オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

AMD

このページの最終更新日:2017/10/11 11:27

rss


キーワード

下線

「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.10.1」は,「Shadow of War」と「The Evil Within 2」最適化版

[2017/10/11 11:27]

Radeon RX Vegaシリーズ追試。6つ用意された動作モードの切り替えで性能と消費電力はどう変わるのか

Radeon RX Vegaシリーズ追試。6つ用意された動作モードの切り替えで性能と消費電力はどう変わるのか

 Radeon RX Vegaシリーズのリファレンスカードは,VBIOSとRadeon Settingsにより,合計6つの動作モードを切り換えることができる。では,切り換えることによってゲーマーは何を得られるのだろう? フレームレートと動作クロック,消費電力を細かく追ってみたので,結果をお届けしたい。

[2017/10/10 00:00]

AMD,「X399」プラットフォームでOSブート可能なRAIDアレイを実現するソフトウェアを無償で公開

AMD,「X399」プラットフォームでOSブート可能なRAIDアレイを実現するソフトウェアを無償で公開

 北米時間2017年10月2日,AMDは,Ryzen ThreadripperとX399チップセット搭載マザーボード向けに,2つ以上のNVMe接続型SSDでOSブート可能なRAIDアレイを実現する仮想RAIDソフトウェアの無償公開を開始した。これは,Intelの仮想RAID技術「VROC」のAMD版で,対応SSDや機能に制限のないのがポイントだ。

[2017/10/03 12:20]

「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.9.3」登場。「Total War:WARMAMMER II」と「Forza Motorsport 7」最適化版として

[2017/09/28 13:43]

RX Vegaシリーズの2-wayマルチGPUに対応した「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.9.2」

[2017/09/25 13:27]

日本AMD,公式Twitterアカウント「@AMDJapan」を開設。非公式の「@JapanAmd」は閉鎖に

[2017/09/20 19:21]

Amazonの「AWS App Stream 2.0」がRadeon Proを採用

[2017/09/14 20:57]

MSI,空冷仕様の数量限定版カード「RX Vega 64 Limited Edition」を国内発売

[2017/09/12 14:20]

細かくバグ修正の進んだ「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.9.1」

[2017/09/08 11:10]

AMD,Ryzen Threadripperを旧価格で購入したユーザーにクオカードを提供。事実上の返金

[2017/09/07 13:19]

MSI,リファレンス仕様のRX Vega 56カードを発売

[2017/09/05 11:49]

AMD,「Ryzen Threadripper 1900X」を正式発表。8コア16スレッド対応ながらPCIe Gen.3レーン数64本の新CPUは北米時間9月1日発売

[2017/09/01 12:20]

「Radeon RX Vega 64 Liquid Cooled Edition」レビュー。動作クロックがより高く消費電力の大きい簡易液冷版はどれだけ速いのか

「Radeon RX Vega 64 Liquid Cooled Edition」レビュー。動作クロックがより高く消費電力の大きい簡易液冷版はどれだけ速いのか

 AMDの新世代ハイエンドGPU「Radeon RX Vega」。そのリファレンスカードとしては最上位モデルとなる簡易液冷クーラー搭載モデル「Radeon RX Vega 64 Liquid Cooled Edition」を入手できたので,その性能を空冷版および競合製品と比較してみたい。空冷版と比べて動作クロックが高く,消費電力の大きい特別版は,どれだけの実力を示せるだろうか。

[2017/08/31 00:00]

リファレンス仕様を採用するSapphire製RX Vega 56カードが国内発売

[2017/08/28 23:00]

「Radeon RX 560」レビュー。フルHDのゲームプレイがターゲットとなるエントリーミドルGPUは競合製品に勝てるか

「Radeon RX 560」レビュー。フルHDのゲームプレイがターゲットとなるエントリーミドルGPUは競合製品に勝てるか

 カジュアルなゲーマーや,それほどの3D性能が要求されないゲームを好んでプレイする人達の間では,1万円台で購入できるエントリーミドルクラス市場向けGPUのニーズが依然として高いが,「Radeon RX 560」はその市場で存在感を見せることができるのか。Sapphire製の搭載カードを入手したので,テストしてみたい。

[2017/08/28 14:30]

「PUBG」で最大18%の性能向上を実現した「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.8.2」は,RX Vega周りの細かな問題へも対処

[2017/08/25 11:00]

Ryzen Threadripperが突然の値下げ。1950Xは1万9000円,1920Xは1万4000円前後も安価に

Ryzen Threadripperが突然の値下げ。1950Xは1万9000円,1920Xは1万4000円前後も安価に

 2017年8月23日付けで,「Ryzen Threadripper」に突然の価格改定が入った。新価格はRyzen Threadripper 1950Xが13万8240円,1920Xが11万1024円(いずれも税込)。発売時点の,明らかに高すぎた価格と比べ,前者は1万9000円強,後者は1万4000円強の値下げとなっている。

[2017/08/23 16:32]

「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.8.1」公開。RX Vega正式対応と,「Agents of Mayhem」「Quake Champions」最適化がトピックに

[2017/08/22 12:26]

Ryzen Threadripperレビュー後編。依然として謎の多いプロセッサの正体に,基本テストで可能な限り迫ってみた

Ryzen Threadripperレビュー後編。依然として謎の多いプロセッサの正体に,基本テストで可能な限り迫ってみた

 最大で16コア32スレッド対応となるAMDの新世代ハイエンドデスクトップPC向けCPU「Ryzen Threadripper」。そのレビュー後編をお届けする。「買いか」という話は前編で済んでいるため,今回は,基礎的なテストを実施することで,依然として謎の多いプロセッサの正体に,できる限り迫ってみたいと思う。

[2017/08/21 00:00]

「Radeon RX Vega 56」レビュー。AMDイチオシのGPUには,GTX 1070と真正面から戦える実力があった

「Radeon RX Vega 56」レビュー。AMDイチオシのGPUには,GTX 1070と真正面から戦える実力があった

 発表時点におけるRadeon RX Vegaシリーズの下位モデル「Radeon RX Vega 56」。その性能速報はすでにお伝え済みだが,ゲームにおけるテストを終えることができたので,ここにレビュー記事をお届けしたい。結論から先に述べると,AMDイチオシのGPUは,GTX 1070と真っ向から戦える製品だ。

[2017/08/19 00:00]

「Radeon RX Vega 64」カードの店頭販売は8月21日スタート――日本AMDが予告

[2017/08/16 16:47]

もう1つのVega,「Radeon RX Vega 56」性能速報

もう1つのVega,「Radeon RX Vega 56」性能速報

 4Gamerでは,2017年8月14日22:00のタイミングで,「Radeon RX Vega 64」のレビュー記事をお届けしているが,AMDからはもう1枚,「Radeon RX Vega 56」のリファレンスカードも,ギリギリになって到着した。まだテストは終わっていないが,取れた限りのベンチマークスコアを速報として掲載しておきたい。

[2017/08/14 22:00]

「Radeon RX Vega 64」レビュー。ついに登場したVegaは,AMDと一緒に壮大な夢を見たい人向けのGPUだ

「Radeon RX Vega 64」レビュー。ついに登場したVegaは,AMDと一緒に壮大な夢を見たい人向けのGPUだ

 北米時間2017年8月14日に販売解禁の日を迎える,AMDの新世代GPU「Radeon RX Vega」。4Gamerでは上位モデルにあたる「Radeon RX Vega 64」空冷リファレンスモデルを入手したので,気になるそのGPU性能に迫ってみたい。「Vega」は,Radeonファンが期待するとおりの実力を発揮できるだろうか。

[2017/08/14 22:00]

Ryzen Threadripperレビュー前編。現時点で世界最高のマルチスレッド性能を引っさげ,AMDがハイエンドデスクトップPC市場へ還ってきた

Ryzen Threadripperレビュー前編。現時点で世界最高のマルチスレッド性能を引っさげ,AMDがハイエンドデスクトップPC市場へ還ってきた

 2017年8月10日,ついに「Ryzen Threadripper」が発売の日を迎えた。4Gamerではそれに合わせ,16C32T仕様の「1950X」と12C24T仕様の「1920X」を短時間ながらテストできたので,まずはゲームや一般アプリで実力を探ってみたい。結論から先に言うと,1950Xは,現時点で最高のマルチスレッド性能を持つデスクトップPC向けCPUだ。

[2017/08/10 22:00]

アスク,Sapphire製の「Radeon RX Vega 64」搭載カードを8月21日に発売

アスク,Sapphire製の「Radeon RX Vega 64」搭載カードを8月21日に発売

 2017年8月10日,アスクは,「Radeon RX Vega 64」採用のSapphire Technology製グラフィックスカード計3製品を8月21日に発売すると発表した。ラインナップは空冷モデルが2機種,簡易液冷モデルが1機種の計3製品で,税込の予想実売価格は,空冷モデルがどちらも8万円弱,簡易液冷モデルが9万3000円前後となっている。

[2017/08/10 10:00]

「Radeon Pro WX 9100」と「Radeon Pro SSG」の国内発売決定。Vega世代のワークステーション向けグラフィックスカード

[2017/08/08 14:27]

西川善司の3DGE:新設の「プリミティブシェーダ」を搭載し,Radeon RX Vegaはどこへ行く?

西川善司の3DGE:新設の「プリミティブシェーダ」を搭載し,Radeon RX Vegaはどこへ行く?

 SIGGRAPH 2017でAMDは「Radeon RX Vega」を正式に発表し,合わせてより深い技術解説を行った。連載「西川善司の3Dゲームエクスタシー」,今回はその中から,非常に重要度の高い「プリミティブシェーダ」と「キャッシュコントローラ」を中心に掘り下げ,新世代GPUが目指しているところを考察してみたい。

[2017/08/05 00:00]

パソコン工房,Ryzen Threadripperを8月10日22:00に通販サイトで発売

[2017/08/04 12:10]

「Ryzen Threadripper」到着! これまでにない製品ボックスと,アイデア賞モノのCPU取り付け方法を見てみよう

「Ryzen Threadripper」到着! これまでにない製品ボックスと,アイデア賞モノのCPU取り付け方法を見てみよう

 4Gamerに,Ryzen Threadripperがやってきた。8月10日の発売を前に,製品ボックスを開け,実際にマザーボードへ取り付ける機会が得られたので,“開封の儀”の模様と,とてもよく考えられているCPUソケット周りの特徴を,写真メインでお届けしたい。新世代ハイエンドCPUの購入を考えている人は必見だ。

[2017/08/03 22:00]

[SIGGRAPH]「Radeon RX Vega」の短尺版やEPYCを20基搭載するサーバーなどが初披露されたAMD「Capsaicin」イベントレポート

[SIGGRAPH]「Radeon RX Vega」の短尺版やEPYCを20基搭載するサーバーなどが初披露されたAMD「Capsaicin」イベントレポート

 SIGGRAPH 2017開幕初日の北米時間7月30日,AMDは,ロサンゼルスで,自社イベント「Capsaicin」を開催した。主役は,新世代GPU「Radeon RX Vega」とハイエンドCPU「Ryzen Threadripper」だったが,本稿ではそれ以外の話題として,短尺版のVega搭載カードや,映像業界に向けた取り組みなどについてまとめてみたい。

[2017/08/01 17:31]

1950Xは税込15万8000円弱,1920Xは12万5000円強。「Ryzen Threadripper」の国内価格が明らかに

1950Xは税込15万8000円弱,1920Xは12万5000円強。「Ryzen Threadripper」の国内価格が明らかに

 2017年7月31日,AMDは,ハイエンドCPU「Ryzen Threadripper」のメーカー想定売価を発表した。税込の予想実売価格は,最上位モデルである「Ryzen Threadripper 1950X」が15万8000円弱,1つ下の「Ryzen Threadripper 1920X」が12万5000円強で,いずれも2017年8月4日から予約注文を受け付けるとのことだ。

[2017/08/01 11:07]

[SIGGRAPH]Ryzen Threadripperは発表時点で3モデル展開に。上位2モデルは8月10日発売決定

[SIGGRAPH]Ryzen Threadripperは発表時点で3モデル展開に。上位2モデルは8月10日発売決定

 最大で16コア32スレッド対応のハイエンドデスクトップPC向けCPU「Ryzen Threadripper」,その発売日が北米時間2017年8月10日に決定した。最上位の1950Xは999ドル,その次の1920Xは799ドル,そして最下位モデルの1900Xは549ドルだ。

[2017/07/31 11:30]

[SIGGRAPH]AMDの本気GPU「Radeon RX Vega」がついに発表。「GTX 1080をしのぐ理論性能」で399ドル(税別)から。8月14日発売

[SIGGRAPH]AMDの本気GPU「Radeon RX Vega」がついに発表。「GTX 1080をしのぐ理論性能」で399ドル(税別)から。8月14日発売

 北米太平洋時間2017年7月30日19:30,AMDの新世代GPU「Radeon RX Vega」がついに正式発表の日を迎えた。ラインナップはシェーダプロセッサ数4096基で499ドル(税別)からの「Radeon RX Vega 64」と,同3584基で399ドル(税別)の「Radeon RX Vega 56」だ。西川善司氏による,現地からのレポートをお届けしたい。

[2017/07/31 11:30]

「Ryzen 3 1300X」「Ryzen 3 1200」レビュー。1万円台で買える4コア4スレッド対応CPU,その実力は

「Ryzen 3 1300X」「Ryzen 3 1200」レビュー。1万円台で買える4コア4スレッド対応CPU,その実力は

 2017年7月27日22:00,AMDは,4コア4スレッド対応CPUとなるRyzen 3を発表した。ラインナップは「Ryzen 3 1300X」「Ryzen 3 1200」だ。両製品は「1万円台で買える4コアCPU」として28日11:00発売予定となるが,果たしてその実力やいかに。テストした結果をお届けしてみたい。

[2017/07/27 22:00]

「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.7.2」のリリースノートをチェックしてみる

[2017/07/27 10:56]

「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.7.2」リリース。遅延削減やReLive&Chill強化など盛りだくさんのビッグマイナーチェンジに

「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.7.2」リリース。遅延削減やReLive&Chill強化など盛りだくさんのビッグマイナーチェンジに

 日本時間2017年7月27日6:00,AMDは,公式最新版グラフィックスドライバ「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.7.2」を発表した。新機能「Enhanced Sync」や,Radeon ReLiveおよびRadeon Chillの拡張など,盛りだくさんのアップデートとなっているので,その概要をまとめてみたい。

[2017/07/27 06:00]

全長150mmのRX 550カードが玄人志向から。税込1万2000円弱

[2017/07/18 21:05]

クロックアップ仕様のPowerColor製RX 560が7月下旬に発売

[2017/07/18 20:38]

16コア32スレッドの「Ryzen Threadripper 1950X」は,Intelの「Core i9-7900X」と同じ999ドルで8月上旬に登場

16コア32スレッドの「Ryzen Threadripper 1950X」は,Intelの「Core i9-7900X」と同じ999ドルで8月上旬に登場

 北米時間2017年7月13日,AMDは同社公式blogで,ハイエンドデスクトップPC向けCPU「Ryzen Threadripper」と,エントリー市場向けCPU「Ryzen 3」の新情報を発表した。6コア32スレッド対応の「Ryzen Threadripper 1950X」は,ベースクロックが3.4GHz,ブースト最大クロックが4GHzで,2017年8月上旬に999ドルで発売となる。

[2017/07/14 12:11]

「鉄拳7」や「FFXIV」などがクラッシュする問題へ対処した「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.7.1」

[2017/07/11 11:07]

エーキューブ,「Radeon Vega Frontier Edition」を7月中に国内発売。空冷版は18万円台前半,液冷版は27万円前後の予定

[2017/07/03 12:01]

AMD,ビジネスデスクトップPC向けCPU「Ryzen PRO」を発表。Ryzen 7 PROからRyzen 3 PROまでの6製品をラインナップ

AMD,ビジネスデスクトップPC向けCPU「Ryzen PRO」を発表。Ryzen 7 PROからRyzen 3 PROまでの6製品をラインナップ

 2017年6月29日22:00,AMDは,Zenベースのビジネス用デスクトップPC向けCPUシリーズ「Ryzen PRO」を発表した。登場したのは,8コア16スレッドのRyzen 7 PROから,4コア4スレッドのRyzen 3 PROまでの計6製品。一般のデスクトップPC向けよりも早く,Ryzen 3の名が付いたCPUを用意しているのが注目すべき点と言えよう。

[2017/06/29 22:00]

ASUS,防塵仕様のファンを採用するクーラー搭載のRX 580カード発売。ファンレスのGT 710カードも

[2017/06/29 12:50]

AMD,北米市場で「Radeon Vega Frontier Edition」の販売を開始。価格は990ドル

AMD,北米市場で「Radeon Vega Frontier Edition」の販売を開始。価格は990ドル

 北米時間2017年6月27日,AMDは,「Vega」世代のGPUを搭載するワークステーション向けグラフィックスカード「Radeon Vega Frontier Edition」を,予告どおり北米市場で発売した。登場したのは空冷クーラー搭載モデルで,価格は990ドル(税別)。液冷クーラー搭載モデルは2017年9月に1499ドル(税別)で発売予定という。

[2017/06/28 12:00]

独自クーラーを採用するHIS製RX 560カードが発売。税込約1万5800円

[2017/06/26 18:40]

Ryzen対応パッチで「Rise of the Tomb Raider」のフレームレートが最大約30%向上――AMDがRyzenへのアプリ最適化情報を公開

Ryzen対応パッチで「Rise of the Tomb Raider」のフレームレートが最大約30%向上――AMDがRyzenへのアプリ最適化情報を公開

 北米時間2017年6月23日,AMDは同社公式blogで,Ryzenにおけるアプリケーションの性能についての新情報を公開した。それによると,「Rise of the Tomb Raider」にパッチを導入することで,CPUにRyzen,GPUにGeForceを搭載するPC上において,ゲームのフレームレートが最大で約30%向上したという。

[2017/06/26 16:09]

EPYCの登場で「データセンターの新しい時代が始まる」。価格帯や次世代CPUのロードマップが明らかになったAMDイベントレポート

EPYCの登場で「データセンターの新しい時代が始まる」。価格帯や次世代CPUのロードマップが明らかになったAMDイベントレポート

 北米時間2017年6月20日,AMDは,米国で開催した独自イベントで,サーバーおよびデータセンター向けCPU「EPYC 7000」を発表した。このイベントでは,パートナー企業との協力でEPYCのエコシステムを構築していることや,競合に対する利点などに加えて,将来のCPUのロードマップも簡単にだが明らかになった。イベントの概要をレポートしよう。

[2017/06/22 00:00]

AMD,新世代サーバー向けCPU「EPYC 7000」を正式発表。8C16Tから32C64Tまでの計12製品をラインナップ

AMD,新世代サーバー向けCPU「EPYC 7000」を正式発表。8C16Tから32C64Tまでの計12製品をラインナップ

 北米時間6月20日,AMDは,Zenマイクロアーキテクチャベースのサーバーおよびデータセンター向けCPU「EPYC 7000」を正式に発表した。EPYC 7000は,1〜2ソケットを備える比較的小規模な構成のシステムをターゲットとしており,8コア16スレッド対応モデルから32コア64スレッド対応モデルまでの計12製品をラインナップしている。

[2017/06/21 05:00]

日本AMD,プロゲーミングチームのSCARZとスポンサー契約を締結

[2017/06/16 13:22]

「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.6.2」公開。特定条件で生じる「DiRT 4」の問題へ対処したマイナーアップデート

[2017/06/15 10:55]
さらに記事を探す

Ryzen

ジャンル
  • CPU
発売元 AMD
発表日 -

EPYC

ジャンル
  • CPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon RX 500

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon RX Vega

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon Pro,Radeon Instinct

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2016/07/25

Radeon R9 Fury

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon RX 400

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

AMD A-Series(Bristol Ridge)

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Navi(開発コードネーム)

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon R5 200

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon Software

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

AMD製のGPUおよびAPU,チップセット製品に対応したドライバスイート。旧ATI Technologies時代より,その名称は長らく「Catalyst」だったが,北米時間2015年11月24日をもって新名称となった。

AMD A-Series(Carrizo)

ジャンル
  • GPU
  • CPU
発売元 AMD
発表日 -

AMD A-Series(Kaveri)

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon R9・R7・R5 M300

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon R5 300

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2015/05/06

Radeon R9 300

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2015/05/06

Radeon R7 300

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2015/05/06

FreeSync

ジャンル
発売元 AMD
発表日 -

Mantle

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

TrueAudio

ジャンル
  • サウンド
発売元 AMD
発表日 -

AMD FX(Kaveri)

ジャンル
  • CPU
発売元 AMD
発表日 -

Project Skybridge(開発コードネーム)

ジャンル
  • GPU
  • CPU
発売元 AMD
発表日 -

AMD A-Series,AMD E-Series,Athlon,Sempron(Temash,Kabini)

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2013/05/23

Embedded Radeon

ジャンル
発売元 AMD
発表日 -

Radeon R7 200

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon R9・R7・R5 M200

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2014/01/06

Beema,Mullins(開発コードネーム)

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon R9 200

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon HD 8900

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2013/01月上旬

Radeon HD 7700

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

AMD A-Series(Trinity,Richland)

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2012/05/15

Oland(開発コードネーム)

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Bonaire(開発コードネーム)

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Hainan(開発コードネーム)

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Curacao・Aruba(開発コードネーム)

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon HD 8000M

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

AMD FX(Vishera)

ジャンル
  • CPU
発売元 AMD
発表日 2012/10/23

AMD FX(Zambezi)

ジャンル
  • CPU
発売元 AMD
発表日 2011/10/12

Sempron

ジャンル
  • CPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon HD 7800

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

AMD A85

ジャンル
  • チップセット
発売元 AMD
発表日 -

AMD A-Series(Llano)

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon HD 7000M

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2012/01/10

 DirectX 11に対応するノートPC向けGPUシリーズ。米国時間2012年1月10日時点でのラインナップは,Radeon HD 7600M/7500M・7400M・7300Mシリーズとなっているが,それらは順にRadeon HD 6700M/6600M・6400M・6300Mのリネーム品である可能性が高い。

Radeon HD 7600

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon HD 7900

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2011/12/22

Radeon HD 6700

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2011/01/20

 40nmプロセス技術で製造され,DirectX 11をサポートするGPUシリーズ。開発コードネームは「Barts LE」である。同「Nothern Island」ことRadeon HD 6000シリーズでミドルクラスモデルの位置づけだ。このほか,OEM向けモデルとして,開発コードネーム「Evergreen」世代のATI Radeon HD 5700シリーズにHDMI 1.4aのサポートだけを追加したリネーム品も存在している。

Radeon HD 6900

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2010/12/15

 開発コードネーム「Nothern Islands」とされてきたRadeon HD 6000シリーズの最上位モデル。40nmプロセス技術で製造される開発コードネーム「Cayman」と,Caymanを2基搭載したデュアルGPUの開発コードネーム「Antilles」が存在し,どちらもDirectX 11をサポートする。

AMD E-Series,AMD C-Series

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Wichita(開発コードネーム)

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2012/前半

Radeon HD 6000M

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

 開発コードネーム「Vancouver」と呼ばれていたノートPC向けGPUシリーズで,DirectX 11に対応。ノートPC向けGPUでは,このシリーズからATIブランドが廃止された。ラインナップは,UVD 3やHDMI 1.4aに対応するRadeon HD 6900M・6700M・6600M・6400Mシリーズと,ATI Mobility Radeon HD 5000シリーズがベースとなるRadeon HD 6800M・6500M・6300Mシリーズがある。


トピックス
スペシャルコンテンツ