オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
rain公式サイトへ
読者の評価
70
投稿数:4
レビューを投稿する
海外での評価
72
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

rain

rain
公式サイト http://www.jp.playstation.com/scej/title/rain/
発売元 ソニー・インタラクティブエンタテインメント
開発元
発売日 2013/10/03
価格 1500円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
70
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 雰囲気ゲームの甘え 40
    • 投稿者:haruki(男性/20代)
    • 投稿日:2014/01/08
    良い点
    良い点は建物に雰囲気があって、世界観は素敵。
    ステージをすすめていくうちに、世界がどんどん変化するのは見ていて面白い。
    音楽も良い。何度も失敗するとヒントが見れる。
    ボリュームは価格相応。
    悪い点
    シナリオが浅く、ゲームに深く入り込めない。
    加えて難易度が簡単すぎる。私自身、特別難しいゲームが好きという訳ではないが、このゲームの謎は小学生にやらせるようなレベルで達成感もない。
    攻略やストーリーを押し付けられていると感じる。使うべきアイテムはほぼすべて光っているし、敵のやり過ごし方がほぼ毎回文字で説明されている。敵への対応は数パターンしかなく、簡単だが単調。
    総評
    ICO, 風ノ旅ビトなどいわゆる雰囲気ゲーと呼ばれるゲームは非常に好きです。
    「rain」もその雰囲気ゲーに類されると思います。

    私はそういったゲームのゲームらしくないところがとても好きでした。
    普通のゲームにある、長ったらしいチュートリアルとか、複雑な操作説明がない分、世界に入り込めるのです。
    しかし、このゲームはなぜか、徹頭徹尾ストーリーをくどくど説明する上、試行錯誤でみつけるべき攻略法も最初から画面に示される始末。ストーリーと攻略法は背景に直接文字として浮かび上がりますが、くどすぎる。最初から最後まであります。そのせいで世界観が台無し。

    全体的な雰囲気はいいし、説明も少ないですが、私が求めている雰囲気ゲーではないように感じました。他の要素に特に不満がない分残念です。
    プレイ時間
    5時間以下
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 4 2 3
  • 今までにない、幻想的なゲームだ! 85
    • 投稿者:乗馬男(男性/40代)
    • 投稿日:2013/10/31
    良い点
    グラフィックと水彩画の組み合わせが見事にマッチしていて、ストーリー性は、まるで童話の世界に迷い込んだ気分ですね。
    特にBGMの組み合わせはGoodです。

    芸術性も高いので、ストーリーでは、少年と少女の冒険がメインなので、私自身にとっては好きなゲームと言えます。
    悪い点
    操作性では、やややりにくい部分があるところがネックになってますね。

    特に、雨に掛かってない部分は泥に掛かったり物に当たらない限り完全に透明なので、位置自体がわかりにくい。ジャンプ移動も難しく、よほど慣れがないとキツいところがある。
    総評
    このゲームは以前から気になってましたが、プレイしていて結構のめり込みやすい感じです。
    プレイシステムはシンプルですが、ゲーム全体として芸術性も高い作品と言えます。

    癒やし部分もあり、他のゲームに比べるとストレスが感じにくいと言えます。

    操作性に関しては、慣れるまでは個人差がありますが、いざ慣れてしまえればそれ程難しいゲームではないので、初心者でも気軽に楽しめる作品だと思います。

    是非、お勧めしたいゲームです。
    プレイ時間
    5〜10時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 4
  • 単なる雰囲気ゲーではない 75
    • 投稿者:ひものて(男性/30代)
    • 投稿日:2013/10/05
    良い点
    序盤は少年(主人公)が敵に追われる少女を助ける側だが、後半はその役割がまるっきり逆転して少年が敵に追われるため、少女に助けてもらう場面になる部分があるため、新たな視点でプレイできるところ。

    キャラの動き・キャラの立ち位置やカメラ視点の使い方がうまく、小説などの挿絵を見ているような感じになるところ。

    ホラーものや追いかけられるものはダメという人にはお勧めできないが、少しホラーな雰囲気のゲームをかじってみたいという人にはおすすめ。
    じわじわと敵が後ろから追ってくるため、素早く移動しなければゲームオーバーになってしまう場面や、敵に見つからないように敵の視線を避けて移動しなければならない場面、がけ下に足場が落ちる前に安全な場所へ移動しなければならない場面など、タイムリミットがあり、緊張感を持たせている部分が結構あります。

    敵に追いかけられているとき、進む方向が二方向用意され、その方向の選択によって生と死が分かれてしまう場面があり、とっさの判断を求められる部分もある。
    もし失敗してもその直前にチェックポイントが用意されているのですぐにやり直しできる。基本的に失敗しそうな部分の手前にチェックポイントがあるので、ストレスなくリトライできる。しかし、死んで覚えるようなゲーム作りはしていないので、雰囲気やゲームテンポが壊れることはない。
    悪い点
    このゲームの制作者との対話などで目にした人がいると思いますが、「少年が泥水の部分を通る・泥水に飛び込むと姿が見えるようになってしまい、敵に見つかるようになってしまう。」というシステムがあります。
    しかし、実際はこうした不利な状況が発生することによる緊張感を感じられる部分はほとんどと言っていいほどありません。
    個人的には延々と長い距離を姿が見えたまま、敵の視線を避けて歩かなければならない部分もあると想像していたので少し物足りない。

    どちらに進めばよいのかは基本的にカメラ視点が示してくれるのでわかりやすいが、一部わかりづらいところがあった。チャプター3の工場の外部で、奥の荷物置き場のような部分に人間型の敵がいて、その手前に金網が縦にある部分。
    一見、人間型の敵を避けながら奥の道へ進むように思いましたが、実際は手前に進まなければならない場面でした。この部分だけ、どちらへ進めばよいのかがわかりづらく、さらにヒントも表示されないので何度も敵に倒されてしまった。
    総評
    キャラの動きやカメラ視点などで雰囲気を演出するのがとてもうまいと感じた。
    単なる雰囲気ゲーではなく、ゲームの序盤と後半で少年・少女の役割が逆転する部分があったり、タイムリミットのある部分が用意される、正しい手順で操作しないと主人公が倒されてしまうという、簡単なパズルをやっているような部分があるなど、単調といった感じは受けず、適度に飽きが来ないように配慮されている。

    個人的に惜しいと感じたのは、泥水によって不利になってしまう場面がレア並みに少なかったこと。もっといろいろと使い道があったのでは?と感じながらプレイしていました。

    プレイする前は雨の有無によって姿が現れたり隠れたりする新しい考え方・要素が面白い雰囲気ゲーと感じていましたが、実際はタイムリミットや、進む方向によって生と死を分ける場面があるなど、緊張感のある場面があったりして結構楽しめました。
    継続性は一度クリアしたらもうプレイしないといった感じではありますが、ちょっと気になるという感じの人はプレイしてみてもいいのではないかと感じます。

    言うまでもなく、バリバリのアクションゲームがやりたいとか、何度も繰り返し遊べるやりがいのあるゲームがやりたいという人、多彩な操作を駆使して遊ぶゲームがやりたいという人にはおすすめできません。
    本作は雰囲気ゲー1色の作りではないけれど、雰囲気を活かしたゲームが好きな人にしか、やはりおすすめはできません。

    ゲームボリュームとしては、他のゲームとは一切比べず、本作に限って考えれば適切だったと思う。
    これ以上長すぎると操作の単調さも相まって飽きてしまうだろうし、これよりも短すぎると「物足りない」・「この程度に1500円も取るの?」などと不満多発したと思う。
    プレイ時間
    5〜10時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 4 4 3 5
  • PS3で遊ぶフリーホラーゲーム的な作品 80
    • 投稿者:ayasyo(男性/20代)
    • 投稿日:2013/10/04
    良い点
    ・冒頭から引き込まれるストーリー
    ・文字の出し方などの細かい演出
    ・ゲーム初心者でもプレイしやすい簡単操作やゲーム中のヒント
    ・世界観にあったグラフィックと音楽
    悪い点
    ・もう少しボリュームが欲しかった
    ・場所によってはホントにキャラを見失う(演出的には良いんだろうけどもプレイにやや支障が)
    ・クリアしてもストーリーを完全に把握できていない感が残る
    総評
    フリーホラーゲームのように簡単な謎解きをしながら元の世界に戻るために怪物から逃げながらひたすら進んでいくゲームで、難易度としては優しいです。
    絵本の登場人物を自分が動かして読み進めていくように感じました。

    「姿が見えない」という設定を生かしっ切っていて、プレイしていて細かいところまでこだわってるなと感じるところがたくさんありました。
    キャラクターが見えないことに多少の違和感はありましたが、慣れれば全然気になりません。

    クリア後の要素がとても少ないので、2周すれば全クリアだと思います。
    できればもう少しボリュームが欲しかった。

    1500円と安いですし損はしないと思います。自分はとても満足しました。
    ゲームとしても面白いし、芸術作品のような魅力もあります。
    ぜひプレイして欲しいです。

    ※radio4gamerでも取り上げられていますし、4章までの実況が許されているそうなのでプレイ動画を見て決めるのもいいかもしれません。


    プレイ時間
    5〜10時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 4 4
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月19日〜02月20日