日本最大級の
総合ゲーム情報サイト

リリース

「ピオフィオーレの晩鐘」,キャラクターCD第5弾が6月24日に発売。豊永利行さんのインタビューも公開

ピオフィオーレの晩鐘
配信元 ティームエンタテインメント 配信日 2020/06/23

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

ファン待望の「ピオフィオーレの晩鐘」キャラクターCD発売!

乙女ゲームブランド“オトメイト”より発売されたPlayStationVita専用ソフト「ピオフィオーレの晩鐘」から、初のキャラクターソング&ミニドラマを収録した「キャラクターCD」が5ヶ月連続で発売。
そしてついに第5弾が発売!

各キャラクターの楽曲はゲームBGMを手掛けた和田俊輔氏が担当。作詞は最終巻となるオルロックは、キャラクターボイスを担当する豊永利行氏が手掛ける。
ミニドラマは本CDのために書き下ろされたオリジナルストーリーを展開し、全5巻をRiRi氏による描き下ろし美麗ジャケットイラストでお届け致します。

更に、描き下ろしジャケットを使用した丸型缶バッジ(57mm)を封入!

――歌とドラマで新たに彩る「ピオフィオーレの晩鐘」の世界をお楽しみください!

画像(002)「ピオフィオーレの晩鐘」,キャラクターCD第5弾が6月24日に発売。豊永利行さんのインタビューも公開
タイトル : ピオフィオーレの晩鐘 Character CD
Vol.5 オルロック
アーティスト : オルロック(CV.豊永利行)
品番 : XFCD-0136
POS : 4560372455229
価格 : ¥2,500+税
発売日 : 2020年6月24日(水)
発売元 : ティームエンタテインメント
コピーライト : (C)IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY

【トラックリスト】
01:Cuore / 歌:オルロック(CV.豊永利行)
02:Cuore(Off Vocal)
03:ミニドラマ「Viaggio in Firenze」

■ピオフィオーレの晩鐘 Character CD 特設サイト
http://www.team-e.co.jp/sp/piofiore_charactercd/
■オトメイトレーベル
http://www.team-e.co.jp/titlelist/otomatelabel/
■ピオフィオーレの晩鐘 ゲーム公式サイト
http://www.otomate.jp/piofiore/
■ピオフィオーレの晩鐘 公式Twitter
https://twitter.com/pf_otomate

【キャスト直筆サイン色紙プレゼントキャンペーンのお知らせ】
本CDをお買い上げの方を対象に、抽選で出演キャストの直筆サイン色紙を1名様にプレゼント致します!
奮ってご応募ください!CDにアンケートはがきが封入されておりますので、アンケートにご回答の上、帯にある応募券を貼ってご応募ください。



【ピオフィオーレの晩鐘】キャラクターCD
公式インタビュー

キャラクター名 オルロック お名前 豊永利行     .

Q1 :タイトルや楽曲を聞いた時の印象についてお聞かせください。

今回、作詞も担当させていただいている事もあり、タイトルも自分で決めさせていただきました。
実は本編にも出ている「Cuore」。和訳は「心」。
このタイトルにしたのにはいくつか理由があります。
彼自身の「心」というものがゲーム本編でも一つのテーマやキーになっている気がしたという点。
そして、イタリアでは「Cuore」という子供向けの愛国書籍が実際に存在すること。
本編内でも子供たちとの触れ合いの描写があること。
キャラクターソングという区分けの中で、彼自身が日記として綴ったような歌にしたかった、というのもあり
歌詞にもそんなギミックを取り入れつつ書かせていただきました。
楽曲の明るさ、ワルツという円舞曲に合わせて、彼の思いを踊らせられればという思いがあります。

Q2 : 実際に歌ってみていかがでしたか? 歌う際に意識された事や聴きどころ等をお聞かせください。

オルロックとして歌う事の難易度の高さを思い知りました(笑)。
ブレス位置が少ない上に、彼は実音をあまりはっきり発声させないようにしていたので、息が足りません(笑)。
それも逆に利用し、彼の拙さや淡々さなども楽しんでいただければ幸いです。

Q3 : 今回のミニドラマのご感想や、印象に残るセリフ等が御座いましたらお聞かせください。

毎回言ってますが、彼が幸せそうにしていればしているほど、涙が出てきます。
そして彼の「俺が必ずあなたを守る」それが彼の今までの償いだと思っている点。
いつかそんな贖罪からも解放されてほしいなとも思います。

Q4 :ファンの皆様にコメントをお願い致します。

もう彼が幸せになってほしい、それしかありません(笑)。
みなさまにも様々な母性を感じていただけたら嬉しいです。

「ピオフィオーレの晩鐘」公式サイト

注目の記事

1
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
2
★★★★★★★★★★★★★★
3
★★★★★★★★★★★★
4
★★★★★★★★★★★★
5
★★★★★★★★
6
★★★★★★★★
7
★★★★★★★
8
★★★★★★
9
★★★★★
パッケージ
ピオフィオーレの晩鐘公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/声優

タイトル/ワード名(記事数)

全件表示する
最近記事を読んだタイトル/声優

タイトル/ワード名(記事数)

全件表示する