オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
TOP
TOP
オンラインゲーム
週刊連載
攻略ガイド
レビュー
インタビュー
ムービー
ゲームショウ一覧
プレゼント
読者レビュー
PCゲーム
Xbox One
PS3/PS4
PSV
Wii U
3DS
スマホ
VR
ハードウェア
アーケード
アナログ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

4Gamerコラムニスト

このページの最終更新日:2016/06/25 12:00

rss

 「4Gamerコラムニスト」は,4Gamerのライターやゲーム/ネット界隈の有名人に好き勝手に書いてもらう連載コーナー。以前4Gamerでもインタビューを行った島国大和氏やゲーム大好きテクニカル・ライターの西川善司氏,身も蓋もない話で人気のブロガー切込隊長など,多彩な執筆者にあれやこれやと語ってもらいます。


  • このページのURL:

キーワード

下線

【Jerry Chu】アクションゲームにストーリーは必要不可欠か

【Jerry Chu】アクションゲームにストーリーは必要不可欠か

 香港出身,現在は日本の大学院に籍を置き,ゲームプログラマーを目指しているというJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第8回はid Softwareの名作FPSをテーマに,アクションゲームにおけるストーリーの必要性について考えてみました。

[2016/06/25 12:00]

【Jerry Chu】「働く」のと「遊ぶ」のと,どちらが好き?

【Jerry Chu】「働く」のと「遊ぶ」のと,どちらが好き?

 香港出身,現在は日本の大学院に籍を置き,ゲームプログラマーを目指しているというJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第7回は,働くことと遊ぶことは相反するのか,というテーマを取り上げます。「ゲーム=遊び」と思われがちですが,実はそうではないのかもしれません。

[2016/06/04 12:00]

【ヒャダイン】“Playする映画”,極まりましたねえ

【ヒャダイン】“Playする映画”,極まりましたねえ

 発売から1週間で全世界累計実売本数が270万本を突破した,「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」。そのうちの1本を購入したのは,「アンチャーテッド」シリーズの大ファンであるヒャダイン氏です。今回の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」は,このゲームを最後まで遊んで感じたことなどをお届けします。

[2016/05/31 00:00]

【Jerry Chu】ゲームは「タイムトラベル」である

【Jerry Chu】ゲームは「タイムトラベル」である

 香港出身,現在は日本の大学院に籍を置き,ゲームプログラマーを目指しているというJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第6回は,ゲームに内包される「タイムトラベル」の側面について,じっくりと考えてみました。誰しも「過去に戻れたら,いいのになあ……」と思ったことはありますよね?

[2016/05/14 12:00]

【島国大和】“国産ゲームならではのこだわり”に未来はあるのか?

【島国大和】“国産ゲームならではのこだわり”に未来はあるのか?

 お久しぶりの島国大和です。最近のゲームシーンは,PlayStation 4が絶好調,Oculus VRの「Rift」もついに発売され,PlayStation VRへの期待も大と,なかなか熱いですが,何か足りないんですよ。そう,“国産”! 国産のすごいゲームが見たい! というわけで,今回は国産ゲームに見られるこだわりについてのお話です。

[2016/04/18 00:00]

【Jerry Chu】うまく写真が撮れない「Assassin’s Creed Syndicate」

【Jerry Chu】うまく写真が撮れない「Assassin’s Creed Syndicate」

 香港出身,現在は日本の大学院に籍を置き,ゲームプログラマーを目指しているというJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第5回は,Ubisoft Entertainmentの「Assassin’s Creed Syndicate」を取り上げます。ゲーム自体は非常に楽しかったものの,少々引っかかる点があったそうです。

[2016/04/16 12:00]

【西川善司】「Splatoon」ゲームパーティに再挑戦 Wii Uの思わぬ弱点があらわに?

【西川善司】「Splatoon」ゲームパーティに再挑戦 Wii Uの思わぬ弱点があらわに?

 7か月ぶりの掲載となる(善)後不覚第44回は,筆者主催の「Splatoon(スプラトゥーン)」ゲームパーティ第2回がテーマだ。第1回で悩まされた無線LANがらみのトラブルを踏まえて,万全の対策を取ったという西川氏。ところが,前回よりも参加人数が増えたこともあってか,また新たな問題に悩まされることに……。

[2016/04/12 00:00]

【Jerry Chu】消えていく言語,心に刺さる「METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN」

【Jerry Chu】消えていく言語,心に刺さる「METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN」

 香港出身,現在は日本の大学院に籍を置き,ゲームプログラマーを目指しているというJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第4回は,KONAMIの「METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN」に込められた“ある現実”について。なお,ネタバレ要素に言及しているので十分にご注意ください。

[2016/04/02 12:00]

【ヒャダイン】ニンテンドー2DSで「ポケットモンスター 赤・緑」!

【ヒャダイン】ニンテンドー2DSで「ポケットモンスター 赤・緑」!

 「ポケットモンスター 赤」がプリインストールされている,「ニンテンドー2DS『ポケットモンスター 赤』限定パック」を購入したというヒャダイン氏。プレイしながら,リアルタイムで遊んでいた頃のことを思い出すだけでなく,大人になった自分にも気付いたそう。今回の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」は,そんな話題です。

[2016/03/31 17:30]

【Jerry Chu】ゲームは「暗喩」になる

【Jerry Chu】ゲームは「暗喩」になる

 香港出身,現在は日本の大学院に籍を置き,ゲームプログラマーを目指しているというJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。今回はちょっと趣向を変えて,海外ドラマ「House of Cards」(邦題:ハウス・オブ・カード 野望の階段)に登場するゲームの話をお届けします。

[2016/03/22 12:00]

【Jerry Chu】「The Witcher 3」にポーランドの歴史を見る

【Jerry Chu】「The Witcher 3」にポーランドの歴史を見る

 香港出身,現在は日本の大学院に籍を置き,ゲームプログラマーを目指しているというJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第2回は,日本でもヒットしたRPG「The Witcher 3: Wild Hunt」をプレイして感じたバックボーンの話をお届けします。

[2016/02/27 12:00]

【Jerry Chu】プレイヤーを貶める「Far Cry 4」

【Jerry Chu】プレイヤーを貶める「Far Cry 4」

 香港出身,現在は日本の大学院に籍を置き,ゲームプログラマーを目指しているというJerry Chu氏に,ひょんなことから4Gamerで不定期連載コラムを執筆してもらうことになりました。異国の価値観と視点を通してみると,話題の海外ゲームはどのように映るのか。あれこれ論じてもらいます。さっそくですが,第1回は「Far Cry 4」です。

[2016/02/06 12:00]

【ヒャダイン】成人式を見て思い出した,くにおくんのみすず

【ヒャダイン】成人式を見て思い出した,くにおくんのみすず

 成人式がどういうわけだか荒れてしまうというニュースが,もはや珍しくもなくなってしまった昨今。ヒャダイン氏はそんなニュースを眺めつつ,「熱血硬派くにおくん」のことを思い出したのだそうです。今回の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」は,そんな話題をお届けします。

[2016/01/30 00:00]

【ヒャダイン】主人公による窃盗問題を考えるんだ

【ヒャダイン】主人公による窃盗問題を考えるんだ

 RPGなんかで主人公が民家に上がり込んだうえ,室内を物色して金品を手に入れたりするけれど,アレって……。ゲーム好きなら誰もが一度は考えたことがあるであろうこの件を,どのように考えれば納得できるのか。2015年最後の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」では,そんな話題をお届けします。

[2015/12/29 12:20]

【山本一郎】「信長の野望・創造 with パワーアップキット」プレイレポート――輝け! 魂の姉小路家!〜夢の幕府開闢篇〜

【山本一郎】「信長の野望・創造 with パワーアップキット」プレイレポート――輝け! 魂の姉小路家!〜夢の幕府開闢篇〜

 弱小大名・姉小路家で戦国時代を生き抜く,山本一郎氏による「信長の野望・創造 with パワーアップキット」のプレイレポート「輝け! 魂の姉小路家!」がついに完結する。まさかの一年をまたぐ大作(のような感じ)となった本連載。父の意志を継ぎ,姉小路幕府を目指して北条家との決戦に挑む当主頼綱。姉小路家の命運やいかに!

[2015/12/29 00:10]

【ヒャダイン】「ポッ拳」で,拳を交えることの素晴らしさを知る

【ヒャダイン】「ポッ拳」で,拳を交えることの素晴らしさを知る

 現在,TV番組「ポケモンの家(うち)あつまる?」にレギュラー出演していることもあり,ポケモン漬けの日々を送っているというヒャダイン氏。このところ,「ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT」で遊ぶべく,ゲーセンにも通っているそう。今月の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」は,そんな話題をお届けします。

[2015/11/30 17:30]

【ヒャダイン】遊び人が賢者になるだなんて!

【ヒャダイン】遊び人が賢者になるだなんて!

 「ドラゴンクエスト」シリーズが大好きなヒャダイン氏。先日,「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」に思いを馳せてみたところ,遊び人が賢者に転職できる理由に思い当たったそう。今回の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」は,そんな妄想をお届けします。

[2015/10/31 00:00]

【島国大和】立った立った,ゲームキャラが立った!?

【島国大和】立った立った,ゲームキャラが立った!?

 自宅作業のウラで延々と「聖闘士星矢」を視聴していた島国大和でございます。いやー,青銅聖闘士と黄金聖闘士のキャラがハンパ無く立っていて,こりゃ30年たっても新作が出るわけだと感心したわけですが,それもありまして,ちょいとゲームにおける「キャラ立て」を考えてみたいと思います。

[2015/10/22 00:00]

【ヒャダイン】東京ゲームショウ2015に行ってきたよ!

【ヒャダイン】東京ゲームショウ2015に行ってきたよ!

 先日,東京ゲームショウ2015のステージイベントに登壇したヒャダイン氏。せっかくだからと初めて訪れた東京ゲームショウを見て回り,最も度肝を抜かれたのは,PlayStation VRだったそう。今月の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」は,そんなPlayStation VRの体験レポートを中心にお届けします。

[2015/09/30 17:30]

【島国大和】ツールで楽になったところと,ならないところ。ゲームを作る最後の10%

【島国大和】ツールで楽になったところと,ならないところ。ゲームを作る最後の10%

 どうもお久しぶりの島国大和です。最近はUnityだ,Unreal Engineだ,Cocos2dだと,開発環境が整備されてきて,昔と比べるとゲームの作り方も変わりましたが,その一方で変わらず大変なところもあります。今も昔も,本当に大事なのは最後の10%。そこでの頑張りが,ゲームの良し悪しを決めるのです。

[2015/09/15 00:00]

【西川善司】「Splatoon(スプラトゥーン)」のゲームパーティを開催した話

【西川善司】「Splatoon(スプラトゥーン)」のゲームパーティを開催した話

 (善)後不覚第43回は,西川善司氏主催のゲームパーティ紹介シリーズ(?)最新作,「Splatoon(スプラトゥーン)」編だ。多くのゲーマーと同じく,Splatoon(スプラトゥーン)に心底ハマった氏が今回開催したのは,商用スペースを借り切ってのパーティ。仲間とわいわいゲームをプレイしたい人は,ぜひ参考にしてほしい。

[2015/09/10 12:00]

【ヒャダイン】ビッグタイトルばっかりで時間が足りないよ!!!

【ヒャダイン】ビッグタイトルばっかりで時間が足りないよ!!!

今でも日々,「Splatoon(スプラトゥーン)」を夢中で遊んでいるというヒャダイン氏。しかし,気になるゲームはほかにもいろいろあるようで,少しずつほかのゲームでも遊んでいるそう。今月の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」は,ここ最近のゲームプレイ記録といった感じの内容でお届けします。

[2015/08/31 15:30]

【西川善司】台湾メーカーが開発中のPC用裸眼立体視対応ディスプレイを評価してみた。立体視の良さを再確認できるが問題点もアリ

【西川善司】台湾メーカーが開発中のPC用裸眼立体視対応ディスプレイを評価してみた。立体視の良さを再確認できるが問題点もアリ

 「(善)後不覚」第42回では,台湾メーカーが開発中のPC用裸眼立体視ディスプレイをテストした話をお届けしたい。なぜいま立体視なのかはともかく,顔認識機能することで「見やすい裸眼立体視」を実現している点は評価できそうだが,さてどうか。立体視には一家言ある西川氏のインプレッションをどうぞ。

[2015/08/08 00:00]

【ヒャダイン】「Splatoon(スプラトゥーン)」に希望を感じた

【ヒャダイン】「Splatoon(スプラトゥーン)」に希望を感じた

 今年5月に任天堂より発売されて以来,コンシューマソフト週間販売ランキング上位の常連となっているWii U用ソフト「Splatoon(スプラトゥーン)」。今月の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」では,ヒャダイン氏がこのゲームをバリバリ遊びまくりながら考えたことなどをお届けします。

[2015/07/31 00:00]

【ヒャダイン】ゲームしながら罪悪感で凹むって何なのよ

【ヒャダイン】ゲームしながら罪悪感で凹むって何なのよ

 ダンスボーカルグループ「超特急」のリョウガさんからオススメされて,「inFAMOUS Second Son」をプレイしてみたヒャダイン氏。ゲームを堪能しつつも,悪の道へ進もうとすると良心の呵責を覚えたそう。そういえばかつてもゲームで悪いことをして,痛みを感じたことがあるような……。今回の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」は,そんな話題をお届けします。

[2015/06/30 15:00]

【山本一郎】「信長の野望・創造 with パワーアップキット」プレイレポート――輝け! 魂の姉小路家!〜怒涛の勢力拡大篇〜

【山本一郎】「信長の野望・創造 with パワーアップキット」プレイレポート――輝け! 魂の姉小路家!〜怒涛の勢力拡大篇〜

 「信長の野望・創造 with パワーアップキット」で弱小大名・姉小路家を選び,愛と情熱と打算と博打で戦い抜く山本一郎氏によるプレイレポート「輝け! 魂の姉小路家!」の中編を,半年ぶりにお届けします。後編はいつだろうと思っていたら,いつのまにか三部作になっており,担当編集もびっくりの本連載。姉小路家の明日はどっちだ!

[2015/06/27 00:00]

【ヒャダイン】箱庭ゲームをやって自分の半生に絶望

【ヒャダイン】箱庭ゲームをやって自分の半生に絶望

 あえて事前に内容を調べることなく,人気のゲームで遊んでみよう! ということで,「トロピコ 5」(PlayStation 4 / Xbox 360)を購入してみたヒャダイン氏。遊び始めてから一番苦手なジャンルの作品であることに気付いたそうですが,それでも面白いので遊び続けているそう。今月の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」は,そんな話題をお届けします。

[2015/05/30 00:00]

【西川善司】視線追跡機能付きVR HMDからAI搭載ミニ四駆まで。独創的な技術を持つベンチャー企業が集まる「Slush Asia」を見てきた

【西川善司】視線追跡機能付きVR HMDからAI搭載ミニ四駆まで。独創的な技術を持つベンチャー企業が集まる「Slush Asia」を見てきた

 「(善)後不覚」第41回では,東京お台場で4月24日に開催された,ベンチャー企業が自社の技術を披露するテクノロジー系イベント「Slush Asia」をレポートしたい。視線追跡機能搭載のHMDやドローンを使ったAR空中戦ゲーム,AI機能を搭載した改造ミニ四駆など,エンターテインメント寄りの興味深い技術をご覧あれ。

[2015/05/22 00:00]

【ヒャダイン】MP回復のドモ●ルンリンクル性について

【ヒャダイン】MP回復のドモ●ルンリンクル性について

 この連載,「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」で,たびたび「楽しみだ!」と叫び続けてきた,「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」(PlayStation 4 / PlayStation 3)。発売から3か月ほど経ちましたが,ついにじっくり遊べた模様。そんなヒャダイン氏,ふとしたことからRPGにおけるMPについて思いを巡らせたようです。

[2015/04/30 11:00]

【西川善司】Unite 2015で,馬に乗り,東京を空中散歩して,白猫や美女と戯れてきた話

【西川善司】Unite 2015で,馬に乗り,東京を空中散歩して,白猫や美女と戯れてきた話

 「(善)後不覚」第40回は,2015年4月13日と14日に開催された「Unite 2015 Tokyo」での展示ブースから,今回はとくにVR(可能現実)関係のデモを中心にレポートしてみよう。体感型ジェットコースターからリアルタイプ水着美女の縄跳びまで,さまざまなコンテンツを実際に体験しているので,日本国内でのVR開発の最先端の状況が確認できる。

[2015/04/24 00:00]

【島国大和】ゲームが大人気! その手柄は誰のものか?

【島国大和】ゲームが大人気! その手柄は誰のものか?

 皆さんお久しぶりの島国大和でございます。普通の社会人なら,1年以上も仕事をほっぽって許されるものではないのですが,それはそれ。今回は「ゲームの人気の責任は誰が取るのか」ということを考えてみました。個人的には,利益はリスクを負った人,名誉は,それの実現を達成したスキルの持ち主に,てのが理想だと思っていますが……。

[2015/04/18 00:00]

【ヒャダイン】忙しい毎日に「ツムツム」。

【ヒャダイン】忙しい毎日に「ツムツム」。

 ゲームで遊びたいという欲求を,もっぱらスマートフォンで満たしがちなヒャダイン氏。今月の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」は,「LINE:ディズニー ツムツム」(iOS / Android)で,レベルMAXまで育てたときに使い勝手がいい(と,ヒャダイン氏が思う)ツムについて紹介していきます。

[2015/03/31 00:00]

【ヒャダイン】史上まれに見るかわいそうな主人公,「ドラゴンクエストV」

【ヒャダイン】史上まれに見るかわいそうな主人公,「ドラゴンクエストV」

 つい先日,「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」(PlayStation 4 / PlayStation 3)が発売されました。ヒャダイン氏も非常に楽しみにしている様子でしたが,今回の「ヒャダインの『あの頃俺が若かった』」執筆時点では未発売。当然,感想など言えるはずもなく……。そこでひとまず,「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」にまつわる思い出をお届けします。

[2015/02/28 00:00]

【西川善司】友人を集めてゲームパーティーを開いてみました

【西川善司】友人を集めてゲームパーティーを開いてみました

 (善)後不覚第39回は,2014年末に西川善司氏が友人知人を集めて開催したゲームパーティと,それに関連する話題をお届けしたい。「ゲームパーティを開催して楽しかったね」で終わらずに,いろいろ課題と反省材料を見出しているあたりは,ゲーム業界を目指す人のヒントになる……かも。

[2015/02/26 11:00]

【ヒャダイン】「FF」の想い出をレコードキープする2015年。

【ヒャダイン】「FF」の想い出をレコードキープする2015年。

 TVCMに影響されて,「ファイナルファンタジー レコードキーパー」(iOS / Android)をプレイし始めたというヒャダイン氏。「ファイナルファンタジー」シリーズのファンとして,ハードルを上げた状態で臨んだそうですが,かなり楽しめている様子。今回の「ヒャダインの『あの頃俺が若かった』」は,そんな話題です。

[2015/01/31 00:00]

【山本一郎】「信長の野望・創造 with パワーアップキット」プレイレポート――輝け! 魂の姉小路家!〜風雲嫁取り篇〜

【山本一郎】「信長の野望・創造 with パワーアップキット」プレイレポート――輝け! 魂の姉小路家!〜風雲嫁取り篇〜

 かつて,いかに弱小であったとしても,愛と情熱と打算と博打で生き残る戦いはできるということを,名作「天下統一」で示した山本一郎氏。年明けに厄年を迎える氏は「この寒い冬に魂にエナジーを込めて生き抜こうじゃないか!」と,「信長の野望・創造 with パワーアップキット」で戦国時代に身を投じて魂に火を灯すことにしたみたいです。もちろん姉小路家で。

[2014/12/27 00:15]

【西川善司】勢い余って4Kを2画面導入。多画面マニアはついにフルHDディスプレイ15台分の解像度環境へ

【西川善司】勢い余って4Kを2画面導入。多画面マニアはついにフルHDディスプレイ15台分の解像度環境へ

 (善)後不覚第38回は,忘れた頃にやってくる,西川善司氏手持ちの多画面環境アップデートをお届けする。うっかり4Kディスプレイを2台入手という離れ業から始まって,氏の多画面環境は2014年末を迎えて果たしてどうなったのか。多画面環境導入のヒントも交えつつ,お届けしてみたい。

[2014/12/27 00:15]

【ヒャダイン】ポケモンを始めましたよっと。

【ヒャダイン】ポケモンを始めましたよっと。

 ヒャダイン氏は,2015年11月21日に発売されたニンテンドー3DS用ソフト「ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア」をプレイ中。今回の「ヒャダインの『あの頃俺が若かった』」では,この作品の感想などをお届けします。

[2014/12/27 00:00]

【ヒャダイン】「ツムツム」にオツムがツムツムしております。

【ヒャダイン】「ツムツム」にオツムがツムツムしております。

 最近,「LINE:ディズニー ツムツム」で,暇さえあればツムツムしているというヒャダイン氏。そういえば,ディズニーキャラクターが登場するゲームって,これまでにもいろいろとリリースされてきましたね。そんなこんなで今回の「ヒャダインの『あの頃俺が若かった』」では,懐かしの「ミッキーマウス 不思議の国の大冒険」のことを思い出してみます。

[2014/11/29 00:00]

【ヒャダイン】ただ美しいだけのゲームってのもいいじゃないの

【ヒャダイン】ただ美しいだけのゲームってのもいいじゃないの

 つい最近,PlayStation 3向けダウンロード専用ソフト「風ノ旅ビト」で遊んだところ,ゲームに対していつの間にか抱いていたイメージが覆されたというヒャダイン氏。ひょっとしたら,昔遊んだゲームの中にも,こういう作品があったのでは……? 今月の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」は,そんなお話です。

[2014/10/31 16:21]

【西川善司】AMDイベントで初上陸。インド・ゴア州はまるで「CryENGINE」の世界だった?

【西川善司】AMDイベントで初上陸。インド・ゴア州はまるで「CryENGINE」の世界だった?

 9月下旬に行われたAMDのイベントに参加すべく,初めてインドの地を訪れた西川善司氏。目的地に到着早々,スリリングなドライブにインドの洗礼を受けたそうだ。(善)後不覚第37回は,まるでゲームグラフィックスの世界に飛び込んだかのようなインドの風景について,ゲーマー視点でのレポートをお送りしよう。

[2014/10/11 00:00]

【ヒャダイン】「ドラクエ」×「無双」,だと……!?

【ヒャダイン】「ドラクエ」×「無双」,だと……!?

 今月初め,スクウェア・エニックスより発表された「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」(PlayStation 4 / PlayStation 3)。「ドラゴンクエスト」シリーズと「無双」シリーズが大好きなヒャダイン氏にとって,楽しみでたまらない一本だそうです。今回の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」では,この作品への期待と妄想を思いっきり語っていきます。

[2014/09/30 00:00]

【山本一郎】それぞれのモンケン。クラウドファンディングのあした

【山本一郎】それぞれのモンケン。クラウドファンディングのあした

 最近,何かと話題の「クラウドファンディング」。クリエイターに直接お金を投資する形でプロジェクトの立ち上げができるという,ある種の夢の仕組みとしてもてはやされる一方で,昨今では,手痛い失敗事例も出てきているなど,その難しさも明らかになってきました。山本一郎氏による連載コラム「茹で蛙たちの最後の晩餐」では,日本のゲームシーンにおけるクラウドファンディングの事例「モンケン」をピックアップします。

[2014/09/06 00:00]

【ヒャダイン】マリオとルイージって仲いいのかな

【ヒャダイン】マリオとルイージって仲いいのかな

 先日,ヒャダイン氏はバカリズムさんのライブの打ち上げに参加し,「マリオブラザーズ」で遊んだそうです。そんなときにふと浮かんだ疑問が,「マリオとルイージの兄弟仲ってどうなのよ?」。今月の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」では,そのあたりについて妄想してみます。

[2014/08/30 00:00]

【ヒャダイン】“ファミリー向けゲーム”からの置いてけぼり感ったら!

【ヒャダイン】“ファミリー向けゲーム”からの置いてけぼり感ったら!

 先日,「マリオカート8」をプレイするべく,Wii Uを購入したというヒャダイン氏。日々,楽しく遊んでいるそうなんですが,ふとした拍子に複雑な気分になってしまうこともあるのだとか。今月の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」は,そんな話題をお届けします。

[2014/07/31 18:00]

【ヒャダイン】“知らなきゃクリアできない≠糞ゲー”であるぞ

【ヒャダイン】“知らなきゃクリアできない≠糞ゲー”であるぞ

 ファミコン全盛期からゲームに慣れ親しんでいる人であれば,当時のゲームの理不尽な難しさに苦しまされた経験の一つや二つはあるはず。当時に比べたら,最近のゲームはプレイヤーに対して親切になっているのは明らかです。今月の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」は,そんな話題をお届けします。

[2014/06/30 21:00]

【ヒャダイン】PlayStation Vitaを買って,時代の変化に驚いた

【ヒャダイン】PlayStation Vitaを買って,時代の変化に驚いた

 相も変わらず「戦国無双4」(PlayStation 3 / PlayStation Vita)で遊び続けているヒャダイン氏。外でも戦国無双4を遊びたいあまりに,PlayStation Vita本体まで購入したのだとか。そして思い出したのはゲームボーイで遊んでいた少年時代のこと。今回の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」は,携帯型ゲーム機と子供達との関わりについて,ちょっぴり真面目に考えます。

[2014/05/31 00:00]

【ヒャダイン】「戦国無双4」のやりすぎで,高橋名人に思いを馳せる

【ヒャダイン】「戦国無双4」のやりすぎで,高橋名人に思いを馳せる

 今月の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」は,ヒャダイン氏が最近はまっている「戦国無双4」についての話題をお届けします。なんでも,ついつい夢中で遊びすぎてしまったがゆえに,ちょっとしたトラブルが発生してしまったんだとか。そしてそのトラブルをきっかけに,高橋名人のことを妄想してみたようです。

[2014/04/30 18:00]

【ヒャダイン】ゲームの中で闘う女の子って,グッときますよね。

【ヒャダイン】ゲームの中で闘う女の子って,グッときますよね。

 今月の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」は,ゲームに登場する女性キャラクターがテーマ。さまざまなゲームに,男性キャラクターと同等の能力を有する女性キャラクターが登場しますが,彼女達の存在がゲームの世界に何をもたらすのか? ちょっと真面目に考えていきます。

[2014/03/31 00:00]

【ヒャダイン】「ジャンプ」は永久に不滅です

【ヒャダイン】「ジャンプ」は永久に不滅です

 今年になって「ジョジョの奇妙な冒険」の魅力に気付いたヒャダイン氏。「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル」(PlayStation 3 / Xbox 360)でも遊んでいるそうです。そんなヒャダイン氏が最近楽しみにしているのは,「Jスターズ ビクトリーバーサス」(PlayStation 3 / PlayStation Vita)。今月の「ヒャダインの『あの頃俺は若かった』」は,そんな話題です。

[2014/02/28 00:00]
さらに記事を探す

トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月26日〜06月27日