オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
GeForce GTX 400
  • NVIDIA
  • 発表日:2010/03/26
  • Amazonで買う
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[COMPUTEX]Galaxy,GeForce最速となるデュアルGTX 470カードとGTX 470+GT 240混合カードを公開
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/06/04 19:22

イベント

[COMPUTEX]Galaxy,GeForce最速となるデュアルGTX 470カードとGTX 470+GT 240混合カードを公開

Galaxyのプライベートルーム
GeForce GTX 400
 Galaxy Microsystems(以下,Galaxy)は,COMPUTEX TAIPEI 2010の会場となるHall 1(TWTC)にほど近いホテル「Grand Hyatt Taipei」のスイートで,プライベートブースを開設。1枚の基板に「GeForce GTX 470」(以下,GTX 470)を2基搭載するデュアルGPUソリューションと,1枚のカードにGTX 470と「GeForce GT 240」(以下,GT 240)を1基ずつ搭載する,異世代混合グラフィックスカードを展示した。

製品型番未確定のデュアルGTX 470カード。「Galaxy GeForce GTX 470 Dual」という仮称が与えられている
GeForce GTX 400
こちらも仮称で「Galaxy GeForce GTX 470+GT 240」と呼ばれているカード。仮称そのままに,GTX 470とGT 240を1基ずつ搭載する
GeForce GTX 400


「1枚で3D Vision Surround対応」を謳う

デュアルGTX 470カード


 Galaxy GeForce GTX 470 Dualと仮称されたデュアルGTX 470カードが搭載するGTX 470のスペックは,コア607MHz,シェーダ1215MHz,メモリ3348MHz相当(実クロック837MHz)で,リファレンスと同じ。もちろん,メモリインタフェース320bit,1基当たりのグラフィックスメモリ容量1280MBという点も同じで,文字どおり,GTX 470をそのまま2基搭載したイメージになる。
 現状,「GeForce GTX 480」を2基搭載したカード製品は存在しないため,単体のグラフィックスカードとしては,GeForce GTX 400シリーズ搭載製品のうち,最速のものということになるはずだ。ただ,GTX 470を2基搭載するということで,外部給電コネクタは,GTX 470リファレンスデザインの6ピン×2から,本製品では8ピン×2となっている。

GeForce GTX 400
外部給電は8ピン×2仕様
GeForce GTX 400
外部接続インタフェースはDVI-I×3

 印象的なのは,このカードはI/OインタフェースとしてDVI-I端子を三つ用意すること。これらはすべてDual-Link接続に対応しており,SLI動作時にも利用できる。

 3枚のディスプレイでユーザーを取り囲むようにした3画面の立体視環境を,NVIDIAは「3D Vision Surround」と位置づけている。1基のディスプレイで出力できるのが2画面までというGeForceの場合,3画面出力に当たっては,どうしてもSLI環境が必要で,事実,3D Vision SurroundにはSLI環境が必須だ。
 そこでGalaxyとしては,昨今の3D立体視ブームに乗って(?),「1枚で3D Vision Surroundを実現できるカード」として訴求していく予定というのがこの製品だ。単に,「GeForce GTX 400シリーズ最速」というだけではないカードなわけだ。

GeForce GTX 400

 気になるパフォーマンスについては,元々,FermiアーキテクチャがGPCのマルチコアのような形態の並列構造となっているため,SLIとは相性がよいとのことで,「開発段階で確認された実効性能は,単体GTX 470カードの1.9倍程度に達した」(Galaxy)とのこと。GeForce 200&300世代のSLIだと,せいぜい1.5倍強がいいところなので,理論値(2.0倍)に近い効果が得られることになる。

 ちなみに発売時期,価格はともに未定。ただ,「発売が決まった場合でも,少量の限定生産になるだろう」とはGalaxyの弁だ。裏を返せば,通常モデルにはならないということである。興味を持った人には,今後,GalaxyのWebサイトをこまめにチェックしていくことをお勧めする。


GT 240をPhysXアクセラレータとして使う

異世代混合デュアルGPUカード


 もう一つの,異世代混合デュアルGPUカード,仮称Galaxy GeForce GTX 470+GT 240を見ると,アレを思い出す人が多いのではないだろうか。そう,「GeForce GTX 275」+「GeForce GTS 250」カードである,EVGAの「Geforce GTX 275 CO-OP PhysX Edition」だ。

 Galaxyは,使う言葉を選びつつも,EVGA製品ではプライマリGPUがDirectX 10世代に留まり,2010年の製品として競争力がなかったと指摘。その点,DirectX 11世代のプライマリGPUと,高いCUDAパフォーマンスが期待できるGT200コアのセカンダリGPUを搭載したGalaxy GeForce GTX 470+GT 240には競争力がある,というのがGalaxyの言い分になる。
 GalaxyはGT 240をPhysXアクセラレータとして利用することを想定しているが,GT 240には,GTX 470が処理しているのとは異なるCUDAプログラムを専任で実行させることも可能だ。……というか,PhysX自体がCUDAで構築されたソルバーで動作しているので,当たり前なのだが。

GeForce GTX 400
外部給電は8+6ピン仕様
GeForce GTX 400
外部インタフェースはいずれもGTX 475と接続されているため,同時利用が可能なのは3系統中任意の2系統となる

 なお,GPUの仕様や動作クロックは,こちらもリファレンス準拠。外部インタフェースはDVI-I×2,HDMI×1だが,GT 240にはディスプレイ出力端子が割り当てられていないため,GTX 475の仕様に従い,同時出力できるのは2画面までとなる。オプションででもGT 240からもグラフィックス出力ができるようになっていれば,DisplayPortに頼らない多画面出力グラフィックスカードとして,また別のニーズに応えられたのではないかと思うに,この点はちょっと惜しい。

 こちらも,発売時期と価格については未定。また,発売するとしても少量の限定生産になる見込みだ。


風神に続いて雷神が登場

iPhoneからGPUをOCするツールも


 そのほかにもGalaxyのプライベートブースには興味深いモノがいくつかあったので,簡単に紹介しておきたい。

 まず,Galaxyの主戦力であるグラフィックスカード製品から,同社は以前から「風神」シリーズを市場投入しているが,これに加え,「雷神」シリーズも新設されるという。
 雷神シリーズでは,発熱状況に応じて,搭載するGPUクーラーに組み込まれたイルミネーションLEDが変化するとのことだった。
 第1弾は2010年8月以降が予定されており,「GeForce GTX 480」搭載モデルで,北米市場における店頭売価は600ドル前後になる予定だ。

雷神シリーズの第1弾となる予定のGeForce GTX 480搭載モデル。名前はまだない。LEDは,Galaxyオリジナル設計となるクーラーのカバー部,青色部分から漏れてくるという仕掛けだそうだが,残念ながらデモはなかった
GeForce GTX 400 GeForce GTX 400

風神はファン部分が着脱可能に。写真左が通常ファンで,右に二つ見えるのは,どちらも冷却重視の大型ファンになる。軸受けが縦方向に大型化していることもあって,こちらを使うときは2スロット仕様の枠を超えてしまいそうだ
GeForce GTX 400

 また,風神シリーズにも動きがある。「GF PGTX470-OC/1280D5 FUJIN」のレビュー記事で紹介しているように,風神シリーズは,ファン部分を扉のように開けて,フィン部分の掃除を行えるようになっていたが,これがマイナーチェンジになり,ファン部分が着脱可能になる。さらに,スタンダードな静音仕様と,冷却重視仕様,2種類のファンを選択できるようにもなるという。

 追加の冷却ファンは別売りになるのか,追加バンドルになるのかは未定。置き換えなので,価格は基本的に変わらない予定だが,追加ファンをバンドルすることになった場合は,その分だけ価格が上乗せされる可能性もあるとのこと。リリース時期は「現状の風神シリーズの在庫が一段落したころ」(Galaxy)だそうだ。

Galaxy Magic Box HD
GeForce GTX 400
 変わり種として目についたのは,Galaxy製グラフィックスカードのオーバークロック支援グッズ「Galaxy Magic Box HD」。
 こちらは,Galaxy製グラフィックスカード用に提供されるオーバークロックツール「Xtreme Tuner HD」の機能を,5インチドライブベイ用のボックスにまとめてしまったものだ。北米市場では,想定売価30ドル前後で近日中に販売を開始する予定という。また,この製品ユーザーには,WiFi経由でこのボックスをコントロールするためのiPhoneアプリが提供されるという。

iPhoneからワイヤレスオーバークロック!
GeForce GTX 400 GeForce GTX 400

一方,残念ながらほとんどアップデートがなかったのが,シングルスロット版GTX 470カード,「刀」だ。仮称として「Galaxy GeForce GTX470 Razor」の名が与えられ,かつGPUクーラーにいろいろ文字が入って,製品らしくなってきたことと,製品出荷開始が6月中と,第一報をお伝えしたときから遅れていないのは救いか
GeForce GTX 400

COMPUTEX TAIPEI 2010関連記事一覧

  • 関連タイトル:

    GeForce GTX 400

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月15日〜09月16日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年03月〜2019年09月