オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く

アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く
公式サイト http://ar-tonelico.jp/at3/
発売元 バンダイナムコエンターテインメント
開発元 コーエーテクモゲームス(ガスト)
発売日 2010/01/28
価格 7329円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
65
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • ギャルゲーでした。 60
    • 投稿者:災厄狼(男性/30代)
    • 投稿日:2011/06/20
    良い点
    PS3はRPGがほとんどないので、買ってみました。全てがそこそこしっかりしてます。なので頑張って、クリアまで行きました。難易度が超低いので誰でもできます。ゲームをしたことがない人でPS3のゲームを探していたら、これをやってみてもいいかもしれませんね。(男性に限る。)
    悪い点
    ヒロインが子供なので31歳の私には向きませんでした。操作性が悪かったです。難易度が非常に低いためやりごたえがない。
    総評
    18禁にする、最新のグラフィック技術を使う、音楽プロデューサーを替える、声優さんが主に歌う、バトルに緊張感をあたえるというなら次の作品も買うかもしれません。(今作品で終わるとのことだが?)いろいろ惜しい作品ではある。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 3 3 3 4
  • 3作目 50
    • 投稿者:kiriha(男性/30代)
    • 投稿日:2010/02/24
    良い点
    ・曲
    R.A.Hシステム、ヒューマのセッティングで戦闘曲が変化する

    ・絵
    PS3になったため出力環境が良い
    キャラが3Dになったため今までよりもよく背景も綺麗になった
    悪い点
    ・絵
    ムービーのキャラがところどころ崩壊している印象、2に比べれば出来は良くない
    また移動時の3Dがそのままムービーに転用されているのか見ていて「え?」となった箇所も

    ・会話
    キャラ同士の会話が減少、別人格との会話は少なく、合成も1と同様で同じアイテムが出来るようになり作業度が増した

    ・戦闘
    R.A.Hシステムによって戦闘曲が変化するのは良いが数が少なく、戦闘自体もPS3のRPGで増えたアクションによる戦闘のため1,2の戦闘より個人的にはマイナス
    戦闘の作りこみが低く、判定は適当で敵のダメージが入った際の硬直が少ないが操作キャラの硬直は長い。ハメ状態を避けるのか所々敵の動作に不可解な休止状態が見られる。
    総評
    アルトネリコ3をプレイしたくPS3と一緒に購入したが今までのものよりは悪い印象だった。

    会話もストーリーを進めていく中で別人格は一定期間しか出ず、コスモスフィアで話す程度、シナリオ的には仕方ないがコスモスフィアでも特定の人格が多く出る。
    また人格毎の戦闘曲ではなく専用曲はフリップのみ、人格がいままでのコスチュームになるためヒロイン毎が薄い。
    合成もキャラごとで新しいアイテムが作れるのではないため作業的なものに戻ってしまったため、NPCとの会話はストーリーを進めていく中でのものにほぼ限定されている。
    ストーリーもPHASE3の後半から山に登るような感じでそこからの展開も急すぎで、エンディングもシリーズ最後の作品といわれている割にはあっけない。
    ヒュムノスも歌い手が増えたためイメージが増えたが、むしろイメージを増やすために10人に増やしたといった印象。1.2のヒュムノスが好きでヒュムノス目的に購入している人には最初にサントラを聴いたほうがいい。

    コスモスフィアで展開される話もはっちゃけた物が少なくなり、今までが良い息抜きだったため残念。
    長くプレイするにもモチベーションやテンションを上げるような要素は少なくなった。
    キャラや会話や戦闘、ストーリーも含め全体を通してこれでシリーズ最後ですといわれても納得がいかない出来だと私は思う。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 5 3 1 1
  • クリアすれば良ゲー、脱落注意 75
    • 投稿者:wiredネコ(男性/30代)
    • 投稿日:2010/02/15
    良い点
    ・素晴らしい歌曲の数々
    劇中ではヒュムノスと特別に銘打って歌いあげられる曲は素敵の一言。
    シリーズの中で比べても数で劣らず質でも負けず。
    その歌詞はシナリオのネタバレになるほど物語をよく反映しており、
    とってつけただけのテーマソングとは一線を画します。

    ・軽妙な主人公
    前2作の主人公たちと比べ、今作のアオトは非常に男らしく積極的な人物です。
    ヒロインのためならば世界を敵に回してでも、という一途さ。
    声優:杉山紀彰さんの熱演も併せ、主人公格として最も好感のもてる人物だと思われます。
    またヒロインの1人、フィンネルとのやり取りはシリーズファンには必見のところ。
    ヒロインをいじり倒すというかつてない展開は、ファンであればなおさら楽しめるものです。

    他、重くなりすぎず胃に穴が開くような展開がない、
    戦闘において強烈な詩魔法の存在から、意図的なレベル上げ、資金稼ぎが不要など
    全編を通じてすんなり軽く楽しむ事が出来ます。
    悪い点
    ・3D化について
    3Dモデルに関わる一切の出来に見るべきものがありません。
    出来れば目を瞑ってしまいたい程度。
    フィールド上のふわふわした動き、
    緊迫した場面での棒立ちによる違和感などなど。
    蹴り倒されるアオトと、それを棒立ちで囲む仲間たちは
    それだけ見れば裏切られた?と思うほどです。
    前作までのドット絵の世界であれば、おそらく気にならなかったであろうと思います。
    3D化による恩恵は一切ないと感じます。

    ・物語の盛り上がりの遅さ、悪さ
    Phase3に至るまで、ろくにヒュムノスが使われません。
    3Dモデルによる微妙な演技も併せ、非常に盛り上がりが悪いものとなっています。
    その後の使われ方も前2作と比べると印象にかけるところ。

    ・ヒロインについて
    シリーズを通してなぜこのヒロインのルートがない!?
    という不満があがりがちな作品ですが、今作でも同様です。
    程度でいえばシリーズ最高のなぜ!?度合い。
    総評
    前作の2にて多重人格を軽く使った後だけに、
    ヒロインが多重人格者であると歌う今作はどうなるものか?と不安でしたが、
    物語的にも設定的にもなかなかうまい料理に仕上がっています。
    ダニエル・キイスを期待するのであれば前作を。

    全体的に良くも悪くもアルトネリコらしい作品で、
    シリーズのファンであれば充分に楽しめる、
    ヒロインが気にいったならシリーズ未プレイでも楽しめる、
    が、それ以外ではやや取っ付きづらいのは変わりありません。
    特に今作はヒュムノスの使われ方がやや投げ槍で、
    取っ付く角がひとつ減っているのは残念な限り。

    始めたのであればぜひヒロインのコスモスフィアをクリア、
    またエンディングまで進めてほしいと思います。
    中盤までで評価を下すのはもったいない作品ですから。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    1 4 5 4 5
  • 初めてのアルトネリコ 70
    良い点
    男の下心をくすぐるゲーム作り、コンセプトが面白い。

    BGMが聞いていて飽きない。

    エンカウント方式が特殊でいい。

    下心が抑えきれない方向けゲーム
    悪い点
    グラフィックの作りこみが甘い。
    とくに置行をうまく表現できていない。

    装備品のグラフィック数が少ない

    小さい妹や遠慮のない母親などがいる方は
    ピンチに陥る事もしばしば
    総評
    脱げば脱ぐほど強くなる!男の浪漫RPG、アルトネリコ3!

    そんなところです
    うまいこと男性の下心をくすぐってきます。
    脱がしたい、脱がしたい(*´д`*)ハァハァハァアハァ

    RPGとしてもストーリーがわかりやすくて
    面白いがMAPやキャラグラの作りこみが甘い。

    また私のようにギャルゲーをほとんどしない人からすると
    ゲーム内のフラグ回収が大変・・・・
    選択肢でどうすればいいのか迷う事もしばしば。

    まさにギャルゲーとRPGの融合。

    そんな私はフィンネルたんのルートです。
    貧乳最高!
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 4 3 4 3
  • 開発者の思いが詰まったわりに、いろんな部分で中途半端・・・ 65
    • 投稿者:光輔(男性/40代)
    • 投稿日:2010/02/11
    良い点
    【グラフィック】

    ◎全体が3D化して迫力が増した点

    ・特に背景は綺麗になりました。綺麗なだけでなく遊び心満点です。
    ・戦闘シーンでも、ヒットエフェクト等、効果全般が綺麗になりました。
    ・イベントでのキャラの動き等が出せるようになった事で、
     視覚的に理解しやすくなった。
    →特にイベント時、ヒュムノスの表現力が上がったのは良いと思う。

    ◎全体的に立ち絵と一枚絵が綺麗になった点

    ・キャラの立ち絵も、より綺麗になりました。
    ・イベントシーンの一枚絵も、クオリティアップしてます。

    ◎ムービー量が圧倒的に増えた点

    ・各所に挿入されるムービーが高品質です。数もそれなりにあります。
    ・とりあえず、HDMI接続+大画面で見るOPムービーは圧巻です。

    【サウンド】

    ◎様々なジャンルに広がったヒュムノス

    ・今までのヒュムノスのイメージを保ちつつ
     更に、幅広い音楽性を求めている姿勢が見えます。
    →今作品では、ロック調から宮崎アニメを彷彿させる物まで多岐に渡っています。

    ・従来の歌姫に加え、新たに歌姫たちが増えた事で、表現が多様になりました。
     「井上あずみ」さんは、何か懐かしい・・・

    ・とりあえず、「EXEC_EP=NOCA/.」(喧嘩はやーめーてー)が頭から離れません。
     常に「にゃーにゃーにゃー!?」・・・・志方さん恐るべし!

    ・ちなみに、個人的には「EXEC_FLIP_ARPHAGE/.」がお勧め!(PV2の曲ですね)

    ◎全編で熱演する声優さんの存在

    ・とにかく、声優さんが熱演してます。
     これだけでグイグイ世界観に引き込まれていきます。

    ・歌と並ぶほど量が多く、そこかしこで聞くことができます。

    ○とにかく高音質

    ・こだわっているだけあって、全編にわたり高音質。アンプ・ヘッドホン推奨です。

    【ストーリー】

    ◎前2作の流れを汲んだストーリー

    ・前作もそうでしたが、引き続き登場するキャラたちの扱い方が良い感じです。
     やっていると、ニヤリとする場面が数多く存在します。

    ・前作との兼ね合いで、どう収束するのか先が気になるストーリ展開です。

    ・要所に笑いあり、お約束あり、男性諸君の夢ありと満載です。

    ◎相変わらず聞いていて楽しい会話

    ・特に調合時の会話は、良い出来です。
     キャラによって変化もしますし聞いていて楽しいものが多いです。

    ・個人的には、フィンネルとの掛け合いが最高!

    ○相変わらず個性的だが、前回ほどアレでないキャラ達

    ・これは個人的な感想ですが、前作のキャラよりは幾分おとなしい感じです
     ・・・・表面上は・・・ですが・・・(ぁ

    ・ソーマとミュートはかなりの破壊力・・・やられました。

    ・ちなみにロリ率がかなり高いです。個人的には最高です(ぁ

    【システム】

    ◎3Dになった戦闘

    ・3Dになったことで、戦略性が出てきました。
     いかに敵をブロックしヒロインを守るかと言うプロセスはそのままですが
     よりアクション性が高くなりました。特に位置取りが重要です。

    ◎歌調合による音楽の変化(R.A.Hシステム)

    ・前作までやっていた人なら思った事がある人もいると思いますが、
     「歌を歌ってるならその歌を戦闘曲に反映させてくれれば・・・」
     そんな願いが、ある程度形になってます。
     装備するヒューマ(付与効果みたいな物)の違いで、曲調ががらりと変わります。
     この試みは素直に賞賛したいと思います。

    ◎さくさく上がるLV

    ・歌魔法が強大な力を持つ作品柄、戦闘は長めです。
     (前衛の攻撃が通りにくいため)
     その分、LVが上がりやすく、時間を費やす必要が無いのは良い感じです。

    ◎クリアー後のExtraや付随する機能が良い

    ・ややネタバレですが、クリアー後のデーターベースやリプレイ機能が凄いです。
    ・「このシーンみたいから、セーブデーターとっとかなきゃ!」的な
     作業がいらなくなるのは素敵。
    悪い点
    【グラフィック】

    ×ともかく違和感のある3Dキャラ

    ・移動の際の挙動、ジャンプ時の浮遊感、とにかく動きが何か凄く気持ちが悪い・・・

    ×立ち絵・一枚絵・ムービーのキャラ描写が違和感ありまくる点

    ・特にムービーの出来にばらつきが・・・
     後半に行けば行くほどキャラ絵が崩れていく・・・

    ×戦闘シーンが見るに耐えない点

    ・3Dになったことで、ある程度エフェクトが派手になりました・・・が・・・
     正直、キャラの描写や、モーション、超必殺技や歌魔法の描写
     全てがLVダウンしてます
     2の2Dとアニメーションの混合が改めて良い出来であったことを再認識しました。
     
    ・特に超必殺技は、本当に酷い。
     始まりがアニメーションなのでその後の3Dキャラの動きとか描画とか
     なんか見てるだけで色々ガックリきます。
     全部アニメーションにすればいいのに・・・と思うくらいです。

    ×歌魔法の種類が少なすぎる上に、パターンが全部同じ

    ・今作は各キャラで歌魔法が1つだけなので、見ごたえが無いです。
    ・発動モーションやフィリップスキア後のモーションも、全部使いまわしなので
     すぐに飽きてしまいます。

    ×各グラフィックの見せ方にセンスが無い

    ・前作は「レプレキア」や「シンクロニティチェイン」等、
     各所に見ごたえのあるエフェクトがありましたが
     今作は本当に淡々としていて、見ていて面白くもドキドキもしません。残念です。

    ・フィリップスフィアや超必殺技ムービーもなんか微妙です。
     全然動きが無い上に、発動する歌魔法や技と関連していないのが問題かと。
     見ても・・・「で?だから何?」みたいな感じがします。
     
    ×3Dキャラが脱いでも全然うれしくない件

    ・いや、ほら、流石にこのグラフィックLVのキャラでこう・・・
     狙った画像を見せられても男としては・・・ねぇ?
    ・これが、どっかの四角っぽい会社LVの技術か、逆にアニメーションだったら
     違うかもしれません(ぁ
    ・ついでに、表現はエロまっしぐらで、総合的な出来が中途半端なので
     帰って殺意が沸く(ぁ

    【サウンド】

    △敢えて言うなら、ヒュムノスの劇的な変化

    ・前作までのファンだと、少し違和感のある曲が多いかもしれません。
     しかし、全体的に良くまとまっていると思います。

    △R.H.Aでの曲が少なすぎる件

    ・個人的にはなかなか好きなシステムですが、もの足りないです。
    ・元の曲自体はそれほど多くない(4曲くらい?)ので、
     もっとガラッと変わって欲しかった。

    【ストーリー】

    ×後半駆け足な感じのストーリー展開

    ・毎度の事ですが、少し寄り道やら増やしてもいいのでは・・・

    【システム】

    ×とりあえず戦闘システムはかなり駄目な件

    .▲ション部分の作りこみが甘い点

    ・アクションに必須な操作性・爽快感がことごとく無い
    ・攻撃発生・喰らい判定がかなり適当なため、思い通りの動きが出来ない
    ・敵の仰け反りが中途半端。
     プレイヤーの仰け反りは常に発生のため、カウンターを喰らいまくる。
    ・避ける動作が移動だけしかないため(防御は気休め)
     敵からの攻撃を避けるのは辛い

    ▲蹈奪オン等無いため、敵が密集していると狙った敵を攻撃できない点

    ・敵も歌魔法や大技を使うのですが・・・
     阻止するための攻撃が届かない or 狙った敵と違う敵に攻撃する
     と言う事が頻繁に起こり、いらだちました

    C膣屬忙惻┐出せない(ターゲット指定が出来ない)

    ・今回は前衛の他の2人はNPCで勝手に動くので、かなりフリーダムに行動します。
     頭がよければ良いのですが、タコられて死ぬわ、敵の魔法発動阻止しないわ、
     かなり駄目な感じでした。

    →せめてNPCの攻撃ターゲットが指定できれば、なんとかできるのですが・・・

    ぅ僉璽犬気擦襪砲浪晋里コントローラーを振る件

    ・PS3のいらない機能を使うためなのか・・・何か圧力があったのか・・・
     パージさせるには、コントローラーを振るんですが、感度が低く
     結構、強く振らないと駄目ですし、充電しながらやってる場合
     コードつながってると邪魔ですし・・・ 
     結構頻繁に行う操作の割に、操作性は最悪とか、かなり駄目っぽいです。
     
    ×何故脱がしたし・・・

    ・これは個人的な意見ですが、正直今回はやりすぎです。
     人前でやるのを躊躇するゲームと言うのは、久々です。
     中学時代にこっそりとエロゲーやってたようなそんな感覚を思い出しました。

     特に、戦闘シーンやっている時、他人に見られた日には
     「あなたは、こういうのを見て喜んでいるんだね・・・」
     と思われるのが、かなり恥ずかしい感じが・・・

     「ち、違うんだ!これは・・・何かの間違いなんだ!」と
     かなり駄目な男っぷりをアピールする事になりそうです(ぁ
     
     と言いつつ、慣れてくると「これはこれで・・・」と
     思いそうになる自分がいる気がする?(ぇ

    ・と言うわけで、嬉しくないけど迷惑と言う・・・
     何とも言えない結果です。ネタとしては面白いのですけど。

    ×LVカンストが早い割に敵は強いままな件

    ・これは2週目等に思った事ですが、LVはサクサクあがってカンストするのですが、
     後半の敵は強いままでした
    →2週目にもかかわらず、後半の戦闘が本当にダル過ぎる・・・

    ×敵のエンカウントを無くすアイテムが無い

    ・この作品の良い所のひとつに、フィールドで一定数エンカウントすると
     敵が出なくなるシステムがあります。
     前作まではエンカウントを強制的に無くすアイテムがあったのですが、
     今作品ではありません。
     2週目以降は、戦闘の必然性が無いのと、戦闘が長いため
     是非残して欲しいアイテムでした。

    ×フィリップスフィアのリズムゲーム的なミニゲームが中途半端

    ・ボタンを押したときのエフェクトや音が軽すぎるため爽快感が無いです。
    ・そもそも、技を発動するたびに流れるので、後半は作業になります。
     ON/OFFできれば良かったのですが・・・

    ×セーブが面倒

    ・PS3の特徴なのか、ゲームの特徴なのか、セーブするたびに
     システムデータに書きに行く始末。
     
     《セーブするたび》
      屮押璽爛如璽織察璽屐
     ▲察璽崕了で○ボタン押す
     「システムデータセーブ」
     ぅ察璽崕了で○ボタン押す
     
     と言う感じで、操作も必要だしセーブ2回かかるしで、なんとも面倒です。
     せめて、1セーブの時間が少し長くなろうがゲームとシステムを
     いっぺんにセーブするとか、ちょっとした工夫をしてくれれば良かったのに・・・

    ×良いところでフリーズとかしたりしてガックリ

    ・戦闘突入の際、フリーズする事が2回ありました。
     ダンジョン中だった上に、最後のほうだったのでかなりガックリでした。
     ちなみに、PS3は発売日に購入した2000Aです。
    総評
    発売決定を聞いて、このゲームのためだけにPS3を買いました。
    それほど期待をしていましたが・・・
    個人的には、ゲームとしては、なんとも残念な結果と言わざるをえません。

    しかし、そこは腐っても鯛。
    うまい部分は本当にうまいです。

    やはり、ヒュムノスは、文句なしです。
    前作を踏まえたうえで、更に色々な曲調を取り入れ、
    より万人の趣向に近づいた感じがします。

    全体的な音質も向上し、歌姫が増えた事で、表現力が増しました。

    一方で、曲によっては、個人的な趣向に合わないものも出てくるなど
    必ずしも全てが良い方向に向かっているとは言えませんが、これは仕方ないかなと。

    ストーリーの端々やコスモスフィアに、クスリと笑える瞬間を用意しています。
    このもって行き方は、流石だと思いました。個人的には良い出来だと思います。

    一方で、グラフィックは散々たる結果になっています。
    PS3?何でしたっけ?という程、酷い状態。

    ただ、これも、今後の踏み台にするために、敢えて踏み切ったと言うのであれば
    1ユーザーとしては、目をつむる事もできます。

    是非、今回の結果を踏まえた上で、より高みを目指して欲しいと思います。

    また、話題を呼んだ「パージシステム(脱衣)」ですが・・・
    正直、グラフィックの事やらもあって
    今回は不快感の方が強く、個人的にはとても残念です。
    ネタとしては、面白いんですけどね。

    そもそも、開き直って大っぴらにやるなら、その手のゲームはあるわけで・・・

    このシリーズでは、あくまでその方向を匂わせる感じで、
    すれすれの所を行くのが良いと思うのです。
    あくまでそう言う表現はニヤリとさせるためのエッセンスであって

    おおっぴろげに、「さぁ!食いつけ!」と言われても、
    かえって反発心が出てきてしまいます。
    ツンデレですか?はい、ツンデレです(ぁ

    と言いつつ、やるうちに普通にパージが気にならなくなってくると
    人間って慣れる生き物だなぁと思います。

    「次、このタイミングで脱がそう」とか、
    「ここで全部ひん剥く」とか戦闘中に普通に考えている自分に気づいて
    ちょっと駄目かもしれないと思うのは、きっと気のせいです。

    まぁ、その他システム的にも本当に多くの部分で、どうにも残念な部分が多く
    このシリーズのファン以外には、あまりお勧めできない出来です。

    ただ、そこは今まで繋がってきたシリーズなので、
    持っているポテンシャルは非常に高いと思います。

    今作は前作以上にかなりマニアックな感じなりましたが、
    それでも良いと言う方は是非是非、やってみてください!
    新しい世界が見える・・・かも?
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 5 2 4 4
  • これで最後・・・ 70
    • 投稿者:sono(男性/20代)
    • 投稿日:2010/02/03
    良い点
    ・戦闘
    3Dになり前作より作業感が多少なくなった
    ヒューマをセットすれば曲調が変わる
    某作品と一緒です。リニアなんとかシステムだったかな
    ・音楽
    やはりアルトネリコといったところじゃないでしょうか
    ヒュムノスに変化はあったもののゲーム内で使われてる曲は良いです。

    悪い点
    ・戦闘
    パージを早くする場合常にハーモグラフィを見ないといけないので目線が・・・
    なぜ脱ぐの、そしてなぜ男も脱ぐ・・・
    ・移動
    ふわふわしてる動きが特に気になる
    慣れれば対したことではないのですが・・・
    ・システム面
    ルート派生を作った事はやりこむ人にとってはいいのですが淡白な人だとめんどうじゃないかと・・・
    時々、フリーズ?するのでセーブはこまめに
    総評
    アルトネリコは全作プレイしました。
    なので前作と比較した評価になりますのでご了承ください


    ヒュムノスは良かったのですがこれといって特に良いなどというのがなかったです
    謳い手を10人にしたのは何が目的かは分からないのですがそこまで増やす必要はなかったんじゃないか・・・と思います。
    個人的に少し期待しすぎたと反省しております。
    ミュートとEXEC_CUTYPUMP/.の組み合わせは素晴らしいと思いますけどね(
    否定的な意見書いてますがゲーム内だけで物足りない人は買うべきかと。そう思わせる詩なのは間違いないです。


    前作のキャラが出てくるのでやった方々はニヤリと。シナリオにも関わったりするので



    2のダイバーズセラピがなかなかに良い息抜きだったのですが
    1と同じくダイブだけで終わります。
    服の切り替えではなくRT1人に対し3人の人格がいるのでお気に入りのキャラなんかいればモチベーションの維持などにもいけるのではないでしょうか(
    調合システムも健在です。


    なんだかんだで良い作品だとは思いますが
    もっと時間をかけて製作すれば良かったのではないでしょうか
    これでシリーズ完結となると納得いかないですね
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 5 3 3 3
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月12日〜11月13日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月