オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE公式サイトへ
読者の評価
92
投稿数:2
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE
公式サイト http://www.sekiro.jp/
発売元 フロム・ソフトウェア
開発元
発売日 2019/03/22
価格 パッケージ版,ダウンロード版共に7600円+税
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
92
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • フロムゲーという良カテゴリー 95
    • 投稿者:daita(男性/40代)
    • 投稿日:2019/04/08
    良い点
    まず最初にくるのは
    プレイした誰もが感じたであろう難しいというところ。
    ただ、必ず攻略の糸口があって絶対に無理というところが
    一つもない納得の出来る難しさ。

    賛否あると思うけど
    ソウルシリーズと比較する人が多々いた中で
    あえてわかりやすい物語形式を使ったところ。
    ここはソウルシリーズをやっていた人からは
    文章での説明が少なくプレイヤーに任せていた想像させる部分を
    減らして、新規プレイヤーの事も考えた結果なのかなと個人的にはとらえた。
    そのお陰でストーリー部分の意味がわからないとか
    そういう理由で投げ出す人はいないと思う。

    悪い点
    良い点でも上げましたが
    やはり難しいところだと思う。
    理不尽ではない。
    でも難しいのは間違いない。
    同じボスに50回以上負けたとか普通にあります。
    ゲームとは言え折れる人は折れるのでしょう。
    当然自分は好きなのでこれを悪い点とは思いませんが
    苦手な人も絶対いるので
    その人たちからすれば悪い点なのだろうなという意味で。
    総評
    良い点でも述べましたが
    ソウルシリーズという名作と比較されながらの
    発売となった今作ですが、
    誰にでもわかる物語や会話を多めに使いながらも
    理不尽ではない難しさを更に追求して、
    達成した時の喜びは引き継いだという良作だと思います。

    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 5 5
  • ダークソウルシリーズとはまた違った難しさ、面白さ 90
    良い点
    ・鉤縄を生かしたフィールド構成
    鉤縄を使いあっちこっち飛び回れる。
    高低差を利用した隠密行動やこんな所に道があるのかと隠し通路のような個所も多々あり探索の楽しみがあった。

    ・忍殺
    気持ちが良いの一言。空中から、張り付きから、背後から・・・様々な形で発生できる。雑魚は一撃必殺なのが良い。
    ボス系の止めのバリエーションも豊富。

    ・戦闘
    雑魚でもただ斬るだけではとても勝てない。
    相手の動きを探る緊張感、そして弾く、ジャンプする、回避する等様々な動きによって相手の動きを翻弄し倒したときの達成感は良かった。
    一度死んでしまっても回生で復活できるのも良かった。上手くはめられると即また死んでしまうがそれもまた一興。
    悪い点
    ・難易度
    とにかく難しいの一言。特にボス系は死にまくりであろう。
    相手の動きを見てそれに合わせて行動する・・・これはダークソウルシリーズでも同じではあるが、
    大きな違いは完全なオフラインゲームであるので助けを呼ぶことができない。
    オンラインで手伝ってもらうということができないので活路を見出せなければ泥沼状態となる。

    ・忍具の使用感がいまいち
    多数の忍具があるが一部しか使用しなかった。
    使い込めば特定の相手に有利になったかもしれないが、
    個人的には主に手裏剣くらいしか使用せずパッとしなかった。

    ・フィールドはそれほど広くはない
    初見時は広く感じるフィールドだが、実際のところあまりフィールドは広くはない。
    また行ける場所もそれほど多くはない。
    総評
    1週目をクリアーした感想です。
    初見というのもありますが本当によく死にました。さすがフロムゲー。
    ダークソウルシリーズと違い隠密後の忍殺をする気持ちよさ、
    弾きやジャンプで上手く回避ができたときの気持ちよさ等、
    ダークソウルシリーズとは違う面白さがあるなと感じました。
    舞台も架空ではありますが日本であり雰囲気がとてもよかったです。
    ただ本当に難しいので人を選びます。
    ダークソウルシリーズ等いわゆる死にゲーが苦手な方はお勧めしません。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 5 4
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月19日〜04月20日