オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
カラドリウス ブレイズ公式サイトへ
  • モス
  • モス
  • 発売日:2014/08/28
  • 価格:通常版:6800円(税抜)
    限定版:8800円(税抜)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
85
投稿数:1
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
声優陣によるトーク&体験プレイも行われたPS3「カラドリウス ブレイズ」体験会レポート。初心者にも優しい新モード“シンクロ”が初お披露目
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/08/05 18:37

イベント

声優陣によるトーク&体験プレイも行われたPS3「カラドリウス ブレイズ」体験会レポート。初心者にも優しい新モード“シンクロ”が初お披露目

カラドリウス ブレイズ
 2014年8月28日の発売が予定されいるPlayStation 3用ソフト「カラドリウス ブレイズ」。その先行体験会が7月27日,高田馬場ゲーセン・ミカドで開催された。

 「カラドリウス」は,モスが開発を手がける縦スクロールシューティングゲーム。2013年4月15日にXbox 360版が発売され,同年9月には新モードなどが追加されたアーケード版「カラドリウス エル・シエル」が稼働開始している。そのアーケード版をベースに,さらに新キャラクターや新モードなどを追加したのが,今回のPlayStation 3版「カラドリウス ブレイズ」というわけだ。

 今回のイベント「カラドリウス ブレイズ 公開ブロガー体験会」では,そんな「カラドリウス ブレイズ」の新要素の紹介が行われた。またイベントタイトルにあるように,一般ブロガーによる体験プレイも行われたので,本稿ではその模様をレポートしていこう。

「カラドリウス ブレイズ」公式サイト



まったく新しいプレイが楽しめる“シンクロ”の詳細が明らかに


 イベントが始まり,最初に登壇したのはモスの星野 仁ディレクターと,スコアラーとして知られる太菱(ふとびし)氏。まずは太菱氏がデモプレイを担当し,星野氏が解説という流れで新要素の紹介が行われた。

ミカドのイベントといえばこの人,池田店長(左)が進行を担当。モスの星野氏(右)が解説を行った

デモプレイの担当は前作で全国1位を記録したスコアラーの太菱氏。昨年のイベントでも活躍したジェントルマンだ

 まずは“Evolution Mode”について。こちらは「カラドリウス エル・シエル」をベースにした新モードで,3面と4面のあいだに新ステージが追加されているほか,敵の配置も再調整されているという。
 注目は特殊攻撃の“エボリューション”で,発動すると一定時間ショットやエレメントシュートが限界を超えて強化される。星野氏によれば「より遊びやすくなっています」とのことである。

スタンダードな“オリジナルモード”,「カラドリウス エル・シエル」がベースの“アーケードモード”,ゲームシステムが学べる“チュートリアルモード”,そして新要素が追加された再調整版“エボリューションモード”の3モードが楽しめる
カラドリウス ブレイズ カラドリウス ブレイズ
カラドリウス ブレイズ カラドリウス ブレイズ

自機やボスの衣装が破れていくのも本作の特徴。アーケード版では衣装が破れなかったセシリアさんも,本作ではご覧のとおり。「CERO Dに恥じない内容です」と星野氏
カラドリウス ブレイズ

 もう一つの大きな新要素は“シンクロ(Synchro)”。こちらはどのモードでも使用できる新しいプレイスタイルで,一人で二つの機体を同時に操作できる。ゲーム開始時にプレイヤーキャラとパートナーを選び,ゲーム中はパートナーが自機と左右対称に移動する(上下移動は自機と同じ)という仕組みだ。パートナーは無敵で,かつ移動しないように操作を切り替えることもできる。これを利用して,例えば硬い敵の出現位置に固定しておくなど,オプション的な使い方ができそうだ。

 このモードの開発のきっかけについて星野氏は「『雷電』シリーズのダブルプレイは,一般プレイヤーには難しすぎたので,もっと簡単に遊べるようにしたかった」と,開発秘話を語っていた。

カラドリウス ブレイズ
二つの機体を操れる新要素“シンクロ”。火力が上がるほか,キャラクター同士の掛け合いも,二人同時プレイ時のものになる
カラドリウス ブレイズ
二つの機体を一人で操るのは難しそうだが,実際はオプションのように扱え,さらに機体が重なるとバリアーを張れるなど,利点はかなり多い。初心者でも十分に楽しめる要素だろう

 続いてブロガー&ライターによる体験プレイが開始に。一人目はちょっと手を上げにくいだろう,ということで,たまたま会場に遊びに来ていた「バレットソウル」などを手がけるMAGES.の盛 政樹プロデューサーにお声がかかった。
 「何も聞いていないんですけど(笑)」と動揺しつつもプレイを開始し,かなりのやり込みを感じさせるスーパープレイを披露。シューティングゲーム開発者は,どうやらゲームの腕前もかなりのものな様だ。

 といった体験会の間もトークは進む。今回でシリーズ3作目となる「カラドリウス」だが,「キャラクターが増えるとバランス調整が大変。また武器がとにかく多いので,性能差を考えるのが大変です」と星野氏は語る。また作品を作るにあたり,「メーカーさんごとに異なると思うが,当社ではいかにライトユーザーに訴求できるかを重点に置いている。その上でコアユーザーにも満足してもらえるものに仕上げるのは大変」と,苦労話が語られた。

盛氏(左)と太菱氏(右)のツーショット。盛氏は,Xbox 360の実績好きとしても有名な人物だ
カラドリウス ブレイズ
体験会では,“カラドリウス仮面”こと新キャラのレイズ・ナージェ(左)を選ぶ人が多かった。星野氏によれば「クセはあるがエレメントシュートが攻撃的。接近して戦うと破壊力は一番かも」とのこと


声優陣によるトークショーも開催


 体験プレイのあとは,アレックス・マーティン役の声優・内田 愛美さん,レイズ・ナージェ/アイラ・ジェナ・パルシオン役の笹本 菜津枝さん,ベルゼブブ役の羅 弘美さんがシークレットゲストとして登場。豪華声優陣によるミニトークライブが開催された。

左から声優の羅 弘美さんと内田愛美さん,モス社長の駒澤敏亘氏,声優の笹本菜津枝さん
 最初の質問は,「それぞれが演じたキャラクターの印象とご自身とのギャップについて」。笹本さんは「とにかく真面目な人で堅物。内容も重くて,こんな口調では私はしゃべらないな,と思いました。でも演じやすかったです」とコメント。ちなみに笹本さんは本シリーズの主題歌も担当しており,「この主題歌が初めてのレコーディングでした。それでこんなに難しい楽曲を歌わされて(笑)」と,収録の苦労も語られた。

 内田さんは「アレックスもアイラと同じで素直なキャラクター。みんなを率いていくキャラクターなので,そこは私と違うところですね。私はついて行きたいタイプなので」と,自身とのギャップを教えてくれた。
 羅さんは「最初に見たときの印象は女王様。威厳のある方だと思ったんですが,妖艶な感じもあって不思議な面も」と話していた。声のトーンとキャラクターの性格は,とくに関連がない……というか,正反対になることも多いようだ。

 次の「普段はゲームセンターで遊ぶ?」という質問では,笹本さんは「じつはアーケード版を遊ぶために,内田さんと一緒にここへ来たことがあります! つい最近も来て,(ミカド名物の)綿あめを作りました」と,プライベートでの一幕を明かす場面も。
 羅さんは「子供の頃はよくリズムゲームや格闘ゲームで遊んでいました」と,思い出話を披露。また「自分の声が聞きたくてゲームセンターへ行ったが,内田さんの声しか聞こえてこなかった」とのことで,会場の笑いを誘っていた。

 話題は本作の限定版に付属するドラマCDへ。笹本さんは「キャラクター同士の掛け合いをがっつり楽しめるのは,ドラマCDならではですね。キャラクターの性格もかなり変わっています」,内田さんは「けっこうコミカルな内容ですよね」,羅さんも「ベルゼブブも本編とまったく違う! こんな一面があったんだ,燃える! と感じてもらえるかも」と,気になる内容について語っていた。

声優陣による体験プレイも開催。羅さんは初プレイながら見事ボスを撃破し,“シンクロ”が初心者でも楽しめることを証明してくれた
 トークが一息ついたところで,今度は声優さん達が体験プレイに挑戦することに。内田さん,笹本さんはボスまでたどり着くも,残念ながら撃沈。羅さんはなんと今回が初プレイだそうで,ここで“シンクロ”をチョイスしてプレイ。見事ボスを撃破し,会場からは拍手が巻き起こった。

 体験会のあとは,声優陣からファンへのメッセージのコーナーに。笹本さんは「Xbox 360版から主題歌を担当させていただきました。特典のサントラでは1曲目に入っています。よろしくお願いします!」,内田さんは「今日は1面で倒されてしまって残念。でも新要素の“シンクロ”なら,初心者の私でもボスに勝てるかも!」,羅さんは「今回が初プレイでしたが,疾走感がすごいですね。攻撃も格好いいし,みんなきっと楽しめると思います」と,本作の魅力が語られた。

 最後に行われた太菱さんによるデモプレイは,新キャラクターのアイラ・ジェナ・パルシオンを使用し,さらに“シンクロ”で新ステージクリアーを目指すという,新要素づくしのチャレンジとなった。
 普段とは異なる条件でプレイに挑むものの,さすがにすぐにコツをつかみ,素晴らしいテクニックで見事クリア。「新要素がたくさんあるので,これまでとは違った遊び方が楽しめますね」と感想が語られた。

 なお今回のイベントは,Ustreamでのストリーミング配信も行われていた。アーカイブから見られるので,イベントの全容を確認したい人は,そちらもチェックしてみるといいだろう。

イベントの締めには,モスの代表取締役社長である駒澤敏亘氏(中央)がゲストとして登場。「PS3ユーザーに,やっと本作を遊んでもらえるのが嬉しい。またXbox Oneで『雷電』の新作を出すと発表しましたが,その情報も徐々に出していくのでご期待ください」とコメントし,イベントを締めくくった

「カラドリウス ブレイズ」公式サイト

  • 関連タイトル:

    カラドリウス ブレイズ

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
注目記事
「黒い砂漠MOBILE」,新クラス「ダークナイト」を6月27日に実装。クイズに正解すると報酬が手に入る「GMのクイズ」イベントも開催中

 Pearl Abyssは本日(2019年6月20日),サービス中のスマホ向けRPG「黒い砂漠MOBILE」で,新クラス「ダークナイト」を6月27日に実装することを発表した。これを記念して,ゲーム内では特別な「GMのクイズ」イベントの開催ほか,新コンテンツや新地域追加を含むアップデートも実施されている。[2019/06/20]

プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月20日〜06月21日