オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

鋼鉄の咆哮3 〜ウォーシップコマンダー〜

鋼鉄の咆哮3 〜ウォーシップコマンダー〜
公式サイト http://www.sourcenext.com/titles/ent/73640/
発売元 ソースネクスト
開発元 マイクロキャビン
発売日 2006/10/06
価格 3970円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
92
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 設計が非常に楽しいゲームです 90
    • 投稿者:RyohPops(男性/10代)
    • 投稿日:2012/03/11
    良い点
    ・設計が楽しい
     艦種がシリーズ中最多、また自艦隊の従属艦をすべて設計艦にできるので今までより設計の比重が大きくなっています。
     従属艦は速力を考慮する必要がない(たとえ1ノットでも自艦にピッタリついてくる)ので重量の制約が軽くなり、思い通りの艦を作ることができます。これによって設計の楽しさが倍増していると思います。
     ただし艦隊内での役割をハッキリ持たせないと、どれも同じような艦になったり途中で設計の方向性を見失ったりと自由度の高さに起因する難しさがあります。

    ・超兵器の設計
     ここに到達するのはかなり大変ですが、非常に楽しいです。
     設計画面からはみ出すほどの甲板面積、50ノットは当たり前の専用新型機関など…。
     設計好きの夢とロマンが詰まっています。
     なお選択した国家によって購入できる超兵器が異なるので、先に調べておいた方がいいでしょう。

    ・パーツの増加
     砲やレーザーなど慣れ親しんだ兵器から、どう使えというのかピンと来ない迷兵器まで、かなりの数のパーツがあります。
     特殊研究機関に特定のパーツを預けることで別の兵器に進化させることもでき、パーツを集めるという楽しみも追加されています。
     部品売却画面で、手に入れた迷兵器のヘルプを読むのも結構おもしろかったりします。

    ・ステージのボリューム
     エリア(たいてい約10ステージ)はおまけエリア、ステージ分岐含め16で、一周では8エリアを攻略することになります。
     ミッション内容も敵の撃破や秘密工場の爆撃、諜報員回収、湾内潜入など多く、なかなか飽きがきません。
     また、おまけエリア(特別作戦)は、最後まで余裕でクリアした人でさえ気を抜くと一瞬で撃沈されるほどの、かなりの高難度になっていますので挑戦し甲斐があります。

    ・シリーズ恒例のおふざけ
     お笑い要素もしっかり入っています。
     最初のステージを撤退するといういつものフラグや、迷兵器、迷パーツの数々。
     おまけエリアはミッション内容やステージ(マップ)そのものがおふざけという徹底ぶりです(笑)
    悪い点
    ・レアアイテムの取得率がとても低い
     100回プレイして1つ出れば幸運、なんて部品もあるほどです。
     こればっかりは本当にどうにかしてほしいです。

    ・序盤プレイが冗長
     前半と後半で獲得できる資金にかなり差があるため、駆逐艦(初期艦種)でプレイする時間はだいぶ長くなります。
     また限られた重量とスペースをいかに活用するか、という設計思想が苦手な人は、設計が嫌になってしまうかもしれません。

    ・ステージが広い
     序盤からほとんどのステージが非常に広大になっているため、速力の向上や電探の発展が追いつかず、目標の敵と会えず延々とステージを回り続ける、ということが起きやすくなっています。
     そのため空母プレイに偏りがちになってしまいます。

    ・グラフィックが旧世代的
     正直3Dと言えるのか非常に微妙です。スクリーンショットを見ればわかると思いますが、2.5ってところですかね。
     また設計した艦も戦場ではかなり簡素なグラフィックになります。3Dの自作設計艦を見てニヤニヤできるのはドックの中だけです。
    総評
    シリーズの中でも設計がかなり充実しているため、設計好きのプレイヤーにはうってつけの作品です。

    また艦種の多さは戦術パートにもボリュームを与えており、単調になりがちな戦闘の幅を広げてくれます。
    例えば一周を戦艦でプレイするのと潜水艦でプレイするのとでは全く別のステージになると言ってもいいでしょう。

    値段以上のボリュームは間違いありませんので、今までのシリーズのプレイヤーも新規参入の方も、ぜひプレイしてみてください。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 4 5 5
  • 設計!設計!設計! 95
    • 投稿者:マッシ(男性/20代)
    • 投稿日:2009/11/12
    良い点
    ・設計がなにより面白い。設計したので戦闘ができる。

    ・撃って撃って撃ちまくりの無双系なので爽快感バツグン!

    ・ここ数年のPCならば画質を一番良くしてもヌルヌル動くほど軽い。

    ・廉価版が出ているので非常にお買い得!

    ・シリーズ伝統のお約束もあります。
    悪い点
    ・もう5年前以上前のものなのでお世辞にも画質、音声は良くないです。

    ・超レアアイテムの手に入れにくさが、MMORPG並みに悪い。
    総評
    もう発売して結構たつので、画質や音がとってもイイというものではありません。
    が、内容には満足しています。内容さえ良く楽しめれば画質なんで二の次です。
    そして何より今では安い!廉価版も出ています。
    一番面白いところは、設計した艦で戦闘できるってことですね。
    この設計が楽しくて何時間つぎ込んだことか。

    いいんじゃないですか。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 5 5 5
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月20日〜11月21日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
73
DEATH STRANDING (PS4)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年05月〜2019年11月