オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

いまから始めるオンラインゲーム
モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

AMD

このページの最終更新日:2014/07/17 12:00

rss


キーワード

下線

「Radeon R9 280」をテスト。この夏3万円で買えるミドルクラスGPUの価値を探ってみた

「Radeon R9 280」をテスト。この夏3万円で買えるミドルクラスGPUの価値を探ってみた

 2014年3月にAMDが同社の製品リストに追加した「Radeon R9 280」だが,ここに来て日本AMDから製品サンプルが到着したので,その性能を確かめておきたいと思う。結論からいうと,「3万円以下で買えるならアリ」といった感じで,2014年7月時点におけるミドルクラス市場で,面白い立ち位置を確保できているようだ。

[2014/07/17 12:00]

公開候補版ドライバ「Catalyst 14.7 RC」登場。Catalyst 14.6 RCは差替に

[2014/07/11 11:59]

【PR】ガチのFPSプレイヤーがチェック。Kaveri「A10-7850K」搭載のゲームPCで,BF4のマルチは快適にプレイできるのか?

【PR】ガチのFPSプレイヤーがチェック。Kaveri「A10-7850K」搭載のゲームPCで,BF4のマルチは快適にプレイできるのか?

 市場で高い注目を集めるAMDの最新APU「Kaveri」だが,本当にゲームがちゃんと動くのか,今なお疑問視している人も多いだろう。今回は,「A10-7850K」ベースの超小型PCを用意して,ガチのFPSプレイヤーであるBRZRK氏にBF4のマルチをプレイしてもらったので,検証ムービーともども,氏のインプレッションをお届けしてみたい。

[2014/07/05 12:00]

AMD,APU&対応マザー同時購入キャンペーンの対応製品に「A10-7800」を追加。開催期間は7月21日まで延長

[2014/07/04 16:19]

「A10-7800」レビュー。「A10-7850Kと同じプロセッサ規模でTDP 65W」のAPUが持つ価値とは

「A10-7800」レビュー。「A10-7850Kと同じプロセッサ規模でTDP 65W」のAPUが持つ価値とは

 2014年7月3日,AMDからデスクトップPC向けAPUの新製品「A10-7800」が発表になり,即日販売開始となった。上位モデル「A10-7850K」と同じプロセッサ規模を持ち,動作クロックが引き下げられたモデルは,TDPが65Wというのも特徴だが,これをゲーマーはどう受け止めればいいだろうか。テストからその立ち位置を明らかにしてみたい。

[2014/07/03 16:48]

AMD,デスクトップ向けKaveriの新モデル「A10-7800」など3製品を発表。低TDP動作への最適化がウリ

AMD,デスクトップ向けKaveriの新モデル「A10-7800」など3製品を発表。低TDP動作への最適化がウリ

 2014年7月3日,AMDは,Kaveri世代のデスクトップPC向けAPU新製品,「A10-7800」「A6-7400K」「A4-7300」を発表した。低TDP動作に最適化されているというA10-7800は世界市場に先駆けて国内先行発売となっており,価格は1万7980円(税別)。単純計算だと税込価格は1万9418円となる。

[2014/07/03 14:17]

秋葉原で舞妓さんを撮影すると抽選でAPUがもらえるイベント,7月3日開催

[2014/07/02 17:45]

AMD,「Catalyst 14.6 Beta」を公開候補版「Catalyst 14.6 RC」へ差し替え

[2014/06/25 10:57]

エーキューブ,ワークステーション向けグラフィックスカード「FirePro W8100」を今夏に発売。4K解像度の4画面同時出力に対応

エーキューブ,ワークステーション向けグラフィックスカード「FirePro W8100」を今夏に発売。4K解像度の4画面同時出力に対応

 2014年6月24日,エーキューブは,AMDのワークステーション向けGPU「FirePro W8100」を2014夏に国内発売すると発表した。GCN世代の「Hawaii」コアを採用し,倍精度浮動小数点演算性能が2.1TFLOPSに達することと,4系統のDisplayPort出力すべてで4K解像度に対応するのが特徴だ。販売代理店想定売価は32万8000円(税別)

[2014/06/24 12:24]

APUの電力効率,2020年には2014年比で25倍に。AMDが電力効率改善のロードマップを公表

APUの電力効率,2020年には2014年比で25倍に。AMDが電力効率改善のロードマップを公表

 6月20日,AMDは,中国で開催された開発者イベントにおいて,2020年までにAPUの電力効率を2014年比25倍に高めるというロードマップを公表した。ヘテロジニアスコンピューティングの強化と,処理状況やAPU内部の発熱を追って,そのデータを基にきめ細かな動作クロック制御を行うことによって,この目標を実現するとしている。

[2014/06/23 12:23]

AMD,Kaveri&Richlandと対応マザーの同時購入で最大2000円引きのキャンペーンを開催。7月6日まで

[2014/06/19 16:48]

[E3 2014]AMD,BFシリーズの新作「Battlefield: Hardline」が独自API「Mantle」に対応と発表

[E3 2014]AMD,BFシリーズの新作「Battlefield: Hardline」が独自API「Mantle」に対応と発表

 北米時間2014年6月10日,AMDは,Electronic Artsから国内では2014年10月23日に発売予定のPC版「Battlefield: Hardline」が,AMD独自のグラフィックスAPI「Mantle」をサポートすると発表した。そのほかにも2タイトルがMantle対応と発表されており,Mantle対応のAMD製GPUやAPUのユーザーには,喜ばしい話題となりそうだ。

[2014/06/11 13:49]

[COMPUTEX]VESA標準の「Adaptive-Sync」はG-SYNCを駆逐できるのか? AMDの担当者にも聞いてみた

[COMPUTEX]VESA標準の「Adaptive-Sync」はG-SYNCを駆逐できるのか? AMDの担当者にも聞いてみた

 ディスプレイ同期技術「G-SYNC」と「Adaptive-Sync」について,すでにNVIDIA側の見解を別途お伝えしているが,せっかくのCOMPUTEX TAIPEI 2014なので,同じ質問をAMDの担当者,Richard Huddy氏にぶつけてみた。AMDが指摘するG-SYNCの弱点と,Adaptive-Syncが優位にある理由をお伝えしよう。

[2014/06/07 00:00]

AMD,最大5GHz動作する8コアCPU「FX-9590」のリテール販売を開始

[2014/06/06 12:52]

[COMPUTEX]PowerColor,世界初となる空冷R9 295X2仕様の新型「Devil 13」カードを展示

[COMPUTEX]PowerColor,世界初となる空冷R9 295X2仕様の新型「Devil 13」カードを展示

 PowerColorブランドを展開するTulのプライベートブースでは,同社のデュアルGPUカードシリーズ「Devil 13」の新型が展示されていた。新しいDevil 13は,デュアル「Radeon R9 290X」仕様のグラフィックスカードだ。3スロット幅のヒートシンクと新型ファンを使った空冷製品として仕上げられている。

[2014/06/06 00:00]

AMD,Kaveriベースの企業向けPC用APU「AMD PRO A」シリーズを発表

[2014/06/05 20:08]

[COMPUTEX]AMD,ノートPC向けのRadeon R9・R7・R5 M200シリーズのラインナップを発表。HD 7000Mから数えて2度めのリネーム

[COMPUTEX]AMD,ノートPC向けのRadeon R9・R7・R5 M200シリーズのラインナップを発表。HD 7000Mから数えて2度めのリネーム

 台湾時間2014年6月3日,COMPUTEX TAIPEI 2014の開幕に合わせてAMDは,ノートPC向けGPU「Radeon R9 M200」「Radeon R7 M200」「Radeon R5 M200」シリーズの全ラインナップを発表した。といっても,アーキテクチャに関する説明はなく,実際はRadeon HD 7000Mシリーズから数えて2回めのリネーム品となっている。

[2014/06/04 14:07]

[COMPUTEX]AMD,ノートPC向けKaveriを正式発表。3系統9種の多彩なラインナップ,FXはi7キラー?

[COMPUTEX]AMD,ノートPC向けKaveriを正式発表。3系統9種の多彩なラインナップ,FXはi7キラー?

 速報で報じたとおり,日本時間2014年6月4日13:01,AMDは,ノートPC向け「Kaveri」(カヴェリ,開発コードネーム)を正式に発表した。ラインナップは下記のとおりで,最上位モデルが,ノートPC向けプロセッサとして初めて「AMD FX」ブランドを採用しているのが大きなトピックとなる。各製品の概要を紹介しよう。

[2014/06/04 13:01]

AMD,新型APU「Beema」「Mulins」ベースの組み込み機器向けSoC「G-Series」を発表

AMD,新型APU「Beema」「Mulins」ベースの組み込み機器向けSoC「G-Series」を発表

 2014年6月4日13:01,AMDは,組み込み機器向けSoC(System-on-a-Chip)「Embedded G-Series SOC」の新製品として,「Steppe Eagle」と「Crowned Eagle」の2種類,計6製品を発表した。どちらも,第3世代の低消費電力向けAPU「Beema」および「Mullins」をベースとしているのが特徴だ。

[2014/06/04 13:01]

[COMPUTEX]AMD,ノートPC向けKaveriを発表。最上位モデルは「FX」ブランドに

[COMPUTEX]AMD,ノートPC向けKaveriを発表。最上位モデルは「FX」ブランドに

 台湾時間2014年6月4日,AMDは台北市内の商業施設「BELLAVITA」で報道関係者向け発表会を開催し,その場で,ノートPC向けKaveriを発表した。最上位モデルは「FX-7500 with Radeon R7 Graphics」で,デスクトップPC向けハイエンドCPUと同じ「AMD FX」ブランドの名が冠されている。

[2014/06/04 11:38]

Mini-ITXサイズのMSI製グラフィックスカード「R9 270X GAMING 2G ITX」レビュー。6ピン×1電源供給対応で,小型PC用として面白い

Mini-ITXサイズのMSI製グラフィックスカード「R9 270X GAMING 2G ITX」レビュー。6ピン×1電源供給対応で,小型PC用として面白い

 小型PCのニーズが高まるのに合わせて,小さなゲームPCを実現する「高い3D性能を持った短尺グラフィックスカード」が少しずつ増えてきているが,今回はMSIの「Radeon R9 270X」搭載モデル「R9 270X GAMING 2G ITX」を取り上げたい。6ピン×1の電源供給に対応したり,価格が決して高くなかったりと,かなり面白い選択肢になりそうだ。

[2014/05/31 00:00]

「Catalyst 14.6 Beta」リリース。EyefinityとMantleの拡張,そして最新タイトルへの最適化がトピックに

「Catalyst 14.6 Beta」リリース。EyefinityとMantleの拡張,そして最新タイトルへの最適化がトピックに

 2014年5月27日13:01,AMDは,公式最新β版グラフィックスドライバ「Catalyst 14.6 Beta」のリリースを発表した。まもなく登場する新しいβドライバでは,「Enduro」対応のノートPCにおけるMantleのサポートが追加され,マルチディスプレイ技術「Eyefinity」の使い勝手と柔軟性が引き上げられる予定だ。

[2014/05/27 13:14]

AMD,Kaveriベースの組み込み向けプロセッサ第2世代モデル「Embedded R-Series」を発表。国内ではパチンコ・パチスロ市場を狙う

AMD,Kaveriベースの組み込み向けプロセッサ第2世代モデル「Embedded R-Series」を発表。国内ではパチンコ・パチスロ市場を狙う

 2014年5月20日13:01,AMDは,組み込み向けプロセッサ「Embedded R-Series」の第2世代モデルを発表した。Kaveriベースとなる新製品を,日本ではパチンコ・パチスロ市場向けに訴求していくとのことだ。ラインナップと製品概要も明らかになったので,ゲームと直接の関係はないが,簡単にまとめてみよう。

[2014/05/20 13:01]

AMD,2015年にコンシューマ向けARMプロセッサ市場へ参入。x86とのピン互換

AMD,2015年にコンシューマ向けARMプロセッサ市場へ参入。x86とのピン互換

 AMDが,アジア太平洋地域の報道関係者向け電話会議を開催。x86ベースのAPUとARMベースのAPUをピン互換で2015年に市場投入することや,2016年には独自開発のARMコア「K12」搭載のプロセッサを用意していることを明らかにした。来年には,ARMベースのAMD製プロセッサが,コンシューマ市場へやってくるわけだ。

[2014/05/16 19:12]

VESA,AMDの「FreeSync」を「Adaptive-Sync」として標準化。DisplayPort接続でカク付き・遅延・テアリングフリーの表示を実現

VESA,AMDの「FreeSync」を「Adaptive-Sync」として標準化。DisplayPort接続でカク付き・遅延・テアリングフリーの表示を実現

 北米時間2014年5月12日,業界標準化団体であるVESAは,DisplayPort 1.2インタフェースに「Adaptive-Sync」を追加すると発表した。NVIDIAの「G-SYNC」対抗としてAMDの提唱していた「FreeSync」が標準化されたわけだ。ライセンスフリーということで,今後,多くのディスプレイに採用されることが期待される。

[2014/05/13 11:39]

AMD,ゲームデベロッパ向けの「Mantle SDK」βプログラムを開始

AMD,ゲームデベロッパ向けの「Mantle SDK」βプログラムを開始

 2014年5月1日,AMDは,同社独自のグラフィックスAPI「Mantle」に関心のあるゲームデベロッパへ向け,SDKのβプログラムを開始した。本プログラムは,企業だけではなく,個人のゲーム参加者も申し込み可能とされ,しかも申し込みは日本語でも構わないとのことなので,興味のある開発者は応募してみてはどうだろうか。

[2014/05/01 22:11]

AMD,約4か月ぶりの公式最新版ドライバ「Catalyt 14.4」公開。公開候補版より新しいバージョンに

[2014/05/01 15:05]

AMD,次世代モバイル向けAPU「Mullins」と「Beema」の概要を公開。Bay Trailを追撃する切り札となるか?

AMD,次世代モバイル向けAPU「Mullins」と「Beema」の概要を公開。Bay Trailを追撃する切り札となるか?

 日本時間2014年4月29日13:01,AMDは,2014年中の市場投入が予定されている第3世代の低消費電力向けAPU,「Mullins」と「Beema」の詳細を明らかにした。両製品のラインナップに加えて,ベンチマークテストでの性能や注目すべき機能など,多くの情報が披露されている。両製品の特徴をざっくりとまとめてみたい。

[2014/04/30 00:00]

Sapphireの豪華版R9 280Xカード「VAPOR-X R9 280X TRI-X OC」をテスト。価格以外は完璧?

Sapphireの豪華版R9 280Xカード「VAPOR-X R9 280X TRI-X OC」をテスト。価格以外は完璧?

 クーラー関連技術「Vapor Chamber」を積極的に採用し続けているSapphire Technologyから,同技術と3連ファンを組み合わせた豪華版GPUクーラーを搭載する「Radeon R9 280X」カード「VAPOR-X R9 280X TRI-X」が登場した。ハイエンドな価格設定がなされた新モデルは買いか否か,テスト結果をお伝えしたい。

[2014/04/26 00:00]

「Catalyst 14.4 Release Candidate」公開。R9 295X2の新規サポートとCrossFire周りの強化がトピックに

[2014/04/22 12:01]

AMD,R9 290XやKaveriが当たるFacebookキャンペーン開始。5月4日まで

[2014/04/18 14:53]

AMD,開発コードネーム「Berlin」ことサーバー向け次世代APUのデモを公開

[2014/04/17 17:37]

新型APU「Athlon」「Sempron」の紹介イベントが秋葉原UDXで4月20日に開催。ドラクエXプロデューサーによるセッションも実施

新型APU「Athlon」「Sempron」の紹介イベントが秋葉原UDXで4月20日に開催。ドラクエXプロデューサーによるセッションも実施

 2014年4月14日,日本AMDは,ソケット版KabiniベースのAPU「Athlon」「Sempron」やパートナー企業の対応製品を紹介するイベントを,4月20日に東京秋葉原の秋葉原UDXにて開催すると発表した。「ドラゴンクエストX」のプロデューサーである齊藤陽介氏が登壇するトークセッションや,グッズが当たるじゃんけん大会も実施される予定だ。

[2014/04/14 17:43]

復活したAthlonはゲーマーにとって価値があるのか? 6000円台で買えるデスクトップPC向けAPU「Athlon 5350」を試す

復活したAthlonはゲーマーにとって価値があるのか? 6000円台で買えるデスクトップPC向けAPU「Athlon 5350」を試す

 2014年4月9日21:00,AMDは,デスクトップPC向け「Kabini」を,AthlonおよびSempronプロセッサとして正式に発表した。往年の名CPU名がエントリーモデルとして復活したわけだが,果たしてその実力はいかに。発表時点の最上位モデルにして,6000円台で購入できるAPU「Athlon 5350」のテスト結果をお届けしたい。

[2014/04/09 21:00]

「Radeon R9 295X2」レビュー。“デュアルR9 290X”は疑いなく史上最速シングルカードだ

「Radeon R9 295X2」レビュー。“デュアルR9 290X”は疑いなく史上最速シングルカードだ

 別途お伝えしているとおり,AMDから,デュアルGPUカードの新製品「Radeon R9 295X2」が発表になった。Radeon R9 290Xを2基集積する怪物は,公称典型消費電力500W,標準で簡易液冷ユニット付きと,なかなかトンデモないが,その性能も目を見張るもののようだ。4K解像度でのテスト結果を中心に,その実力を明らかにしてみたい。

[2014/04/08 21:00]

公称消費電力は脅威の500W。AMD,1499ドルのデュアルGPUカード「Radeon R9 295X2」を発表

公称消費電力は脅威の500W。AMD,1499ドルのデュアルGPUカード「Radeon R9 295X2」を発表

 2014年4月8日21:00,AMDから,新しいデュアルGPUカード「Radeon R9 295X2」が発表になった。簡易液冷ユニットを標準採用し,公称典型消費電力500Wというスペックを持つ新製品をAMDは「極めて危険なグラフィックスカード」と位置づけているが,果たしてどんな製品なのか。AMDの担当者が語った内容を基に,その正体に迫ってみたい。

[2014/04/08 21:00]

ワークステーション向けGPUの新製品「FirePro W9100」登場。倍精度2.62TFLOPSを実現して約65万円

ワークステーション向けGPUの新製品「FirePro W9100」登場。倍精度2.62TFLOPSを実現して約65万円

 2014年4月8日,エーキューブは,AMDの新世代ワークステーション向けグラフィックスカード「FirePro W9100」を2014年夏に発売すると発表した。代理店による参考価格は64万8000円(税込)。Hawaiiベースで倍精度演算性能2.62TFLOPS,グラフィックスメモリ容量16GBを誇る新製品は,4K解像度における複数のタスク処理がターゲットとなっている。

[2014/04/08 13:17]

「AMDが披露したアタッシュケース」の中身は簡易液冷クーラー付きデュアルGPUカードか

「AMDが披露したアタッシュケース」の中身は簡易液冷クーラー付きデュアルGPUカードか

 AMDの公開した「意味深なアタッシュケース」には,簡易液冷クーラー付きのデュアルGPUカードが入っているようだ。これは,同社のYouTube公式チャネルで掲載されたムービーから明らかになったもの。こうして次々と“じらし”が入る以上,登場も近いと見ていいのではないかと思われるが,果たして幾らになるのだろう?

[2014/04/07 11:07]

AMDが意味ありげなアタッシュケースを披露。新製品?

AMDが意味ありげなアタッシュケースを披露。新製品?

 2014年4月2日,AMDが,意味深なアタッシュケースを披露した。AMDはこれが何なのか一切明らかにしていないものの,「Radeon」と書かれていることから,Radeonの新製品を収めるためのものである可能性が高そうだ。Radeonでアタッシュケースというと,ASUSのデュアルHD 7970 GHz Editionカード「ARES2-6GD5」が思い出されるが,さて。

[2014/04/02 21:00]

「MantleはDX12までのつなぎではない」「PS4やXbox Oneにも提供可能」。AMD,Mantle関連の新事実を明らかに

「MantleはDX12までのつなぎではない」「PS4やXbox Oneにも提供可能」。AMD,Mantle関連の新事実を明らかに

 AMD本社でソフトウェアメーカーとの協力体制を築くための部門でシニアディレクターを務めるNeal Robison氏が来日。AMD独自のAPI「Mantle」について,「DirectX 12までのつなぎではなく,進化を続けていく」「PS4とXbox Oneへ提供する用意がある」ことを明らかにした。

[2014/03/28 17:29]

AMD,4980円でローエンドRichland「A4-4020」を国内発売。TDPは65W

[2014/03/27 19:31]

MSI,Kaveri対応のゲーマー向けA88Xマザー「A88XM GAMING」発表

[2014/03/25 13:32]

Crytekの「CryENGINE」がAMD独自API「Mantle」に対応

Crytekの「CryENGINE」がAMD独自API「Mantle」に対応

 2014年3月20日,AMDは,同社独自のグラフィックスAPI「Mantle」が,Crytekのゲームエンジン「CryENGINE」に採用されたと発表した。CPUとGPU間のコミュニケーションコストを軽減するMantleは,「Frostbite 3」を筆頭に,少しずつ対応エンジンが増えているが,また一つ,著名どころのゲームエンジンによるサポートが追加されたことになる。

[2014/03/20 17:06]

「Thief」でMantleとTrueAudioの利用が可能になった公式最新β版ドライバ「Catalyst 14.3 Beta」リリース

「Thief」でMantleとTrueAudioの利用が可能になった公式最新β版ドライバ「Catalyst 14.3 Beta」リリース

 北米時間3月18日,AMDは,同社製GPUおよびAPUに対応する公式最新β版グラフィックスドライバ「Catalyst 14.3 Beta」を公開した。導入により,PC版「Thief」で,グラフィックスAPI「Mantle」と,同プログラマブルサウンドエンジン「TrueAudio」を利用できるのがトピックだ。TrueAudioが使えるようになるのは今回が初めてとなる。

[2014/03/18 13:01]

Kaveriを買うと「BF4」がもらえるキャンペーンがスタート。4月13日まで

[2014/03/11 18:24]

100mm径ファン採用のクーラーを搭載するGIGABYTE製R7 250Xカード

[2014/03/11 14:46]

「いまはピンとこないかもしれないが,AMDの技術が状況を変える」。AMDでアジア太平洋&日本地域の事業を統括するベネット副社長インタビュー

「いまはピンとこないかもしれないが,AMDの技術が状況を変える」。AMDでアジア太平洋&日本地域の事業を統括するベネット副社長インタビュー

 AMDでアジア太平洋および日本における事業展開を指揮するデイビッド・ベネット副社長にインタビューする機会が得られた。AMDにとって日本はどういう国であり,同社は今後,日本で何をしようとしているのか。過去数年にわたってほとんど語られたなかった部分を聞いてきたので,その内容を余すところなくお伝えしたい。

[2014/03/08 00:00]

Mantle版「BF4」を体験できるイベントが3月11日17時に秋葉原で開催

[2014/03/07 19:41]

ASUSとGIGABYTEのオリジナルデザイン版「Radeon R9 290X」カードをテスト。GPUクーラーの実力は甲乙つけがたい

ASUSとGIGABYTEのオリジナルデザイン版「Radeon R9 290X」カードをテスト。GPUクーラーの実力は甲乙つけがたい

 2014年3月時点におけるAMDの最上位GPU「Radeon R9 290X」。同GPUの搭載されたメーカー独自設計のグラフィックスカード2製品をASUSとGIGABYTEから入手できたので,今回はこれらをテストしてみたい。少しずつクロックアップされたモデルの性能と使い勝手は,リファレンスカードと比べてどのように向上しているだろうか。

[2014/03/07 00:00]

AMD,「Radeon R9 280」を製品リストに追加。HD 7950 with Boostのリフレッシュ版?

AMD,「Radeon R9 280」を製品リストに追加。HD 7950 with Boostのリフレッシュ版?

 2014年3月5日,AMDは,Radeon R9シリーズの新製品「Radeon R9 280」を製品リストに追加した。1792基のシェーダプロセッサを集積する点や,「TrueAudio」非搭載という点などから,「Radeon HD 7950 with Boost」のリフレッシュモデルと見られる。なお,今のところ搭載製品の価格や投入スケジュールに関する情報は得られていない。

[2014/03/05 15:58]
さらに記事を探す

AMD FX(Kaveri)

ジャンル
  • CPU
発売元 AMD
発表日 -

Project Skybridge(開発コードネーム)

ジャンル
  • GPU
  • CPU
発売元 AMD
発表日 -

AMD A-Series,AMD E-Series,Athlon,Sempron(Temash,Kabini)

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2013/05/23

Embedded Radeon

ジャンル
発売元 AMD
発表日 -

Radeon R7 200

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

AMD A-Series(Kaveri)

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon R9・R7・R5 M200

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2014/01/06

Beema,Mullins(開発コードネーム)

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon R9 200

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Mantle

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon HD 8900

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2013/01月上旬

Radeon HD 7700

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

AMD A-Series(Trinity,Richland)

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2012/05/15

FirePro&Radeon Sky

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Oland(開発コードネーム)

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Bonaire(開発コードネーム)

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Hainan(開発コードネーム)

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Curacao・Aruba(開発コードネーム)

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon HD 8000M

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

AMD FX(Vishera)

ジャンル
  • CPU
発売元 AMD
発表日 2012/10/23

Catalyst

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

AMD製のGPUおよびチップセット製品に対応したドライバスイート。基本的に月に一度,最新版が更新されるスケジュールになっており,2010年3月版からは,デスクトップPCだけに留まらず,ノートPC向けも同時リリースされるようになった。なお,スイートには,ユーティリティソフト「Catalyst Control Center」なども含まれる。

AMD FX(Zambezi)

ジャンル
  • CPU
発売元 AMD
発表日 2011/10/12

Sempron

ジャンル
  • CPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon HD 7800

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

AMD A85

ジャンル
  • チップセット
発売元 AMD
発表日 -

AMD A-Series(Llano)

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon HD 7000M

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2012/01/10

 DirectX 11に対応するノートPC向けGPUシリーズ。米国時間2012年1月10日時点でのラインナップは,Radeon HD 7600M/7500M・7400M・7300Mシリーズとなっているが,それらは順にRadeon HD 6700M/6600M・6400M・6300Mのリネーム品である可能性が高い。

Radeon HD 7600

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon HD 7900

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2011/12/22

Radeon HD 6700

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2011/01/20

 40nmプロセス技術で製造され,DirectX 11をサポートするGPUシリーズ。開発コードネームは「Barts LE」である。同「Nothern Island」ことRadeon HD 6000シリーズでミドルクラスモデルの位置づけだ。このほか,OEM向けモデルとして,開発コードネーム「Evergreen」世代のATI Radeon HD 5700シリーズにHDMI 1.4aのサポートだけを追加したリネーム品も存在している。

Radeon HD 6900

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2010/12/15

 開発コードネーム「Nothern Islands」とされてきたRadeon HD 6000シリーズの最上位モデル。40nmプロセス技術で製造される開発コードネーム「Cayman」と,Caymanを2基搭載したデュアルGPUの開発コードネーム「Antilles」が存在し,どちらもDirectX 11をサポートする。

AMD E-Series,AMD C-Series

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Wichita(開発コードネーム)

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2012/前半

Radeon HD 6000M

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

 開発コードネーム「Vancouver」と呼ばれていたノートPC向けGPUシリーズで,DirectX 11に対応。ノートPC向けGPUでは,このシリーズからATIブランドが廃止された。ラインナップは,UVD 3やHDMI 1.4aに対応するRadeon HD 6900M・6700M・6600M・6400Mシリーズと,ATI Mobility Radeon HD 5000シリーズがベースとなるRadeon HD 6800M・6500M・6300Mシリーズがある。

Central Islands(開発コードネーム)

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

AMD A75&A55

ジャンル
  • チップセット
発売元 AMD
発表日 2011/06/27

Komodo(開発コードネーム)

ジャンル
  • CPU
発売元 AMD
発表日 -

AMD Z-Series

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

AMD Stream(旧称:ATI Stream)

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -

Radeon HD 6400

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2011/04/19

Radeon HD 6600&6500

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2011/04/19

Radeon HD 6800

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2010/10/22

 開発コードネーム「Notheren Island」ことRadeon HD 6000シリーズ第一弾となったGPUシリーズ。開発コードネーム「Barts」と呼ばれるGPUで,40nmプロセス技術によって製造されている。対応するDirectX APIはDirectX 11。ATI Radeon HD 5800シリーズの後継にして,Radeon HD 6900シリーズの下位という位置づけだ。

AMD 9

ジャンル
  • チップセット
発売元 AMD
発表日 -

ATI Radeon HD 5800

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2009/09/23

 TSMCの40nmプロセス技術を採用して製造されるGPUで,DirectX 11に対応する世界初のGPUでもある。開発コードネームは「Cypress」。同「Evergreen」とされてきたATI Radeon HD 5000シリーズの最上位モデルという位置づけになっている。

ATI Radeon HD 5700

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2009/10/13

 開発コードネーム「Juniper」と呼ばれていたGPUシリーズで,40nmプロセス技術によって製造されている。サポートするDirectX APIはDirectX 11。開発コードネーム「Evergreen」ことATI Radeon HDシリーズでは,ATI Radeon HD 5800の下位モデルという位置づけだ。

ATI Radeon HD 5900

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2009/11/18

 開発コードネーム「Hemlock」と呼ばれ,同「Cypress」ことATI Radeon HD 5800シリーズのGPUを2基搭載した製品。開発コードネーム「Evergreen」世代の最上位に位置づけられるモデルでラインナップは「ATI Radeon HD 5970」の1モデルとなる。40nmプロセス技術で製造され,DirectX 11に対応。

ATI Mobility Radeon HD 5000

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2010/01/07

 ノートPC向けとして初めてDirectX 11に対応したGPU。開発コードネーム「Manhattan」と呼ばれてきたシリーズで,TSMCの40nmプロセス技術を利用して製造されている。数字の大きい順にATI Mobility Radeon HD 5800・5700・5600・5400シリーズがある。

ATI Radeon HD 5600/5500

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2010/01/14

 開発コードネーム「Evergreen」ことATI Radeon HD 5000シリーズでエントリーミドルクラスに位置づけられるGPUシリーズ。40nmプロセス技術で製造されており,DirectX 11をサポートする。開発コードネームは「Redwood」だ。

ATI Radeon HD 5400

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 2010/02/04

 開発コードネーム「Cedar」と呼ばれてきた,ATI Radeon HD 5000シリーズのローエンドGPU。DirectX APIの世代はDirectX 11となる。

Hecatonchires(開発コードネーム)

ジャンル
  • GPU
発売元 AMD
発表日 -


トピックス
スペシャルコンテンツ