オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
魔界戦記ディスガイア4公式サイトへ
読者の評価
86
投稿数:15
レビューを投稿する
海外での評価
82
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

魔界戦記ディスガイア4

魔界戦記ディスガイア4
公式サイト http://disgaea.jp/4/
発売元 日本一ソフトウェア
開発元
発売日 2011/02/24
価格 通常版:7140円(税込),限定版:9975円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
86
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 初ディスガイア(200時間遊んだ) 75
    良い点
    綺麗なグラフィック

    やり込み要素

    派手なスキル演出

    イワシ!オモチ!チョコレート!

    シンボルによる斬新な育成要素
    悪い点
    電波シナリオ

    スキルが強すぎてせっかくの連携攻撃が後半死ぬ

    MAPによっては見辛い時がある
    総評
    初ディスガイアということもあり存分に楽しめました
    シナリオ以外は概ね満足しています
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 4 2 5
  • 私は、3からですが前作よりハマりました。 80
    • 投稿者:災厄狼(男性/30代)
    • 投稿日:2011/06/20
    良い点
    前作のキャラは、ドット絵でPS3のゲームの割に絵が…と思っていましたが、とてもキレイになっていました。(ドット絵も選択可能)3はクリアして満足しましたが、その先までは飽きてしまってやらなかったんです。シリーズのファンではないですが、今作はレベルを1000位まで上げたところまでやりました。2周目もやりたいのでDLCが配信されるまで手元に置いておこうと思ってます。イワシッ!!
    悪い点
    ネットワークに繋げてのプレイで、凄腕プレイヤーのキャラを見ることができるが私は萎えました。だってまだ出てきてないキャラもバンバン出てるんだもの…見たことがない技も、そこで見てしまった。(ひととおりクリアしてからだったら良かった。)私は色弱なのでキャラ界、アイテム界のブロックが無理。(今回、テレビの設定をかなり変えることでなんとか見えるようになった。)
    総評
    初心者でもクリアまでは簡単にたどり着けます。シュミレーションRPGとしてはかなりおもしろいと思う。…が、どうも転生(レベルを1に戻して、強化する作業)とか、キャラ界、アイテム界など好きになれない。飽きっぽい人には向かないゲームかなぁと思います。でもシリーズを一回もやってなくて、4作目からはちょっと…という人も楽しめるゲームなのでぜひやってみてほしい。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 2 4 5
  • レベルを上げて物理で殴れ 50
    良い点
    ・テンポよく進み、単純かつ明快なストーリーです
    ・LVがぽんぽんあがります。
    ・ありとあらゆる演出を省略できるのでプレイそのものに集中できます。最重要ポイントです。
    ・絵は非常に丁寧に描かれています。必要性は不明ですが、旧仕様のグラフィックにも変更可能。
    ・イワシについて知識を得ることが出来る。
    悪い点
    ・視点切り替えの自由度が素晴らしく駄目駄目。高低差のあるマップでキャラがひしめき合っているともはや何がなんだか。
    ・敵の攻撃パターンが少ない。
    ・メイン拠点で暑苦しい歌がBGMとしてループする(のちのち変更できますが…)
    ・ストーリーが薄っぺらい。所詮オマケ程度として割り切るしかない。
    ・キャラの味付けも大味なのばかり。所詮オマケ程度…
    ・装備の付け替えや内政をはじめとした、やりこみ以外のやりにくさは残念。所詮オマケ…要素じゃないのでもうちょっと考えて欲しかった。
    総評
    やりこみをするための要素、手段、種類については非常に豊富です。
    キャラそのものも転生を繰り返し上限を引き上げ、より強い装備を作るためにダンジョンを周回し、集めます。
    戦略性は特にないので、レベルを上げて物理で殴ればいいのです。魔法でもいいですけど。
    ブロックなど、一応戦略要素が全く無いわけではありませんが無視して物理で殴ってさっさと周回重ねたほうが楽で安全。

    ストーリー重視派には全くお薦めできません。
    通常、LV99でカンストする濃度を時間をかけて100倍9に薄める作業が好きな方専用のゲームでしょうか。

    個人的にはあまり合いませんでした。
    拠点でじっくり装備の入れ替えをしたいのに、あの暑苦しい歌が妨害してやる気を大幅にそがれました。
    つくづく、歌ってのはゲームのBGMには合わないものだと痛感。
    後々からですが変更できるのはせめてもの救いか。
    ひたすら敵を倒し、装備を強化し、また殴る。以下繰り返し。
    LVを上げる手段は沢山ありますが、やることは概ね一緒なのは残念でした。

    「キャラの強さ」一点に注力したゲームです。
    アレもコレも集めたい派には物足りないんじゃないでしょうか。

    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 1 4 1 5
  • 万人向きではないけれど、それでも満点なゲーム 100
    • 投稿者:きららん(女性/30代)
    • 投稿日:2011/04/16
    良い点
    ・ポリゴンならぬ、アニメーションのようなドット絵はもはやアート。
    ・詰将棋のような趣向を凝らした各MAPや、理不尽なまでに偶然性の強すぎる
     自動生成ダンジョンのどちらもが楽しい。
    ・敵の強さとか、ある程度難易度を調整できる。

    ・戦士型の敵が魔法を撃ってきたりと、けっこうフリーダム。
     まあ、悪魔ですし。
    ・ランダムダンジョンでは場合によっては初手から手詰まりになることもある。
     まあ、魔界ですし。

    ・絵がいい。音楽がいい。キャラがいい。雰囲気がいい。声優さんの声がいい。
     
    悪い点
    ・カメラ視点が数段階の固定切替で、任意な回転拡大縮小が不可。
     キャラがオブジェクトに埋まったかんじになったり、ステータス画面で隠れたりして
     把握しづらいときがある。
    ・メインシナリオとやりこみ要素の相関率が低い。
    ・システムは基本的に「3」からあまり変化がない。賛否の分かれるところかも。
    ・Lvが上がるほど、一撃必殺の超ダメージの応酬になりやすい。
     なので、1ターンクリア狙いになりがち。
    ・前作まで居た格闘家などの一部職キャラがいない・・・。

    上記は悪い点というより、多少不満な点といった程度ですので、
    評価は100点なのデス。
    総評
    メインシナリオも十分楽しいのですが、それ以上に(割と地味な?)やりこみ要素が
    メインなゲームなので、重厚で感動的なストーリーや、美麗なムービーなどを
    期待される方には不向きかもしれません。

    個人的にはキャラやアイテムの育成強化よりも、MAP毎のパズル感覚が楽しいので
    ついつい遊んでしまいます。
    パズル的要素が面倒な場面では、力技で破壊しまくるのもまた楽しい。

    あと、メーカーさんのサポートがとても親切でした。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 5
  • シリーズ最高のグラフィックとストーリー 95
    良い点
    ・メインストーリーの新キャラクター達が魅力的
    ・ストーリー会話時にキャラクターが動くので今までの紙芝居から進化している
    ・グラフィックが新システムになったことによりイラストを忠実に再現している
    ・魔チェンジの強化や巨大化による魔物キャラの使い勝手の向上
    ・汎用キャラメイク時にボイスが3種類から選べるようになり、カラーリングも変更できるので同じキャラでも個性が出せる
    ・どのキャラクターでも装備の適正を最大まであげることが出来るのでキャラによる性能差は最終的に無いようなものなので好きなキャラクターを使える
    悪い点
    ・近作のキャラが魅力的なだけに無理やり捻じ込んだ感じのするアクターレが残念
    ・新システムのネットワークがいまいち
     他ユーザーの界族と戦えるがメリットがあまりない
     しかし特に利用しなくてもゲームを進める上で問題は無い
    ・ある程度進めば漢字が使えるようになるが相変わらず使える字が少ない
    ・最上位の武器のグラフィックが非常に格好悪い
    ・武器スキルの差が大きい
     これにより使う武器が偏ってしまう
    ・初見殺しのマップが時々あるので小まめなセーブをしていないと数時間が水の泡になることも
    総評
    相変わらずストーリークリアしてからがやりこみ本番。
    ですがやりこみが苦手な人にとっては普通に進んでもストーリーを楽しんでクリアでき、やりこみ好きな人にとってはここからさらに数百時間プレイ出来るのでバランスがとれていると思います

    いい点で書きましたが汎用キャラが個性的になったのも非常にうれしい点
    いままで見た目は好きだが声が気に入らなかったということもありましたが今作では3種類から選べるのでどれかは合うでしょう

    グラフィック、ストーリー、やりこみと文句なしに過去最高の出来で間違いなくお奨めできる一本です

    ※作中通してイワシネタが多いです。プレイ後イワシが食べたくなるのでご注意を
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 4 5 5
  • ディスガイアシリーズ最高の出来 90
    • 投稿者:arusu2(男性/20代)
    • 投稿日:2011/04/02
    良い点
    3に続きストーリーを楽しめる
    ネットワーク機能によるボリュームアップ
    すばらしいBGM
    やりこみ度
    悪い点
    システムの理解が最初分かりづらい
    カーソル移動(スティック操作じゃないと高速移動できない)
    マップが見づらい時がある
    3から続き弟子システムの廃止
    総評
    1からシリーズ通してやってきたディスガイア。
    3に続き熱中してしまった。
    ストーリーについては不評である2でも問題ない俺にとっては
    今回も悪くないでき。

    快適さについては最初のロードを耐えれば後はほとんどロード皆無
    少しロードがある場合もあるが全然問題ない。
    操作については他のシミュレーションゲームをやっていたからか
    戸惑うところがあった。特にカーソル移動の高速化をスティック操作でやるのは
    面倒だった(他に方法があるかもしれない?)

    またマップ視点の変更が3に続いて見づらくなっている。
    すべてのマップというわけではないがやはりこの部分はもったいない点。

    戦挙事務所については少々やりづらくなった感じ
    3のほうがまだ分かりやすかったかもしれない。
    だが、配置によって様々な戦術・戦略を練ることができるので
    3より頭を使う事になりそれがまた面白い。

    まだストーリーはクリアしてないが
    この普通にクリアするまでの過程がディスガイアの楽しみのひとつである
    だがディスガイアの真の楽しみは育成
    つまり二つの楽しみのひとつしか体験してないということなので
    第2の楽しみを早く味わいたい
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 5
  • 駄目な点が足を引っぱってる 55
    良い点
    ・画質の向上
    ・キャラのデザイン、個々の性格が非常によくやっていてかなり楽しい

    他の方と同じ意見ばかりなので以下割愛
    悪い点
    ・毎回思うがレベルだけではロクに強くなれない、ほぼアイテム依存、修羅の敵以上の能力にするなら神水や能力盗み等のドーピングは必須
    ・味方移動ダメージ、これいれた意味あるのか?
    ・修羅に行く条件がきつくなっている、反面一度満たせば周回しても容易にいけることが出来るが
    ・相変わらず敵魔チェンジは制限なし
    総評
    HPとSP最大が約10億なのに対し、成長で2千万、アイテム込みで1億・・・・・

    相変わらずだなぁと思う、HPとSPの伸びくらい従来の10倍くらいにして欲しかったです、あとレベルもいい加減9999↑を実装して、それに比例して、能力の限界も10倍、修羅以上のステージとかも出してやりこみ要素を増やして欲しい

    なんにせよ味方移動ダメージ、これが足引っぱってる、これがなければ悪い点に上げた分含めても100点つけられた
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 5 5
  • ネットワーク要素がGOOD! 100
    • 投稿者:暁誠治(男性/20代)
    • 投稿日:2011/03/27
    良い点
    界賊団やマップをエディットして、それをアップロードすることによって、自キャラを自慢することができるので、育成がとても励みになります。また、グラフィックも、ドット絵と線画を選べるため、好みにあわせて飽きることなくプレイできます。
    悪い点
    1、2と比べたら育成の効率が上がり過ぎてる印象を受けました。
    総評
    育成効率が上昇してるとはいえ、育成すべき内容が増えてるため、全体としてはボリュームはむしろ大きくなってると思います。また、メーカーへの問い合わせの際も対応が早かった点がとても好印象でした。BGMも良い曲ばかりで、さらに拠点等では自分の好みの曲に変更出来るので、高いテンションを保ちつつ育成できます。そして何よりも、良い点の方にも書きましたが、ネットワーク要素の存在ですね。他人より強いキャラを作ろうと熱くなりますよ!冗談抜きで1万時間でも遊べます!
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 5 5
  • ディスガイアシリーズ間違いなく名作 90
    • 投稿者:zyakushooo(男性/20代)
    • 投稿日:2011/03/25
    良い点
    ・前作からゲームグラフィックの大幅な向上
    ・初代ディスガイアの時にあったような面白可笑しく、それであってよく練られてるストーリー
    ・相変わらず場面にとても合うサウンド
    ・前作の凶室を発展させたようなシステムに少し複雑だけど初心者に親切なチュートリアル
    ・魔物型キャラクターを引き立たせる(昔は人型が強いゲームだったので)怒ッキングに魔チェンジのステータス計算に人型キャラの武器の能力値も加算され魔物型が非常に使いやすくなった
    ・キャラクター同士で話すときなどキャラクターの絵が動くようになっていた
    ・文句のないキャラデザイン
    悪い点
    ・時々理不尽なマップがある
    ・良いのか悪いのかがよく分からないけど後日談でひとつ話を進めるのに敵のレベルの強化の幅が大きい(ただ、後日談でその後のことも考えるとこのようにしたほうがゲームバランスが取れてるのかも)
    ・これはいつものことですが、やりこみ嫌いな人には向かない;
    ・これも悪いか分からないですが主人公がイワシイワシとあきれるぐらい連呼するw
    総評
     ps3でこのグラフィックは…とよく言われるディスガイアシリーズですが、最近のHD機のアクションゲームのように現実に近づいた綺麗なグラフィックというわけではなく、逆にファンタジーを極めようとする絵をきめ細かに表現されていてゲームの最後の方の大技魔法等ののグラフィック等の綺麗さはPS3ならではと思います。
     
     いい点にも書きましたが、魔物型のキャラクターがとても使いやすくなり、ゲームバランスがよくなったと思います。
     それに邪シンボルのおかげで味方キャラを育てやすくなったので多くの味方を作りやすい。
     やりこみ重視のゲームなのでやりこみ度は尋常じゃないです。キャラクターのレベルが9999までだったり攻撃力などの能力値が100万オーバーになり、敵に与えるダメージが億単位まで育てられます。

     これは悪い点に書きましたが、どう考えても解決できないくらい理不尽なマップがあります。(ストーリー終盤の初めの方のジオシンボルピラミッドや後日談のvsエトナ等)

     結果的に今までの作品に足りなかった部分を補って余りある傑作でやって損なんか微塵も感じられないゲームでした。
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 5
  • 良くも悪くもディスガイア 85
    • 投稿者:Gallve(男性/30代)
    • 投稿日:2011/03/25
    良い点
    過去作経験済み向け

    ・非常に綺麗になったグラフィック
    ・過去作に比べ圧倒的に使いやすくなった魔チェンジ関係
    ・相変わらずのキャラメイク。ボイスの種類も選べる
    ・アイテム界だけではなく、キャラそのものを強化できるキャラ界等の追加
    ・魔ビリティーによる個性の演出、特に魔物型の進化は目覚ましい
    ・今回はストーリーが好評
    ・あのボーカル曲がアレンジされて帰ってきた



    ディスガイア未経験向け

    ・キャラが可愛い
    ・ストーリーは非常に分かりやすい
    ・ストーリークリアだけなら特にやりこまなくてもいい
    ・操作そのものは非常に簡単
    ・ステータスデータ量の設定でフォントサイズ調整等、地味に便利な設定
    ・移動してキャンセル、キャラを持ち上げてキャンセル等を使う事により
     範囲攻撃発動前に移動して退避、攻撃発動後にキャンセルで戻る等
     このゲームならではの戦略が光る
    悪い点
    経験者向け

    ・相変わらずの先手必勝ゲー
    ・相変わらず死にステになりかねんのがいる
    ・相変わらず複合ステでの技は1ステ特化に劣る
    ・武器マスタリーが無くなった代わりに、クラスによっては覚えれない技が
     (キャラ界を使えば解決はする)
    ・CPというオリジナルMAP用通貨が稼ぎにくすぎる
    ・コラボ魔法が動きもしない一枚絵が入るだけ、正直いらない。
    ・相変わらずある程度話を進めるとキャラとアイテムの育成しかやる事がない。

    未経験者向け

    ・操作は簡単だが、覚える事が多い
    ・初見殺しがとても多い
    ・MAPの見づらいステージが時々ある
    ・拠点で直立したままジャンプする主人公を見て違和感を感じるかも
    ・するべき事が多すぎて何からすればいいか分からなくなりやすい
    ・味方プリニーを投げて殺してしまう
    ・アクターレは生理的に無理って人が割と多いと思う
    総評
    ディスガイアの続編としてはとても優秀な作品
    しかし、未経験の人に手放しでお勧めできるタイトルではない

    ・普通のターン制以外のSRPGがやってみたい
    ・キャラ萌えに抵抗はない
    ・殆どのキャラが貧乳ロリ系でも許せるorむしろそれが望みだ
    ・むしろ自分の脳内キャラでも萌えれる紳士,淑女
    ・作業で自分のキャラが強くなるのが好きだ
    ・理不尽な初見殺しもゲームだと笑って許せる
    ・ステータスが攻撃、防御、回避の3つ以上あってもくじけない
    ・自分の渾身のキャラがパっとでのキャラに即死させられても投げ出さない
    ・90年代の暑苦しいご都合ストーリーに抵抗が無いor大好物
    ・戦隊物にかかるようなボーカル曲とかに抵抗が無いor大好物

    以上が当てはまる人にはこの上ない暇潰しゲーになってくれる事でしょう
    逆に、良い所だけを見て購入すると一瞬でアンチになりかねません

    ディスガイアシリーズは良くも悪くも作業ゲーです
    細かい設定や、ちょっとした挙動、矛盾点等を
    理性的に分析したい人には向いていません


    ただただ「時間を潰す事に特化したゲーム」です


    ストーリーを楽しみたいだけならば、
    普通のRPGより短い時間でクリアも可能ですし
    無理にやりこまないでも十分クリアが可能です

    しかしメインストーリーをクリアしてからが本番のゲームであり、
    そこから敵の強さがインフレし始めます
    某ドラゴン〇ールの戦闘力のごとく、
    倍々に増えて行くステータスをみて絶望し、勝利して楽しむゲームです



    結論として、ディスガイアとしては手放しで名作と言える出来
          普通のSRPGとして見た場合、とても人を選ぶ

    と、まとめたいと思います


    以下は個人的要望や批判です

    アイテム界やキャラ界等でも起きるちょっとしたストーリー等が欲しいですね
    いくら作業とはいえ、完全に作業になってしまっては、
    折角の魅力的なキャラクターも後半は汎用キャラと同じになってしまうのが勿体ない

    戦挙とうたってはいるものの、やってる事はただの議会でいい加減飽きました
    もう少し政治的なシステムを組み込んでほしかった。
    環凶や暴衛等の文字遊びをしたかっただけにも見えます

    言葉を喋らないタイプの魔物ボイスの殆どが1種しかなく耳障りです

    フーカはもうちょっと可愛げがあっても良かったのでは・・・


    ディスガイアとしては間違いなく進化しています、
    しかし同じ事の繰り返しで4作目
    流石にプレイヤーにも飽きが出てくる頃です
    そろそろ見た目ではなくシステムに大きな変革が欲しい
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 4 3 5
  • そうでもない 25
    良い点
    レビューで絶賛されている通り、ストーリーは面白かったです。
    キャラクターの掛け合いも楽しい。
    各声優さんの演技も良かったです。
    ただ、フルボイスでないのは残念。
    悪い点
    グラフィックが進化したと言われていますが、これをPS3で出す意味が分かりませんでした。
    一番残念だったのはシステムのフォントがしょぼすぎた事。
    個人的にはこれがまず心を折った原因です。
    なんだか昔のPCアダルトゲームをプレイしているような感じでした。

    全体的にどこで容量を使ってるのか疑問です。


    システムも覚える事が多すぎてかなり面倒でした。
    覚えても「それ要るのかなぁ?」という感じ。
    総評
    シリーズ初プレイです。
    レビューで絶賛されていたので購入。

    ただ、私はこのゲームのおすすめされている部分のほとんどが受け付けませんでした。
    ゲームはグラフィックが全てだとは言いません。
    だからと言ってこれはひどすぎる。
    システム系のSEはゲームボーイのような感じでした。

    システム周りを一切気にしない。
    何でもいいからやりこみ要素の多いソフトが欲しい!
    こういった方にはおすすめできるかもしれません。

    プレイ時間は15時間ほどです。
    このシリーズ初心者の方の参考になれば幸いです。
    私はムダな時間とお金を使いました。

    物凄く人を選ぶゲームだと思います。
    面倒でも体験版必須です。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    1 1 1 3 5
  • これは良いものだ 90
    • 投稿者:ロンド(男性/20代)
    • 投稿日:2011/03/05
    良い点
    ・グラフィック
    言うまでもなくかなり進化してます、技も多彩すぎて面白いし飽きない武器グラも多くいい感じ

    ・R2ボタンでも演出ON/OFF可能
    いちいちオプション設定の手間がなくなった

    ・色替え屋
    固有キャラ3色変更出来、汎用はクラス毎の色変更と固有と同じく3色追加

    ・ストーリー
    後半に進むにつれ相当楽しかった、ただ過去作をやってこそとも感じた

    ・音楽
    過去1番好きです。というか初めてディスガイアで音楽が好きです。

    ・ボリューム
    やれることが大量にありますそれぞれが分かれているので
    あれもやりたいこれもやりたいという衝動に駆られ大変ですが・・。
    育成キャラだけでも汎用、魔物、固有で50キャラ超えます。
    悪い点
    ・収集
    未入手にnew表示がなく未入手品がわかりにくい

    ・CP稼ぎ
    育成の片手間にやるというより本腰を入れて時間をかけなきゃ無理

    ・カメラワーク
    戦闘MAPではもう仕様として慣れてますが
    今回の小部屋猫神のアクションMAPでレア箱取るのが感覚わからず大変すぎた
    総評
    後日談クリアまでプレイ
    特に突出した不満が全くない、3の時のようなマンネリも薄い
    久しぶりにレビュー書きたくなった良い作品だった。
    シナリオも全然悪くなかった本編クリアまで30〜40時間ほどかかりました。

    シリーズ好きなら必ずやるべき作品、悪い点も書いたがそんなもん
    微々たるものすぎます100点でも問題ない。
    初心者は全部楽しむのは大変かもしれません。

    ねこばばは、やりにくくなったが、あって安心時間が足りない。
    若干セーブに時間が、かかるやってると気にならない。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 5
  • 全体的にレベルアップ 90
    • 投稿者:ちびロボ(男性/20代)
    • 投稿日:2011/03/04
    良い点
    ・キャラクターたちのグラフィックが進化(従来のドット絵に切り替えることも可能)
     これはPVを見ていただければわかります。

    ・ストーリーが良い話
     王道ではありますが、ちゃんと練られてると思います。プレイしていて純粋にストーリーも楽しめました。

    ・魔チェンジが非常に使いやすくなった
     今作もターン制限があって3ターンすると魔チェンジ武器は消えてしまいますが、消えてしまった分は新たにベースパネルから出撃させることができます。1人と1匹だけ出撃させて魔チェンジ→魔チェンジ武器が消える→出撃している人数は1人になっている、という具合です。また、3のときは装備している武器の代わりに魔チェンジ武器を装備する仕様だったので、魔物キャラが弱いと使い物になりませんでした。しかし今作では、魔チェンジしても通常武器を装備したステータスからマイナスにはならない仕様になっているので、どんなに弱い魔物でも気軽に魔チェンジできます。

    ・マップが広すぎない
     3のときはアイテム界にもぐった時にアイテムの移動力を強化できたこともあり、マップが広かったように思います。今作はアイテムの移動力強化が無いらしく、マップも広くありません。マップが広いと何かと時間がかかるので、狭いマップはプレイしやすいと思います。
    悪い点
    ・セーブ&ロードが長め
     といっても、他のゲームに比べて、というだけで気になるほどの長さではありません。

    ・フルボイスだがしゃべるのが遅い
     これを感じるのは私だけでしょうか?フルボイスは好きでなるべく全部聞きたいのですが、しゃべるのが遅いので時間がかかってしまいます。
    総評
    全体的に見て前作の3から大きくパワーアップしていると思います。悪い点として挙げた2つも、大した問題ではありません。
    やりこみゲームが好きな人にも苦手な人にもオススメできるゲームだと思います。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 5
  • シリーズ最高傑作。神ゲー 95
    • 投稿者:そーた(男性/20代)
    • 投稿日:2011/03/03
    良い点
    ・親切なチュートリアル
    ・マルチエンディング
    ・進化した超グラフィック
    ・奥が深いネットワーク対戦の追加
    ・ストーリーはおそらくシリーズ最長
    ・ストーリー自体もシリーズでかなり優秀な部類
    ・面白いギャグやパロディはシリーズから変わっておらず秀逸
    ・200〜400時間は遊べるやりこみ要素の数々
    ・個性豊かなキャラクター達(フルボイス
    ・魅力的なキャラメイク
    ・キャラメイクの際、声が3種類選べるように
    ・システム面は従来から更にプレイしやすく
    ・目立った不満点が無い
    ・ドッキング、二刀流、バストアップイラストが動くなど多彩な追加要素

    悪い点
    ・初心者には慣れるまで少し時間がかかる
    ・やりこみが好きじゃない人には30〜60時間程度しか遊べないかもしれない
    ・腐要素が微妙に若干ごくわずかに少しだけ入っている
    総評
    まず全体的に、シリーズではかなり優秀な部類なのが魅力。
    また、やりこみ要素はシリーズファンでも納得できるほどの多さ。
    まだやり始めてから80時間ほどですが、先が見えません(´・ω・`)

    キャラクターも主人公をはじめ、かなり好ましいキャラクターが多いです。

    マルチエンディング、20億を超えるダメージ、レベル9999、ランダムダンジョン等、
    普通のゲームにはあり得ないやりこみ要素だと断言できます。

    まだこのシリーズをプレイしていないやりこみゲーマーにかなりお勧めです。
    また、普通のライトゲーマーの方にもお勧めです。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 5
  • 更なる進化を遂げたSRPG 90
    良い点
     満を持して発売されたディスガイア4。まず最初に驚くのはドットグラフィックだ。
    従来のおよそ十倍レベルの解像度で描かれている(体感)ドット絵はFullHDでも恐ろしいほど美麗である。このドットグラフィックにフルプライスの価値があるといっても過言ではない。
    もちろん、近作のドットがお気に召さない方のために従来のドット絵に対応しているというのも製作者の配慮が感じられる。
     次に、意外とよかったのはシナリオ。相変わらずネタ満載なのだが、2や3とは違った、むしろ1に近いような感じのシナリオは個人的にはとても良かった。
     システム面に関しては本当によくやってくれたと関心せざるを得ない。レベリングなどといった作業や戦闘に関しても細かい所まで配慮が行き届いていたと感じる。
     ネットワークコンテンツが増えたことで、さらに楽しくなった。ほかのプレイヤーのキャラクターをバンバン見られるのでなんだか嬉しくなりますね。
    悪い点
     良いところにも挙げたが、良くも悪くもあるのがシナリオ。
    やはり所々破綻している。真剣に考えると唸ってしまいそうである。
    ディスガイアはこういうものだと分かっていればおかしく楽しいのだが、新規プレイヤー等には評価が分かれそうな所。
    総評
    ちょっと早いような気もしますが、メインシナリオをクリアしたのでレビューさせていただきました。
    総合評価で言えば、今作のディスガイア4は間違いなくTOPレベルの面白さです。
    ディスガイアが好きなプレイヤーは間違いなく当たりでしょう。
    美麗ドットに心を打たれて、拡大しながらキャラを観察するのが楽しくて仕方がありません。
    魔法や技はどれも迫力満点でカッコイイです!素晴らしい。
    ハッと聞きほれてしまうようなBGMもたくさんありました。
    ディスガイア4の片鱗すらまだ味わっていないレベルですが、まだまだ楽しめそうです。
    このゲームを購入して本当に良かったと思ってます。

    イワシが好きになると思います。

              プレイ時間:メインシナリオクリア時点35時間〜無限
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 4 5
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月23日〜05月24日