オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
戦場のヴァルキュリア3 EXTRA EDITION公式サイトへ
  • セガゲームス
  • 発売日:2011/11/23
  • 価格:UMD版:3990円,DL版:3500円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
55
投稿数:2
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

戦場のヴァルキュリア3 EXTRA EDITION

戦場のヴァルキュリア3 EXTRA EDITION
公式サイト http://valkyria3.jp/e2.html
発売元 セガゲームス
開発元
発売日 2011/11/23
価格 UMD版:3990円,DL版:3500円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
55
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 正直微妙・・・ 25
    良い点
    戦ヴァル3として:

    ・ヒロインが可愛らしい
    これは普通に良いと思います
    ・一応前作よりは全体的に改善してる部分が多い
    と言っても前作が悪かっただけなのでなんともね・・・
    ・対戦車兵の強化?
    前までは戦車にたどり着く前に迎撃であっさりやられてたから・・・出番増えて嬉しいです。

    3e2として:

    一応ダウンロードコンテンツがついていてくれるのは助かる。
    3で買った人にとってはむしろ損だけどね
    悪い点
    3として:

    ・ストーリーが単調
    ひたすら敵を追ったり追われたりするだけの盛り上がりのないストーリーで、せっかく「懲罰部隊」という題材は良いのに全くそれを活かせてません。
    中盤〜後半のダラダラ感は最悪です。

    ・戦場のヴァルキュリアの前・前前作のキャラの出し方
    一応登場はします。ですが、新キャラとの接点を作りたいのはわかりますけど設定に無理がありすぎて面白みが無いです。
    むしろ無い方が良いんじゃないか?と思うほどです。

    ・戦闘システム
    携帯機だから仕方ないと言えば仕方ないのですが、エリア移動が本当にいらない子です。
    戦ヴァル一にあったほど良い緊張感を、全くと言って良いほどに消してくれるシステムです。
    エリア移動がある=一つ一つのエリアが小さくなる=拠点と拠点が近くなる=(拠点が取られても取り返すことが容易=拠点の重要性が1より感じられない=実際の戦争のような「この拠点を守らなければ前線で戦っている仲間が全滅してしまう」みたいな緊張感が無くなる)+(兵士がやられてもすぐ助けること可能+一度瀕死?になっても数ターン後には復活+増援を呼ぶのにそのターンでいきなり動ける=同じ兵士がやられてもやられても戦場に舞い戻ってくるという異常な事態が発生する+氏んでしまうという恐怖感がほぼ0になる)+そのステージステージの戦略を練るという楽しみが少ない・・・などです

    ・グラフィック
    水彩画調の良いグラが売りだったのに、これまた活かせずにいます。

    ・必要プレイ時間
    長すぎるんだよね・・・これ。
    時間長いしステージ使い回しだし、小さいところをちまちま動き回らなきゃいけないのって正直飽きます。
    ヒロイン二人いて二週しないといけないゲームでね・・・・

    ・キャラクター勢(主に敵キャラ)
    掛け合いがしょぼい。
    考えが単純単調馬鹿ばっか。
    ヒロインを凝るのもいいけど敵キャラもちゃんと作ってくれないかな・・・
    グスルグさんとクルトの戦いも盛り上がらない・・・・

    ・主人公もキャラ薄い。
    ウェルキンの印象が強かっただけかもしれないけど、クルトは主人公としても一人のキャラとしても劣ってる。
    というかイライラして飴玉噛む癖ってね・・・・まぁいいけど
    それに戦略がすごい〜みたいに言われてる割には同じ戦法ばかり。
    主人公もちゃんと作ってくれ・・・せめて戦法だけでももうちょっと考えるべきかと。

    ・BGM
    悪いとまでは言わないけど印象にも残らない
    個性をもっと出したほうがいいと思う

    ・兵種
    これはかなり個人的なものだけど、・・・剣甲兵っていらない気がする
    というか銃の時代に何故剣と盾?
    技工兵もいらないとまでは言わないけど・・・せめてピストル持とうよ。
    この二つの職が雰囲気壊して最悪です
    偵察兵に関しては・・・・ステージの形のせいであまり出番ないんだよね・・・
    出番増やして・・・・
    あと、部隊長が何故生身で戦っているのかが意味不明・・・
    クルトs、戦車乗ってください戦車。
    それと、ヴァル1と同じで部隊長やられたらミッション失敗で良いと思う。
    無いと緊張感無くて面白くないです。
    まぁ1みたいに離れたところから一発で撃ち倒されて御陀仏は嫌だけどね。

    まぁ・・・出来れば兵種はキャラ固定で、剣甲兵は無しで、
    イムカsのみ斬撃が可能とかが良かったかな。
    かなり個人的な要望だけどね。

    ・戦車
    ヴァルキュリア人のせいでちょっと麻痺しちゃってるけど、
    仮にも陸上最強の兵器なのだから、あんなにドッカンドッカンやられるのはどうかと・・・
    もっと強くして欲しい・・・主に耐久力を。

    ・特殊化
    正直いらない。
    ドンきゃーしたくてやるゲームじゃないでしょ・・・・
    特にヴァルキュリア化はやめて欲しい。
    無敵にてあの威力は・・・ヴァルキュリアだから致し方ないといえば致し方ないけどさ・・・
    やっぱあれは敵キャラで出てくるのが良いと思う。
    それとイムカさんの武装開放、ちょっと色々と無茶がありすぎる。
    壊れすぎててなんかつまらない。
    クルトは・・・シュミレーションゲームとしてはやめて欲しい。
    けどまぁどっちでもいいかな、壊れ性能ではないからね。


    3d2として:
    ・・・・そもそもなんで出したの?と言いたい。
    出す必要がなかったと思う。
    総評
    ハッキリ言ってヴァルキュリアは携帯機にはあわないです。
    据え置きゲーム機で作った方が絶対良い作品になると思います。

    前の方にみならって三作に点を言うなら・・・
     1: 87
     2: 14
     3: 25
         くらいかな・・・・・

    据え置きが売れにくい今としては難しいかもしれませんが、据え置き用のヴァルが出ることを期待したいです。
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 3 4 1 2
  • 久々にセガの傑作に出会えた 85
    • 投稿者:さいく(男性/40代)
    • 投稿日:2012/04/16
    良い点
    ・世界観
     すでに1の段階で構築されていた世界観は今作でも健在。
     脇役たちも皆個性的で、捨てキャラがいないですね。
     「ストーリーがチョロすぎる」と前作までは酷評もあったようですが、
     3作目にしてやっと戦争らしく(笑)なりました。
     もう重厚すぎて、お腹いっぱいです。

    ・戦闘 BLiTZ
     素晴らしいです。
     何でこんな、何時間やっても飽きないんだろう・・。
     1から累計で500時間くらいやってんのに。

    ・システム面でのリニューアル
     さすがに3作目(エクストラエディションも含めると4か)ですから。
     1作目はあまり気にならなかったんです、全く新しいシリーズですから。
     2は「ここがこうだったらいいのになあ」が多かったです。
     ミッションを受注する画面ではもう装備の変更は出来ない、とか。
     3で完成しましたね。
     強いて挙げるなら、全域マップ、かな。
     「12章をプレイしたい!」と思っても、どこが12章だっけ?となります。
     並んでないんで。

    ・BGM
     悲壮感漂う、物悲しげな音楽。
     傷ついても歩むことを止めず前進していく若者たち。
     軍の記録には残せない「懲罰部隊」を主人公にしたのは大正解ですね。
     グッと来ました。
     ああ、主題歌はちょっと(笑)。
     イヤ別に悪くはないんですが、ちょっと狙いすぎかな。
     2よりは良かったですが。
    悪い点
    ・キャンバス(グラフィック)
     今作や前作が戦ヴァルの1作目だったら言わないです。
     アニメーションも悪くない。
     だが1作目はPS3です。
     水彩画調のCGという素晴らしいキャンバスという新技法。
     セガの方に言っておきたいんですが、この先続編が何万本売れたとしても、
     キャンバスを使わないなら作品として・ゲームとして続編が1を超える事はない。
     少なくとも私の中では。

    ・避けすぎ
     敵がこちらの攻撃を避けすぎです。
     いやいや、そこそこ避けないとつまらないでしょう?…なんてモンじゃないんです。
     「うわっ避けられた!この野郎!」とか逆に燃えてくる…ってレベルじゃない。
     もうゲームとしては成立しないレベルです。
     将棋を指してて、こちらの番で駒を取ろうとしたら避けることがある…。
     戦術もクソもなくなりますよね?
     運の要素があった方がリアルだ、と思いますか?
     後方50メートルくらいの暗闇から狙撃しても避けるのが、リアリティがありますか?
     5回連続とか避けられてこちらのターンが終了した時は、もう電源を切りました。
     運の要素は無くしてもいいと思うんだけどなぁ。

    ・ボリューム
     長いですね、半分でいいです。
     周回プレイも用意されてるのに1周が70時間ぐらいかかりました。
     ヒロインが二人いるので、もう一人のエンディングも見たいのに…。
     もう1周するのか…、と、ちょっと気が重い。
     ゲームやってて気が重いって(笑)。
     だいたい、じっくりやるなら据え置きゲーム機でやりたいんだが…。
     
    総評
    「戦場のヴァルキュリア3 E2」の評価、というよりはただの3の評価です。
    プレイし比べたわけじゃないですし、売ってたのを買ったんで。
    ダウンロードコンテンツなどが全部収録されているそうなので、
    今から買うなら、めんどくさいのがイヤな方は断然こっちです。
    ま、さらに言うなら3の評価どころか戦ヴァルシリーズ全体の評価です。

    去年の末くらいに3の体験版をプレイしました。
    まあ…「…フーン。」という感じで購入はしなかったんですが。
    今年に入ってやっとプレイしたくなったので、全部一気に買いました。
    こういうシリーズものは順番にやってかないと気がすまないので。
    プライベートの自由時間をほぼ全部使い、ようやく終わりましたのでレビューを。

    点数で言うなら…
     1 90点
     2 70点
     3(E2) 85点
    ってトコですかね。
    悪い点に書きましたが、3がPS3で出ていたら95点でした。
    現在の業界の「携帯ゲーム機じゃないと売れない」という状態が残念でなりません。
    「売れなくても面白いゲーム!」というのはセガの十八番だと思ってたんですが…。
    少なくとも1はそうだったでしょう。
    時代の流れかな。

    まあ、そんなこんなを加味しても「傑作!」と言えるゲームです。
    特に1のキャンバスというCGは戦争の真っ只中を描いてるのにどこか暖かく、
    主人公とヒロインの人柄まで好きになってしまいました。
    ヒロインが怪我をしてしまい、気遣いながら二人きりで進む面があるんですが…。
    ヒロインの「・・・うん。」が可愛すぎでした。
    (3まで500時間やってそれが一番ココロに残ってる俺って…。)
    そして1の主人公たちの影で、実は戦争に多大なる貢献をしていた3の主人公たち。
    1と3をプレイすればこの戦争の光と闇を追体験できます。
    えっ、2?
    2なんてなかった(笑)。
    まあ、お好きな方は、くらいの。
    BLiTZはどれでプレイしても面白いですけどね。

    次回作があるなら、ついに正規軍が描かれるのかなぁ。
    据え置き機で、ちゃんとしたの作ってくんねぇかな。
    別にPSPがちゃんとしてないワケじゃないけど。
    手元のちっさい画面を長時間見てるとしんどいんです。
    「ゲームって何だろう?」って、業界の人はちゃんと考えてるんだろうか?
    タダのメシのタネなのかな。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 4 5 4
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
AD(最終更新日:2016/05/05)
戦場のヴァルキュリア3 EXTRA EDITION
Video Games
発売日:2011-11-23
価格:8914円(Amazon) / 2820円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月22日〜04月23日