オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

Radeon

このページの最終更新日:2017/11/18 18:56


  • この記事のURL:

キーワード

下線

「Ryzen」のステージイベントは満員御礼。多くの来場者で賑わった「AMD FAN DAY FESTIVAL」レポート

「Ryzen」のステージイベントは満員御礼。多くの来場者で賑わった「AMD FAN DAY FESTIVAL」レポート

 2017年11月18日,AMDは,東京・秋葉原のイベントスペース「アキバ・スクエア」で,ユーザー向けイベント「AMD FAN DAY FESTIVAL」を開催した。生憎の空模様にも関わらず,ステージイベントは満員で,展示ブースにも多くの来場者が詰めかけるほど。Ryzenプロセッサと関連製品に対する関心の高さがうかがえたイベントの概要をレポートしよう。

[2017/11/18 18:56]

11月18日に東京・秋葉原で開催の「AMD FAN DAY FESTIVAL」にASUSが出展。当日限定の独自キャンペーンも実施

[2017/11/17 15:39]

「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.11.2」が2017年版「Star Wars Battlefront II」最適化版としてリリース

[2017/11/17 11:18]

Radeonの顔だったRaja Koduri氏がIntelに入社。将来的には「Intel製単体GPU」登場か

Radeonの顔だったRaja Koduri氏がIntelに入社。将来的には「Intel製単体GPU」登場か

 4Gamerでは2017年11月8日に,AMDのGPU部門トップだったRaja Koduri(ラジャ・コドゥリ)氏の退職をお伝えしたばかりだが,あれから1日足らずで,今度はIntelが同氏の入社を発表した。Koduri氏はIntelで単体GPUも含めたグラフィックス部門を率いるとのことで,「Intel製単体GPU」復活の可能性も出てきたと言えるだろう。

[2017/11/09 10:38]

AMDのGPU部門を率いていたRaja Koduri氏が退職

[2017/11/08 14:15]

Intel,Radeon搭載の第8世代Coreプロセッサを開発中と発表。2018年第1四半期に市場投入

Intel,Radeon搭載の第8世代Coreプロセッサを開発中と発表。2018年第1四半期に市場投入

 北米時間2017年11月6日,Intelは,AMDのセミカスタム版Radeon GPUとHBM2をCPUパッケージ上にMCM方式で搭載する第8世代Coreプロセッサの開発を発表した。ノートPC向けHシリーズとして,2018年第1四半期に市場投入予定とのことだ。

[2017/11/07 00:00]

「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.11.1」登場。「CoD: WWII」最適化版は多岐にわたるバグ修正も目を惹く

「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.11.1」登場。「CoD: WWII」最適化版は多岐にわたるバグ修正も目を惹く

 このところ矢継ぎ早にグラフィックスドライバをリリースしているAMDだが,北米時間2017年11月2日付けで,今度は「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.11.1」を公開してきた。基本的には「Call of Duty: WWII」最適化版という位置づけながら,多岐にわたるバグ修正も注目に値するリリースだ。

[2017/11/04 10:43]

「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.10.3」公開。RX Vegaと17.10.2ドライバの組み合わせで発生する問題への対策が入る

[2017/10/30 11:37]

AMD,ノートPC向けの新世代APU「Ryzen Processor with Radeon Vega Graphics」発表。「性能はKaby Lake-Uを上回る」

AMD,ノートPC向けの新世代APU「Ryzen Processor with Radeon Vega Graphics」発表。「性能はKaby Lake-Uを上回る」

 2017年10月26日22:00,AMDは,ノートPC向けの新世代APU「Ryzen Processor with Radeon Vega Graphics」を発表した。Ryzen Mobileとも呼ばれる新製品は,Zen世代のCPUコアとVega世代のGPUコアを統合した初のAPUである。「モバイルの世界でナンバーワンになる」と,AMDが豪語する新APUの概要を紹介しよう。

[2017/10/26 22:00]

「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.10.2」が「Windows 10 Fall Creators Update」正式対応版としてリリース

「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.10.2」が「Windows 10 Fall Creators Update」正式対応版としてリリース

 北米時間2017年10月23日,AMDは,公式グラフィックスドライバの最新版となる「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.10.2」を公開した。Windows 10の「Fall Creators Update」正式対応版にして,「Wolfenstein II: The New Colossus」「Destiny 2」「Assassin’s Creed Origins」最適化版という位置づけだ。

[2017/10/24 11:58]

AMD,ワークステーションGPU用ドライバ「17.10」公開。ゲームでフル性能を発揮できる「Gaming Mode」が利用可能に

[2017/10/23 15:15]

「Fall Creators Update」のひとまず対応版となる「Radeon Software Crimson ReLive Edition」公式βリリースが登場

[2017/10/23 13:14]

「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.10.1」は,「Shadow of War」と「The Evil Within 2」最適化版

[2017/10/11 11:27]

Radeon RX Vegaシリーズ追試。6つ用意された動作モードの切り替えで性能と消費電力はどう変わるのか

Radeon RX Vegaシリーズ追試。6つ用意された動作モードの切り替えで性能と消費電力はどう変わるのか

 Radeon RX Vegaシリーズのリファレンスカードは,VBIOSとRadeon Settingsにより,合計6つの動作モードを切り換えることができる。では,切り換えることによってゲーマーは何を得られるのだろう? フレームレートと動作クロック,消費電力を細かく追ってみたので,結果をお届けしたい。

[2017/10/10 00:00]

「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.9.3」登場。「Total War:WARMAMMER II」と「Forza Motorsport 7」最適化版として

[2017/09/28 13:43]

RX Vegaシリーズの2-wayマルチGPUに対応した「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.9.2」

[2017/09/25 13:27]

MSI,空冷仕様の数量限定版カード「RX Vega 64 Limited Edition」を国内発売

[2017/09/12 14:20]

細かくバグ修正の進んだ「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.9.1」

[2017/09/08 11:10]

MSI,リファレンス仕様のRX Vega 56カードを発売

[2017/09/05 11:49]

「Radeon RX Vega 64 Liquid Cooled Edition」レビュー。動作クロックがより高く消費電力の大きい簡易液冷版はどれだけ速いのか

「Radeon RX Vega 64 Liquid Cooled Edition」レビュー。動作クロックがより高く消費電力の大きい簡易液冷版はどれだけ速いのか

 AMDの新世代ハイエンドGPU「Radeon RX Vega」。そのリファレンスカードとしては最上位モデルとなる簡易液冷クーラー搭載モデル「Radeon RX Vega 64 Liquid Cooled Edition」を入手できたので,その性能を空冷版および競合製品と比較してみたい。空冷版と比べて動作クロックが高く,消費電力の大きい特別版は,どれだけの実力を示せるだろうか。

[2017/08/31 00:00]

リファレンス仕様を採用するSapphire製RX Vega 56カードが国内発売

[2017/08/28 23:00]

「Radeon RX 560」レビュー。フルHDのゲームプレイがターゲットとなるエントリーミドルGPUは競合製品に勝てるか

「Radeon RX 560」レビュー。フルHDのゲームプレイがターゲットとなるエントリーミドルGPUは競合製品に勝てるか

 カジュアルなゲーマーや,それほどの3D性能が要求されないゲームを好んでプレイする人達の間では,1万円台で購入できるエントリーミドルクラス市場向けGPUのニーズが依然として高いが,「Radeon RX 560」はその市場で存在感を見せることができるのか。Sapphire製の搭載カードを入手したので,テストしてみたい。

[2017/08/28 14:30]

「PUBG」で最大18%の性能向上を実現した「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.8.2」は,RX Vega周りの細かな問題へも対処

[2017/08/25 11:00]

MSIからリファレンス仕様のRadeon RX Vega 64搭載カードが発売。価格は8万円前後

[2017/08/24 14:13]

「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.8.1」公開。RX Vega正式対応と,「Agents of Mayhem」「Quake Champions」最適化がトピックに

[2017/08/22 12:26]

「Radeon RX Vega 56」レビュー。AMDイチオシのGPUには,GTX 1070と真正面から戦える実力があった

「Radeon RX Vega 56」レビュー。AMDイチオシのGPUには,GTX 1070と真正面から戦える実力があった

 発表時点におけるRadeon RX Vegaシリーズの下位モデル「Radeon RX Vega 56」。その性能速報はすでにお伝え済みだが,ゲームにおけるテストを終えることができたので,ここにレビュー記事をお届けしたい。結論から先に述べると,AMDイチオシのGPUは,GTX 1070と真っ向から戦える製品だ。

[2017/08/19 00:00]

「Radeon RX Vega 64」カードの店頭販売は8月21日スタート――日本AMDが予告

[2017/08/16 16:47]

もう1つのVega,「Radeon RX Vega 56」性能速報

もう1つのVega,「Radeon RX Vega 56」性能速報

 4Gamerでは,2017年8月14日22:00のタイミングで,「Radeon RX Vega 64」のレビュー記事をお届けしているが,AMDからはもう1枚,「Radeon RX Vega 56」のリファレンスカードも,ギリギリになって到着した。まだテストは終わっていないが,取れた限りのベンチマークスコアを速報として掲載しておきたい。

[2017/08/14 22:00]

「Radeon RX Vega 64」レビュー。ついに登場したVegaは,AMDと一緒に壮大な夢を見たい人向けのGPUだ

「Radeon RX Vega 64」レビュー。ついに登場したVegaは,AMDと一緒に壮大な夢を見たい人向けのGPUだ

 北米時間2017年8月14日に販売解禁の日を迎える,AMDの新世代GPU「Radeon RX Vega」。4Gamerでは上位モデルにあたる「Radeon RX Vega 64」空冷リファレンスモデルを入手したので,気になるそのGPU性能に迫ってみたい。「Vega」は,Radeonファンが期待するとおりの実力を発揮できるだろうか。

[2017/08/14 22:00]

アスク,Sapphire製の「Radeon RX Vega 64」搭載カードを8月21日に発売

アスク,Sapphire製の「Radeon RX Vega 64」搭載カードを8月21日に発売

 2017年8月10日,アスクは,「Radeon RX Vega 64」採用のSapphire Technology製グラフィックスカード計3製品を8月21日に発売すると発表した。ラインナップは空冷モデルが2機種,簡易液冷モデルが1機種の計3製品で,税込の予想実売価格は,空冷モデルがどちらも8万円弱,簡易液冷モデルが9万3000円前後となっている。

[2017/08/10 10:00]

西川善司の3DGE:新設の「プリミティブシェーダ」を搭載し,Radeon RX Vegaはどこへ行く?

西川善司の3DGE:新設の「プリミティブシェーダ」を搭載し,Radeon RX Vegaはどこへ行く?

 SIGGRAPH 2017でAMDは「Radeon RX Vega」を正式に発表し,合わせてより深い技術解説を行った。連載「西川善司の3Dゲームエクスタシー」,今回はその中から,非常に重要度の高い「プリミティブシェーダ」と「キャッシュコントローラ」を中心に掘り下げ,新世代GPUが目指しているところを考察してみたい。

[2017/08/05 00:00]

[SIGGRAPH]「Radeon RX Vega」の短尺版やEPYCを20基搭載するサーバーなどが初披露されたAMD「Capsaicin」イベントレポート

[SIGGRAPH]「Radeon RX Vega」の短尺版やEPYCを20基搭載するサーバーなどが初披露されたAMD「Capsaicin」イベントレポート

 SIGGRAPH 2017開幕初日の北米時間7月30日,AMDは,ロサンゼルスで,自社イベント「Capsaicin」を開催した。主役は,新世代GPU「Radeon RX Vega」とハイエンドCPU「Ryzen Threadripper」だったが,本稿ではそれ以外の話題として,短尺版のVega搭載カードや,映像業界に向けた取り組みなどについてまとめてみたい。

[2017/08/01 17:31]

[SIGGRAPH]AMDの本気GPU「Radeon RX Vega」がついに発表。「GTX 1080をしのぐ理論性能」で399ドル(税別)から。8月14日発売

[SIGGRAPH]AMDの本気GPU「Radeon RX Vega」がついに発表。「GTX 1080をしのぐ理論性能」で399ドル(税別)から。8月14日発売

 北米太平洋時間2017年7月30日19:30,AMDの新世代GPU「Radeon RX Vega」がついに正式発表の日を迎えた。ラインナップはシェーダプロセッサ数4096基で499ドル(税別)からの「Radeon RX Vega 64」と,同3584基で399ドル(税別)の「Radeon RX Vega 56」だ。西川善司氏による,現地からのレポートをお届けしたい。

[2017/07/31 11:30]

「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.7.2」のリリースノートをチェックしてみる

[2017/07/27 10:56]

「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.7.2」リリース。遅延削減やReLive&Chill強化など盛りだくさんのビッグマイナーチェンジに

「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.7.2」リリース。遅延削減やReLive&Chill強化など盛りだくさんのビッグマイナーチェンジに

 日本時間2017年7月27日6:00,AMDは,公式最新版グラフィックスドライバ「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.7.2」を発表した。新機能「Enhanced Sync」や,Radeon ReLiveおよびRadeon Chillの拡張など,盛りだくさんのアップデートとなっているので,その概要をまとめてみたい。

[2017/07/27 06:00]

全長150mmのRX 550カードが玄人志向から。税込1万2000円弱

[2017/07/18 21:05]

クロックアップ仕様のPowerColor製RX 560が7月下旬に発売

[2017/07/18 20:38]

「鉄拳7」や「FFXIV」などがクラッシュする問題へ対処した「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.7.1」

[2017/07/11 11:07]

エーキューブ,「Radeon Vega Frontier Edition」を7月中に国内発売。空冷版は18万円台前半,液冷版は27万円前後の予定

[2017/07/03 12:01]

ASUS,防塵仕様のファンを採用するクーラー搭載のRX 580カード発売。ファンレスのGT 710カードも

[2017/06/29 12:50]

AMD,北米市場で「Radeon Vega Frontier Edition」の販売を開始。価格は990ドル

AMD,北米市場で「Radeon Vega Frontier Edition」の販売を開始。価格は990ドル

 北米時間2017年6月27日,AMDは,「Vega」世代のGPUを搭載するワークステーション向けグラフィックスカード「Radeon Vega Frontier Edition」を,予告どおり北米市場で発売した。登場したのは空冷クーラー搭載モデルで,価格は990ドル(税別)。液冷クーラー搭載モデルは2017年9月に1499ドル(税別)で発売予定という。

[2017/06/28 12:00]

独自クーラーを採用するHIS製RX 560カードが発売。税込約1万5800円

[2017/06/26 18:40]

AMD,新世代サーバー向けCPU「EPYC 7000」を正式発表。8C16Tから32C64Tまでの計12製品をラインナップ

AMD,新世代サーバー向けCPU「EPYC 7000」を正式発表。8C16Tから32C64Tまでの計12製品をラインナップ

 北米時間6月20日,AMDは,Zenマイクロアーキテクチャベースのサーバーおよびデータセンター向けCPU「EPYC 7000」を正式に発表した。EPYC 7000は,1〜2ソケットを備える比較的小規模な構成のシステムをターゲットとしており,8コア16スレッド対応モデルから32コア64スレッド対応モデルまでの計12製品をラインナップしている。

[2017/06/21 05:00]

秋葉原のドスパラパーツ館がグラフィックスカードの開封展示を開始。売り場改装セールも

[2017/06/16 13:44]

「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.6.2」公開。特定条件で生じる「DiRT 4」の問題へ対処したマイナーアップデート

[2017/06/15 10:55]

「防塵ファン」採用クーラー搭載のRX 560カードがROG STRIXブランドで登場

[2017/06/14 20:13]

エーキューブ,Low Profile対応のワークステーション用グラフィックスカード「Radeon Pro WX3100」「Radeon Pro WX2100」

[2017/06/14 16:50]

「DiRT 4」向け最適化版ドライバとなる「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.6.1が登場

[2017/06/09 17:47]

MSI,長さ155mmのRadeon RX 560カードを国内発売

[2017/06/08 19:00]

AMD,iMac向けの新GPUシリーズ「Radeon Pro 500」を発表

AMD,iMac向けの新GPUシリーズ「Radeon Pro 500」を発表

 北米時間2017年6月5日,AMDは,新しい21.5および27インチ液晶パネル搭載iMac向けとなるGPUシリーズ「Radeon Pro 500」を発表した。Polarisマクロアーキテクチャを採用し,最上位モデル「Radeon Pro 580」では36基の「Compute Unit」(=シェーダプロセッサ2304基)を統合し,VRにも対応するという。

[2017/06/06 16:11]
さらに記事を探す

トピックス
スペシャルコンテンツ