オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

4Gamerコラムニスト

このページの最終更新日:2017/06/12 12:00

rss

 「4Gamerコラムニスト」は,4Gamerのライターやゲーム/ネット界隈の有名人に好き勝手に書いてもらう連載コーナー。以前4Gamerでもインタビューを行った島国大和氏やゲーム大好きテクニカル・ライターの西川善司氏,身も蓋もない話で人気のブロガー切込隊長など,多彩な執筆者にあれやこれやと語ってもらいます。


  • このページのURL:

キーワード

下線

【Jerry Chu】「才能のムダ遣い」に満ちた「FINAL FANTASY XV」

【Jerry Chu】「才能のムダ遣い」に満ちた「FINAL FANTASY XV」

 香港出身,現在は“とあるゲーム会社”の新人プログラマーとなったJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第23回は,「FINAL FANTASY XV」に詰め込まれている遊び心や「楽しさの本質」について考えてみました。

[2017/06/12 12:00]

【ヒャダイン】ゲーム実況っていいよね。

【ヒャダイン】ゲーム実況っていいよね。

 このところ仕事が忙しく,なかなかゲームで遊ぶ時間をとれないというヒャダイン氏。それでもゲームに対する枯渇感が抑えきれなくなると,YouTubeでゲーム実況を見ているのだとか。今回の「ヒャダインの「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」は,そんなお話です。

[2017/05/31 00:00]

【Jerry Chu】ミニマルなゲームを

【Jerry Chu】ミニマルなゲームを

 香港出身,現在は“とあるゲーム会社”の新人プログラマーとなったJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第22回は,「ミニマリズム」「ミニマリスト」と称されることが多い上田文人氏の作品について考えてみました。

[2017/05/13 12:00]

【Jerry Chu】ゲームで歴史を体験する

【Jerry Chu】ゲームで歴史を体験する

 香港出身,現在は“とあるゲーム会社”の新人プログラマーとなったJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第21回は,自分の知らない世界と時代を体験できる歴史系ゲームについて,その魅力や意義を考えてみました。

[2017/04/22 12:00]

【ドロッセルマイヤーズ渡辺】AIは人からゲームを奪うのか?

【ドロッセルマイヤーズ渡辺】AIは人からゲームを奪うのか?

 はじめまして。遊びと創作ボードゲームの店「ドロッセルマイヤーズ」代表の渡辺範明と申します。アナログゲーム専門のゲームデザイナー兼プロデューサーを生業にしている僕ですが,この不定期連載「ゲームボーズ」では,毎回「ゲームってなんだろう?」をテーマに,ゆるいコラムをお届けします。第1回は最近注目を集めているAIについてです。

[2017/04/08 00:00]

【西川善司】「Splatoon2」先行試射会体験記

【西川善司】「Splatoon2」先行試射会体験記

 2017年3月25日と26日に開催された,「Splatoon2」の先行試射会に参加した西川善司氏。「(善)後不覚」第47回では,そんな試射会のレポートをお届けする。前作をWii Uで相当プレイしていた西川氏にとって,Nintendo Switchで遊ぶイカはどんなものだったのか。

[2017/04/08 00:00]

【Jerry Chu】どこまでがネタバレなのか

【Jerry Chu】どこまでがネタバレなのか

 香港出身,現在は“とあるゲーム会社”の新人プログラマーとなったJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第20回は,ゲームの発売前に公開される情報について考えてみました。事前情報は多いほうがいい? それとも……。

[2017/04/01 12:00]

【ヒャダイン】ポケモンのタイプ相性について考える

【ヒャダイン】ポケモンのタイプ相性について考える

 「ポケットモンスター」シリーズで遊んでいると,気になってくるのがタイプ相性。なぜこのタイプはこのタイプと相性がいいのか,あるいは悪いのかなど,気にしだしたら止まらなくなるものです。今回の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」は,そんな話題をお届けします。

[2017/03/31 00:00]

【Jerry Chu】究極のオープンワールドを体験しよう

【Jerry Chu】究極のオープンワールドを体験しよう

 香港出身,現在は“とあるゲーム会社”の新人プログラマーとなったJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第19回は,TVドラマ「Westworld」から見えてきたオープンワールド型ゲームの本質と,人工知能に関わる倫理について考えてみました。

[2017/03/14 12:00]

【Jerry Chu】映画のようなゲームとは

【Jerry Chu】映画のようなゲームとは

 香港出身,現在は“とあるゲーム会社”の新人プログラマーとなったJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第18回は,2016年9月にリリースされた「Virginia」を取り上げて,映画のようなゲームについて考えてみました。

[2017/02/18 12:00]

【山本一郎】「三國志13」プレイレポート――俺たち黄巾賊! 底辺から呂布を目指す兵卒バカ一代・裴元紹の一生(後編)

【山本一郎】「三國志13」プレイレポート――俺たち黄巾賊! 底辺から呂布を目指す兵卒バカ一代・裴元紹の一生(後編)

 2017年2月16日にリリースされる「三國志13 with パワーアップキット」。その発売を前に,裴元紹の奮闘を描いた山本一郎氏による「三國志13」のプレイレポート前編を昨年末に掲載したが,本稿では,その続きとなる後編をお届けする。気になる裴元紹の戦いと恋の行方を見届けよう。

[2017/02/04 00:00]

【Jerry Chu】ゲームは「動詞」と「名詞」で成り立つ

【Jerry Chu】ゲームは「動詞」と「名詞」で成り立つ

 香港出身,現在は“とあるゲーム会社”の新人プログラマーとなったJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第17回は,2016年に登場したFPSの傑作を取り上げて,ジャンルの奥深さについて考えてみました。

[2017/02/01 12:00]

【ヒャダイン】それってもしかして,任天堂への反抗期かも?

【ヒャダイン】それってもしかして,任天堂への反抗期かも?

 先日発表され,この3月には発売されるNintendo Switch。ヒャダイン氏としても,かなり注目している様子です。ただ,昨今の任天堂に対する世間の風向きには,気になるところがあるのだとか。今回の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」では,そんな話題をお届けします。

[2017/01/31 19:00]

【島国大和】Nintendo Switchに見る任天堂のポリシーと挑戦

【島国大和】Nintendo Switchに見る任天堂のポリシーと挑戦

 お久しぶりの島国大和です。いよいよ発売日も決まった「Nintendo Switch」! いろいろとユニークな仕様が話題になってますが,これは任天堂のポリシーと,昨今のゲームシーンに対する挑戦がめっちゃ詰まったハードだと思います。

[2017/01/20 00:00]

【Jerry Chu】予言としてのゲーム,寓話としてのゲーム

【Jerry Chu】予言としてのゲーム,寓話としてのゲーム

 香港出身,現在は“とあるゲーム会社”の新人プログラマーとなったJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第16回は,「Deus Ex」シリーズの2作品を取り上げ,ストーリーに対するアプローチについて考えてみました。

[2017/01/07 12:00]

【西川善司】「PS VRのプロセッサーユニットでHDRパススルーできない問題」の打開策を考える

 【西川善司】「PS VRのプロセッサーユニットでHDRパススルーできない問題」の打開策を考える

 「PS4 ProとPS VRを購入して両製品を接続し,さらに4K&HDR対応テレビを接続すると,HDR出力できない」という問題に遭遇した西川氏。その解決法をいろいろ試してみるのが,(善)後不覚第46回のテーマである。果たして氏は,完璧な解決策に辿り着けたのだろうか。

[2016/12/28 00:30]

【Jerry Chu】カメラに何を映すか

【Jerry Chu】カメラに何を映すか

 香港出身,現在は“とあるゲーム会社”の新人プログラマーとなったJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第15回は,ゲームにおけるカメラワークやカメラ視点について考えつつ,話は優れた演出手法を採用したハンガリー映画にも及びます。

[2016/12/17 12:00]

【山本一郎】「三國志13」プレイレポート――俺たち黄巾族! 底辺から呂布を目指す兵卒バカ一代・裴元紹の一生(前編)

【山本一郎】「三國志13」プレイレポート――俺たち黄巾族! 底辺から呂布を目指す兵卒バカ一代・裴元紹の一生(前編)

 多くのファンが2017年2月16日のリリースを心待ちしているであろう「三國志13 with パワーアップキット」。その発売を前に,山本一郎氏から「三國志13」の新たなプレイレポートが届いた。今回は黄巾族のゴミ武将こと「裴元紹」の素晴らしい人生を追求するのだとか。本稿ではその前編をお届けしよう。

[2016/12/10 00:00]

【ヒャダイン】「ポケットモンスター サン・ムーン」,3日間のプレイ報告

【ヒャダイン】「ポケットモンスター サン・ムーン」,3日間のプレイ報告

 ついに発売された「ポケットモンスター サン・ムーン」。全世界の老若男女が楽しんでいるようですが,ヒャダイン氏もその一人。そこで今回の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」は,発売から3日間じっくり遊んでみた段階での報告をお届けします。

[2016/11/30 16:00]

【西川善司】PS VRとPS4 Proを購入するも,プロセッサーユニットの思わぬ問題で頭を悩ませる

【西川善司】PS VRとPS4 Proを購入するも,プロセッサーユニットの思わぬ問題で頭を悩ませる

 またも7か月ぶりの掲載となった(善)後不覚第45回は,PS VRとPS4 Proという,今をときめく最新ハード2製品がテーマである。2台を揃えて,VRゲームを堪能した西川氏だったが,4K&HDR対応のゲームをプレイしようとしたところ,思わぬ問題に遭遇してしまったとのこと。PS VRの「プロセッサーユニット」に潜む問題とは?

[2016/11/30 12:00]

【Jerry Chu】ゲームにとって,よい自動生成とは何か

【Jerry Chu】ゲームにとって,よい自動生成とは何か

 香港出身,現在は“とあるゲーム会社”の新人プログラマーとなったJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第14回は,自動生成技術を活用した近年のタイトルを振り返りつつ,「No Man’s Sky」について考えてみました。

[2016/11/22 12:00]

【Jerry Chu】タブーがなければ刺激がない

【Jerry Chu】タブーがなければ刺激がない

 香港出身,現在は“とあるゲーム会社”の新人プログラマーとなったJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第13回は,「ゲーマー」となった青春時代を振り返り,ゲームが社会的地位を確立したことで生まれた変化を考えてみました。

[2016/11/05 12:00]

【Jerry Chu】もっと大人のストーリーを

【Jerry Chu】もっと大人のストーリーを

 香港出身,現在は“とあるゲーム会社”の新人プログラマーとなったJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第12回は,なぜ日本のゲーマーは大人になると「ゲーム離れ」をする人が多いのかを考えてみました。そこには,日本ならではの理由があるのかもしれません。

[2016/10/15 12:00]

【山本一郎】新生「マスターオブオリオン」銀河大ビーム帝国お建立記念! 宇宙にパ・リーグは輝けるか!?

【山本一郎】新生「マスターオブオリオン」銀河大ビーム帝国お建立記念! 宇宙にパ・リーグは輝けるか!?

 8月25日にリリースされたリメイク版「Master of Orion」。オリジナル版のスタッフが制作し,面白さはそのままに,さまざまな部分がパワーアップしたという作品だ。そんな本作を山本一郎氏がプレイして,広大な銀河にパ・リーグの魂を蘇らせたいのだという。言ってることは良く分からないが,ともあれ最高難度で挑んだプレイレポートをお届けしよう。

[2016/10/08 00:00]

【ヒャダイン】アラフォー男性が乙女ゲーにトライした件

【ヒャダイン】アラフォー男性が乙女ゲーにトライした件

 同じゲームの繰り返しではなく,新作ゲームでも遊ばねば! と考えたヒャダイン氏が「囚われのパルマ」(iOS / Android)をプレイ。この作品はアラフォー男性の目から見て,どんなゲームだったのか? 今回の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」は,そんな話題です。

[2016/09/30 16:30]

【Jerry Chu】レベルの概念のない「The Witcher 3」を想像して

【Jerry Chu】レベルの概念のない「The Witcher 3」を想像して

 香港出身,現在は日本の大学院に籍を置き,ゲームプログラマーを目指しているというJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第11回は「The Witcher 3: Wild Hunt」を取り上げます。先日,拡張パックをクリアしたときに,あることを想像してみたそうです。

[2016/09/21 12:00]

【Jerry Chu】何のためにゲームを批評するのか

【Jerry Chu】何のためにゲームを批評するのか

 香港出身,現在は日本の大学院に籍を置き,ゲームプログラマーを目指しているというJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第10回は,「Uncharted 4: A Thief's End」の隠しトロフィーをテーマに「ゲーム評論」について考えてみました。

[2016/09/03 12:00]

【島国大和】開発者から見た「Pokémon GO」。無理無理,こんなの作れません

【島国大和】開発者から見た「Pokémon GO」。無理無理,こんなの作れません

 みなさん「Pokémon GO」プレイしてますか? お久しぶりの島国大和です。社会現象を巻き起こし,マナーに関する議論も絶えない「Pokémon GO」ですが,開発者から見ても,いろいろと思うところがあるのです。ということで,今回はそのお話。

[2016/08/31 00:00]

【Jerry Chu】スマホを使い始めたスネーク

【Jerry Chu】スマホを使い始めたスネーク

 香港出身,現在は日本の大学院に籍を置き,ゲームプログラマーを目指しているというJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第9回は,KONAMIの「METAL GEAR」シリーズを取り上げます。1987年の誕生以来,スネークに見られる変化について考えてみました。

[2016/08/27 12:00]

【山本一郎】VRアトラクション「ZERO LATENCY VR」が熱い! キミも大迫力VRの世界でゾンビと握手しよう

【山本一郎】VRアトラクション「ZERO LATENCY VR」が熱い! キミも大迫力VRの世界でゾンビと握手しよう

 セガ・ライブクリエイションが運営している,台場の屋内型テーマパーク「東京ジョイポリス」で,2016年7月23日にグランドオープンを迎えた世界初というVRアトラクション「ZERO LATENCY VR」。その第1弾ソフトである「ZOMBIE SURVIVAL」山本一郎氏が挑戦したという。氏が考える,いま体験しておくべき理由とは?

[2016/07/30 12:00]

【ヒャダイン】「ドラゴンクエストヒーローズII」って,まさに“2016年のドラクエ”だよね。

【ヒャダイン】「ドラゴンクエストヒーローズII」って,まさに“2016年のドラクエ”だよね。

 今回の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」で取り上げるのは,「ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり」(PS4 / PS3 / PSVita)。前作も相当やり込んだというヒャダイン氏ですが,今回もかなり夢中になっている様子です。

[2016/07/30 00:00]

【Jerry Chu】アクションゲームにストーリーは必要不可欠か

【Jerry Chu】アクションゲームにストーリーは必要不可欠か

 香港出身,現在は日本の大学院に籍を置き,ゲームプログラマーを目指しているというJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第8回はid Softwareの名作FPSをテーマに,アクションゲームにおけるストーリーの必要性について考えてみました。

[2016/06/25 12:00]

【Jerry Chu】「働く」のと「遊ぶ」のと,どちらが好き?

【Jerry Chu】「働く」のと「遊ぶ」のと,どちらが好き?

 香港出身,現在は日本の大学院に籍を置き,ゲームプログラマーを目指しているというJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第7回は,働くことと遊ぶことは相反するのか,というテーマを取り上げます。「ゲーム=遊び」と思われがちですが,実はそうではないのかもしれません。

[2016/06/04 12:00]

【ヒャダイン】“Playする映画”,極まりましたねえ

【ヒャダイン】“Playする映画”,極まりましたねえ

 発売から1週間で全世界累計実売本数が270万本を突破した,「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」。そのうちの1本を購入したのは,「アンチャーテッド」シリーズの大ファンであるヒャダイン氏です。今回の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」は,このゲームを最後まで遊んで感じたことなどをお届けします。

[2016/05/31 00:00]

【Jerry Chu】ゲームは「タイムトラベル」である

【Jerry Chu】ゲームは「タイムトラベル」である

 香港出身,現在は日本の大学院に籍を置き,ゲームプログラマーを目指しているというJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第6回は,ゲームに内包される「タイムトラベル」の側面について,じっくりと考えてみました。誰しも「過去に戻れたら,いいのになあ……」と思ったことはありますよね?

[2016/05/14 12:00]

【島国大和】“国産ゲームならではのこだわり”に未来はあるのか?

【島国大和】“国産ゲームならではのこだわり”に未来はあるのか?

 お久しぶりの島国大和です。最近のゲームシーンは,PlayStation 4が絶好調,Oculus VRの「Rift」もついに発売され,PlayStation VRへの期待も大と,なかなか熱いですが,何か足りないんですよ。そう,“国産”! 国産のすごいゲームが見たい! というわけで,今回は国産ゲームに見られるこだわりについてのお話です。

[2016/04/18 00:00]

【Jerry Chu】うまく写真が撮れない「Assassin’s Creed Syndicate」

【Jerry Chu】うまく写真が撮れない「Assassin’s Creed Syndicate」

 香港出身,現在は日本の大学院に籍を置き,ゲームプログラマーを目指しているというJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第5回は,Ubisoft Entertainmentの「Assassin’s Creed Syndicate」を取り上げます。ゲーム自体は非常に楽しかったものの,少々引っかかる点があったそうです。

[2016/04/16 12:00]

【西川善司】「Splatoon」ゲームパーティに再挑戦。Wii Uの思わぬ弱点があらわに?

【西川善司】「Splatoon」ゲームパーティに再挑戦。Wii Uの思わぬ弱点があらわに?

 7か月ぶりの掲載となる(善)後不覚第44回は,筆者主催の「Splatoon(スプラトゥーン)」ゲームパーティ第2回がテーマだ。第1回で悩まされた無線LANがらみのトラブルを踏まえて,万全の対策を取ったという西川氏。ところが,前回よりも参加人数が増えたこともあってか,また新たな問題に悩まされることに……。

[2016/04/12 00:00]

【Jerry Chu】消えていく言語,心に刺さる「METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN」

【Jerry Chu】消えていく言語,心に刺さる「METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN」

 香港出身,現在は日本の大学院に籍を置き,ゲームプログラマーを目指しているというJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第4回は,KONAMIの「METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN」に込められた“ある現実”について。なお,ネタバレ要素に言及しているので十分にご注意ください。

[2016/04/02 12:00]

【ヒャダイン】ニンテンドー2DSで「ポケットモンスター 赤・緑」!

【ヒャダイン】ニンテンドー2DSで「ポケットモンスター 赤・緑」!

 「ポケットモンスター 赤」がプリインストールされている,「ニンテンドー2DS『ポケットモンスター 赤』限定パック」を購入したというヒャダイン氏。プレイしながら,リアルタイムで遊んでいた頃のことを思い出すだけでなく,大人になった自分にも気付いたそう。今回の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」は,そんな話題です。

[2016/03/31 17:30]

【Jerry Chu】ゲームは「暗喩」になる

【Jerry Chu】ゲームは「暗喩」になる

 香港出身,現在は日本の大学院に籍を置き,ゲームプログラマーを目指しているというJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。今回はちょっと趣向を変えて,海外ドラマ「House of Cards」(邦題:ハウス・オブ・カード 野望の階段)に登場するゲームの話をお届けします。

[2016/03/22 12:00]

【Jerry Chu】「The Witcher 3」にポーランドの歴史を見る

【Jerry Chu】「The Witcher 3」にポーランドの歴史を見る

 香港出身,現在は日本の大学院に籍を置き,ゲームプログラマーを目指しているというJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第2回は,日本でもヒットしたRPG「The Witcher 3: Wild Hunt」をプレイして感じたバックボーンの話をお届けします。

[2016/02/27 12:00]

【Jerry Chu】プレイヤーを貶める「Far Cry 4」

【Jerry Chu】プレイヤーを貶める「Far Cry 4」

 香港出身,現在は日本の大学院に籍を置き,ゲームプログラマーを目指しているというJerry Chu氏に,ひょんなことから4Gamerで不定期連載コラムを執筆してもらうことになりました。異国の価値観と視点を通してみると,話題の海外ゲームはどのように映るのか。あれこれ論じてもらいます。さっそくですが,第1回は「Far Cry 4」です。

[2016/02/06 12:00]

【ヒャダイン】成人式を見て思い出した,くにおくんのみすず

【ヒャダイン】成人式を見て思い出した,くにおくんのみすず

 成人式がどういうわけだか荒れてしまうというニュースが,もはや珍しくもなくなってしまった昨今。ヒャダイン氏はそんなニュースを眺めつつ,「熱血硬派くにおくん」のことを思い出したのだそうです。今回の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」は,そんな話題をお届けします。

[2016/01/30 00:00]

【ヒャダイン】主人公による窃盗問題を考えるんだ

【ヒャダイン】主人公による窃盗問題を考えるんだ

 RPGなんかで主人公が民家に上がり込んだうえ,室内を物色して金品を手に入れたりするけれど,アレって……。ゲーム好きなら誰もが一度は考えたことがあるであろうこの件を,どのように考えれば納得できるのか。2015年最後の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」では,そんな話題をお届けします。

[2015/12/29 12:20]

【山本一郎】「信長の野望・創造 with パワーアップキット」プレイレポート――輝け! 魂の姉小路家!〜夢の幕府開闢篇〜

【山本一郎】「信長の野望・創造 with パワーアップキット」プレイレポート――輝け! 魂の姉小路家!〜夢の幕府開闢篇〜

 弱小大名・姉小路家で戦国時代を生き抜く,山本一郎氏による「信長の野望・創造 with パワーアップキット」のプレイレポート「輝け! 魂の姉小路家!」がついに完結する。まさかの一年をまたぐ大作(のような感じ)となった本連載。父の意志を継ぎ,姉小路幕府を目指して北条家との決戦に挑む当主頼綱。姉小路家の命運やいかに!

[2015/12/29 00:10]

【ヒャダイン】「ポッ拳」で,拳を交えることの素晴らしさを知る

【ヒャダイン】「ポッ拳」で,拳を交えることの素晴らしさを知る

 現在,TV番組「ポケモンの家(うち)あつまる?」にレギュラー出演していることもあり,ポケモン漬けの日々を送っているというヒャダイン氏。このところ,「ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT」で遊ぶべく,ゲーセンにも通っているそう。今月の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」は,そんな話題をお届けします。

[2015/11/30 17:30]

【ヒャダイン】遊び人が賢者になるだなんて!

【ヒャダイン】遊び人が賢者になるだなんて!

 「ドラゴンクエスト」シリーズが大好きなヒャダイン氏。先日,「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」に思いを馳せてみたところ,遊び人が賢者に転職できる理由に思い当たったそう。今回の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」は,そんな妄想をお届けします。

[2015/10/31 00:00]

【島国大和】立った立った,ゲームキャラが立った!?

【島国大和】立った立った,ゲームキャラが立った!?

 自宅作業のウラで延々と「聖闘士星矢」を視聴していた島国大和でございます。いやー,青銅聖闘士と黄金聖闘士のキャラがハンパ無く立っていて,こりゃ30年たっても新作が出るわけだと感心したわけですが,それもありまして,ちょいとゲームにおける「キャラ立て」を考えてみたいと思います。

[2015/10/22 00:00]

【ヒャダイン】東京ゲームショウ2015に行ってきたよ!

【ヒャダイン】東京ゲームショウ2015に行ってきたよ!

 先日,東京ゲームショウ2015のステージイベントに登壇したヒャダイン氏。せっかくだからと初めて訪れた東京ゲームショウを見て回り,最も度肝を抜かれたのは,PlayStation VRだったそう。今月の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」は,そんなPlayStation VRの体験レポートを中心にお届けします。

[2015/09/30 17:30]
さらに記事を探す

トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月23日〜06月24日
タイトル評価ランキング
88
82
ARMS (Nintendo Switch)
82
NieR:Automata (PS4)
75
鉄拳7 (PS4)
69
2016年12月〜2017年06月