オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
CFD販売,「AORUS」ブランドのゲーマー向けデスクトップPC「AORUS GAMING PC」を国内発売
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/08/29 16:23

ニュース

CFD販売,「AORUS」ブランドのゲーマー向けデスクトップPC「AORUS GAMING PC」を国内発売

画像(002)CFD販売,「AORUS」ブランドのゲーマー向けデスクトップPC「AORUS GAMING PC」を国内発売
 2019年8月29日,CFD販売は,GIGA-BYTE TECHNOLOGY(以下,GIGABYTE)のゲーマー向け製品ブランドである「AORUS」製パーツを使ったデスクトップPC「AORUS GAMING PC」を9月19日に発売すると発表した。CPUにRyzen Desktop 3000(以下,Ryzen 3000)シリーズを採用するミドルタワー型PC計2製品を用意しており,どちらもAORUSブランドおよびGIGABYTEのパーツをふんだんに使い,CFD販売のパートナー企業が運営する国内工場で組み立て,サポートや修理対応も国内で行うのがポイントである。
 ラインナップとメーカー想定売価は以下のとおり。なお,Project Whiteが運営するTSUKUMOと,ユニットコムが運営するパソコン工房では,9月12日から本製品の予約受付を開始する予定だ。

  • AORUS GPC-01S(型番:AR-R37X-328G2208T75G),GPU:GeForce RTX 2080 Ti,CPU:Ryzen 7 3700X,マザーボード:X570 AORUS PRO,メーカー想定売価:36万〜37万円前後(税別)
  • AORUS GPC-01R(型番:AR-R37X-268G2206065B),GPU:GeForce RTX 2060,CPU:Ryzen 5 3600,マザーボード:B450 AORUS ELITE,メーカー想定売価:18万円前後(税別)

AORUS GPC-01R
画像(003)CFD販売,「AORUS」ブランドのゲーマー向けデスクトップPC「AORUS GAMING PC」を国内発売

 なお,上位モデルであるAORUS GPC-01Sは,発売記念として,搭載CPUを無料で「Ryzen 9 3900X」にアップグレードする数量限定キャンペーンを行うとのことだ。

AORUSブランドのミドルタワーPCケース「GB-AC300G」を採用(左)。前面パネルの内側には,ホコリの侵入を防ぐフィルターが組み込まれている。ケースの天面手前側には,インタフェース類が並ぶ(右)。写真に写っているHDMIポートは,今回の2製品では使えないとのことだった
画像(005)CFD販売,「AORUS」ブランドのゲーマー向けデスクトップPC「AORUS GAMING PC」を国内発売 画像(006)CFD販売,「AORUS」ブランドのゲーマー向けデスクトップPC「AORUS GAMING PC」を国内発売

 CFD販売の東京支社で行われたAORUS GAMING PCの発表会には,同社代表取締役社長の三谷弘次氏と,GIGABYTE副社長のTony Liao氏が登壇し,両社による協業がもたらすものやAORUS GAMING PCの見どころを説明した。

CFD販売代表取締役社長の三谷弘次氏(左)と,GIGABYTEのTony Liao氏(右,Vice President,Enterprise Sales,Channel Solution Business Unit)
画像(008)CFD販売,「AORUS」ブランドのゲーマー向けデスクトップPC「AORUS GAMING PC」を国内発売 画像(009)CFD販売,「AORUS」ブランドのゲーマー向けデスクトップPC「AORUS GAMING PC」を国内発売

 三谷氏は,AORUS GAMING PCのポイントとして,PCパーツを幅広く扱うCFD販売のサプライヤーとしての能力と,AORUSブランドの高品位なパーツ,そしてCFD販売も属するメルコグループの製造パートナーである藤田製作所の国内工場による組み立ての3点を挙げた。これらにAMDのRyzen 3000シリーズを組み合わせることによって,素晴らしいPCを実現できると三谷氏は述べる。

 さて,そのAORUS GAMING PCであるが,冒頭でも触れたようにマザーボードやグラフィックスカードだけでなく,PCケースやCPUクーラー,ストレージ(※上位モデルのみ)までGIGABYTE製パーツで固めているのがポイントだ。
 たとえば上位モデルの場合,グラフィックスカードにはGeForce RTX 2080 Ti搭載の「GV-N208TAORUS X-11GC」を,マザーボードには「X570 AORUS PRO」を採用。メモリモジュールにはカラーLED搭載の「GP-AR32C16S8K2HU416RD」(8GB×2)を,ストレージにはPCI Express Gen 4 x4接続対応の「AORUS NVMe Gen4 SSD 1TB」を搭載するという,まさにGIGABYTEづくしのPCだ。GIGABYTE製ではないパーツはCPUと電源ユニットくらいなものである。

AORUS GPC-01S。カラーLEDイルミネーションは,GIGABYTEのLED連携機能「RGB Fusion 2.0」に対応しており,連動して光らせることが可能だ
画像(004)CFD販売,「AORUS」ブランドのゲーマー向けデスクトップPC「AORUS GAMING PC」を国内発売

 下位モデルのAORUS GPC-01Rは,ストレージのNVM Express対応M.2 SSDとSerial ATA対応2.5インチHDD,メモリモジュールは他社製品であるものの,CPUクーラーやPCケースはGIGABYTE製だ。

AORUS GPC-01SおよびAORUS GPC-01Rの主要コンポーネント。製品名が赤色で書かれているものがGIGABYTE製である
画像(010)CFD販売,「AORUS」ブランドのゲーマー向けデスクトップPC「AORUS GAMING PC」を国内発売

AORUS GPC-01Sが採用するGP-AR32C16S8K2HU416RDは,メモリモジュールは8GBが2枚であるものの,メモリモジュールと同形状でLEDイルミネーションを備えた「ダミーモジュール」も2枚付属するので,マザーボード上にある4基のメモリスロットすべてを光らせられるという
画像(011)CFD販売,「AORUS」ブランドのゲーマー向けデスクトップPC「AORUS GAMING PC」を国内発売

 面白いのはAORUS GAMING PCが採用するCPUクーラー「ATC800」で,国内では本製品組み込みの専用品として,単品での販売は行わない予定であるという。

AORUSブランドのCPUクーラーであるATC800は,国内ではAORUS GAMING PC専用という扱いになるそうだ
画像(012)CFD販売,「AORUS」ブランドのゲーマー向けデスクトップPC「AORUS GAMING PC」を国内発売

 なお,CFD販売とGIGABYTEでは,AORUS GAMING PCのラインナップをさらに拡充する予定で,今回の2製品よりも低価格帯の製品を展開するプランであるそうだ。また,2製品はいずれも固定構成で販売するものの,今後は注文時にパーツを選択できるBTO方式での販売も予定しているとのことだった。

今回の2製品は,ラインナップ最上位の“S”と,それに続くグレードの“R”だが,今後はより手の届きやすい価格帯の“V”や“A”グレードの製品も展開する予定であるという
画像(013)CFD販売,「AORUS」ブランドのゲーマー向けデスクトップPC「AORUS GAMING PC」を国内発売

CFD販売のAORUS GAMING PC特設Webページ


  • 関連タイトル:

    AORUS

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月13日〜11月14日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月