オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
アーケード進出はRayarkの念願だった――新作音ゲー「Cytus OMEGA」のサウンドディレクターIce氏に,JAEPO会場でちょっとだけ話を聞いてみた
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/02/19 00:00

イベント

アーケード進出はRayarkの念願だった――新作音ゲー「Cytus OMEGA」のサウンドディレクターIce氏に,JAEPO会場でちょっとだけ話を聞いてみた

 ジャパン アミューズメント エキスポ2015(以下,JAEPO2105)でサプライズ発表された,Rayarkとカプコンのコラボレーションによる新作アーケード用リズムゲーム「Cytus OMEGA」
 Rayarkと言えば「Cytus」iOS / Android),そして「Deemo」iOS / Android)という2本のハイクオリティなスマホ向けリズムゲームで知られる台湾のデベロッパであり,その「Cytus」のアーケード版が登場するというのは,音ゲーマーには聞き捨てならない話だろう。
 また一方の「Deemo」についても,現在Playstaiton Vita用の「DEEMO ラスト・リサイタル(仮)」が開発中ということもあって,同社の動向に注目しているファンも多いはず。

CYTUS Ω

 そこで4Gamerでは,JAEPO2015会場を訪れていたRayarkのサウンドディレクター“Ice”こと林 子聰氏に短いながらも時間をいただき,いろいろと話を聞いてみた。その内容をお伝えしていこう。

■関連記事:


Rayark公式サイト(英語)



日本のアーケード新出はRayarkの念願だった――Rayark 林 “Ice” 子聰氏 ミニインタビュー


4Gamer:
 Rayarkとしては初のアーケードタイトル「Cytus OMEGA」が発表されました。カプコンとのコラボタイトルになるそうですが,開発の経緯をお聞かせください。

Rayark サウンドディレクター 林 “Ice” 子聰氏
林 子聰氏(以下,Ice氏):
 私がRayarkに入社したのは2014年7月なので,実はそれ以前については分からないんですが,Rayarkは元々日本のアーケードに進出したいという想いがあったのは確かです。そんな折にちょうどカプコンさんからお話をいただけて,温めていた企画を出してみた,というのが最初の経緯ですね。

4Gamer:
 つまり,念願叶ったということですね。

Ice氏:
 ええ。台湾のデベロッパとして,日本のアーケードでリズムゲームを出すというのは,恐らく初だと思うんです。ですので,今は興奮と喜び,そして緊張と,さまざまな気持ちが渦巻いています(笑)。

4Gamer:
 なるほど(笑)。発表されたばかりの「Cytus OMEGA」ですが,一体どんなゲームになるんでしょうか。

Ice氏:
 Rayarkはこれまでスマホ向けゲームを手がけてきましたが,重視しているのは常にクオリティの高さなんです。ですからアーケード版である「Cytus OMEGA」についても,ハイクオリティなものをカプコンさんと一緒に作っていきたいと考えています。

4Gamer:
 アーケード版ならではの要素もあるのですか?

Ice氏:
 その辺りについては,実はまだ詳しく話すことができません。稼働時期についてもまだお知らせできないんです。でも筐体を見てもらえれば分かるとおり,iPadよりも画面が大きくなるので,仮にスマホ版と同じであったとしても,違うプレイフィールになると思います。こう,大きく腕を動かさないといけませんから。

4Gamer:
 ああ,それは確かに。

Ice氏:
 なので,アーケードの環境に適したゲーム体験を用意したいとは思っています。例えば,プレイヤーを見守るギャラリーの存在もアーケードという環境ならではですし,そうした人達に向けた要素があるといいな,とかね。

ステージイベントでは開発中の筐体がお披露目された。上下に用意されたデュアルディスプレイが目を引く
CYTUS Ω

4Gamer:
 「Cytus OMEGA」が発表されたばかりで気が早いかもしれませんが,日本にはRayarkのもう一つのリズムゲーム「Deemo」のファンもたくさんいます。こちらもアーケード版を出して欲しいという声が出てくると思いますが,いかがですか?

Ice氏:
 うーん(笑)。Deemoは今,PlayStation Vita版の開発が進んでいるところなので,すぐには難しいでしょうね。とはいえ,Rayarkは思いついたアイデアをすぐに実現してしまうフットワークの軽さを持っているので,可能性はあると思いますよ。

4Gamer:
 おお! 期待しています。そのPlaystaiton Vita版「DEEMO ラスト・リサイタル(仮)」についてですが,開発は順調に進んでいるのでしょうか。

Ice氏:
 はい。私が直接関わっているわけではないので詳しいことは言えませんが,やはりPlaystaion Vitaというハードならではのゲーム体験を用意する方向で考えています。声優さんを起用する計画だったりとか……。

4Gamer:
 ええっ!?

Ice氏:
 ああ,詳しい話はできないんでした(笑)。「Cytus OMEGA」「Deemo ラスト・リサイタル(仮)」共に,Rayarkとしてはとても大きなプロジェクトになると思います。続報にぜひご期待ください。

4Gamer:
 分かりました。本日はありがとうございました。

CYTUS Ω

Rayark公式サイト(英語)

  • 関連タイトル:

    CYTUS Ω

  • 関連タイトル:

    DEEMO〜ラスト・リサイタル〜

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月13日〜11月14日