オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ぞんびだいすき公式サイトへ
読者の評価
75
投稿数:1
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
“もともと人間だった”ゾンビ達のピュアな思いを表現。往年のB級映画へのリスペクトが詰め込まれた「ぞんびだいすき」タイトル発表会レポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2011/01/13 22:00

イベント

“もともと人間だった”ゾンビ達のピュアな思いを表現。往年のB級映画へのリスペクトが詰め込まれた「ぞんびだいすき」タイトル発表会レポート

ぞんびだいすき
 チュンソフトは,2011年1月20日に発売されるニンテンドーDS用ソフト「ぞんびだいすき」のタイトル発表会を,東京都内の同社オフィスにて本日(1月13日)開催した。
 会場では,本作のプロデューサーおよびディレクターを務める伊東幸一郎氏が,ゲームのストーリーと目的,操作方法などを,実機でのデモプレイを交えながら紹介した。

「ぞんびだいすき」のプロデューサー/ディレクターを務める伊東 幸一郎氏
 「ぞんびだいすき」は,“牧場パート”でゾンビを育成しながらクエストを受託,“アクションパート”で街に出てクエストをこなし,牧場を修復したりゾンビ育成用のアイテムを入手するという一連の流れが存在する。
 ストーリーに沿ったメインクエストは全部で30種類用意されており,そのほかにサブクエストが100種類あるとのこと。
 伊東氏は,メインクエストをおよそ3つ進めるごとに“ヤマ”が来て,サブクエストでゾンビを育成する必要が生まれるようなレベルデザインにしていると話す。またクエスト終了時には,クリアタイムなどに応じてS/A/B/Cの評価が下されるが,最高のSランク取得はかなり難しいそうである。

ぞんびだいすき ぞんびだいすき

 ボスの登場するクエストでは,テレビ局のカメラマンが登場しゾンビ達を撮影し始める。撮影が2分以上続くと“SWAT”が登場するので,それまでにクエストをクリアしないと「大変なこと」になるそうだ。
 ちなみに,ゾンビが全滅したりギブアップしたりしてクエストに失敗した場合でも,それまでに街中で入手したアイテムは牧場に持ち帰ることができる。

 なお,ゾンビ達はかつて人間だったことから,それぞれに名前とプロフィールが設定されている。ゾンビの名前は,任意に変更可能だ。
 伊東氏は,「ゾンビというと,ほかのゲームでは集団で襲ってくる敵という扱い。しかしこのゲームでは,もともと人間だった彼らをピュアな存在として表現したかった」と,その理由を説明した。

ぞんびだいすき ぞんびだいすき

 アクションパートでの操作は,タッチペンでゾンビを誘導するだけ。誘導した方向に市民がいれば,ゾンビ達は自動的に攻撃を始める。しかし,ほかに気になるものが視界に入るとそちらに向かってしまったり,あるいははぐれてしまったりするので,「ダッシュ」「集合」「分散」といった操作を駆使して,ゾンビ達を上手く誘導する必要がある。
 なお,ゾンビ達をオート操作する「おまかせバトル」モードもある。伊東氏は,「おまかせバトル」モードを使って攻略の目処を立ててから,あらためてマニュアルプレイで挑戦することもできると説明していた。

 ゲームを進めていくと,ゾンビ達は牧場の「スキルガーデン」でスキルを習得できるようになる。スキルガーデンには“岩”が配置されており,それぞれ数値が表記されている。この数値以上の人数のゾンビがいれば岩は破壊できて,晴れてスキルを習得できるのだ。
 スキルには,攻撃時に自動的に発動するもの(パッシブスキル)と,プレイヤーの任意で発動できるもの(アクティブスキル)の2種類がある。
 またゾンビには男女の性別と,痩せ型・太目という体型の概念があり,計4種類の外見が存在する。それぞれで特技や好みの作物が異なるほか,特定の種類のゾンビしか使えないスキルもあるそうだ。

ぞんびだいすき ぞんびだいすき

 伊東氏によると「ぞんびだいすき」のストーリーは,必ずしもゾンビを主軸にしているわけではないとのこと。
 ゾンビは牧場を修復するためのアイテムを入手していく手段であり,ストーリーでは,そんなゾンビ達に対して人間がどう向き合っていくのかが描かれていくという。最終的には政府や軍隊が動くという内容になっているとのことだが,筆者が会場でプレイした限りでは,大作映画のように大掛かりなものではなく,いわゆるB級ホラー/パニック映画のようなテイストになっているように感じられた。
 グラフィックスだけを取り上げると,あたかも子ども向けといった感じの仕上がりだが,ストーリーの機微や散りばめられたネタ,あるいは上記のゾンビ達のプロフィールには,むしろ20〜30代にこそ楽しめる部分もあると個人的には思えた。

 伊東氏は,ストーリーをクリアしたあとに,二つのモードがアンロックされることを紹介した。一つが「ストロングモード」で,こちらはクリアしたときの状態を引き継いで,再び最初からプレイできるという内容。初回プレイでは難度が高く挫折したサブクエストなどがクリアしやすくなるというわけだ。
 もう一つが「サバイバルモード」で,こちらは,一度倒れたゾンビが二度と牧場に帰ってこないというルールが適用される。すなわちクエストをこなすごとにゾンビが減っていく中,どこまで進めるかに挑戦する,ハードコアなモードである。

 そのほか,最大4人が参加できる通信対戦プレイのモードが二つ紹介された。
 「デッドサル」は,名称から予想できる通り,フットサルタイプのゲーム。自陣以外のゴールにシュートを決めると得点が加算されるので,制限時間内に誰が最も得点を稼げるかを競うというものだ。筆者が実際にプレイしたところ,なかなかゾンビが思いどおりに移動してくれなかったり,敵対するゾンビ同士が近づくと勝手にバトルを始めてしまったりなど,なかなか一筋縄ではいかない。勝利を狙うには,操作のコツをつかむ必要がありそうだ。
 「パーティハント」は,プレイヤー同士が協力して,登場するボスを次々に撃破していくという内容。3段階の難度が用意されているが,最も簡単なものでも,ゲーム本編でゾンビをそこそこ育成しておかないとクリアは難しいとのこと。

 最後に,「ぞんびだいすき」に期待する人達に向けた伊東氏からのメッセージを掲載しておこう。

「ある意味,大味なのですが,そのぶん動きはにぎやかという異色のゲームです。最近はゾンビを扱ったゲームや映画,アニメも多いですが,その中で一風変わった内容にできたのではないでしょうか。もともと人間だったゾンビ達が“大事なもの”を取り戻すという,ちょっと切なくてコミカルな感じに仕上がっていますので,王道のゾンビ物を楽しむ傍らに遊んでいただけたらと思います」(伊東氏)

「ぞんびだいすき」公式サイト


  • 関連タイトル:

    ぞんびだいすき

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月23日〜06月24日