オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ダンガンロンパシリーズの小高和剛氏が代表を務めるToo Kyo Games(トゥーキョーゲームス)設立が発表。進行中のプロジェクトも明らかに
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/09/11 20:41

ニュース

ダンガンロンパシリーズの小高和剛氏が代表を務めるToo Kyo Games(トゥーキョーゲームス)設立が発表。進行中のプロジェクトも明らかに

 本日(2018年9月11日),Web配信にてToo Kyo Games(トゥーキョーゲームス)合同会社の設立が発表された。同社は「ダンガンロンパ」シリーズの企画/シナリオを担当した小高和剛氏が代表を務める,ゲームやアニメの制作を手がける新会社とのこと。「Zero Escape(極限脱出)」シリーズで知られる打越鋼太郎氏,「Ever17」のディレクターを務めた中澤 工氏ら7名が所属することが明らかにされた。

小高和剛氏(トゥーキョーゲームス代表)
高田雅史氏(コンポーザー/アレンジャー)
小松崎 類氏(キャラクターデザイナー/イラストレーター)
しまどりる氏(イラストレーター/キャラクターデザイナー)
中澤 工氏(ディレクター/シナリオライター)
小泉陽一朗氏(小説家/シナリオライター)
打越鋼太郎氏(ディレクター/シナリオライター)

トゥーキョーゲームス公式サイト


 同社の設立発表に伴い,現在進行中だという4つのプロジェクトの情報が少しだけ公開された。

※以下の画像は配信映像をキャプチャしたものです。

小高&打越共同シナリオ作品!

“極限”ד絶望”


小高氏と打越氏が共同でシナリオを手がける新作ゲーム。コンセプトアートは,「ダンガンロンパ」シリーズのキャラクターデザイナーを担当した小松崎氏によるもの
ダンガンロンパシリーズの小高和剛氏が代表を務めるToo Kyo Games(トゥーキョーゲームス)設立が発表。進行中のプロジェクトも明らかに


全・員・悪・玉


アニメ制作会社ぴえろのオリジナルアニメ作品。小高氏が原作,小松崎氏がキャラクターデザインを担当する。キャッチコピーにあるとおり,1990年代のクライムアクション映画をイメージしているという
ダンガンロンパシリーズの小高和剛氏が代表を務めるToo Kyo Games(トゥーキョーゲームス)設立が発表。進行中のプロジェクトも明らかに


子供たちの、子供たちによる、子供たちの為のデスゲーム


イザナギゲームズと共同開発による新作ゲーム。小高氏が総監督,打越氏がシナリオ,中澤氏がディレクターを務める。コンセプトアートはイラストレーターの竹氏によるもの。小学生によるデスゲームを描く内容だが,ジュブナイル要素も盛り込まれるとのこと
ダンガンロンパシリーズの小高和剛氏が代表を務めるToo Kyo Games(トゥーキョーゲームス)設立が発表。進行中のプロジェクトも明らかに


スパイク・チュンソフト×トゥーキョーゲームスで贈る

ダークファンタジー風ミステリー


スパイク・チュンソフトが開発を担当し,トゥーキョーゲームスのスタッフもそれに関わる形になるという新作ゲーム。ダークファンタジーの世界を舞台とした推理アドベンチャーとのこと。コンセプトアートはサイバーパンク風の雰囲気も漂う
ダンガンロンパシリーズの小高和剛氏が代表を務めるToo Kyo Games(トゥーキョーゲームス)設立が発表。進行中のプロジェクトも明らかに

 また,小高氏は「ダンガンロンパ」シリーズの今後にも言及しており,今は新しい挑戦をしつつも,将来的な“復活”の可能性は否定せず,むしろ前向きな意欲を表明していた。

※9月12日,以下のプレスリリースを追加しました。

トゥーキョーゲームス合同会社設立のご案内
日本の独自のコンテンツを世界に発信するために集結!

この度私ども小高和剛、高田雅史、打越鋼太郎、小松崎類により新たなコンテンツ制作会社“Too Kyo Games(トゥーキョーゲームス)”トゥーキョーゲームス合同会社を設立いたしましたので、お知らせいたします。

『ダンガンロンパ』シリーズ、『ZERO ESCAPE』シリーズなどを世に送り出してきたゲームクリエイター7名が集結。フィクションがリアリティーを超える。今までないオリジナルコンテンツで、世界をあっと言わせるような作品を作るために始動致しました。

現在4つの新プロジェクトが進行中。Too Kyo Games は、インディーズの精神を忘れず、日本独自のオリジナルコンテンツにこだわった作品で、世界の方々に楽しんで頂けるそんなコンテンツ制作会社を目指していきます。

■小高和剛(ディレクター/シナリオライター)
「ダンガンロンパシリーズ」(「ダンガンロンパ」「スーパーダンガンロンパ2」「絶対絶望少女」「ダンガンロンパ3 The End of 希望ヶ峰学園」「ニューダンガンロンパV3」)の原作シナリオを担当。各作品は舞台化、アニメ化されるなど、国内外から高い評価を受ける。他、漫画原作、小説執筆など、精力的に活動を行う。

■高田雅史(コンポーザー/アレンジャー)
「killer7」「God Hand」「地球防衛軍シリーズ」「beatmania IIDX」「新・光神話 パルテナの鏡」「サイコブレイク」「デジモンストーリー サイバースルゥース」「夢王国と眠れる100人の王子様」など、多数の有名ゲームタイトルに参加。「ダンガンロンパシリーズ」では、全サウンドのプロデュースを手がける。また、アニメ、舞台、音楽朗読劇、CM音楽など、ゲーム以外の分野でも広く活動する。

■打越鋼太郎(ディレクター/シナリオライター)
「infinity シリーズ」(「Never7」「Ever17」「Remember11」)「極限脱出 9時間9人9の扉」「極限脱出ADV 善人シボウデス」「ZERO ESCAPE 刻のジレンマ」など、多数の有名ゲームタイトルの原作シナリオを担当。
また、アニメ「パンチライン」では原作脚本、リアル脱出ゲーム「リアルループゲーム アイドルは100万回死ぬ」では企画・構成を手がけるなど、幅広く活動する。海外からの評価も高く、数々の受賞。「GDC」や「Anime Expo」で何度も講演を行う。

■小松崎類(デザイナー/イラストレーター)
「ダンガンロンパシリーズ」(「ダンガンロンパ」「スーパーダンガンロンパ2」「絶対絶望少女」「ダンガンロンパ3 The End of 希望ヶ峰学園」「ニューダンガンロンパV3」)で全キャラクターのデザインを担当。
総ダウンロード数 1200 万を記録したスマートフォンゲーム「Fate/Grand Order」では、「エドモン・ダンテス」「クレオパトラ」などの人気キャラクターのデザインを手がける。

トゥーキョーゲームス公式サイト

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月23日〜01月24日