オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

AMD

このページの最終更新日:2017/04/28 13:25

rss


キーワード

下線

「Twin Frozr VI」クーラーを搭載するRX 580カードが発売

[2017/04/28 13:25]

「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.4」リリース。「Warhammer 40,000: Dawn of War III」最適化版として

[2017/04/27 12:05]

AMD,Ryzen最適化済み電源プラン設定「Ryzen Balanced」入りのチップセットドライバを公開

[2017/04/27 11:09]

AMD,第2世代の「Radeon Pro Duo」を発表。デュアルPolaris搭載のコンテンツ制作向けカード

AMD,第2世代の「Radeon Pro Duo」を発表。デュアルPolaris搭載のコンテンツ制作向けカード

 北米時間2017年4月24日,AMDは,AMDは,第2世代の「Radeon Pro Duo」カードを発表した。新型はPolarisベースのGPUを2基搭載。デュアルFijiベースの第1世代モデルと比べて演算性能は低下した一方,グラフィックスメモリ容量が4倍の32GBへ達したのが特徴だ。メーカー想定売価は999ドル(税別)となっている。

[2017/04/25 12:04]

Ryzen 7と指定のASUS製マザーボード購入でRyzenロゴ入りパーカーがもらえるキャンペーン。一部のショップで4月28日開始

[2017/04/24 14:03]

2連ファン仕様の「ARMOR 2X」クーラーを搭載するRX 570カードがMSIから

[2017/04/21 15:47]

ASUS,ROG STRIXブランドのRX 580およびRX 570カードを国内発売。シンプルなRX 550カードも

[2017/04/21 13:37]

GIGABYTEのRX 550カードは,メモリ容量2GBモデルで税込1万4000円強から

[2017/04/20 23:00]

Radeon RX 550搭載のSapphire製カードが発売。税込1万1700円弱から

[2017/04/20 23:00]

一部外排気仕様,全長155mmのMSI製RX 550カードが国内発売

[2017/04/20 22:00]

「Radeon RX 580」「Radeon RX 570」へ新規対応した「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.3」

[2017/04/19 11:08]

PowerColorのRX 580とRX 570は3モデルが発売。RX 580はブースト最大クロック1.4GHzクラスも

[2017/04/18 23:00]

玄人志向のRX 570カードが税込2万6000円弱で発売

[2017/04/18 23:00]

GIGABYTEのAORUSブランドに属するRX 580およびRX 570カード計4製品が発売

[2017/04/18 23:00]

SAPPHIREのRadeon RX 580・570搭載搭載カード6製品が国内発売

[2017/04/18 23:00]

「Radeon RX 580」レビュー。第2世代Polaris最上位モデルはGTX 1060 6GBと真っ向勝負するGPUだ

「Radeon RX 580」レビュー。第2世代Polaris最上位モデルはGTX 1060 6GBと真っ向勝負するGPUだ

 2017年4月18日,第2世代Polarisマクロアーキテクチャを採用するGPUシリーズ「Radeon RX 500」が発表となった。その最上位モデルとなる「Radeon RX 580」は,RX 480と同じメーカー想定売価でより高いクロックを実現するのが特徴だが,2017年春のGPU市場においてはどう位置づけるべきだろうか。テスト結果をお届けしたい。

[2017/04/18 22:00]

AMD,第2世代Polarisベースの「Radeon RX 500」シリーズを発表。RX 400シリーズを置き換えるミドルクラスおよびエントリー市場向け

AMD,第2世代Polarisベースの「Radeon RX 500」シリーズを発表。RX 400シリーズを置き換えるミドルクラスおよびエントリー市場向け

 2017年4月18日22:00,AMDは,ミドルクラス以下の市場をターゲットとするGPU新シリーズ「Radeon RX 500」を発表した。基本的にRX 400シリーズの置き換えとなる新製品は,今回も価格対性能比を重視したラインナップとなっている。

[2017/04/18 22:00]

6コア12スレッド対応CPU「Ryzen 5 1600X」のオーバークロックテスト。全コア4.2GHz動作にゲーマーは何を期待できるか

6コア12スレッド対応CPU「Ryzen 5 1600X」のオーバークロックテスト。全コア4.2GHz動作にゲーマーは何を期待できるか

 3万円台前半で買える6コア12スレッド対応CPUとしてデビューした「Ryzen 5 1600X」だが,そのオーバークロック耐性はどの程度だろうか。現在,AMDはRyzenの最適化を進めているとのことなので,あくまでも「現時点での結果」ではあるが,空冷&常用前提でクロックを引き上げてみた結果をレポートしたい。

[2017/04/17 00:00]

Ryzenの実効性能はこれからまだ上がる? AMDがRyzenの利点をアピールする説明会を開催

Ryzenの実効性能はこれからまだ上がる? AMDがRyzenの利点をアピールする説明会を開催

 2017年4月14日,AMDは,東京都内にて「Ryzen」に関する記者説明会を開催した。製品がすでに発売済みということもあり,新情報というものはなかったが,AMDがとくに力を入れているRyzen 5のアピールポイントや,会場に展示されていたマザーボードメーカー各社によるRyzen対応AM4マザーボードをまとめてレポートしよう。

[2017/04/14 20:30]

Windows 10「Creators Update」正式対応の「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.2」が登場

[2017/04/12 14:06]

Project ScorpioはFreeSyncとHDMI 2.1の可変フレームレートに対応――Digital Foundryが伝える

Project ScorpioはFreeSyncとHDMI 2.1の可変フレームレートに対応――Digital Foundryが伝える

 先週,高性能版Xbox One「Project Scorpio」の詳細なハードウェアスペックを伝えたDigital Foundryから,今度はディスプレイ周りの続報が出てきた。それによると次のXboxは,HDR拡張技術「FreeSync 2」と,ディスプレイ同期技術「FreeSync」「Game Mode VRR」に対応するとのことだ。

[2017/04/12 11:46]

「Ryzen 5 1600X」「Ryzen 5 1500X」レビュー。6C12Tで税込3万円台と4C8Tで税込2万円台半ばのRyzenはスレッド数とコスパが魅力

「Ryzen 5 1600X」「Ryzen 5 1500X」レビュー。6C12Tで税込3万円台と4C8Tで税込2万円台半ばのRyzenはスレッド数とコスパが魅力

 2017年4月11日,AMDの新世代ミドルクラス市場向けCPU「Ryzen 5」が発売の日を迎えた。4Gamerではそれに合わせ,6コア12スレッド対応の「Ryzen 5 1600X」と,4コア8スレッド対応の「Ryzen 5 1500X」を評価キットとして入手できたので,気になるゲーム性能を明らかにしてみたい。

[2017/04/11 22:00]

AMD,高性能ワイヤレスVR HMDの鍵となる無線技術の企業「Nitero」を買収

AMD,高性能ワイヤレスVR HMDの鍵となる無線技術の企業「Nitero」を買収

 北米時間2017年4月10日,AMDは,60GHz帯の無線通信技術を用いたワイヤレスVR HMDを開発している企業「Nitero」の人材と知的財産の買収を発表した。Niteroの開発した無線チップを使うことで,低遅延でGigabit級の無線通信が可能なルームスケールVRを実現できるとのことだ。

[2017/04/11 11:35]

Ryzen 5の下位モデル「Ryzen 5 1500X」と「Ryzen 5 1400」,発売日が4月15日に延期

[2017/04/10 16:50]

「Ryzen」に最適化したWindows 10用電源プランをAMDが公開。ユーザーはぜひ導入しよう

「Ryzen」に最適化したWindows 10用電源プランをAMDが公開。ユーザーはぜひ導入しよう

 北米時間2017年4月6日,AMDは公式blogで,CPU「Ryzen」の性能を引き出せるよう最適化したというWindows 10用の電源プラン設定の配信を開始した。この電源プラン設定を選択すると,Windows 10標準の「バランス」設定を選んだときよりも,Ryzen搭載PCで実行したゲームのフレームレートが若干向上するとのことだ。

[2017/04/07 18:29]

ドスパラパーツ館,4月11日にRyzen 5の深夜販売を実施

[2017/04/07 17:45]

8K 60Hz表示に対応する「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.1」登場。Valve製VR表示補間技術対応もトピックに

8K 60Hz表示に対応する「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.1」登場。Valve製VR表示補間技術対応もトピックに

 北米時間2017年4月4日,AMDは公式最新版グラフィックスドライバ「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.1」を公開した。今回は「新機能対応版」といったところで,DisplayPort 1.4 HBR3による8K 60Hz表示,そしてValveのVR表示技術「Asynchronous Reprojection」への新規対応がトピックだ。

[2017/04/05 11:35]

AMD,エンドユーザー向けのRyzen解説イベントを4月14日に東京日本橋で開催。要参加登録

[2017/03/28 12:10]

今週も「Mass Effect: Andromeda」最適化版。DX11モードでCrossFireに対応した「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.3.3」公開

[2017/03/22 18:00]

「Radeon Software Crimson Edition 17.3.2」公開。今回は「Mass Effect: Andromeda」最適化版

[2017/03/16 11:05]

「Ryzen 5」は4月11日に発売決定。価格は6コア12スレッドの上位モデルが3万3264円,4コア8スレッドの上位モデルが2万5704円に

「Ryzen 5」は4月11日に発売決定。価格は6コア12スレッドの上位モデルが3万3264円,4コア8スレッドの上位モデルが2万5704円に

 2017年3月16日11:00,AMDは,「Zen」マイクロアーキテクチャ採用CPU「Ryzen 5」を北米時間4月11日に発売すると発表した。北米市場におけるメーカー想定売価は6コア12スレッド対応の上位モデルで税込3万3000円強,4コア8スレッド対応の上位モデルで税込2万6000円弱となっている。

[2017/03/16 11:00]

「Windows 10のスケジューラに問題はない」。AMDが「Ryzenに関するいくつかの憶測」に公式回答

「Windows 10のスケジューラに問題はない」。AMDが「Ryzenに関するいくつかの憶測」に公式回答

 北米時間2017年3月13日,AMDは同社公式blogで,Ryzenに関する追加情報を明らかにした。技術部門の広報担当であるRobert Hallock氏が,発売後にメディアやユーザーの間から出てきた疑問へ回答する内容となっていたので,本稿ではその概要をまとめてみたい。

[2017/03/14 13:50]

[GDC 2017]AMDの技術者が語る,「Ryzenに向けた最適化のコツ」

[GDC 2017]AMDの技術者が語る,「Ryzenに向けた最適化のコツ」

 話題の新世代CPU「Ryzen」に向け,ソフトウェアをいかに最適化すべきかという,とてもタイムリーなセッションがGDC 2017にあった。AMDの技術者が,Ryzenのマイクロアーキテクチャにおける細かいポイントから,性能を引き出すためのコツまで,興味深い内容を語ったので,概要をレポートしよう。

[2017/03/09 00:00]

AMDのサーバー向け次世代CPU「Naples」は2017年第2四半期に出荷。32コア64スレッド対応でメモリコントローラは8ch,PCIe Gen.3レーン数128

AMDのサーバー向け次世代CPU「Naples」は2017年第2四半期に出荷。32コア64スレッド対応でメモリコントローラは8ch,PCIe Gen.3レーン数128

 北米時間2017年3月7日,AMDは次世代サーバー向けCPU「Naples」を2017年第2四半期に出荷すると発表し,追加の製品概要を明らかにした。32C64T仕様は発表済みだが,メモリコントローラが8chのDDR4-2400,PCI Express Gen.3レーン数が128ということと,競合との性能比較が新情報として出てきたので,まとめてみたい。

[2017/03/07 22:00]

製品版「Ghost Recon Wildlands」で最大6%の性能向上を果たした「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.3.1」リリース

[2017/03/07 11:38]

[GDC 2017]「TrueAudio Next」のないゲームサウンドは,テクスチャのない3Dグラフィックスのようなもの!? AMDが採用を呼びかける

[GDC 2017]「TrueAudio Next」のないゲームサウンドは,テクスチャのない3Dグラフィックスのようなもの!? AMDが採用を呼びかける

 GDC 2017で,AMDが「TrueAudio Next」の採用を開発者に呼びかけていた。いわく,「それなしではまるでテクスチャのない3Dグラフィックスのようなもの」とのことだが,Radeonが抱える演算ユニットの一部を音響専用に使う技術は,何がメリットなのだろう? セッションの概要をお伝えしたい。

[2017/03/04 00:00]

西川善司の3DGE:「Ryzen」は何が新しくなったのか。そのマイクロアーキテクチャに迫る

西川善司の3DGE:「Ryzen」は何が新しくなったのか。そのマイクロアーキテクチャに迫る

 2017年3月3日,「Ryzen」がついに正式発表となったが,果たして新世代CPUでは何が新しくなったのか。連載「西川善司の3Dゲームエクスタシー」では,「Zen」マイクロアーキテクチャの詳細を明らかにすることを通じ,注目のプロセッサが持つ性能の秘密に迫りたい。

[2017/03/02 23:00]

いよいよ発売。Ryzen 7と対応チップセットのスペックを総まとめ

いよいよ発売。Ryzen 7と対応チップセットのスペックを総まとめ

 ついに正式発表となった,AMDの新世代CPU「Ryzen 7」。ここでは,そのラインナップと主なスペック,メモリ周り,CPUクーラー,そして対応チップセット情報をまとめてみたので,購入予定の人はチェックしてほしい。

[2017/03/02 23:00]

「Ryzen 7 1800X」レビュー。「買える値段」の8コアCPUはゲーマーに何をもたらすのか?

「Ryzen 7 1800X」レビュー。「買える値段」の8コアCPUはゲーマーに何をもたらすのか?

 AMDの新世代CPU「Ryzen」が,ついに登場した。価格は競合の半額で,性能はそれ以上と謳われる8コア16スレッドCPUを,ゲーマーはどう受け止めればいいのか。発表時点の最上位モデル「Ryzen 7 1800X」を入手できたので,気になるその素性とゲーム性能を,テストで明らかにしてみたい。

[2017/03/02 23:00]

[GDC 2017]「Radeon RX Vega」はメモリ2〜4GBモデルもあり? 次世代GPUの情報がまた少し明らかになったAMDイベントレポート

[GDC 2017]「Radeon RX Vega」はメモリ2〜4GBモデルもあり? 次世代GPUの情報がまた少し明らかになったAMDイベントレポート

 北米時間2017年2月28日にAMDが開催したイベント「Capsaicin & Cream」では,次世代GPU「Vega」の製品名が「Radeon RX Vega」なることが明らかとなったが,そのほかにも,Vegaの鍵となる技術やデモには見るべきものがあった。本稿ではそのあたりの注目ポイントをレポートしてみよう。

[2017/03/01 21:54]

[GDC 2017]AMDの次世代GPU,製品名は「Radeon RX Vega」に決定

[GDC 2017]AMDの次世代GPU,製品名は「Radeon RX Vega」に決定

 北米時間2017年2月28日,AMDはGDC 2017に合わせて自社イベント「Capsaicin & Cream」を開催し,その場で,2017年第2四半期中の登場予定となっている次世代GPU,開発コードネーム「Vega」の製品名が「Radeon RX Vega」になることを発表した。

[2017/03/01 04:58]

AMD,日本時間2月28日深夜に次世代GPU「Vega」のプレビュー配信を実施予定

AMD,日本時間2月28日深夜に次世代GPU「Vega」のプレビュー配信を実施予定

 2017年2月23日,AMDは,日本時間3月1日3:30に独自イベント「Capsaicin & Cream」を開催し,その場で同社の次世代GPU「Vega」のプレビューを行うと予告した。イベントの様子は,ライブ中継で配信するとのことなので,Vegaに関心のある人はチェックしてみるとよさそうだ。

[2017/02/23 19:06]

西川善司の3DGE:「RyzenはCore i7よりこれだけ速い」――AMDが披露したベンチマーク結果をチェックする

西川善司の3DGE:「RyzenはCore i7よりこれだけ速い」――AMDが披露したベンチマーク結果をチェックする

 新世代CPU「Ryzen 7」の発売日と価格を予告したAMDは,報道関係者向けイベントの会場で,実機を用いてのベンチマークも披露した。連載「西川善司の3Dゲームエクスタシー」,今回は,現地で見てきたベンチマークの内容を,ムービー付きでお届けしたい。

[2017/02/23 18:11]

秋葉原のドスパラパーツ館,3月3日の「Ryzen」深夜販売を予告

[2017/02/23 12:56]

「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.2.1」がWHQL版に

[2017/02/23 11:53]

西川善司の3DGE:AMDの新世代CPU「Ryzen 7」は北米時間3月2日発売決定。8コア16スレッドの最上位モデル「Ryzen 7 1800X」は499ドルに

西川善司の3DGE:AMDの新世代CPU「Ryzen 7」は北米時間3月2日発売決定。8コア16スレッドの最上位モデル「Ryzen 7 1800X」は499ドルに

 2017年2月22日,AMDは,新世代CPU「Ryzen 7」を北米時間3月2日に発売すると発表した。フラグシップ製品「Ryzen 7 1800X」は,競合のi7-6900Kより速く,それでいて価格は半値以下の499ドル(税別)になるとのことだ。西川善司氏による現地レポートをお届けしたい。【3月23日:国内価格情報を追記】

[2017/02/22 23:00]

「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.2.1」,「For Honor」と「Sniper Elite 4」への最適化版として公開

[2017/02/14 14:57]

「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.1.2」がWHQL版へ昇格

[2017/02/09 11:16]

「Ryzen」は2017年3月上旬,「Vega」は2017年第2四半期に登場。AMDが2016年決算発表で予告

「Ryzen」は2017年3月上旬,「Vega」は2017年第2四半期に登場。AMDが2016年決算発表で予告

 北米時間2017年1月31日,AMDは2016年度の決算を発表し,その中で,次世代CPUアーキテクチャ「Zen」ベースのCPU製品と,次世代GPU「Vega」を採用する製品の出荷時期を予告した。それによると,デスクトップPC向けCPU「Ryzen」は2017年3月に,VegaベースのGPU製品は,2017年第2四半期に出荷開始の予定だ。

[2017/02/02 12:40]

「Conan Exiles」「Ghost Recon Wildlands」へ最適化した「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.1.2」登場

[2017/01/31 12:15]
さらに記事を探す

Radeon RX 500

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon RX Vega

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Ryzen

ジャンル
  • CPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon Pro,Radeon Instinct

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2016/07/25

Radeon R9 Fury

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon RX 400

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

AMD A-Series(Bristol Ridge)

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Navi(開発コードネーム)

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon R5 200

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon Software

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

AMD製のGPUおよびAPU,チップセット製品に対応したドライバスイート。旧ATI Technologies時代より,その名称は長らく「Catalyst」だったが,北米時間2015年11月24日をもって新名称となった。

AMD A-Series(Carrizo)

ジャンル
  • GPU
  • CPU
発売元 AMD
発表日 -

AMD A-Series(Kaveri)

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon R9・R7・R5 M300

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon R5 300

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2015/05/06

Radeon R9 300

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2015/05/06

Radeon R7 300

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2015/05/06

FreeSync

ジャンル
発売元 AMD
発表日 -

Mantle

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

TrueAudio

ジャンル
  • サウンド
発売元 AMD
発表日 -

AMD FX(Kaveri)

ジャンル
  • CPU
発売元 AMD
発表日 -

Project Skybridge(開発コードネーム)

ジャンル
  • GPU
  • CPU
発売元 AMD
発表日 -

AMD A-Series,AMD E-Series,Athlon,Sempron(Temash,Kabini)

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2013/05/23

Embedded Radeon

ジャンル
発売元 AMD
発表日 -

Radeon R7 200

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon R9・R7・R5 M200

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2014/01/06

Beema,Mullins(開発コードネーム)

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon R9 200

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon HD 8900

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2013/01月上旬

Radeon HD 7700

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

AMD A-Series(Trinity,Richland)

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2012/05/15

Oland(開発コードネーム)

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Bonaire(開発コードネーム)

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Hainan(開発コードネーム)

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Curacao・Aruba(開発コードネーム)

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon HD 8000M

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

AMD FX(Vishera)

ジャンル
  • CPU
発売元 AMD
発表日 2012/10/23

AMD FX(Zambezi)

ジャンル
  • CPU
発売元 AMD
発表日 2011/10/12

Sempron

ジャンル
  • CPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon HD 7800

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

AMD A85

ジャンル
  • チップセット
発売元 AMD
発表日 -

AMD A-Series(Llano)

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon HD 7000M

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2012/01/10

 DirectX 11に対応するノートPC向けGPUシリーズ。米国時間2012年1月10日時点でのラインナップは,Radeon HD 7600M/7500M・7400M・7300Mシリーズとなっているが,それらは順にRadeon HD 6700M/6600M・6400M・6300Mのリネーム品である可能性が高い。

Radeon HD 7600

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon HD 7900

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2011/12/22

Radeon HD 6700

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2011/01/20

 40nmプロセス技術で製造され,DirectX 11をサポートするGPUシリーズ。開発コードネームは「Barts LE」である。同「Nothern Island」ことRadeon HD 6000シリーズでミドルクラスモデルの位置づけだ。このほか,OEM向けモデルとして,開発コードネーム「Evergreen」世代のATI Radeon HD 5700シリーズにHDMI 1.4aのサポートだけを追加したリネーム品も存在している。

Radeon HD 6900

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2010/12/15

 開発コードネーム「Nothern Islands」とされてきたRadeon HD 6000シリーズの最上位モデル。40nmプロセス技術で製造される開発コードネーム「Cayman」と,Caymanを2基搭載したデュアルGPUの開発コードネーム「Antilles」が存在し,どちらもDirectX 11をサポートする。

AMD E-Series,AMD C-Series

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Wichita(開発コードネーム)

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2012/前半

Radeon HD 6000M

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

 開発コードネーム「Vancouver」と呼ばれていたノートPC向けGPUシリーズで,DirectX 11に対応。ノートPC向けGPUでは,このシリーズからATIブランドが廃止された。ラインナップは,UVD 3やHDMI 1.4aに対応するRadeon HD 6900M・6700M・6600M・6400Mシリーズと,ATI Mobility Radeon HD 5000シリーズがベースとなるRadeon HD 6800M・6500M・6300Mシリーズがある。

Central Islands(開発コードネーム)

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -


トピックス
スペシャルコンテンツ