロブロックス(Roblox)』が、それぞれ2位と3位を占めました。

収益ランキングの上位2タイトルは、依然として『キャンディークラッシュ(Candy Crush Saga)』と『ロブロックス(Roblox)』です。TOP GAMESからリリースされている4Xストラテジーゲームの『エボニー - 王の帰還(Evony)』は、V4.0の大規模アップデート後に収益が増加し4位に急浮上しました。他に収益が急増したゲームには、Dream Gamesのマッチ3ゲームモバイルゲームである『ロイヤルマッチ(Royal Match)』があります。

画像集#006のサムネイル/Sensor Tower,レポート「2022年上半期アメリカのモバイルゲーム市場インサイト」を公開

2022年上半期アメリカのモバイルゲームダウンロード数の増加ランキングで上位Top10のうち、5つがハイパーカジュアルゲームで大きな反響を呼んでいます。同時に競争も激化しており、ランキング内の別のタイトルには、パズル(『Wordle!』、『フィッシュダム(Fishdom)』)、アーケード(『Subway Surfers』)、シューティング(『Apex Legends Mobile』)、RPG (『ディアブロ イモータル(Diablo Immortal)』)があります。『Apex Legends Mobile』と『ディアブロ イモータル(Diablo Immortal)』は、いずれもPCゲームからIPをモバイルへ移植したことが話題となり、これはPCゲーム企業によるモバイルゲーム市場での競争が起こるであろうことを示唆しています。

収益増の面では、『エボニー - 王の帰還(Evony)』と『King’s Choice』を含む4つのストラテジーゲームがランキングTop10入りを果たしています。またパズルカテゴリーの成績も注目すべき点で、合計3つのタイトルがランクインしました。

画像集#007のサムネイル/Sensor Tower,レポート「2022年上半期アメリカのモバイルゲーム市場インサイト」を公開

詳細情報は弊社ウェブサイトに記載しています:
https://sensortower.com/ja/blog/state-of-us-mobile-games-2022-h1-report-JP
https://go.sensortower.com/us-games-2022h1-report-japan.html
  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月31日〜02月01日