オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Tencent,2019年度決算報告を公開。オンラインゲーム事業は年間売上30%の1.8兆円,キーワードが「海外進出」と「外部パートナー連携」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/04/01 12:00

業界動向

Tencent,2019年度決算報告を公開。オンラインゲーム事業は年間売上30%の1.8兆円,キーワードが「海外進出」と「外部パートナー連携」

 中国を代表する企業であり,巨大ゲーム会社でもあるTencent(テンセント)の,2019年第4四半期(10月〜12月)業績報告及び年度決算報告が先ごろ公開された。
 ここ最近では,Funcomと株式売買契約を交わし,プラチナゲームズとの資本提携にも携わるなど,国外での大きな話題が続いており,中国以外のゲーム業界においても,その存在感がますます強くなっていると言っていいだろう。年間約5.9兆円の売り上げで1.4兆円以上の利益を叩き出したその内訳を,ちょっとのぞいてみよう。

以下はすべて,2020年3月24日のレート,1元=15.67円で計算している

画像(012)Tencent,2019年度決算報告を公開。オンラインゲーム事業は年間売上30%の1.8兆円,キーワードが「海外進出」と「外部パートナー連携」

外部サイト:腾讯2019全年财报(中国語)


外部サイト:Tencent Announces 2019 Fourth Quarter and Annual Results(英語)


 今回は,2019年第4四半期(10月〜12月)の業績報告,年度決算報告が合わせて公開されているので,まずは四半期分の数字から見てみよう。
 テンセントは第3四半期で,1.5兆円の売り上げに3800億円の利益という印象的な数字を残したが,今期も安定的な成長を見せ,四半期売り上げ1057.67億元(約1.57兆円),YoY+25%という快挙を成し遂げた。四半期利益は254.84億元(約3993.34億円)で,これもまたYoY+29%という大幅増だ。
 なお,2019年度(1月〜12月)の全売り上げは3772.89億元(約5.91兆円)でYoY+21%。年度の利益は943.51億元(約1.48兆円)で,YoY+22%。どの期においても,前年比20%前後の増加が続いているという,会社規模を考えると驚異的な成長率だ。

画像(010)Tencent,2019年度決算報告を公開。オンラインゲーム事業は年間売上30%の1.8兆円,キーワードが「海外進出」と「外部パートナー連携」

画像(009)Tencent,2019年度決算報告を公開。オンラインゲーム事業は年間売上30%の1.8兆円,キーワードが「海外進出」と「外部パートナー連携」

関連記事:超巨大企業テンセントの2019年第三四半期は,1.5兆円の売り上げで3800億円の利益


 このような数字は何でできているかというと,
・Value-added Service売り上げ
 1999.91億元(約3.13兆円)  YoY+13%
・フィンテックおよび企業サービス売り上げ
 1013.55億元(約1.59兆円)  YoY+39%
・インターネット広告売り上げ
 683.77億元(約1.07兆円) YoY+18%
・その他売り上げ
 75.66億元(約1185.60億円)

※ゲーム・エンターテイメントなどのサービス課金を含む

その他の売り上げを除けば,SNSとオンラインゲーム,ネット広告,フィンテックなどで4分割
画像(011)Tencent,2019年度決算報告を公開。オンラインゲーム事業は年間売上30%の1.8兆円,キーワードが「海外進出」と「外部パートナー連携」

となっている。フィンテックおよび企業サービスに注力した分,このセクションは前年比約40%増という結果が出ており興味深いのだが,4Gamerではあくまでゲームに絞って紹介していく。

オンラインゲーム事業は,年度売り上げの30%を占める1.8兆円。海外進出が好調


 開示情報によると,2019年度のオンラインゲーム売り上げは1147億元(約1.80兆円)でYoY+10%。世界で最もポピュラーなスマホゲーム(注:テンセント調べ。DAUで算出したもののようだ)のうち,5タイトルはTencent開発のタイトルだ。「PUBG MOBILE」(iOS / Android)「Call of Duty Mobile」(iOS / Android)「英雄聯盟(リーグ・オブ・レジェンド)」の「チームファイト タクティクス」モードが,売り上げに貢献する主要な戦力となっている。

 しかし時節柄注目すべきなのが,“海外でのゲーム収入”の割合だ。
 ご存知かもしれないが,中国では版号審査(注:版号を得られないと商業化が認められない)や適齢審査などいろいろな制限があり,そういった状況が結果的にメーカーの海外進出を後押ししている。超巨大企業Tencentといえどその流れは踏襲しており,2019年Q4の海外ゲーム収入は,前年同期比で倍以上となっている。しかもオンラインゲーム全体の売り上げの23%は,海外収入によるものとなっている。
 一般的には「テンセントってなんかゲーム作ってんの?」というイメージが強い日本においても,2019年冬に「爆走ドリフターズ」iOS / Android)を配信し,4月9日には大作RPG「コード:ドラゴンブラッド」iOS / Android)をローンチ予定だ。それらを含め,今後の動きには注目しておきたい。

4月9日に正式サービス開始決定の大作RPG「コード:ドラゴンブラッド」
画像(008)Tencent,2019年度決算報告を公開。オンラインゲーム事業は年間売上30%の1.8兆円,キーワードが「海外進出」と「外部パートナー連携」

外部パートナーとのさらなる連携と,eスポーツにおける存在感


 ほかにゲーム事業のハイライトでは,

・オリジナルIPを作るうえで,各ゲームジャンルのトップレベルのゲームスタジオに投資し,外部パートナーとの連携関係を広めた

・「リーグ・オブ・レジェンド World Championship」および「Honor of Kings 2019 World Champion Cup」(邦題:伝説対決 -Arena of Valor-)は,ともに最多視聴者数を達成したPCおよびスマホのeスポーツ大会となり,グローバルでのeスポーツ領域を率先する地位を固めている

……と強調されている。

画像(004)Tencent,2019年度決算報告を公開。オンラインゲーム事業は年間売上30%の1.8兆円,キーワードが「海外進出」と「外部パートナー連携」

 先ほども少し触れたが,2019年末にプラチナゲームズとの資本提携を締結したというニュースを覚えている読者も多いだろう。IRには「外部パートナーの連携関係を広めた」と軽く書かれる程度だが,その実際は我々から見たら世界がひっくり返る規模のものだ。
 すでにEpic GamesやSupercell,Netmarble,Ubisoftなど世界の名だたる会社にすべてテンセント資本が入っており,会社によっては100%子会社であったりするわけだが,今でも年間10社ほどのゲーム社に投資を行い,現時点で投資もしくは買収したゲーム会社は100社以上にのぼる。
 2019年1月には「WarHammer:Vermintide 2」を作ったゲームデベロッパーFatsharkを,5月に「ディビジョン」を手掛けた開発者が立ち上げたSharkmobを,11月には,イギリスの上場ゲーム会社であるSumo Groupを……と,その影響力は大きくなる一方だ。

 eスポーツの分野においても,Riot Games(2011年にテンセントに買収され,2015年には完全子会社化となった)の「リーグ・オブ・レジェンド World Championship」の決勝戦における瞬間最高視聴者数は4400万人を記録し,1分あたりの視聴者数2180万人という記録を打ち立てた。

 ケタ違いの数字を叩き出し,さらに異常とも言えるスピードでばく進しているテンセントは,そのふんだんなヒューマンリソースと膨大なキャッシュをもとに,ゲーム開発からパブリッシング,M&A,そしてeスポーツの主催や配信など,碁盤に石を打つかのように着実にエリアを広げている。今後どのような展開になっていくのか,注目していきたい。 

関連記事:「LoL」世界大会「2019 World Championship」の各種データが公開。決勝の平均視聴者数は2180万人を記録


Tencent 2019Q4(10月〜12月)業績報告及び年度決算報告:Tencent Announces 2019 Fourth Quarter and Annual Results

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月07日〜07月08日
タイトル評価ランキング
82
あつまれ どうぶつの森 (Nintendo Switch)
75
アークナイツ (iPhone)
69
三國志14 (PC)
67
仁王2 (PS4)
64
63
VALORANT (PC)
2020年01月〜2020年07月