オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「疾走、ヤンキー魂。」の第三期,まずはAndroidで本日開幕
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/07/29 14:07

ニュース

「疾走、ヤンキー魂。」の第三期,まずはAndroidで本日開幕

 スクウェア・エニックスは本日(2014年7月29日),スマートフォン向け“ネットヤンクゲームアプリ”「疾走、ヤンキー魂。」(以下,ヤン魂。)Android版の配信を開始した(※iOS版は近日配信予定)。ダウンロードおよび基本プレイ料金は無料(アイテム課金制)。


 本作は,“ヤンキー”の世界をテーマにしたPC向けオンラインゲームとして,一部に熱狂的なファンを生むも,二度にわたる非業の死を遂げた同名作品の,“第三期”にあたる最新作。

 横スクロールアクション「疾走」や,迫り来る族をタップで攻撃して撃退する「喧嘩」という2種類のステージで素材を集めることによって,単車のパーツをアバター用の服装や髪型を生産できる。なお,アバターや単車のカスタマイズによって,さまざまなスキルを使用できるようになるとのこと。
 また,本作最大の目的は,ほかの“族”とのリアルタイム多人数バトル「族戦争」を制し, “全國”のヤンキーの頂点を目指すこと。どうせつっぱるからには,テッペンを獲らないでどうする? といったところだろうか。

疾走、ヤンキー魂。 疾走、ヤンキー魂。

 過去のヤン魂。と比較して,ぐっとゲームっぽい仕様になってはいるが,これまでおなじみだった(おなじみというか,まともにできたのがそれだけだったというか),ほかのヤンキーとのコミュニケーション要素は健在。コンビニ前でほかのヤンキーとだらだらとだべったり,単車や服装を見せびらかせたりして楽しむこともできる。

疾走、ヤンキー魂。

 なお4Gamerでは,本作の“エグゼクティブ・ヤンキー魂。”安藤武博氏と,プロデューサーの伊勢友光氏へのインタビューを行っている。
 なぜ“第三期”がスマートフォン向けなのかという理由から,本作に賭ける意気込みに至るまでをたっぷり聞いてきたので,併せてお読みいただきたい。

疾走、ヤンキー魂。

「疾走、ヤンキー魂。」公式祭斗

「疾走、ヤンキー魂。」ダウンロードページ(Google Play)

「疾走、ヤンキー魂。」がスマートフォンで復活。スクウェア・エニックスの安藤武博氏と伊勢友光氏に意気込みを聞く

  • 関連タイトル:

    疾走、ヤンキー魂。

  • 関連タイトル:

    疾走、ヤンキー魂。

  • 関連タイトル:

    疾走、ヤンキー魂。

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月25日〜06月26日