オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ポケットモンスター X公式サイトへ
読者の評価
71
投稿数:11
レビューを投稿する
海外での評価
87
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「ポケットモンスター X・Y」のサウンド制作秘話を開発陣が披露。ポケモンセンターヨコハマで開催されたファンミーティングをレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/11/16 22:55

イベント

「ポケットモンスター X・Y」のサウンド制作秘話を開発陣が披露。ポケモンセンターヨコハマで開催されたファンミーティングをレポート

画像集#001のサムネイル/「ポケットモンスター X・Y」のサウンド制作秘話を開発陣が披露。ポケモンセンターヨコハマで開催されたファンミーティングをレポート
 2013年10月12日に発売されたシリーズ最新作「ポケットモンスターXY」(以下,ポケモンX・Y)のファンミーティングが,神奈川県横浜市にあるポケモンセンターヨコハマにて開催された。
 このイベントでは,「ポケモンX・Y」の開発を担当したゲームフリークのディレクターである増田順一氏と,サウンドディレクターの景山将太氏が,11月13日に発売されたサウンドトラックCD「ニンテンドー3DS ポケモン X・Y スーパーミュージックコレクション」を中心に,ポケモンシリーズの「音楽」をテーマとしたトークを繰り広げた。本稿ではその模様をお届けしよう。

 ステージではまず増田氏が,「ポケモンX・Y」発売の感触について,3週間で1000万匹のポケモンが全世界で交換されたというデータを紹介し「世界同時に発売して本当によかった」と語った。会場には既にゲームをクリアしている来場者が何人もいたのだが,「僕はまだ発電所にいます(笑)」と発言し,会場の笑いを誘っていた。
 一方の景山氏は,増田氏から世界同時発売の話を聞かされたときは,本当にできるのかと懐疑的だったとのこと。ゲーム発売後,3DSの下画面に表示されるPSS(Player Search System)に世界のトレーナーの名前が出たときに,「ポケモンで世界が一つにつながった」と実感したそうだ。

画像集#002のサムネイル/「ポケットモンスター X・Y」のサウンド制作秘話を開発陣が披露。ポケモンセンターヨコハマで開催されたファンミーティングをレポート
ポケモンXYディレクター 増田順一氏。増田氏はゲームのディレクター以外に,作曲などでサウンドにも深く関わっている
画像集#003のサムネイル/「ポケットモンスター X・Y」のサウンド制作秘話を開発陣が披露。ポケモンセンターヨコハマで開催されたファンミーティングをレポート
ポケモンXYサウンドディレクター 景山将太氏。シリーズには「ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー」より参加

 続いては今作で新たに加わった「フェアリータイプ」が話題となった。増田氏は,これまで17種類のタイプでバランスがとれているとしてゲームを制作してきたが,近年の大会を見て,バランスが崩れ始めていると感じ,バトルディレクターの森本茂樹氏と話し合ってフェアリーを追加したという。
 それが成功したかどうかは,まだ発売から間もないため,増田氏にもその感触はわからないとのこと。来年夏にワシントンDCで行われる世界大会「ポケモンワールドチャンピオンシップス」や,その代表を決める大会などで,やっとフェアリーを入れたことによるバランス調整の結果がわかるのではないかとした。

 続いてトークは,本題の「音楽」へ。増田氏は「ポケットモンスター赤・緑」から,シリーズ作品の音楽にも深く関わっているとのことで,そのこだわりを語った。
 増田氏は「聞いているだけでわかる音楽」を意識して,先に行くごとにプレイヤーの気持ちが変わっていく様子を音楽で表現したいと思っているそうだ。ここで景山氏が,「ポケモン赤・緑」の最初の道路のBGMをピアノで弾いて,この曲が軽快にスキップをするように冒険が始まる様子を表していると説明した。また,ポケモンが出てこない町とポケモンが出てくる道路は,音楽でもしっかり棲み分けがされているそうである。
 
画像集#004のサムネイル/「ポケットモンスター X・Y」のサウンド制作秘話を開発陣が披露。ポケモンセンターヨコハマで開催されたファンミーティングをレポート
 そんなシリーズの最新作である「ポケモンX・Y」では,景山氏が「ポケモンらしい音楽とは何か」ということを,改めてサウンドのスタッフ全員と話し合い,覚えやすいメロディや,増田氏がシリーズの音楽でこだわってきた部分をとくに大事にして制作にあたったそうだ。

 ここで会場に,「ポケモン赤・緑」と「ポケモンX・Y」の戦闘BGMが「聴き比べ」という趣向で流された。ゲームボーイの頃は音楽に3音しか使えなかったのだが,そのうちの1音が,プレイヤーにはおなじみとなっている八分音符でのベースラインで,それが以降のシリーズ作品にも継承されているという。増田氏はこのベースラインを変えようとしたこともあったそうだが,「ポケモンらしくない」ということで却下になったとのこと。

 この野生のポケモンとのバトル曲は,可愛いポケモンから怖いポケモンまで,すべてのバトルを1曲で通さなければならないため,制作には毎回かなり時間がかかるそうである。
 ちなみに今回最初に完成した曲はジムリーダーとのバトルの曲とのこと。バリバリのシンセ演奏で,バトル中の白熱する空間を表現しているという。3DSになったことでサウンドをストリーミングで流せるようになったため,新たな表現も可能となり,「ポケモンX・Y」は音楽面でも革命的に進化したと景山氏は解説した。

 音楽に続いては「ポケモンX・Y」の登場人物がテーマとなった。まずは本作でプレイヤーを導いてくれるプラターヌ博士について。プレイヤーよりもかなり年上で,学校の先生のような存在だった過去の博士より,もっと気さくで親しみやすい友達のようなキャラクター付けをしたとのこと。プレイヤーとポケモン勝負をしたり,プレイヤーを友達と信じてポケモンを託すなど,接し方もこれまでとは違うものになっているそうだ。

画像集#005のサムネイル/「ポケットモンスター X・Y」のサウンド制作秘話を開発陣が披露。ポケモンセンターヨコハマで開催されたファンミーティングをレポート
プラターヌ博士の設定資料を見せながら解説する増田氏。この資料の一部は攻略本やサウンドトラックCDにも掲載されている

 このプラターヌ博士の研究所で流れるBGMと,物語序盤で流れる「カロスのテーマ」との関連性が一部のプレイヤーの間で話題となっているが,増田氏は「お察しのとおり,同じ曲のアレンジです」と明らかにした。研究所のBGMはカロスのテーマのキーを変えて5/4の変拍子でアレンジしたもので,両者につながりを持たせるためにこの演出をほどこしたそうである。

 音楽にまつわるさまざまな裏話がひとしきり語られたところで,質疑応答のコーナーへ。まずは,あらかじめ増田氏のTwitterに寄せられた質問に増田氏と景山氏が回答した。
 最初の質問は「ポケモンの音楽はどんなときにひらめくの?」というもの。景山氏は電車に揺られてリラックスしているときや,逆に〆切に追われているときにピアノの前で思いつくそうだ。
 一方,ディレクターとしての役職も持つ増田氏は,「ゲームのアイデアと音楽を同時に考えることはない」とのこと。また「メロディをひらめいたら,すぐに手持ちのレコーダーで録音しないと忘れちゃう(笑)」とも付け加えていた。

画像集#019のサムネイル/「ポケットモンスター X・Y」のサウンド制作秘話を開発陣が披露。ポケモンセンターヨコハマで開催されたファンミーティングをレポート
 次は「増田さんと景山さんが考えるゲーム音楽らしさとは?」という質問。これに景山氏は,ゲームをプレイしていていかに気持ち良くなれるか,高揚できるかということを意識していて,これがないものはいいゲーム音楽とは言えないと話した。また,音楽による「マーキング」にも力を入れているそうで,安全な場所や怖い場所などを,音楽を聴くことで分かるようにしているという。 

 続いて来場者からの質問。最初は「今回のエンディング曲に歌詞があるのはなぜ?」というもの。増田氏には本作で伝えたいいくつかのメッセージがあり,それを音楽に乗せてより強く訴えたいと思ったのだという。また,この歌詞はローカライズにおいても直訳はせずに,各国のスタッフとテレビ会議を行って,メッセージ性が薄れないように訳してもらったそうだ。

 2つ目の質問は「今回,新しいサウンドスタッフが参加して変わったことは?」というもの。景山氏は「ポケモンらしさを受け継ぎつつ,新しさが加わった音楽が完成していくのは毎回楽しい」と話した。

 イベントの最後は,景山氏によるピアノアレンジの楽曲の生演奏と,増田氏,景山氏と来場者の記念撮影が行われた。集まったポケモンファンには思い出に残る楽しいイベントになったのではないだろうか。

景山氏が生演奏する楽曲は,氏がお気に入りという曲から,会場のリクエストによって選ばれた。今回演奏されたのは「ミアレシティ」「クノエシティ」のピアノアレンジバージョン
画像集#006のサムネイル/「ポケットモンスター X・Y」のサウンド制作秘話を開発陣が披露。ポケモンセンターヨコハマで開催されたファンミーティングをレポート 画像集#007のサムネイル/「ポケットモンスター X・Y」のサウンド制作秘話を開発陣が披露。ポケモンセンターヨコハマで開催されたファンミーティングをレポート

景山氏が演奏する様子を増田氏が写真におさめるシーンも。リクエスト曲以外にも,「プラターヌ博士のテーマ」も特別に演奏してくれた
画像集#008のサムネイル/「ポケットモンスター X・Y」のサウンド制作秘話を開発陣が披露。ポケモンセンターヨコハマで開催されたファンミーティングをレポート

「ポケットモンスター X・Y」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ポケットモンスター X

  • 関連タイトル:

    ポケットモンスター Y

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2020/09/03)
ポケットモンスター X
Video Games
発売日:2013/10/12
価格:¥5,200円(Amazon) / 5582円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月18日〜06月19日