オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
あなたの四騎姫教導譚公式サイトへ
  • 日本一ソフトウェア
  • 発売日:2018/03/08
  • 価格:パッケージ版:6980円(税別)
    ダウンロード版:7538円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
32
投稿数:2
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

あなたの四騎姫教導譚

あなたの四騎姫教導譚
公式サイト http://nippon1.jp/consumer/shikihime/
発売元 日本一ソフトウェア
開発元
発売日 2018/03/08
価格 パッケージ版:6980円(税別)
ダウンロード版:7538円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
32
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 開発者が思い描いた通りのゲームにできたのか疑問 30
    • 投稿者:つきぎめ(男性/30代)
    • 投稿日:2018/03/25
    良い点
    魅力的なキャラクター。四人の姫だけに限らず、マグニカとクリプタレナも好きになれた。ただ、最初から最後まで出てくる爺や、ニセ兵士ような名前の付いた男キャラは声優が同じということがマイナスになっている。
    なんだかんだでストーリーも楽しめた。
    ただのアクションゲームで終わらず、いろいろな要素を入れようとしたこと。新規IPでも攻めの姿勢でチャレンジをすること。
    悪い点
    何度も共通ルートで他の三人をやらなければいけない。好きな姫だけを気が済むまで使いたいので、他のキャラを強制的にやらざるを得ないことが苦痛だった。
    アクションパートで褒めると叱るの違いがあまり感じられない。どちらでもいい気がする。それに、知識マテリアを習得するための手段としては安直すぎる。
    主人公の性格の違いによる変化が小さすぎるので、周回プレイをしたときに変化を確認するためにわざわざ同じ場面をまた見ようとは思わない。だからそこを変更できるようにする意味がない。
    ブレイクを使わなくても雑魚敵くらいは通常攻撃でのけぞっても良かったはず。
    自キャラがニュートラル状態じゃないとフォワードメンバーを変更できない。
    ファイターモードのときにも回避行動はしたい。特殊移動ができないのが辛い。
    あと、アルパナの特殊移動がボタン押下時ではなく、離したときに発動するのに違和感がある。なぜ、押下したときに発動するようにしなかったのか不明。
    戦略マップ上でのカーソル移動が遅い。L1で主要ポイントごとに行くようにはなっているが、必ずプレイヤーが望んでいる場所に行くわけではないのでそこも使いにくい。
    エンディングを迎えたキャラで次週を開始すると出撃までの待ち時間がリセットされていない。
    姫ごとに三種類のエンディング画像がほぼ同じでガッカリだった。
    スタッフロール中にスキップできない。
    男性声優の人数はもう少し増やしたほうが良かったと思う・・・。
    総評
    キャラとコンセプトに惹かれて購入しましたが、やってみると他の部分が期待外れでした。
    いろいろやろうという意思は伝わってくるが、なんというか広く浅くで一つ一つの要素が中途半端になっている。
    姫一人で難無くこなせるようなシュミレーションパートだったら指揮官を雇用する必要が無い。そもそもアクションRPGと銘打っているし、これならいっその事シュミレーション要素は無くして純粋なアクションゲームにしてしまったほうが良かったかなと・・・。
    また、アクションパートも属性の相性関係無しにゴリ押しでOKだし、確かに必要な場面はあるが、コマンダーモードももっぱらレリック占拠時にしか使わず、出来る事ならずっと
    ファイターモードで行きたいと思ってしまう。
    結局このゲームの場合、良い点にも書いた「いろいろな要素を入れた」ことが失敗している。
    やりたいことがいっぱいあってそれを上手く一つのゲームに落とし込むことが出来ず妥協の末、まぁこんな感じでいっか。で発売しましたという感じがしてなりません!
    なので、ダイレクト教導だったり主人公と姫との絡みに的を絞ってもっと磨きをかけてもらいたかった。また、アクション面も同じことも繰り返しになっているので、武器と兵士以外にアクション面に変化を付けることができるカスタマイズ要素が欲しかったです。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 1 3 2
  • アクション、育成面ともに微妙 35
    • 投稿者:IA(男性/20代)
    • 投稿日:2018/03/15
    良い点
    ・アクション操作が簡単

    ・好きな姫を選べる

    ・システムが複雑ではない
    悪い点
    ・最新機とは思えないほど前時代的なアクション

    ・味方に対して敵の数が多い

    ・育成要素が薄い

    ・フィールドマップの敵が頻繁に湧きすぎ

    ・出撃のチャージ時間の必要性

    ・戦闘マップが狭い
    総評
    う〜ん、なんとも微妙な仕上がり。アクションとしては最新機種でやるもんじゃないだろと思うし、育成面に関してもそこまでやりこめるものでもない、すべてにおいて中途半端だと感じた。

    まずバトルに関してだが、感覚としては同社の作品で言ったらレガシスタが近いかも。それに数名の味方を連れていけるようになった。
    ただとにかく敵の数が多い。近接で突っ込もうものならもみくちゃにされて殺される。また味方に関しては追従と戦闘モードがあるがレリックを発動させるためには味方がいなくてはならないので基本的に攻撃してくれない味方を背に遠距離攻撃のヒット&アウェイを繰り返すという戦法に…

    続いて育成面に関してだが、やる事と言えば姫や他の指揮官を使って敵を倒したり、レリックを占拠して条件をクリアするだけなので面白くない。しかもこれをやらないと姫のステータスが上がらないし、部隊も増えないのでほぼ必須。やろうと言うよりやらされている感が強い。

    そして、この育成では姫を使って戦闘することが結構な部分を占めているのだが、なぜかそれぞれの部隊には一定時間行動すると拠点に戻され、何ターンか経たないと出撃できないようになっている。このゲームでのターンの意味などフリークエストが消滅する期限しかないのだからこれは要らない仕様だと思った。

    ここ最近のこのメーカーの作品をプレイしているがどうも作りが中途半端な気がしてならない。
    魔女百での一件で3D技術がないということは分かっており、アクションについてはこれで仕方がないにしても育成面では今までシミュレーションRPGで培ったものをフルに活用し、そこで勝負して欲しかった。残念ながら今作の出来ではお世辞にも工夫したとは言えない。

    この作品が気になっている人は中古で買う事をオススメする。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 2 2 3 3
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月18日〜10月19日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年04月〜2019年10月