オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Carnage Heart PORTABLE公式サイトへ
読者の評価
99
投稿数:2
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

Carnage Heart PORTABLE

Carnage Heart PORTABLE
公式サイト http://www.genki.co.jp/games/carnage/
発売元 元気
開発元 アートディンク
発売日 2009/11/01
価格 PlayStation Store版:3800円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
99
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 「ロボットコンテスト」のPSP版 100
    • 投稿者:浸透襲撃(男性/30代)
    • 投稿日:2010/05/18
    良い点
    ■プログラムでロボを動かす

    一見普通のロボゲーですが、操作の部分を全てプログラムで実行させるところが極めて斬新。対戦が始まったら一切手出しできません。

    簡単に言うと、このプログラムを作るゲームです。

    これがこのソフト最大の特徴ですが、この制御が極めて事細かく設定できます(1秒間に150の演算を実行可能)。
    そのため、慣れてくると自分で直接動かすよりも遥かに良い動きをします。

    通常の対戦は1対1ではなく3対3のチーム戦になりますが、この3機は異種機体の混成も可能。
    このため、チームの組み合わせはほぼ無限となります。
    フォーメーションの変更や機体間の通信も実行できますが、このため「戦術」を考えることの意味が非常に大きい。
    「包囲」とか「囮」とか、複数機で連携した戦い方もできます。
    この意味ではSLG好きの人にもお勧め。

    ゲームというよりは、シミュレーターに近いかも。


    ■ゲームバランス良好

    普通のロボゲーよりもハードウェアの種類が少ないためか、バランスはかなり良いと思います。
    攻撃力と防御力のバランスが非常に良く取れており、攻めるだけでは勝てないように調整されているあたりは素晴らしい。

    BGMやグラフィックも十分に良くできていますが、それでいてローディングもものすごく早いです。
    ダウンロード版だと、殆ど気になりません。
    ゲームとしての完成度は非常に高く、快適に操作できるため、ヘンにイライラするようなことはありません。
    PSPなので、ちょっとした移動時間とかに気軽にできるのも非常に有難いですね。


    ■大会

    機体データは全てWindows互換ファイルに出力でき、それを公式アップローダをはじめとしたネット経由でやり取りできます。
    このため、対戦相手には半永久的に困らないと思います。

    また、この仕組みをうまく利用して2Ch上等で大会が行われています。
    この大会運営が非常に良くできており、誰でも参加/主催(主催は若干難しいですが)ができるように定型化されています。

    これが非常に熱い。

    対人戦で、しかも順位が付くので当然。
    それだけではなく、参加機体にコメントをつけたりつけられたりする仕組みもあってこれも非常に嬉しいところです。

    また、大会のたびに誰かが新しい戦術や戦法を編み出し、それに対応するために他のプレーヤーがまた新しい戦い方を考え。。。
    という技術革新が続いているため、全くマンネリしません。

    この大会があるのが、このソフトの一番の楽しみです。
    悪い点
    ゲームそのものについては殆ど無し。
    最初は車両強すぎとかカノン砲強すぎとか思っていましたが、戦術やプログラムの腕が上がれば十分に補える範囲です。
    総合的に見れば、他の対戦ゲームよりもバランスは良いと思います。

    後は、他のと比べてロボがカッコ悪いとか思っていましたが。。。
    見慣れてくるうちに愛着が沸く不思議なデザインなので、これも問題なし。

    ただ一つだけ要望を言うと、機体データの管理機能が貧弱な点だけは残念でした。
    ひとつのセーブデータに16チーム32機体分しか保存できない。
    更に外から持ち込んだ機体データには並べ替え機能が無いため、やり込んで扱う機体が増えてくると管理が大変になります。

    それと、これはこの手のゲームの宿命ですが、敷居はものすごく高いです。
    プロローグ(チュートリアル)をクリアするだけで10時間とか普通にかかるので、普通にロボゲーがやりたいだけの人には向かないと思います。
    これ程の名作でありながら競技人口が少ないのはこれが原因でしょう。
    総評
    ゲームの性質上、対戦の結果は機体の作りこみ(主にプログラム)の優劣で決まります。
    ゲームと言いながら、もの凄く頭を使います(というか、頭以外は使わない)。
    ひとつの大会のために数ヶ月、数百時間かけて機体を作ることも珍しくありません。
    これを日本中のプレーヤーと対戦させるあたりはまさに「ロボットコンテスト」。

    この大会は、発売から3年近く経過した現在でも開催されています。
    このあたりは通常のゲームソフトと一線を画するところ。

    やっていることが難しいので仕方ありませんが、プログラムのやり方を一通り覚えるためにはそれなりに苦労します。
    ただし、そのためのインターフェースは最大限に工夫されているため、好きな人なら必ず習得できます。

    プログラムといっても、実際にやることは「行動」や「判断」の指示を意味する「チップ」を並べていくというやり方になっていて非常に分かりやすい。
    キーボードを叩く必要はありません。
    私はプログラム未経験者でしたが、全く問題は感じませんでした。

    ソフトとしての完成度が極めて高い上に、前述の大会の仕組みまで完成されているため、半永久的に遊べます。
    (実際私は3,000時間以上やりこんでいます。まだ飽きる気配は全く無し。)
    また「論理的思考力」を養うのにも非常に有効ですので、下手な脳トレやるよりもよほど勉強になります。

    色々な意味で良作。
    歴史に残る名作だと思います。

    敷居は高いのですが、結局は好きかどうかの問題。
    こういうのに興味がある方は是非購入(UMD版は超々品薄なのでダウンロード販売で)をお勧めします。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 5 5 5
  • 鋼鉄の遺伝子再胎動 100
    良い点
    ・対人戦にはまります
    時間かけて作り込んだルーチンが負けることもあれば、ふと思いついたルーチンで勝てたりと、どうしたら自分のOKEは強くなるのかただ考えるだけで楽しくなります^^
    ライバルがいると無機質な世界が一気に熱くなりますよ!

    ・大会もあります
    アップロードを介する大会が2chで頻繁に開催されています。
    参加者のマナーもよく、シャイな人、周りにカルポもってない人でも気軽に参加できます。
    終了後アドバイスももらえたりするのでとかく参加しやすい雰囲気にあふれてると思いました^^

    ・BGMのバランス感
    世界観が未来ということでBGMが軽快なテクノ調なのですが、自己主張が強いわけではなくBGMとしてきちんと成り立っている点が個人的に大好きです。
    悪い点
    ・ストーリーモードが短い
    いろんなとこでネタと評されてますが、それにしてはフルボイスで力が入っており個人的にキャラもストーリーも俺は好きです。
    ネタバレになるので特に言いませんがエンディングが大好きです!
    あのエンディングが大好きです!
    大事なことなので2回言いました(´・ω・`)

    ・決して万人向けではありません
    周りの友達にゲームを貸して勧めましたが、それでもまともにプログラムを作って遊べた友達は10人中2人と人を選ぶゲームであることには変わりありませんでした・・・。
    格ゲー好き、レースゲー好きなど派手なゲームを好きな人には受け入れられないようです(苦笑)
    総評
    みんなの期待に応えてとうとうDL版が発売されました!!
    昔ハマってた人、泣く泣く売っちゃった人、興味を持った人、戻ってくるチャンスです!

    さあ!みんなで自慢のOKEを持ちより戦おう!


    それと、Amazonでの初レビューがカルポでした(苦笑)
    稚拙ですが情熱だけはこめてありますので気になった方は見てやってください^^;
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 5 4
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
AD(最終更新日:2012/06/09)
Carnage Heart PORTABLE(カルネージハート ポータブル)
Video Games
発売日:2006-08-03
価格:8900円(Amazon)
amazonで買う
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月20日〜02月21日