オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ソウルキャリバーV公式サイトへ
読者の評価
74
投稿数:12
レビューを投稿する
海外での評価
81
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

ソウルキャリバーV

ソウルキャリバーV
公式サイト http://www.soularchive.jp/SC5/
http://www.soulcalibur.com/
発売元 バンダイナムコエンターテインメント
開発元
発売日 2012/02/02
価格 8380円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
74
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 3D格闘ゲームを始めるならとりあえずこれ 90
    • 投稿者:ksk(男性/30代)
    • 投稿日:2012/10/13
    良い点
    ・初心者に優しい
     −このキャラはどういう戦い方が得意で、どの技を使えば有利に戦えるか
      などがトレーニングモードで全キャラ分解説されています。
      キャラごとの基本コンボもゲーム内で教えてもらえるので、攻略本や
      攻略サイトでコンボを調べないとオンラインでまともに対戦できないと
      いったようなことはこのゲームではありません。

    ・コンボが簡単
     −完全にぴったりのタイミングでボタンを押さないとコンボが繋がらない、
      といったようなことはごく一部のキャラを除いて無く、基本的に
      少しの練習で上級者が使っているものと同じコンボを
      繰り出すことができるようになります。

    ・通常のコントローラでも十分戦える
     −格闘ゲームといえばアーケードコントローラが当然で、
      通常のコントローラで上級者を目指すのは修羅の道というのが一般的
      ですが、このゲームに関してはコマンドテクニックより駆け引きで
      実力差が付くように、調整されているので、PS3純正パッドでも
      十分戦えるようになっています。

    ・オンライン環境が快適
     −ラグを感じることはほとんどありません。昨今の格闘ゲームの例に漏れず
      オンライン対戦環境には力が入れられています。

    ・キャラクタークリエイトが充実
     −他のゲームのキャラクターを再現するくらいは簡単にできてしまいます。
      装備できるパーツがとにかく豊富なのでこのモードだけでも楽しめると
      思います。
    ・CPUの頭が良い
     −当然CPUらしい超反応もありますが、きちんと対策すれば倒せるように
      上手く調整してあります。特にレジェンダリーソウルという
      上級者向けモードでは、上級者向けというだけあって横移動せずに
      攻撃しまくるなどの初心者のやりがちな行動をとことん潰してくるように
      なっているので、意外と練習になったりします。
    悪い点
    ・オフラインのボリューム不足
     −ストーリーモードは基本的におまけといっていいくらいに
      縮小されています。とにかくあっという間に終わるのでボリュームの
      不足感は否めません。

    ・オンラインランクマッチの機能不全
     −基本的にランクマッチは誰でも簡単に高ランクにいけるせいで
      機能しておらず、ランクマッチをプレイしている人の数も少ないです。
      その分、プレイヤーマッチは充実しており、手軽に近い実力の人を
      見つけて対戦することができます。
    総評
     対戦ゲームとして初心者にとっても上級者にとっても面白くなるように
    よく考えられていると思います。コンボが簡単なのでとっつきやすく、
    「相手の攻撃を動いてかわしてコンボを叩き込む」とやるべきことが
    単純ではっきりしているのが今作でこのゲームを初めてプレイした自分には
    ありがたかったです。トレーニングモードもゲーム内にあらかじめ攻略本が
    収録されているかのような親切ぶりでしたし。

     また、やることがはっきりしているからといって上級者と初心者の差が
    付きにくいわけでもなく、ジャストガードのような高等テクニックや間合いの
    取り方だけで相手を圧倒するなどの、自分の上手さを見せ付ける要素もしっかりと
    用意されています。単純ゆえに奥が深いゲーム性だと思います。

     キャラバランスは調整パッチを経た現在は良好で、どうやっても勝てないキャラの
    組み合わせはありません。また、どの技にもちゃんと対策が用意されています。
    最初はどうやっても対処できないと感じた技でも、トレーニングモードに一旦戻って
    対策を考えればびっくりするくらい簡単に処理できたりするのが
    気持ちいいです。他の格闘ゲームに比べて上達を実感しやすいと思います。

     技やキャラの削除などは今作から始める人にとっては特に関係ない要素ですし
    3D格闘ゲームの基本もしっかりと詰まっているので、このジャンルに興味が
    あってちょっと始めてみようかな、という人はとりあえずプレイしてみることを
    おすすめします。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 5 3
  • 格闘ゲームとしてのクオリティが高い 80
    • 投稿者:カンピョ(男性/40代)
    • 投稿日:2012/03/19
    良い点
    ・グラフィックが派手で美しい
    ・キャラクリエイトの自由度がより高くなった
    ・音楽が良い
    ・各ステージが凝っている
    ・収集要素が単純で分かりやすい
    ・トレーニングモードが多機能
    ・ネット対戦に遅延が少ない
    ・プレイヤーマッチでチャットが出来たりかなり快適になった
    ・ロビーのような場所が便利
    ・キャラクター間の性能バランスが比較的良い
    ・大会などが多く向上心が沸きやすい
    悪い点
    ・前作に比べて武器スタイルと技が少し減った
    ・チュートリアルモードがなく、起き攻めや連携の対策が分かりづらい
    ・CPUの対戦キャラは多いが、ミッション系のオマケゲームがない
    ・クリエイト声を高低調節すると機械声っぽくなる
    ・ランキングマッチのポイントがぬるく、誰でも上位に行ける
    ・戦績が常に表示されている
    総評
     ソウルキャリバー気らプレーしている者です。
    靴鉢犬濃ちキャラだった「Rock」「Mina」が削除され、発売前はかなり怒りました。しかし、いざ買ってプレーしてみると、オンライン対戦が圧倒的に快適で、キャラクターを「Astaroth」や「Hilde」に変えても楽しくプレーできました。
     バランスも良好で、一部「Natsu」という忍者キャラが強力なこと以外は、誰も長所と短所があり、個性的な中で纏まっている印象でした。
     コンボやゲージを使った必殺技コマンドなど、ずいぶん2D格闘ゲーム寄りになった印象ですが、前作で不評だったリングアウト性能も大幅に修正され、理不尽な攻めが少なくなり、自分でプレーしても大会を見ても手に汗握る攻防が増え、熱中できます。
     色々言われているオフライン要素ですが、各キャラクターのエンディングもなく、各キャラクターのストーリーは公式サイトや本を見なければ分からないという点で、不親切だと思います。しかし設定が薄いわけではなく、パトロクロスを主人公にしたストーリー自体は良くあるRPGよりはるかに練られているし、各キャラ同士の掛け合いもあります。そもそも対戦格闘にオフライン要素が必要なのかどうか…。
     キャラクリエイションでは仮面ライダーやザクを作っている人を良く見かけますし、ランクマッチでも自分のオリジナルキャラクターで対戦している人の方が多いくらいです。
     前作からの変更点は確かに多いですが、ファンタジー世界で自分好みのキャラクターで武器を振り回したい人、そして純粋に対戦ゲームをしたい人にオススメできる上質の武器格闘ゲームだと思います。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 5 2
  • 対戦が主目的のゲーム 風評被害をうけているソフト 80
    • 投稿者:たかにゃ(男性/40代)
    • 投稿日:2012/03/19
    良い点
    ○オンラインでの環境が過去作品の中で一番完成している(総評に詳細
    ○初心者にわかりやすい簡単なコマンドでの各行動
    ○クリエイションモードによる表現の自由さ
    ○トレーニングモードの充実さが増している
    悪い点
    ×ストーリー部分に無理やりな部分が多い
    ×上記の為に削除されたキャラがいて継続ファンにダメージ
    ×対戦において初心者殺し(わからん殺しともいう)が強いので始めは苦労する
    総評
    ネットでの評価が低く、当初は様子見をしていましたが実際触れてみると
    風評被害ってのがよくわかるソフトでした。こういった方たくさんいます。

    プラス点について。
    オンラインモードにおいて複数人数入場の部屋を作った場合、待機者は観戦モードを利用することができるので待機しながら観戦チャットもでき、こういった部屋とクリエイション・ガチ対戦との相乗効果がでている。過去作品ではいまのところないシステム。

    オンラインではラグとの戦いとよくいわれるが日本での地域ならラグはなく快適。

    部屋を作る以外にも元より用意されているロビーにおいてランダムマッチやその場での、フリー対戦もチャットを利用しながらできる。

    根強いファンが多く、ソウルキャリバー普及活動してる方もいるようで環境はよい。
    ニコニコ動画に初心者講座も投稿されており、格闘ゲームの門も開かれている。

    トレーニングモードが充実しており、技のミニ解説や初心者向けのコンボも掲載。
    レコーディングモードにより確定反撃や連携防御の練習が十分にできる。


    ここからはマイナス点になります。
    対戦に重きをおいたことにより家庭用でよくあるストーリーモードが簡易なものになっている。ムービーが少なく一枚絵での展開説明が多い。エンディングもいただけない。

    キャラの一新を図る為なのか既存キャラが削除(現時点では)されている。
    これを「ただのマイナス」ととるか「みんな新規にキャラを覚えるスタートにした」と、新規向けにしたのかはどちらにもいえる。

    技のモーションにおいてしかたないのかもしれないが直感でわかりやすいものが少なく、さらに武器の軌跡のエフェクトにより見切りづらい点がある。
    これにより特に初心者・他の格闘ゲームからきた方にとってかなり高い壁になっている。
    これにおいてはトレーニングモードや他のプレーヤーから教えをいただければ対応は可能でありそこがこの作品の分岐点になっている。
    個人的にはバーチャファイターシリーズよりも見切りにくい感じがします。
    これを逆手にとるとある程度技をだせば事故を起こす事も可能となっている。

    ☆総評
    元々の知名度の低さからかネットではかなりの低評価でのスタートと感じます。
    クリエイト中心でソフトが一人歩きをしていた感じでした。
    しかしそのほかの部分、特にオンラインモードの快適さは他のソフトと比べ物にならないほどの高い評価をつけることができます。

    現在はPS3・XBOX360ではキャラをクリエイトしてのお披露目対戦中心勢力からガチ対戦勢力まで幅広いプレイヤー層がいます。
    追加要素も入ってくるとのことなので今後の展開に注目したいソフトになります。

    ちなみに対戦バランスについてはバージョンアップもあるのであえて記述していません。

    とにかく一度、触ってみてほしい。そこまでいかないにしても多数の動画において動作している画面、オンラインモードのシステムを体感してほしいと思うソフトである。

    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 5 2 3
  • 対戦格闘ゲームとしては最高クラスに面白い 85
    • 投稿者:わいく(男性/30代)
    • 投稿日:2012/03/18
    良い点
    ・グローバルコロッセオ、プレイヤーマッチと、最高峰のネットワーク環境
    是非ともほかのメーカーも参考にしてほしい、と思う

    ・トレーニングモードの圧倒的な充実っぷり
    非常に細かく設定、指定でき、自分がやりたい練習が何でも出来るようになってる。

    ・スピード感と爽快感のあるバランス
    初めて日が浅い自分でもどっぷりとハマれる
    悪い点
    ・通信エラーがちょいと多い
     プレイヤーマッチの部屋になかなか入れなかったり、グローバルコロッセオでもなかなか対戦が出来ない場合があるのがちょっとだけストレスが溜まる事も
     ただし、マッチングできれば後は非常に快適。

    ・ランクマッチに人が少なめ
    プレイヤーマッチとグローバルコロッセオが快適すぎるのか、ほかの格闘ゲームと比べるとランクマッチの人が少ない気がする
    総評
    ソウルキャリバーシリーズは5が初めてです。
    対戦目的であれば、文句なしの会心の出来です。とにかく面白い。
    「対戦格闘ゲーム」として対戦を目的にするのであれば、是非ともお勧めしたいレベルのゲームです。

    なお、オフラインモードはトレーニングモード以外全く触ってません。対戦が面白すぎて、ストーリーをやろうという気が全く起きない状態。
    よって、ストーリーやその他モードについての評価は出来ません。
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 4 4 3
  • かなり高クオリティな対戦格闘ゲー 90
    • 投稿者:Tl02132(男性/30代)
    • 投稿日:2012/03/13
    良い点
    ・ネット対戦が充実している
     →ほとんどラグを感じず、快適にプレイできました。
      特に大人数ロビー(グローバル・コロッセオ)が画期的で、
      わいわいチャットしながら色んな人と対戦出来るのが面白いですね。
    ・トレーニングモードが使いやすい
     →技表でそれぞれのキャラの主力技や基本的なコンボなどを見本動画付きで
      見れるので、初心者の自分にとってはありがたかったです。
    ・キャラクリの自由度が高い
     →実際に検索して実物の画像などを見てみるのが早いでしょうが、
      他のゲームやアニメのキャラでもかなりの再現度で作れます。
    悪い点
    ・ストーリーモード
     →ボリューム不足な上に急展開に次ぐ急展開であまり付いていけませんでした。
    総評
    ソウルキャリバーシリーズやは今作が初めてでしたが、対戦ゲームとして
    かなり良い出来だと思います。攻守がはっきりしていて分かりやすいですし、
    長くて難しいコンボをしないと大ダメージを与えられないというわけでもないので
    初心者の自分でも十分楽しめました。他の格ゲーだとシステムを理解するまで
    延々ボコられ続けるということが多いのでこの点はかなりありがたかったですね。
    一部のキャラが強すぎてキャラバランスが崩壊してるということもありません。

    オフラインは確かにはっきりとボリューム不足ですが、やっぱり格ゲーで大切なのは
    対人戦だと思うので、特に取り立てて問題にするようなことでもないんじゃない
    でしょうか。オフラインのCPU戦を重視して作るなら別に格ゲーじゃなくて
    普通のアクションゲームでいいわけですし。

    昔からこのシリーズをやってる人にとっては我慢できない変更点もあるんでしょうが、
    今作から始める人にとってはとにかく対戦が楽しい良ゲーだと思います。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 5 5 4
  • キャラクリエイトは良い 50
    良い点
    グラフィック
    BGM
    キャラクタークリエイト
    ロードが早い
    オンラインはそこそこ快適
    悪い点
    値段が高い
    キャラクターが減った
    オフラインモードが少ない
    クリティカルエッジが微妙
    総評
    キャラが減ってるのが痛い所
    クリティカルエッジは次回作で削除して欲しい
    オンラインモードにトレーニング待ちうけなどは欲しかった。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 1 1
  • 「対戦」はシリーズ最悪 50
    • 投稿者:LC1942(男性/30代)
    • 投稿日:2012/02/16
    良い点
    ・グラフィックが綺麗。
    ・クリエイションが大きく進化。
    ・対戦格闘作品中でも敷居が低く、ちょっと知識があればそこそこ対戦できる。
    悪い点
    ・ゲームバランスが悪い。
    ・前作からキャラが大きく下方修正なり、削除されている。
    ・ストーリーの内容が薄い。
    総評
    前作から17年後が舞台で、前作に比べてキャラの顔ぶれが大きく変わってます。
    前作まではキャラ1人の視点で描かれていたストーリーモードも主人公のパトロクロスからの視点のみで、しかも内容も薄いです。
    アサシンクリードのエツィオもオマケにすぎない状態です。

    肝心な対戦ですが、キャラによれば、子供や弟子という設定で性能を受け継いだキャラもいますが、それもほんの僅か。
    さらに、前作でいくら強かったとはいえバランス調整が下手すぎて、自分の調べた範囲では看板キャラのジークフリートは技の削除や変更が多く、完全な別キャラクター。そしてシリーズ通してヒロインだったソフィーティアを受け継いだ今作のヒロインのピュラに至っては2タイプありますが、母の長所を2タイプで分けたような感じで事実上の下方修正です。

    それだけでなく、17年後の舞台に拘りすぎて前作から削除されたキャラを使っていたプレイヤーに至っては、今作ではメインキャラ変更を余儀なくされます。
    10年以上も続くシリーズで、メインキャラ変更を余儀なくされるのは対戦格闘ゲームにおいて致命的な失敗であり、今作の魅力であるクリエイションにも、キャラの再現度の為の選択肢が減らされることを意味しており、大きいマイナス要素を与えていることには間違いありません。

    前作や前々作から続けて対戦を楽しみたいという方は、公式サイト等で自分のメインキャラクターが今作にも登場しているか、それとも性能を受け継いだキャラがちゃんといるのかどうか確認してから購入をしたほうがいいと思います。
    ジークフリートのこともありますので、前作と比べてどのように性能が変わっているかも調べたほうがいいでしょう。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 2 1 2
  • シリーズ最低傑作 40
    • 投稿者:tetsu.m(男性/40代)
    • 投稿日:2012/02/16
    良い点
    ・ シリーズ一番のグラフィック
    ・ クリエイションのボリュームアップ
    ・ ソウルシリーズとしてのシステムは完成度高い
    ・ ゲージの使い道の多様化
    悪い点
    ・ オフラインモードが少なすぎる(シリーズ最低?)
    ・ 主役キャラがいまいち
    ・ ストーリー薄すぎる(キャラクター存在の意味はないのか?)
    ・ CPU戦は一部ランク以上になるとほとんど「ハメ」状態でなすすべ無し
    ・ 各キャラクターのバランスが非常に悪い
    ・ 刷新を狙っていたのがよく分かるが、大外れ
    ・ DLCは非常にチープ

    総評
    広告にはシリーズ「最高」傑作と謳っているが、現実はグラフィックがキレイなだけのシリーズ「最低」傑作だろう。
    格闘ゲームとしてのソウルシリーズのシステム完成度は高いが、キャラクターの性能バランスの悪さに加え、CPU戦はほとんど「ハメ殺し」状態。特に歩き状態からの複雑なコマンド投げにはいささか閉口した。「ため」が必要なコマンドをいきなり歩きで出してくる2D格ゲーを思い出した。オフラインモードは非常に少なく、薄っぺらいストーリーモードを終えると、ただランダムにCPU戦を繰り返す同じようなモードが残るのみ。あとは、レベルを上げてクリエイションパーツを増やす作業か、オンライン対戦しか残されていない。
    自分の中ではソウルシリーズは終わったものなのかもしれない。
    同じ金額を払って購入するくらいなら、他のものにしたほうがいいだろう。
    特に、オンライン環境の揃っていない状態ではこのゲームは非常に価値の低いものとしか考えられない。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 2 1 1
  • クリエイションが楽しい 80
    • 投稿者:トンヌラ(男性/30代)
    • 投稿日:2012/02/15
    良い点
    ■キャラのクリエイトがおもしろい
    これだけで買った価値があります。
    マルチで対戦やるよりも余程楽しめます。
    悪い点
    ■キャラクリエイトでの幅が狭い
    まず1点目は、顔をテンプレから選択という形式。
    微妙に気に入らない部分があっても、決まった物からしか選べないのは残念です。

    2点目、装備の組み合わせに難あり。
    男性キャラを作る時、鎧の下に服を着せるとどんどん膨れてきます。
    不恰好極まりない。
    そして女性キャラは、スカートを着せるとエプロンや腰のリボン等との併用が不可能。
    これもまた何を考えてこうしたのか理解不能。

    3点目、キャラタイプを既存キャラから選択するのですが、
    そのキャラの装備武器から使用武器を決めることが出来るのは良いとして、
    対戦前と勝利後の台詞やモーションまで選択する事はできず、
    キャラのイメージを損なう台詞やモーション等で萎えさせてくれます。

    ■ストーリーが最低
    他の方も書かれていますが、ストーリーはしょぼいです。
    やるのは時間の無駄とさえ思えてきます。
    そして、聞いてるこっちが恥ずかしくなる台詞と
    その場の空気に合わない台詞の言い方。
    最低です。
    総評
    このゲームの魅力はクリエイション只一つと言っても過言ではありません。
    オフラインでの対戦はキャラクリエイションで使えるパーツを増やすための作業で、
    オンラインの対戦は、クリエイトしたキャラのお披露目です。
    勝ち負けなどオマケでしかありません。

    自分のオリジナルキャラでやるも良し。漫画やアニメのキャラクターを模すのも良し。
    とにかくこのゲームはクリエイションを中心として楽しめる人向けだと思います。
    対戦中の操作も基本的に単純な入力なので適当にやっててもそれなりに動けます。

    格闘ゲーマーの方には物足りないかもしれませんが、
    格闘ゲームが苦手なライトゲーマーには良いゲームだと思います。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 3 4 1 3
  • おっさんゲーマーも楽しい 90
    • 投稿者:toma00(男性/40代)
    • 投稿日:2012/02/13
    良い点
    元々ゲームそのものよりはキャラクリが楽しみで入ったのですが、これが期待通り楽しい!欲を言えば顔の作りまでいじれたりすれば最高だったかとは思います。
    3D格闘ゲーム自体初めてですがガチャガチャやってるだけでいろんな技が出て楽しい!只今3勝50敗ですが、自分の作ったキャラがいろんなアクションをとるのを見てるだけで楽しいです。そうそう、ほぉ〜っと唸ったのが自作キャラは最初からある一つのタイプだけに対応してるのではなくて、キャラを一つ作ればいろんな格闘タイプが選べるので、愛着あるキャラで全タイプのアクションをとらせることができる部分です。
    悪い点
    ストーリーモードが安っぽ過ぎます。美麗なグラフィックが売りなのにストーリー部分は静止画の紙芝居。しかもチュートリアルを兼ねているといいながら紙芝居の合間に突然CPUとの対戦が始まって放置されて戦うだけ→また紙芝居の繰り返し。他のモードが充実しているだけに貧相さが余計際立っています。もし開発が初心者を意識しているのであれば、この辺りは根本的に考え直していただきたいです。
    総評
    最高のオンラインモード、最悪のストーリーモードと非常にピーキーな仕上がりのこの作品、対戦に主眼を置いた格闘ゲームというジャンルであることを考えれば、ストーリー以外の部分に重きを置いた評価をすべきだと考えます。というわけで全体としては格闘ゲームに全く興味のない初心者からガチの人まで広いプレーヤー層を満足させられる素晴らしいゲームであると思います。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 1 4
  • オフラインのみの感想です 60
    良い点
    ・グラフィックは相変わらず綺麗です
    ・マンネリ化してきたキャラを一部一新させたのは良いと思いました
    ・工夫次第でなんでもできるクリエイション
    ・クイックバトルのやりやすさ
    悪い点
    ・全キャラにストーリーがない(ストーリー自体も短くてびっくり)
    ・ガードインパクトの仕様変更
    総評
    決して悪くはないのですが全キャラにストーリがないことと
    ガードインパクトの仕様変更が気になりました。
    特にストーリーに関してはほんの一部しか出てこないため、
    どうしてプレイアブルキャラとしているのか分からないのが多かったです。
    簡単でもいいので全キャラに欲しかった。

    ガードインパクトはどうしてこういう仕様に変更したか理解できません。
    前作までの仕様の方が駆け引きがあってよかったのに・・・。

    シリーズを通してプレイされている方はオフラインのみ見た場合がっかりするかもしれません。
    ただしクリエイションは秀絶ですのでそういうのが好きな人はお勧め出来ます。

    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 3 3 3
  • シリーズ最高の値段と最低のボリューム 50
    良い点
    ・シリーズ最高のグラフィック
    ・ゲージを消費して放つ超必殺技にあたるクリティカルエッジの導入により演出が派手に
    ・クイックムーブという回避行動の導入により移動がスピーディーに
    ・オンライン対戦の遅延は少ないです。場所にもよりますが、海外の人と戦ってもそこそこ快適なときがあります
    ・文字によるチャット機能及びグローバルコロッセオの導入により他のプレイヤーとのコミュニケーションが快適になりました
    ・キャラクリエイトにより好みのキャラを作れます。かなり細かい設定が可能で、また作成したキャラはアーケードモードやネット対戦で使用可能です。ネット対戦で他人の作ったキャラを拝むのも楽しみの一つです
    悪い点
    ・シリーズを通して導入されてた1人用モードのエッジマスターモード(靴離蹈好肇リニクルや犬離織錙次Εブ・ロストソウルズ)の削除。これによりやりこみ要素が激減しました
    ・アーケードモードのクリアタイムはネットランキングに登録できるのですが、クリエイトキャラのタイムは登録されません。性能の逸脱したキャラを作れるわけではないので、クリエイトキャラ専用でもいいからネットランキング枠を設けて欲しかった
    ・エンディングは1本道のストーリーモードにしかありません。またプレイヤーが使えるキャラは3人だけで、キャラによっては顔見せ程度だったり出番そのものが無いキャラもいます。旧キャラの出番が無いのは仕方ないのでしょうが、新キャラであるヴィオラの出番が少しセリフがあるだけというのはどういう事でしょうか。このキャラを新規に追加した理由が分かりません。
    ・ネット対戦の遅延が少ないと書きましたが、反面切断が多いようです。他の格ゲではめったに切れないので、多分このソフトの問題だと思います
    ・旧キャラ(流派)を多数削減した代わりに追加された枠が木人3人(流派がランダムで変化)とはいかがなものでしょうか。
    ・ガードインパクトが性能向上の代わりにゲージ消費技に。代わりに追加されたジャストガードはタイミングが非常にシビアで、ゲージが無いと劣勢を挽回しにくい仕様になりました。
    ・スタッフの「垢任楼戝胸点擇蠅覆したい」との意向により、構えやボタン同時押しで出る技の大幅削除。シリーズ経験者は使える技が減って物足りなく感じると思います。反面今作から始めるプレイヤーは入りやすいかもしれません。
    総評
    ソウルキャリバーシリーズと言えば1人用モードが充実していたものですが、今作はオンライン対戦特化ゲームになりました。とにかくオンライン対戦がしたい人にはお勧めできますが、1人でも楽しみたい人には1人用モードが少ないのでお勧めできません。
    また、全体のボリュームが減ったわりには価格は高めというのもいかがなものかと。
    最近の家庭用格闘ゲームは+αが求められる傾向にありますが、そういった点から考えるとこのゲームはあまり時代に即してないかと思います。
    プレイ時間
    5〜10時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 4 2 1
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月26日〜06月27日