オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
モンスターハンターポータブル 2nd G公式サイトへ
  • カプコン
  • 発売日:2008/03/27
  • 価格:4800円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
86
投稿数:22
レビューを投稿する
海外での評価
81
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

モンスターハンターポータブル 2nd G

モンスターハンターポータブル 2nd G
公式サイト http://www.capcom.co.jp/monsterhunter/P2ndG/
発売元 カプコン
開発元
発売日 2008/03/27
価格 4800円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
86
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • ハマって抜け出せなくなります 90
    • 投稿者:湖鯨(男性/30代)
    • 投稿日:2012/12/27
    良い点
    ◆完璧にクリアするまで果てしない。
    ◆武器の種類が数多くバリエーションが多い。
    ◆村クエ、集会クエ、G級クエでレベルが段違い。
    ◆みんなでワイワイできるし、一人でメキメキ楽しめる。
    ◆オトモアイルーがついて、クエストが少し楽に
    ◆それぞれのモンスターに個性がある

    ◆終わりが見えない……
    悪い点
    ◆壁に際に行った時のカメラワーク
    ◆G級モードの鬼のような仕様
    ◆隠しクエの敵キャラの攻撃力の半端なさ
    総評
    長時間遊ぶことができます。
    完璧にクリアを目指すなら、かなりの時間が必要になるかと、
    でもその分やり応えがあります。
    悪い点はカメラワークぐらい、あとは特に見当たらないです。

    途中一度、進むなくかもしれませんが、
    そこは頭と勘と経験と運が必要となるかと…

    前作よりもパワーアップしていて
    いい出来に仕上がっていると思います。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 4 5 5
  • 凄まじい達成感でやめられないゲーム! 90
    • 投稿者:sataka(男性/20代)
    • 投稿日:2010/09/03
    良い点
    ・数百時間やってもやり尽くすことのないボリューム!現在プレイ時間350時間ですが、未だすべてのクエストをクリア出来ていません・・・・・
    たとえすべてのクエストをクリアできたとしてもプレイ実績による勲章集めもあるのでまだまだ終わりそうにありません。
    ・2ndからの拡張、ということでモンスター数とフィールド数がとっても充実してます。
    ・オトモアイルーがとっても役に立つ。愛着度が低いうちはアホな動きでハンターを困らせますが、lv5まで上がれば回復笛などの各種スキルでハンターをサポートしてくれます。
    ・グラフィックはPSPではかなり綺麗な方です。モンスターのテクスチャがよく見るとボケボケだったりしますが、許容範囲ってとこでしょうか。
    フィールドの風景はとても綺麗です!特に「密林」の色鮮やかさは大好きです。
    ・モンスター数が多いのでそれにあわせて武器・装備がとんでもなく多い!
    各モンスターに対応する防具に加え、ネタ武器&装備もあったりでとんでもない数です。
    悪い点
    ・もはやモンハンの伝統なのか?壁際に行くとなにがなんだか分からなくなるカメラワーク!カプコンには透過技術が無いのでしょうか?
    ・当たり判定がめちゃくちゃ。明らかに当たってないのにダメージを受ける理不尽。特にガノトトスの亜空間タックルに関わったスタッフは二度とゲーム業界に関わらないでいただきたい。
    ・G級ともなると難易度が理不尽なまでに高い。良いところ、とも言えますが・・・・
    ・ミラボレアスが「伝説の黒龍」などと言われているのでどんなもんかと思ったら「攻撃力の数値だけべらぼうに高くしてみました」というモンスターだった・・・・・・
    総評
    村クエの中盤あたりで詰む時が来るでしょう。
    「このゲームは理不尽の塊だ!」とか「クソゲーだ!」などと感じ、投げ出してしまうかもしれません。
    しかし、装備をできるだけ強くしてみたり、戦い方を工夫したり試行錯誤してやっと難関クエストがクリアできたとき、大きな達成感が味わえます!
    今まで苦しめられ続けていたモンスターが力なく倒れていく姿を見るのは本当に気持ちいです。それこそがモンハンの最大の魅力だと思います。

    ストレスは溜まるけど、クリアの喜びでそんなこと忘れてまたやりたくなっちゃう、本当に恐ろしいゲームです・・・・・

    3rdも楽しみにしてますよ!
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 3 5 5
  • 延々と龍を狩り続けるゲーム 70
    • 投稿者:non1986(男性/30代)
    • 投稿日:2010/02/09
    良い点
    筆者は本作が初めてのモンスターハンターとなります

    〜虻遒らのセーブデータが一部引き継げる(本作が初めてなので利用したことがないが)
    ▲▲疋曠奪モードでの協力プレイが可能
    かなりボリュームが多い(村下位上位+集会所下位上位G級)
    そ盤のクエストは比較的チュートリアル寄りのバランスが多く慣らすには丁度良い
    グ貮装備品は色を変更できる(余り目立たない所の色が変わるだけだが)
    Ε椒好皀鵐好拭爾領未和燭それぞれ違った行動を取る
    Дエスト用のMAPが多く特定のMAPで特別な行動を取るモンスターもいる
    悪い点
    [兇覆里疑問なモンスターが何匹か居る
    ▲皀鵐好拭璽魯鵐拭爾箸鰐召个りで実際やるのはほとんど龍退治
    M不尽な当たり判定と防御が意味を成さなくなりそうな火力
    と瑤鵑世泙濤澆蠅討海覆の兇箘貪抛┐欧襪斑罅皇匹い弔韻覆いらい逃げる龍
    ゥ皀鵐好拭爾AIがほとんどパターン化しているため対策が容易
    上物の武器防具を作ろうとすると一部素材のドロップ率が低すぎて延々と同じモンスターを狩る作業になる
    Дメラワークに難
    1人で狩っても4人で狩っても敵の強さは同じため当然4人でやる方が楽(そういうゲームなのだが)
    オトモアイルーが邪魔になる事が多い(眠らせた敵を爆弾で起こしたりまずい位置に敵を誘導したり)
    総評
    不満な所も多いがツボにはまるとそれを覆す中毒性がある
    グラフィックも携帯機にしては綺麗な方で遠方が描かれていないといった事は無い模様
    クエスト類は似たような物が多いが後半よく利用されるであろう全てのクエストが共通してモンスターを狩猟なので特別気にはならない
    ただゲームのテンポは余り良いとは言えず欲しい素材が必要な時取れない事が多々あるため何匹か倒した辺りで力尽きるプレイヤーも多いかもしれない
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 2 5 5
  • 終わりなき螺旋のような狩りの毎日 90
    • 投稿者:tetsu.m(男性/40代)
    • 投稿日:2010/01/19
    良い点
    最初に出てくるのはとにかく携帯機とは思えぬほどのモンスター・武器防具・ステージ・モーションパターンのボリュームだろう。これを制覇しようとすると、限りない時間プレイできるほどだ。一部マップの序盤とポッケ村、ボス戦でしかないものの、音楽も雰囲気に合ってよくできている。このゲーム特有の敷居の高さだが、訓練所を一通りこなすことで思いの外すんなりと入れる。また、このゲームの最大の長所かもしれない多人数プレイだが、これがまた面白く、「何をどうするか?」これ一つで色んな立ち回りができるというものいい部分だといえる。一人専用プレイ(村クエスト)も多人数プレイ用クエストに比べて体力などが低めに設定されているため、下位は下位でも2段階の楽しみ方もできた。1クエストの時間も平均15〜30分までの範囲が多いため、短時間プレイ可能なところもいい部分と言えるのではないだろうか。また、メディアインストール+バックグラウンドロードのおかげで非常に読み込みも早く、そういったストレスも皆無だろう。
    悪い点
    ゲームの仕様なのだから仕方がないものの、とにかく敷居が高い点はちょっと痛いところかもしれない。根気強く挑戦し続けなければ乗り越えられない壁もあり、そこで折れてしまう人もいたのではないだろうか・・・。しかし、これも長所であるとも思えなくもないが・・・。あと、もう1つ気になったのが、カメラワーク。壁際になると敵が全く見えなくなり、どうしたらいいものかわからなくなってしまうのは欠点だといえるだろう。「ハメ殺され」的な部分も多々あるものの、これは運的な要素もあるし、このゲームの特色ともいえる部分だから私的には欠点とは言い難いが、あえてここに書かせていただく。
    総評
    私は2009年の夏前からプレイを始め、実のところを言うと、1〜2時間程度でやめるだろうと思っていた。しかし、最初に友人とプレイしたため(訓練所ではあるが・・・)この面白さに惹かれて次々と武器防具を集めようとしてモンスターを倒して・・・と続けていくうちに400時間を超えてしまっていた。まだプレイしているし、まだプレイ自体も続くのだろうと思う。追い求めてもやむことのない物欲と探究心を駆り立てるゲームはそうそうはないといえる。この事こそが、このゲームの最大の特徴であり、最大の良点だといえるだろう。悪い部分に書いた敷居の高さも超えてしまうとそこからは非常に楽しくなることは請け合いなしでもあるし、攻略パターンも多々あるのでそれを試すだけでも楽しい。また、武器防具の構成でスキルを構成させるのも面白い。
    最大の欠点かもしれないカメラワークについては、次回作で直していただきたい部分だ。
    余談だが、PCを介してのネットワークプレイも楽しく、これがまた中毒性を高めることは間違いないだろう。
    近年でまれに見る良作だとおもう。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 5
  • 「モンハン」の残した功罪。 80
    • 投稿者:Horatiocaine(男性/40代)
    • 投稿日:2009/10/23
    良い点
    1)グラフィック…PSP作品としてはかなり上位の部類。近づいて良く見るとひどいテクスチャーだったりするのだが、動きの激しいアクションゲームでもありそれほど粗は目立たない。
     何より素晴らしいのはキャラクターの装備が武器防具全てグラフィックに反映される点だろう。性能を度外視すれば(気合と腕でカバーすれば)かなり豊富なコーディネーションを楽しめる。

    2)サウンド…拠点となるポッケ村で流れるBGMはどれも素晴らしい。エリアマップは基本的に効果音のみだが、なかなかに種類豊富で雰囲気がある。大型モンスターと接敵したさいに流れる専用BGMも個性的で、何度も聞く事になるゲームデザインから強く記憶に残る。

    3)操作性…PSPは本シリーズの原則からいえば独特ではあるが、基本的にモンハンシリーズの操作性はあらゆるアクションゲームの中で最も優秀であると思う。アクション一つ一つの始動、効果、硬直の流れに説得力があり、操作するプレイヤーの個性が伝わってくる。

    4)システム…バックグラウンドロードとメディアインストール。PSPゲーム全体の、エポックともいうべき画期的なシステムであろう。光学読み取り式であるPSPの欠点であったロードの多さ長さが劇的に改善され、今ではメーカーの枠を越え様々な作品に採用されている。

    5)ボリューム…シリーズ総決算ともいうべき大ボリューム。過去シリーズのほぼ全ての要素が入っているうえ、さらに新要素まで追加されている。UMDのいったいどこにそんな容量があるのだろうか(笑)。

    6)通信プレイ…本作のキモであり、爆発的なヒットの直接的な要因はこれ以外に無い。もともとはややマニアックなアクションゲームに過ぎなかったモンハンだが、友人と顔を付き合わせて遊ぶのがこれほど楽しいとは思わなかった。他にシリーズで現在まともにプレイできるのはフロンティアのみだが、装備や戦術等いろいろとネトゲ特有の縛りがある。比較すれば敷居の低さと自由度はPSPのほうが優れている。協力を頼み易いし、ネタ装備で暴れたい時も了解を得易い。まぁそもそも友達がいないとダメなのだが(笑)。
    悪い点
     特筆すべきものは無い。人によっては色々不満もあるようだが、現状完璧では無いにしても全てが高水準である。これで不満では他に満足できるゲームなど無いのではないだろうか(よほどかけ離れたジャンルなら別だが)。
     作業的であるとかマゾいとかいうのはゲームジャンルとしての特徴であって、本作固有の欠点では無い。アップデートが望めないのも、そもそもアップデートがあるのは有料ネトゲのフロンティアだけであり、3(トライ)など本作よりボリュームが薄い上、有料なのにアップデートが無い。
     だいたい、数百時間も遊んでおいて文句を言うなど贅沢ではないだろうか(笑)。
    総評
     初代から合わせて累計3500時間。全てのタイトルで遊びました。今さらレビューするのも気恥ずかしいですが、3(トライ)の発売で本作がシリーズの一区切りである事が確定した事と、プレイしなくなってほぼ一周年記念(笑)ということで懐古気味に感想みたいなものを書いてみたくなりました。

     本作がゲーム市場に与えた影響は計り知れませんが、大雑把に言えば、
    1)メーカーに通信プレイが必須であるという認識を与えた。
    2)あまりにも長期間遊ばれたため、後発のソフトに長く大ヒットが生まれなかった。
    3)プレイ時間が長い事が当然であると言う認識をユーザーに与えた。
    といったところでしょうか。私自身、末端とはいえゲーム業界で働いており、「モンハン」の影響を様々に感じました(今でも依然残っている)。 
     1に関してはニンテンドーDSでの通信機能がファーストパーティのソフトに集中していたのに対し、PSPでは各メーカーが「とにかくアドホック入れとけ!」とばかりに反応しました。結果的にはディシジアFFまで成功作は出なかったように思います。
     2はもともとの市場を考えれば仕方の無い事かもしれません。しかしながら、PSP自体の売り上げも増加したのですから寂しい話ではあります。
     3はとくに若年層に顕著なのではないでしょうか。近年、通販サイトなどのレビューに「プレイ時間が短い」という意見が多くみられます。ゲーム内容に関係なく「プレイ時間が短い」ことがまるで欠点であるかのように扱われる風潮であり、これまではそれほど見られなかった意見です(そもそもプレイ時間をカウントする習慣すら無かったでしょう)。「クリアしたらお終い」型のパッケージゲームでは、長くても50〜100時間が主流だったように思いますが…ただ無料ネトゲの流行も同時期であり、一概にモンハンが原因では無いかもしれません。

     個人的にはすでに決定的に飽きてしまいましたが、それでもPSPでシリーズが発売されれば買うでしょう。友人たちと一緒にプレイする楽しさだけは、今でもなかなかに捨てがたいものです。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 5 5
  • モンハン道場にはこれから入門 95
    良い点
     .トモアイルー 友達と交換も出来る

    ◆^貎佑任睛靴戮觧斗佑貌餔彭戮下げてあり
      アクションが苦手&モンハン未経験者でもすぐ詰まる事は無い

     携帯機ではのお手軽さがある

    ぁ.瓮妊アインストールでロードが快適になる

    ァ.▲ぅ謄爍贈錬悗泙錣蠅竜’蹴板

    Α。丕咤丱罅璽供柴瓜里任魯灰潺絅縫院璽轡腑鵐帖璽襪裡韻弔砲覆辰討い

    Аゞ力プレーする事で面白さがUP

    ─‘餔彭戮魏爾欧垢ていないのでアクションゲーム色がとても強い
    悪い点
     。横遑笋鮓気乏板イ気譴燭世韻覆里覗虻遒里笋蟾みユーザーではボリューム不足

    ◆。運佑任發笋譴襪茲Δ砲靴討△襪世韻任笋辰僂蝪運佑任亘阿も早くなる

     協力プレーでないと理不尽な強さと感じて投げる人も居る

    ぁ,笋蠅垢ると作業感も増える 長時間プレー向きではない
    総評
    文句無しに日本における国民的アクションゲームです
    PSPユーザー同士ではこれがないと話にならないほどのコミュニケーションツール

    これからモンハン始める人には前作からのアイテム&敵の追加程度の拡張より

    *オトモアイルーの追加 がとても大きいと思います

    前作までやり込んでいる人にも嬉しい
    普段、1人でしか遊ぶ機会が少ない人には1人でもモンハンを堪能出来る
    モンハン初心者にはオトモアイルーの存在が難易度をも下げてくれます

    やっぱり多人数プレーをコンセプトに作られているので
    一人では面白さが伝わらないまま投げてしまう人もいる
    アクションゲームとして難しいのもあってアクションゲームが苦手な人には厳しい
    さらにそこに逃げる敵を探す事も1人でやると億劫で作業感になったりします

    しかしモンハンマニアの人達は高難易度に1人で強敵に挑む事も面白さの1つ
    1人より2人、協力プレーが出来る人達はこの程度の難易度では物足りなさもあるほど

    総評:モンハン入門に一番最適な難易度だと思います
       モンハンに興味を持ったのならまずこれから手に取ってやってみてください
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 3 5 4
  • 文句無しのボリューム 90
    良い点
    ・オトモアイルーが可愛い。非常に癒される。
    ・G級クエストで手応えのある狩猟が楽しめる。
    ・メディアインストールでロード時間がかなり短縮され、快適に。
    ・各武器種に個性がある。
    ・各モンスターのモーションが若干追加された。
    ・新モンスター、ナルガクルガとウカムルバスの登場。
    ・新しい亜種の登場。
    ・MHFにいたヒプノックやヴォルガノス、ヤマツカミといったモンスターが登場。
    ・旧ステージが復活。
    ・新ステージが登場。樹海や水上闘技場など。
    ・武具や素材が大幅に追加された。
    ・協力プレイが非常に楽しい。
    悪い点
    ・村は2ndと同じポッケ村。
    ・入手確率が極端に低い素材があり、50回やっても入手できないということがある。
    ・入手確率が極端に低い素材の要求数が尋常じゃなく多い武具がある。
    ・モンスター全てがハンター狙いという感じで、生態系や食物連鎖を感じられない。
    ・協力プレイの場合、モンスターをすぐ倒してしまう。
    ・各武器種に個性があるが、強さのバランスが悪い。
    総評
    タイトル的にもMHP2ndの拡張版といった感じだ。オトモアイルーや大連続狩猟などの新機能が搭載され、新モンスターやMHFに登場したモンスター、新しい亜種なども登場した。更に、各モンスターのモーションが若干変更されていたり、武具や素材も大幅に追加されたり・・・ボリューム面は文句なしの大満足である。

    旧ステージが復活したことも評価できる。モンスターや武具のことをまだ殆ど知らずにフィールドを駆け巡っていたあの頃を思い出し、少し感慨深いものがある。

    少し残念なのは、入手確率が極端に低い素材の要求数が非常に多いこと。入手確率が1〜2%だと思われる天鱗や大宝玉は、強い武具となると「これでもか!」というほどに要求されまくる。これらの素材はG級クエストでしか入手することができないので、ただでさえ強力なG級モンスターと何度も戦わないといけない。(尻尾リタマラという選択肢もあるが)大宝玉なんかは強大なG級古龍と連戦しなければいけないので、心が折れそうになる。

    極端に入手確率が低いのなら、要求数は少なくしてほしい。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 3 5 4 5
  • MHシリーズでゲームバランスが優れた作品 85
    • 投稿者:a2(男性/30代)
    • 投稿日:2009/02/23
    良い点
    モンハンシリーズの中でゲームバランスがとても良い
    オトモアイルーを育成したりクエストに連れて行ける
    新しく追加されたモンスターやスキルも面白い
    既存モンスターにも今まで無かった動きがある
    防具や武器の作成難易度が軽く携帯ゲームとして丁度いいバランスになっている
    電車の中や移動中も気軽に楽しめる
    モンハンが始めてでも十分楽しめる
    悪い点
    前作から引継ぎでプレイしている方にはボリュームが少ない
    周りに一緒にプレイする仲間がいないと面白くない
    総評
    過去のMHシリーズと比べてもかなりバランスが良いです
    確実にモンハンは進化していると思わせてくれる作品でした
    モンハンの面白さを世に広げたタイトルだと思います
    今までのモンスターにも新たなモーションが追加されていたり古参プレイヤーでも楽しめます
    現在発売中のモンハンシリーズで一番オススメ出来る作品です
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 5 4 5
  • 出来はMHFの方が上 50
    良い点
    ○携帯しての気軽なプレイ(電車や喫茶店で手軽にできる)
    悪い点
    ○マンネリ気味
    ○P2からの拡張性はあまり無し
    ○オトモを育てるのは最初は楽しいが飽きてくる
    ○アップデートが無い
    総評
    PSPなら、この程度なのかな、と思います。
    MHFに比べるとコンテンツ量やアップデート量が少ないです。
    オンラインでは格段に落ちます。
    MHFがPS3で出たら面白いかもですね。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    1 2 3 3 4
  • マンネリ化は否めない 75
    • 投稿者:シン(男性/20代)
    • 投稿日:2008/10/21
    良い点
    素材を集めて武器・防具を生産できた達成感は凄く、やりがいのあるゲームです。
    気軽に仲間と狩りにいけるのがいいですよね。

    モンスターを倒すのに何十分とかかる場合もありますが倒せたときの達成感も半端ないです。
    悪い点
    無印から2ndGまでやってきたのですがタイトル通りマンネリ化は否めませんね。
    正直もういい...って感じです。(とかいいながら新しいのが出ると買ってしまう orz)

    PSPからモンハンをやり始めた人たちはまだまだいけそうな感じですが。

    総評
    ただ言いたいことは

      「物欲センサーうぜぇwwwwwwwwwっうぇっうぇえwwっうぇ」



    やっぱりなんだかんだいってMHシリーズは楽しいです。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 4 4 5
  • 名作と名高き名作。 90
    良い点
    ・ゲームバランス
     パーティプレイもさることながら、アイテムを使いきるつもりでやれば「ソロプレイ可能」という点も注目したい。
     みんなとわいわい楽しめるし、一人でもすべてのクエストをクリアできるように難易度が調整されている点がとてもヨイ。

    ・システム
     基本的にいくら武器や防具が強くなっても、楽になるだけでスキルが必要という点に注目。
     複数でやる場合は上手いPLが初心者のPLを鍛えながら戦えるという点も美点といえる。

    ・一部追加されたシステム
     ポッケ農場、お店での買い物等における、アイテムボックスへの直接移動。
     アイテムボックス内での調合。
     アイテムボックスのアイテムまとめ。
     特に大きな点としてこの三つが挙げられる。

    ・アイルーの存在
     オトモアイルーが追加されたことで「かわいい猫を育てる」ことが可能になった。
     レベル的概念の薄いこのゲームでは、猫のレベルを上げる。というシステムは受け入れやすいものがあった。
    悪い点
    ・ボックス調合の数
     どうせならば、ボックス内のみで「まとめて調合する」システムがほしかった。
     ボックス内に数多くのアイテムを納められるようになっただけに、このシステムは追加されてもよかったように感じる。

    ・配信クエスト
     フロンティアとの格付けもあるのだろうが、配信クエストの少なさは物足りなさを感じる。
    総評
     続編として大きく前進した作品。

     バランスとシステムが最高に良いので、多少の無理は通るゲーム。
     自分なりの課題を見つければ、末長く遊べる作品でもあるので、やりごたえも十分。
     私的にはやはり、配信クエストの数が気になってしまう。
     フロンティアでの配信数と更新速度を見ていると、やはり気になってしまう。
     あえてお勧めしないPLを探すならば、アクションゲームが苦手な人で、システムが気に入らないと思う人だろうか?
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 4 5 5
  • 一狩いきますか〜 90
    良い点
    シリーズ全てにいえることだと思いますが(私はFから)最高のアクションゲーだ!?RPGと違って実際に自分がうまくなっていくことの実感や達成感は類を見ない、「キャラが強くなってるんじゃない、オレが強くなってるんだー!」なノリがある、そういう意味では格闘ゲーに近いのかもしれない。

    MHFと比べて非常にバランスが良い、やっぱりパッケージゲームは作りこまれてからリリースしてるんだな〜っと思わせるバランスの良さ。「wwwコレwww無理」っと思った敵でも、いろいろ調べて3〜4戦すると意外と勝てたりする。

    クエストは数十分で終わるので、ライトゲーム感覚でできる。また、PSPという携帯ゲーム機ということもあって、さらに手軽さが上がっている(・・・しかし寝ながらはできない)。

    アイルーがタゲを分散してくれる!立て続けに攻撃されてハメ乙ることが常時あるこのゲーム、ソロではつらい時おともアイルーがその難易度を下げてくれます。逆にタゲが分散して敵の動きが読めない時は、つれていかなければ大丈夫。
    悪い点
    集会所のクエストは一人ではちょっとキツイ、あの難易度にするのであれば、PSP単体でwebに繋げて仲間と遊べるようにすべきだった。xlinkや今後のPS3で可能だそうだが、PS3は誰でも持っているものでもないし、xlinkは不具合が結構あって確実性がない。アドホックは学生にはいいかもしれないが、働くオジサンにはつらいのです。

    集中力がいるので長時間は正直しんどい、クエストにもよるがキャラのレベルが上がるわけではないので、「こいつは余裕だぜ!」とか思っていると結構死んだりする。油断は大敵ですよ〜。

    シリーズをやっているとあまり変わり映えがしない、全く新しい敵は楽しいのですが2,3匹しかおらず基本シリーズ使いまわし、あとは色が変わってるだけとか、動きがちょっと違うだけとか。マップもほとんどシリーズ使いまわしでカプコン楽して儲けてるな〜っという感じがした。
    総評
    発売当初電車の中でMHP2Gをやっている人をたくさん見たり、会社の人がほとんど持っていたりと、好評ぶりはこういったメディアだけでなく、実際に体感できる好評ぶり。そういう私もMHP2GをやりたいがためにPSPを買った口で、帰る前に「一狩いきますか〜」っとまるで飲みにいくかのように狩にいっていました。

    しかし、ゲームは人を選びます、あまりにもアクション性の高いゲームで、確実で正確なコントロールを必要とするため
    ・敵を見ると気持ちが高ぶって突撃してしまう
    ・大剣なのにボタンを連打してしまう
    ・昨日覚えた技は今日はわすれている
    ・3死が続いてしまって、言葉数が減る
    ・ゲームは運だけで勝ち進んできた!
    以上のような特性をもつ友人がいる私としては、「もうちょっとなんとかならんもかな・・・」っと思いました。
    なのでちょっと点数を減らしてみました。いやいやそれでも高得点ですよね?
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 3 5 2
  • モンハンシリーズ、まだ未プレイの方へ 80
    • 投稿者:Mana(男性/30代)
    • 投稿日:2008/10/09
    良い点
    1.コミュニケーションがより深くなる
    周りの友達や彼女と一緒にプレイすると、同じ時間が共有できて嬉しくなります。「今日時間ある?一緒にモンハンやろー!」という会話が生まれます。協力してモンスターを狩る、単純な事ですがこれが驚くほど楽しいのです。腕を競い合う事も可能です。ネタでふざけ合うのもまた面白いです。

    2.ソロでもオトモアイルーがいる
    アイルーとは猫?の事ですけど、この猫と一緒に狩りへ行けます。能力や毛並みも様々であり育成もできます。こいつがまた可愛いんです・・・寂しさを紛らわしてくれる事でしょう。

    3.遊び方、やり込み要素が豊富
    どういうふうに遊ぶのかは各々です。例えば一例です。
    武器の扱いを極める。武器防具、称号のコンプリート。スキル発動の試行錯誤。制限付きプレイ。クエスト・訓練所タイムアタック。他ユーザーのサポート。などなど。
    0から始めた場合、今あげたものを達成するだけでも、何百時間〜という時間がかかるでしょうね。

    4.達成感がある
    倒せなかったモンスターに何回も挑んで、初めて倒す事ができた時「やった!!!」と自然に声が出ると思います。他のゲームにはない達成感が実感できることでしょう。何年も前になりますが、私が初めてリオレウスという竜を倒した時そうでした。自分が上達していくのが分かりやすいです。

    5.グラフィックが綺麗
    PSPのゲームの中ではグラフィック、BGM、効果音はかなり凝っていますね。ヘッドホンをつけて森へ散歩しに行ってみて下さい。新しい発見があります。火山なんかも恐ろしい雰囲気が漂っています。

    悪い点
    1.中毒性が高い
    これは良い点でも当てはまる事だと思いますが、あえてこちらで。
    明日仕事があるのに、いつ辞めたらいいのか分からなくなり睡眠不足に陥る事があります。お気をつけて。

    2.電池の消耗が激しい
    PSPでは仕方ない事かもしれませんが、電池がすぐに無くなります。家ではなく外でプレイする際には充電器は必須ではないでしょうか。邪魔ですよね。

    3.難易度が高い
    これはアクションゲームです。ですので、アクションが苦手な方にはかなり難しい部類のゲームです。プレイヤーの腕がそのまま反映されますから。
    モンハン未プレイでアクションも苦手という方は挫折するのではないかと思います。または倒せなくてストレスが溜まるかもしれません。協力プレイできない方もいらっしゃいますし。その分、達成感もあるんですけどね。この壁は、情報収集や装備強化、腕を磨いて自力で乗り越えるしかありません。

    4.チートがいると萎える
    チートとは、データを不正に改ざんしてプレイする事です。通常ではありえない事を行います。こんなプレイヤーが1人いるだけで、一気にやる気が無くなってしまいます。もちろん、チートして楽しむというプレイヤーのプレイスタイルもありますが。

    5.ロードが長い
    ロードは長い方です。気になる方は、メディアインストールというもので回避できます。詳しくは取り扱い説明書を。気にしない方はそのままでいいです。私はそのままでプレイしています。

    総評
    はっきり言います。ハマるとめちゃくちゃ面白いです。PSPを持っているならかなりオススメです。PSPの購入を考えているのなら、PSPと一緒に買うのも良いかと思います。

    総合評価95点を付けたい所ですが、悪い点の難易度が高いという部分で−10点。そういった方々には快適ではないので3点を付けました。
    後、モンスターはたくさんいますが、亜種という色違いが多くてごまかしている点で−5点です。でもこれは、あまり気になりません。行動パターンなんかも違いますし、素材で作れる装備も違います。

    チートに関しては、そういうプレイヤーと一緒にプレイしなければOKです。あなたとはやりたくないとハッキリ言って下さい。

    一番の醍醐味はやはり、ワイワイしながらの協力プレイでしょうね。
    でも、ソロでも凄く楽しめますよ。ソロでプレイしている方が上達も段違いに早いです。孤独にプレイしてきたが・・・腕なら誰にも負けない!といった方は大勢いると思います。プッシュ気味ですが、難易度に関しては心構えが必要です。

    良きハンターライフを!
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 3 5 5
  • 協力プレイは楽しいが 65
    • 投稿者:なみな(男性/40代)
    • 投稿日:2008/10/08
    良い点
    オトモアイルーと一緒に狩りに行ける。
    G級モンスターの追加。
    アイテムボックスの容量アップ
    等々、無印からGになってのマイナーチェンジ。
    やり込み要素が増えた。
    悪い点
    ほぼ、無印をある程度プレイした人の為だけの追加要素。
    オトモアイルーの追加でソロプレイの楽しさが増えたかもしれないけれど、
    それ以上に協力プレイを前提にしたゲームになったと思います。
    総評
    比較的難易度の高いアクションゲームだと思います。
    武具を作る為に同じ敵を何度も狩りに行ったりと、
    作業プレイっぽいところもありますので、アクションが苦手だと苦痛かもしれません。
    無印を持っているソロプレイヤーがコレを買って楽しめるかは微妙だと思います。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 3 3 3
  • 中毒注意なゲーム 90
    • 投稿者:ぺい(男性/30代)
    • 投稿日:2008/10/08
    良い点
    特に目的が決まっていないので、自分で目標を決めて遊ぶことが出来る。目標を達成する頃にはまた別の目的が出来たりしてついついやり込んでしまう魅力がある。

    このゲームのキモとも言えるアドホック通信を利用した複数人での協力プレイが楽しい。これが出来ると出来ないとではソロプレイでのモチベーションまで全然違ってきます。友達で集まって装備を見せ合ったり、巨大な魔物を狩るために協力プレイでの立ち回りを研究したりと、やることが次から次へと出てきます。

    武器は11種類の中から自由に選べ、さらに固定ではなく倒すモンスターによって変えたり出来ます。さらに武器によって戦い方が全く違ってくるので、武器を変えることで新鮮な気持ちで狩りに望むことが出来ます。一つの武器を極めるもよし、全ての武器を扱えるオールマイティプレイヤーを目指すもよしです。
    悪い点
    通信プレイが出来ないとやはり飽きてしまうと思います。

    巨大な敵と戦うとき、カメラワークがとんでもない動きをすることがあり、自分がどういう状況なのか分からなくなることがあります。状況が分からないまま倒されてしまったりするとストレス感じてしまいますね。
    総評
    今作がシリーズ初プレイです。正直言うとこれまで敬遠してたんですが、周りの友達が何人かやっていて、その人たちの話を聞いていて楽しそうだったので勢いで本体と一緒に購入しました。買って良かったと久しぶりに思いましたね、仕事の夜勤中なんかにもついつい取り出したりなんかして・・・この中毒性の高さは凄いです。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 4 5 5
  • これが私の『モンハン』デビューです 70
    • 投稿者:(男性/30代)
    • 投稿日:2008/10/08
    良い点
    ●ゲームシステム:初心者には難易度がけっこう高いと思うが、他のプレイヤーと協力すればクリアしやすいなど、よく作られている。アクション性も高い。メディアインストールすれば早くロードできる親切設計。一人でも遊べるがやっぱりみんなでやったほうがおもしろい。

    ●武器の種類:使いやすさはあれど自分の趣味で選んでもそこそこ戦える。

    ●モンスターの迫力:よく作りこまれてる。見た目はけっこう大事。
    悪い点
    ●もう少しかわいく作れないのか:女の子のグラフィックが厳つい。もっとバリエーションがほしい。

    ●武器・防具を作る。……だけ?:『2ndG』をやるまでシリーズを敬遠していたのは、武器・防具を作るだけ。という認識があった。私はやってみて考えを改めたが、武器・防具に魅力が持てるかどうか。
    総評
    やってみて確かに難しいと感じたが、友人たちと周るうちにおもしろく感じてきた。初めは否定的だったが、やってみてよかったと思う。レア素材は出ないしG級で一発即死など理不尽なことは多いが、不思議な魅力と中毒性が高いゲームだった。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 4 3 5 4
  • 更なる進化を遂げ快適になったモンスターハンター 85
    良い点
    ・オトモアイルー登場でより快適に
    システム面において2ndからの改良点は多いが、なんといっても追加要素としてのオトモアイルーが大きな変更点ではないかと思う。いままでハンターひとりでの戦闘を強いられていたが、オトモアイルーを連れて行くことにより、擬似マルチプレイ的なことが可能になった。具体的に言うと、オトモアイルーがいることにより敵モンスターのターゲットが分散され、生存確率が上がった。

    ・メディアインストールによるローディンクの短縮
    メディアインストールをすることにより、ローディングの時間が圧倒的に短縮され、快適さに雲泥の差が生じる。2ndGをプレイするなら絶対にやるべき。ただ、メモリースティックに580MBの空き容量がないと出来ないので、人によっては新たにメモリースティックの購入が必要になるかもしれないが、それだけの価値は充分にあると思う。


    ・いくつもの改良点により快適になった
    アイテムボックスの収納数やボックス内調合、片手剣での抜刀したままアイテム使用が可能になるなど、前作での不満点がいくつも改善されていて、より快適なプレイが可能となった。
    悪い点
    ・特に目立った欠点は無いように思えるが、あえて挙げるとすれば、防御体制になるまでが若干遅いという点ぐらい。行動がワンテンポ遅れてしまうだけで、差が出てしまうだけに、防御体制までのもたつき感は生存率を大きく影響してくる。
    総評
    トータルで見て文句無しの完成度。前作をプレイしている人であればキャラクターを移せるので、チュートリアル的なクエストを略くことも出来るし、今回が初プレイの人でもモンハン独得の操作性などに慣れてしまえば、敷居が高すぎるということも無いように感じます。まぁ今までに例を見ない大ヒットもうなずけます。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 4 5 5
  • 狩り大好きな方にオススメ 60
    • 投稿者:スク(男性/30代)
    • 投稿日:2008/10/07
    良い点
    迫力満点です
    悪い点
    パーティーとかのコミュニケーションが難
    総評
    まぁまぁでしょうね
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 3 3 3
  • オトモアイルーが可愛い! 85
    • 投稿者:夢芝居(男性/40代)
    • 投稿日:2008/10/06
    良い点
    ・なんといってもオトモアイルー。当初はオマケ程度だと思っていたが、性格とスキル、育成の組み合わせをしっかり考えれば十分役立つ存在となった。また、アイルーたちのアドバイスが大きなお世話ながらも痛いところを突いてきたので、前作では手を付けなかった訓練や、まったく使わなかった武器にも挑戦。結果、より本作を楽しめたように思う。
    ・アイテムボックス関連の改善が素晴らしい。最大99個までのスタックと、クエスト報酬をボックスに直送できることによって、前作では泣く泣く売っていたアイテムも無駄にならなくなった。ボックス内調合も便利。
    ・大連続狩猟クエストでは、異なる複数種モンスターそれぞれのの攻撃手段や弱点を考慮して武具とアイテムを選択する必要があり、新鮮だった。MHシリーズは、武具の素材を集めるために同じモンスターのクエストを繰り返し倒す必要があり、どうしても飽きが来るのでこうした工夫は嬉しい。
    ・古塔の仕様が変更され、秘境や頂上まで無駄に移動させられるウンザリ感がなくなった。従来のMHシリーズとはまったく違うヤマツカミクエストのマップは新鮮。
    悪い点
    ・G級モンスターが強過ぎる、というかG級クエストが全般に意地の悪い作りになっている。モンスターの隙のなさ、旧マップの視界の悪さ……マルチプレイ前提の設定なのだろうか? シングルプレイでも繰り返し挑戦していくうちに慣れていき、なんとかなってしまうのは確かだが、例えばG級キリンの古塔クエストなど常に緊張していなければならず、一度クリアしたら疲れ果てて二度とやりたくないと思ってしまった。前作では、こういうことがなかっただけに残念。
    ・最強クラスに設定されているモンスターの素材で作れる武具の性能がビミョー。逆にいえば、従来のMHシリーズのように「これさえ作ればどのモンスターも大丈夫!」という状態になりにくいのでいい点でもあるのだが、何度も挑戦してやっと倒した結果がこれでは、モチベーションが下がってしまう。
    総評
    従来のMHシリーズとの比較ばかりになってしまったが、前作のMHP2はシングルプレイであっても、ほとんどのクエストを苦にならない程度の回数でクリアできたので、大きな達成感を得られた。ところが本作だと、G級★3のクエストを半分くらいしかクリアできておらず、達成感とは程遠い。時間をかけて何度も挑戦すればなんとかなるはずとは思うのだが、そこまでしてやりたいとも思えず、中途半端に投げ出したモヤモヤした気持ちが残っている。
    とはいえ、村長やネコートさんのクエストも含めてG級★3以外はすべてシングルプレイでクリアするほど熱中したのも事実。その中でも、上記の通りクエスト以外の部分にも手を出す気にさせてくれたオトモアイルーの存在は大きい。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 4 4 5
  • メディアインストールで快適に遊べるようになった 80
    • 投稿者:L.(男性/30代)
    • 投稿日:2008/10/05
    良い点
    このレビューの内容は主に前作との比較として書いていきます。

    ・何といっても、メディアインストールが素晴らしい。これだけでもう前作には戻れなくなってしまいました。その他にも「買って送る」の追加、ボックス内調合、マイセットの登録数増加など地味ながらも痒いところをしっかりとフォローしてくれてます。

    ・十分の内容だった前作に更なる新モンスター、新アイテムの追加と一人でも協力プレイの気分を味わえるオトモアイルーが嬉しい。特に今作の目玉モンスターのナルガクルガは予想以上に面白い。

    ・ギルドカード機能がグレードアップし、最近プレイしたクエストとその結果、各武器の使用回数などが記録されるようになりました。これで自分や他の人のプレイスタイルを分析・比較してみたり、それを話題に盛り上がるなど楽しみ方が更に広がります。
    悪い点
    主にG級クエストに関して不満アリ。G級クエストは基本的に多人数でのプレイが前提の内容ですが、それにしても、難易度の引き上げ方が少々強引に感じます。

    ・本作で追加されたモンスターの新モーションは、本来用意されていた隙をわざわざ丁寧に潰して、プレイヤー側の攻撃のチャンスを失わせるものばかり。それでいて、新たな隙が作られているわけでもなく、こちらが一方的に手出しできない時間が長くなるだけで、戦闘が冗長で面白みがなく、非常に窮屈に感じます。

    ・モンスターの肉質や部位ごとの耐久値が引き上げられていて、攻撃をしても怯んだり、転んだりといった反応が少なくなり、弱点をついた時の手応えがあまり感じられなくなってしまっています。

    ・いたるところに厄介な雑魚モンスターを配置してつまらないミスを誘うような調整も非常に不愉快です。これに関しては「MH2」でも強く感じた部分で、その移植である前作では改善されていただけに再び同じ不満を感じるようになってしまったのは残念です。
    総評
    システム面では前作より格段に遊びやすくなった反面、内容的には逆に"遊び"がなくなってしまったというのが正直な感想です。しかし、それでも相変わらず熱中してしまう不思議な魅力があり、今作もガッツリとプレイしてしまいました。追加要素が目当ての前作経験者よりは、これから始める人にお勧めしたいですね。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 3 5 4
  • 初めてのモンスターハンター 90
    • 投稿者:しぇんな(女性/30代)
    • 投稿日:2008/10/03
    良い点
    良い点

    ・PSPの通信機能を有意義に使っている
    ・オトモアイルーがいることでソロでの活動が楽
    ・ポッケ農場で取れる素材の量が丁度良い
    ・武器、防具が豊富なところ
    ・アイルーが可愛い
    悪い点
    悪い点

    ・初めての人には導入部分(ボス系モンスターを倒すまで)を理解するのに時間がかかる。
     丁寧な説明が多いが、説明を最初に詰め込みすぎなのでもう少し分割して貰えると取っ付きやすい。
    ・1度のクエストにかかる時間が長い。
     電車などで移動中にやるには時間が…ということが多い
    ・G級モンスターの強さがそれ以下と比べてバランスが悪い
     やたら肉質を硬くしたり、無理やり動作をキャンセルさせているためにソロでは厳しい
    ・カッコイイORカワイイ武具が少なめ
     こだわりあるグラフィックですごいのですが…
     もっと欲を言うとすれば、装備を揃えることが一種の楽しみなので、もう少し見た目にも楽しめるものが多いと嬉しいです
     色を変えただけの使いまわしも多いです。
    総評
    モンスターハンターはフロンティアをちょっとやっただけなので
    2Gが初めてのようなものです

    気づくと600時間以上プレイしています

    モンスターハンターなんて言うタイトルですから
    なんだか殺伐とした感じのアクションというイメージがありました

    アクション苦手&女性な自分にはゴテゴテしたゲームはどうも…
    と思ってたら意外にアイルーが可愛かったです

    アクションがだめだめ…と言う人は
    誰かと一緒に始めてみましょう
    一緒にやればそれだけ簡単になるゲームです

    所々難所があるので
    何度失敗してもそういうゲームだと割り切って
    攻略法を調べた方がいいかもしれません
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 5 5 4 5
  • 噛み応え十分 95
    • 投稿者:アドリブ(男性/30代)
    • 投稿日:2008/10/02
    良い点
    今更私などが上げる良い点など周知だとは思うが知らない方がいたら是非知ってもらいたい。

    圧倒的なボリューム。
    経験者には肩慣らし、新米ハンターには修行場でもある村長クエストから始まり、適度な難易度とストレスを与えてくれる村上位、友達との共闘から一人での力試しまでできる集会所下位、上位クエスト。
    そして今作から追加された、ベテランハンターの自信を粉々に打ち砕いてくれる集会所G級クエスト。
    クエストクリアだけに止まらないタイムアタックや称号集め等のやりこみ要素。
    装備を組み合わせて自分だけのファッションの追求。
    前作である『モンスターハンターポータブル2nd』をプレイしていた私でさえ未だにやり尽くせていないこのボリュームはきっと満足していただけるであろう。

    システム面での改善。
    過去に『モンスターハンター』シリーズをプレイされている方はご存知だろうが、このゲームとにかくアイテムの種類が多い。
    回復アイテム、弾の材料、モンスターの素材、その他諸々、常に倉庫は満席状態。
    プレイヤーは本筋とは違った戦いを繰り広げてきたことだろう。
    だが今作はそんな戦いとは無縁、今まで調合の予定も無いのに持ち歩いていた調合書などが楽々保管しておける大容量ゆったりサイズの倉庫が登場。
    更に、大量に買い物をするとき面倒だった店と倉庫の往復も店から直接倉庫に送ることができるようになりすこぶる便利になった。
    (もちろん、初代の頃の様に武器屋まで素材を持ってくめんどくささを、味があって良かったという方もおられるだろうが)

    モンスターとの戦闘。
    ぶっちゃけて言ってしまえばこのゲーム、そこそこ上手いプレイヤーが4人揃えばほとんどのモンスターを瞬殺することができる、もちろん相応の装備が必要だが。
    しかし、そんな人に思い出して欲しい、モンスターを瞬殺して効率良く素材や討伐数を稼ぐのも良いが、モンスターとの息の詰まるような接戦もこのゲームの魅力だと。
    回復アイテムも尽き、体力も時間も殆どない、モンスターも見失った、絶望的な状況の中でモンスターを発見し攻撃を紙一重でかわし時間ギリギリで止めの一撃を与えられた時の快感、安堵感、これに勝る喜びがこのゲームであるだろうか?否、少なくとも私にはこの瞬間こそがこのゲームの至高の時だと言える。

    まだまだ私自身このゲームを味わい尽くしていないが、まだプレイしたことがない方は一度このゲームで遊んでみて私の感じる面白さを味わってみて欲しい。

    以上、稚拙な文を長々と失礼しました。
    悪い点
    良い点で長々と書いてしまったので悪い点に関しては簡素にいきたいと思います。

    使い回しの多さが目に付く。
    容量の関係で仕方のないことなのかもしれないが、モンスターの行動や、ほぼ色違いなだけの亜種の存在、武器のグラフィックや説明文、所々で使い回しを感じてしまいモチベーションが下がる。
    まして、初代『モンスターハンター』からプレイしていればモンスターの顔も馴染みすぎて飽きてくるというもの。


    狩り方法の少なさ。
    仮にもハンターなのだからもっと罠を駆使した戦闘やモンスターの生態などを利用した狩りをして欲しかった。
    今は真正面からのガチ戦闘か複数人での罠ハメや段差などを使ったハメくらいしか戦闘方法が無い。

    良い点に比べて簡素過ぎるかもしれませんが以上です、お目汚し失礼しました。
    総評
    良くも悪くも作業ゲー
    壮大なストーリーを楽しむシナリオゲームの好きな人にはオススメできない。
    逆に同じことを繰り返す作業系ゲームが好きな人には是非やって欲しいソフトです。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 5 5 5
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月07日〜12月08日