オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

奥谷海人のAccess Accepted

このページの最終更新日:2017/04/24 12:00

rss

"PCゲーム開発の本場"といえる欧米の最新情報を,米国在住の奥谷海人氏が毎週紹介! 著名クリエイターを数多く友人に持つ奥谷氏ならではの人脈を生かし,ここでしか読めない生の情報をお届けしよう。


  • このページのURL:

Access Accepted第534回:コスプレだらけの「Star Wars Celebration」でゲームの将来を考える

Access Accepted第534回:コスプレだらけの「Star Wars Celebration」でゲームの将来を考える

 「Star Wars バトルフロント II」正式発表の場となった「Star Wars Celebration」。1〜2年ごとに場所を変えて開催される「スター・ウォーズ」ファンによるファンのためのイベントだ。ある意味,そんな場違いな会場に足を運ぶことになった筆者が,コスプレイヤーに囲まれつつゲームの将来を考えた。

[2017/04/24 12:00]

Access Accepted第533回:アウトソーシングと欧米ゲーム業界の現状

Access Accepted第533回:アウトソーシングと欧米ゲーム業界の現状

 「オーバーウォッチ」や「Rocket League」などの人気タイトルを陰で支えるのが,アウトソーシング。クレジットロールにさえ名前が載らないことがある専門メーカーが世界各地に数多くあり,かなりの数の著名なタイトルがそれらに頼っている。今週は,そんな欧米ゲーム業界の現状をお伝えしよう。

[2017/04/17 12:00]

Access Accepted第532回:パルマー・ラッキー氏がFacebookを退社。今後のVR産業はどうなる?

Access Accepted第532回:パルマー・ラッキー氏がFacebookを退社。今後のVR産業はどうなる?

 2017年3月31日,VRヘッドマウントディスプレイ「Rift」を開発したことで知られるOculus VRの共同創設者,パルマー・ラッキー氏がFacebookを退社した。今回は,現在のVR HMD市場を切り開いた立役者と言える,この青年の隆盛と衰微にスポットライトを当ててみよう。

[2017/04/10 12:00]

「奥谷海人のAccess Accepted」休載のお知らせ

[2017/04/03 12:00]

Access Accepted第531回:海外における恋愛シミュレーションゲーム事情

Access Accepted第531回:海外における恋愛シミュレーションゲーム事情

 GDC 2017に展示されたスペイン生まれのタイトルや,ヤンデレを描いた隠れた注目作など,恋愛シミュレーションゲームが欧米のゲーム市場に浸透しつつある様子だ。というわけで今週は,北米ゲーム市場における恋愛シミュレーションの過去と現在を探ってみよう。

[2017/03/27 12:00]

Access Accepted第530回:GDC 2017に見るオンラインハラスメントや多様性の問題

Access Accepted第530回:GDC 2017に見るオンラインハラスメントや多様性の問題

 世界最大規模のゲーム開発者向けイベント,Game Developers Conference 2017が閉幕した。開発のみならず,チームマネジメントやビジネスなど,広範なテーマで議論が行われたが,今週は,その中でも,オンラインハラスメントなどの「微妙な問題」について語られたセッションを紹介したい。

[2017/03/13 12:00]

Access Accepted第529回:いよいよ始まるGDCに向けて,Independent Games Festivalのノミネート作品をチェックする

Access Accepted第529回:いよいよ始まるGDCに向けて,Independent Games Festivalのノミネート作品をチェックする

 北米時間の2017年2月27日,世界最大規模のゲーム開発者会議Game Developers Conference 2017が始まる。今週は,イベント期間中に開催されるインディーズゲームの祭典,Independent Games Festivalの大賞,Seamus McNally Grand Prizeにノミネートされた6作品を紹介しよう。

[2017/02/27 12:00]

Access Accepted第528回:一般参加者を受け入れるE3。ゲームの祭典はどう変わるのか

Access Accepted第528回:一般参加者を受け入れるE3。ゲームの祭典はどう変わるのか

 史上初となる,1万5000人の一般入場者の受け入れを表明した,今年のE3。その存在意義が問われる出来事が続く,ゲーム業界関係者オンリーの巨大イベントが,新たな方向性を打ち出したことで,注目を集めている。4か月後に行われるE3は,果たしてどこへ向かっているのだろうか?

[2017/02/20 12:00]

Access Accepted第527回:Focus Home Interactiveとはどんなパブリッシャなのか? 同社の20年の歴史を支えてきたCEOにインタビュー

Access Accepted第527回:Focus Home Interactiveとはどんなパブリッシャなのか? 同社の20年の歴史を支えてきたCEOにインタビュー

 クトゥルフ神話をベースにした「Call of Cthulhu」など,気になる新作を次々に発表したFocus Home Interactive。このところ,日本での知名度も上がりつつある同社のCEOに話を聞いたので,その内容をお伝えしたい。Focusってどんな会社なの? と思っている人はぜひチェックしよう。

[2017/02/13 12:00]

Access Accepted第526回:「Nintendo Switch」,海外での反応と動き

Access Accepted第526回:「Nintendo Switch」,海外での反応と動き

 2017年3月3日の発売が明らかになった「Nintendo Switch」。本連載的に気になるのは,やはり海外での反応と動きだ。果たして,任天堂の新たなゲームハードは欧米ゲーム業界にどのように受けとめられているのか,大手パブリッシャの独占タイトルは出てくるのか,といったあたりを探ってみよう。

[2017/01/30 12:00]

Access Accepted第525回:2017年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ! (後編)

Access Accepted第525回:2017年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ! (後編)

 先週に引き続き,2017年に欧米市場でリリースされる予定の注目のゲーム20作品を紹介したい。大手メーカーのAAAタイトルからインディーズゲーム,そしてVRタイトルなど,さまざまなジャンルからピックアップしているので,きっと,あなたの遊びたい1本が見つかるはずだ。

[2017/01/23 12:00]

Access Accepted第524回:2017年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ! (前編)

Access Accepted第524回:2017年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ! (前編)

 2017年の第1弾となる本連載だが,例年のように「今年注目すべき欧米産タイトル」の紹介を行いたい。発売されるタイトル数が膨大な数にのぼり,また,大手のビッグタイトルでさえ売り上げが振るわないなど,欧米ゲーム業界にとって混沌の年だった2016年。果たして今年はどうなるのだろうか。

[2017/01/16 12:00]

Access Accepted第523回:海外ゲーム通ならプレイしておくべき2016年のタイトル10選

Access Accepted第523回:海外ゲーム通ならプレイしておくべき2016年のタイトル10選

 本連載の年末恒例記事,「海外ゲーム通ならプレイしておくべきタイトル10選」の2016年版をお届けしたい。通常のベストテンとは異なり,5年後,10年後,あのゲームが,今の欧米ゲーム業界を作り上げたと言われるかもしれないし言われないかもしれないタイトルを厳選して,お届けする。

[2016/12/26 12:00]

Access Accepted第522回:2016年の欧米ゲーム業界を振り返る

Access Accepted第522回:2016年の欧米ゲーム業界を振り返る

 VR対応ヘッドマウントディスプレイや,市場にあふれる新作タイトル,そしてセールスが振るわなくなってきた大手パブリッシャの大作タイトルと,2016年は欧米ゲーム業界にとって怒濤のような年だった。というわけで,今週はそんな2016年の欧米ゲーム業界を振り返ってみたい。

[2016/12/19 12:00]

Access Accepted第521回:インディーズだからこそ可能。アーティスティックな新作タイトル5選

Access Accepted第521回:インディーズだからこそ可能。アーティスティックな新作タイトル5選

 インディーズタイトルが爆発的に増加した2016年の欧米ゲーム市場だったが,そんな中,独自のアートワークや世界観でゲーマーにアピールする新規タイトルは少なくない。今週は,そんな,インディーズならではの個性的なゲームを5本,紹介したい。

[2016/12/12 12:00]

Access Accepted第520回:新作ラッシュにあえぐ中小デベロッパ

Access Accepted第520回:新作ラッシュにあえぐ中小デベロッパ

 「Steam」でリリースされたPCゲームのタイトル数は,2016年の現段階で実に4000本以上に達する。多数の中小デベロッパが盛んに新たなゲームをリリースしていることがその理由だが,そうした新作ラッシュの中,作ったゲームが誰にも知られないまま消えていくといったことも起きているようだ。

[2016/12/05 12:00]

Access Accepted第519回:最強のAIが「StarCraft」に挑戦状を叩きつける

Access Accepted第519回:最強のAIが「StarCraft」に挑戦状を叩きつける

 「AlphaGo」で人間のプロ棋士に勝利を収めたGoogle DeepMindが,次のターゲットに選んだのはPCゲームだった。同社はBlizzard Entertainmentと提携し,「StarCraft II」の対戦を想定したAIの開発を進めていくというのだ。ゲーム業界と関係の深いDeepMindの設立者の話題も交えて,紹介したい。

[2016/11/28 12:00]

Access Accepted第518回:PlayStation VRの売れ行き,データから浮かび上がるVR市場の現状

Access Accepted第518回:PlayStation VRの売れ行き,データから浮かび上がるVR市場の現状

 「PlayStation VR」が発売されてから1か月ほど経過したが,日本だけでなく,海外でも品薄状態が続いており,熱気は衰えていないようだ。今回は,11月初頭開催のゲーム開発者向けイベントで公開された市場データを基に,VRゲームの現状を紹介しておこう。

[2016/11/21 12:00]

Access Accepted第517回:ウォーキングシミュレータ「Virginia」が生んだ論争

Access Accepted第517回:ウォーキングシミュレータ「Virginia」が生んだ論争

 アドベンチャーゲームのサブジャンルとして,欧米では定着した感のある「ウォーキングシミュレータ」。従来のゲームとは異なる,新たなジャンルとして賞賛するメディアがある一方,プレイヤーの反応は冷ややかだ。そんなウォーキングシミュレータの新作に巻き起こった論争を紹介したい。

[2016/11/14 12:00]

Access Accepted第516回:ゲームメーカーに抗議デモを行ったアメリカの声優達

Access Accepted第516回:ゲームメーカーに抗議デモを行ったアメリカの声優達

 ゲームの中でキャラクターが普通にしゃべり,演技をするようになった現在,アメリカでは声優やパフォーマーに対する需要が高まり続けている。そんな声優達が,ゲーム会社を相手に待遇改善を求める抗議デモを行った。今週は,この話題について紹介したい。

[2016/10/31 12:00]

Access Accepted第515回:投資が利益になり得る,新しいクラウドファンディング「Fig」

Access Accepted第515回:投資が利益になり得る,新しいクラウドファンディング「Fig」

 今週は,この1年ほどで次第に欧米ゲーマーの注目を集めるようになったクラウドファンディング,「Fig」について紹介しよう。独立系ゲーム開発会社が支援するこのゲーム専門のサービスは,従来のものに比べて,どこがそんなに特徴的なのだろうか。

[2016/10/24 12:00]

Access Accepted第514回:Oculusの語る5年後のVR技術

Access Accepted第514回:Oculusの語る5年後のVR技術

 2016年10月5日〜7日,カリフォルニア州サンノゼで,Oculus VRの自社イベント「Oculus Connect 3」が開催された。基調講演に立ったのは,ゲームの歴史にも大きな影響を与えたマイケル・アブラッシュ氏。「5年後のVRデバイス」をテーマに語られた講演の模様をまとめた。

[2016/10/17 12:00]

Access Accepted第513回:パルマー・ラッキー氏の「政治活動」が招いたもの

Access Accepted第513回:パルマー・ラッキー氏の「政治活動」が招いたもの

 Oculus VRの設立者であるパルマー・ラッキー氏が現在,北米ゲーム業界の内外から批判にさらされている。原因は,共和党大統領候補を支援する団体にラッキー氏が寄付を行い,さらに活動に参加していると報道されたためだ。大統領選挙で盛り上がるアメリカで突然浮上したこの話題を紹介したい。

[2016/10/03 12:00]

Access Accepted第512回:なぜ今,農業シミュレーションなのか

Access Accepted第512回:なぜ今,農業シミュレーションなのか

 「Farming Simulator」が大きなセールスを記録するなど,どうやら今,農業をテーマにしたシミュレーションが熱いようだ。今週は,ニッチなジャンルであるにもかかわらず,プレイヤーの支持を受けるのはなぜか,ということを考えてみたい。合わせて,新たな農業シムタイトルも紹介しよう。

[2016/09/26 12:00]

Access Accepted第511回:モバイル市場参入で感じる任天堂ソフトのパワー

Access Accepted第511回:モバイル市場参入で感じる任天堂ソフトのパワー

 Appleの新製品発表会の,ある意味,最大のサプライズは「スーパーマリオラン」だったのではないだろうか。マリオがスマホの画面を駆けるという驚きと,宮本 茂氏自身がステージに立って発表からは任天堂の強い意志を感じる。今週はそんな任天堂の持つソフトの力を考えてみたい。

[2016/09/12 12:00]

Access Accepted第510回:“ブレクジット”は欧米ゲーム業界に影響を与えるか

Access Accepted第510回:“ブレクジット”は欧米ゲーム業界に影響を与えるか

 イギリスのEU離脱を欧米では,「ブリテン」(Britain)と「退出する」(Exit)という2つの単語をつなげて,「ブレクジット」(Brexit)と呼んでいる。今週は,このブレクジットによって,市場としても開発においても非常に重要なイギリスのゲーム業界が,どのような影響を受けるのかを考えてみたい。

[2016/09/05 12:00]

Access Accepted第509回:ドイツで見たロシアが注目する南米のゲームを紹介

Access Accepted第509回:ドイツで見たロシアが注目する南米のゲームを紹介

 ドイツ・ケルンで開催されたゲームイベント,gamescom 2016。新情報を発信する場としての機能は減りつつあるが,E3や東京ゲームショウでお目にかかれないタイトルを発見する面白さは健在だ。今週は,ロシアの1C Companyのブースにあった,南米生まれのタイトルを紹介したい。

[2016/08/29 12:00]

Access Accepted第508回:「Pokémon GO」フィーバーに見るARゲームの躍進

Access Accepted第508回:「Pokémon GO」フィーバーに見るARゲームの躍進

 もはや社会現象ともいえるフィーバーを巻き起こしている「Pokémon GO」。VR元年と呼ばれる今年,最大のヒットを記録したのはARタイトルだった。今週は,そんな「Pokémon GO」をメインに,ARゲームというコンセプトと,将来を探ってみたい。

[2016/08/15 12:00]

Access Accepted第507回:リオ五輪開催記念。ゲームとアスリート達

Access Accepted第507回:リオ五輪開催記念。ゲームとアスリート達

 4年に1度のスポーツの祭典,オリンピックがブラジルのリオデジャネイロで始まった。強盗や汚染問題など,いささか怖いニュースも聞こえてくるが,選び抜かれた世界中の選手達が全力で競う姿は美しい。今週はそれを記念して,アスリートがからんだゲームのニュースをいくつかお届けしよう。

[2016/08/08 12:00]

Access Accepted第506回:ゲーム産業に広がるチャリティの波と「HELP: The Game」

Access Accepted第506回:ゲーム産業に広がるチャリティの波と「HELP: The Game」

 2015年度には235億ドル規模になったといわれるゲーム産業。しかし,こと社会貢献の側面においては,まだまだといった印象を受ける。今回はヨーロッパの独立系デベロッパ11社がリリースしたチャリティプロジェクト「HELP: The Game」と,その背景について紹介しよう。

[2016/08/01 12:00]

Access Accepted第505回:アーリーアクセスはゲームにとって吉か凶か?

Access Accepted第505回:アーリーアクセスはゲームにとって吉か凶か?

 開発途中のバージョンを販売して資金を得,開発を続ける「アーリーアクセス」が欧米ゲーム業界で増えている。パブリッシャに頼ることなくゲームが作れ,プレイヤーの意見が反映できるなど,さまざまなメリットが言われているが,完成しないゲームも少なくない。今週は,そんなアーリーアクセスを考える。

[2016/07/25 12:00]

Access Accepted第504回:「CS: GO」のギャンブルサイトと人気YouTuberをめぐるスキャンダル

Access Accepted第504回:「CS: GO」のギャンブルサイトと人気YouTuberをめぐるスキャンダル

 ValveのオンラインFPS「Counter-Strike: Global Offensive」のスキンを使ったギャンブル,いわゆる「スキン賭博」が規模を広げ,問題が指摘されるようになっている。さらに最近,有力ギャンブルサイトを運営していたのが超人気YouTuberだったことが明らかになり,事態は新たな局面に。今週は,この話題をまとめてみよう。

[2016/07/11 12:00]

Access Accepted第503回:Oculus VRの「Rift」は開かれたプラットフォームになるか?

Access Accepted第503回:Oculus VRの「Rift」は開かれたプラットフォームになるか?

 ゲーム産業の新たな牽引役として期待のかかるVR対応ヘッドマウントディスプレイ。その代表ともいえるOculus VRが,ユーザーの批判を受けて,SteamVR互換性排除の機能を削除した。今週は,Oculus VRの過去を振り返りつつ,その経過をまとめてみたい。Riftは果たして,開かれたプラットフォームになるのだろうか。

[2016/07/04 12:00]

Access Accepted第502回:欧米ゲーム業界最大のイベント,E3 2016に思う

Access Accepted第502回:欧米ゲーム業界最大のイベント,E3 2016に思う

 北米最大規模のゲームイベント,E3 2016が2016年6月16日に閉幕した。大手パブリッシャの不在や,一般向けの独自イベント「E3 Live」の開催など,例年になくゲーム以外の話題が多かった今回のE3をまとめてみよう。E3取材歴22年を誇るライターの奥谷氏の目に,今年のイベントはどう映ったのだろうか。

[2016/06/27 12:00]

Access Accepted第501回:大きな期待と不安が交錯する「E3 2016」

Access Accepted第501回:大きな期待と不安が交錯する「E3 2016」

 北米最大規模のゲームイベント,E3が今年もやってくる。とはいえ,ActivisionやElectronic Artsなどの大手メーカーがブース出展を取りやめたり,一般向けのイベント「E3 Live」を併催したりなど,今回の「E3 2016」はこれまでとは大きく様変わりするかもしれない。今週は,現段階で分かっているE3情報をまとめてみた。

[2016/06/06 12:00]

Access Accepted第500回:500回記念〜勝手に予想するゲーム産業の未来

Access Accepted第500回:500回記念〜勝手に予想するゲーム産業の未来

 2004年9月にスタートして以来,「奥谷海人のAccess Accepted」連載第500回を迎えた。欧米の最新ゲーム事情をアメリカからお届けする,という趣旨でスタートして以来,約12年。欧米だけでなく世界のゲーム事情はスタート時には想像もできなかったほど大きく変化した。今週は,次の500回に向けてゲーム産業の未来を予想したい。

[2016/05/30 12:00]

Access Accepted第499回:名門スタジオの閉鎖とイギリスゲーム業界

Access Accepted第499回:名門スタジオの閉鎖とイギリスゲーム業界

 Microsoft Games傘下のLionhead Studiosが2016年4月29日,20年にわたる歴史に幕を下ろした。「Fable」シリーズで知名度の高いスタジオだが,創設者の1人であるピーター・モリニュー氏もすでに去り,開発中の「Fable Legends」はキャンセルされた。今週は,そんなLionheadの歴史をたどり,合わせてイギリスのゲーム業界の今を俯瞰したい。

[2016/05/23 12:00]

Access Accepted第498回:「Call of Duty: Infinite Warfare」のトレイラー炎上に見る,ゲーマーの求めるもの

Access Accepted第498回:「Call of Duty: Infinite Warfare」のトレイラー炎上に見る,ゲーマーの求めるもの

 Activisionが制作発表を行った「Call of Duty: Infinite Warfare」のトレイラーが,YouTubeの「最も不評だったビデオ」にランクインして,メディアやゲーマーの話題になっている。シリーズ累計で2億本以上のセールスを記録したモンスターシリーズに何が起こっているのか? 「Call of Duty」シリーズの過去を振り返りつつ,今回の騒ぎの裏側にあるものを探ってみたい。

[2016/05/16 12:00]

Access Accepted第497回:ゲームで斜視が治った! VRデバイスの未来的可能性

Access Accepted第497回:ゲームで斜視が治った! VRデバイスの未来的可能性

 北米時間2016年4月27日〜29日,カリフォルニア州サンノゼで開催されたイベント「Silicon Valley Virtual Reality Conference & Expo 2016」で,VRデバイスと専用ゲームを使って,自分の斜視を治したというセッションが開催された。VRの可能性を垣間見せるような,このセッションの模様を,開発者の奮闘を中心にお伝えしよう。

[2016/05/09 12:00]

Access Accepted第496回:VRゲーム市場は立ち上がるか?

Access Accepted第496回:VRゲーム市場は立ち上がるか?

 Oculus VRの「Rift」とHTCの「Vive」が続けて市場に投入され,ついにVRゲーム市場が本格的に幕を開けようとしている。とはいえ,これまで一般的とは呼べなかった市場でもあるだけに,ハードウェアメーカーもソフトウェア開発者達も,分からないことが多い状況のようだ。今週は,そんなVRゲーム市場の立ち上がりを追った。

[2016/04/25 12:00]

Access Accepted第495回:「グランド・セフト・オート V」をめぐる2つの訴訟

Access Accepted第495回:「グランド・セフト・オート V」をめぐる2つの訴訟

 超人気タイトルとして知られてる「グランド・セフト・オート」シリーズはまた,訴訟を良く起こされることでも有名だ。大ヒットした最新作「グランド・セフト・オート V」で起きた2つの訴訟を取り上げてみたい。1つは,まあ,またかという雰囲気だが,もう1つは今後,深刻な事態に発展する可能性がある。

[2016/04/18 12:00]

Access Accepted第494回:医療現場で成果を発揮するゲーム

Access Accepted第494回:医療現場で成果を発揮するゲーム

 日々,我々を楽しませてくれるゲームだが,娯楽だけでなく,ゲームをさまざまな分野で活用しようという取り組みもあちこちで行われている。その1つが医療現場で,今週は,小児がん患者に対する,ある非営利団体のゲームを使った支援の模様と,新たなジャンルになりそうな「医療ゲーム」について紹介したい。

[2016/04/11 12:00]

「奥谷海人のAccess Accepted」休載のお知らせ

[2016/04/04 12:00]

Access Accepted第493回:VR時代の覇者となるハードは?

Access Accepted第493回:VR時代の覇者となるハードは?

 欧米メディアが「VR元年」(The Year of VR)と呼ぶ2016年のGame Developers Conferenceは,予想どおり右を向いても左を見てもVR関連の話題やデモでもちきりだった。今週は,そんなGDC 2016での盛り上がりを踏まえて,リリースが予定されている3種類のVR対応ヘッドマウントディスプレイを比較してみたい。

[2016/03/28 12:00]

Access Accepted第492回:GDC 2016で開催される,インディーズゲーム大賞のノミネート作品をチェック

Access Accepted第492回:GDC 2016で開催される,インディーズゲーム大賞のノミネート作品をチェック

 世界最大規模のゲーム開発者会議,Game Developers Conferenceが2016年3月14日〜18日,カリフォルニア州サンフランシスコで開催される。今週は,GDC 2016の見どころと,優秀なインディーズゲームに賞を贈る「Independent Game Festival」にノミネートされた作品を紹介したい。

[2016/03/14 12:00]

Access Accepted第491回:Xboxのキーパーソン,アーロン・グリーンバーグ氏インタビュー

Access Accepted第491回:Xboxのキーパーソン,アーロン・グリーンバーグ氏インタビュー

 2016年2月25日にサンフランシスコで開催された「Xbox Spring Showcase 2016」で,Windows 10を軸としたUniversal Windows Platform戦略を大きくアピールしたMicrosoft。その戦略について,Xbox部門のマーケティングを担当するアーロン・グリーンバーグ氏に話を聞く機会を得たので,日本市場の動向を含めて質問をぶつけてきた。

[2016/03/07 12:00]

Access Accepted第490回:いよいよ到来するVR時代のハードとソフト

Access Accepted第490回:いよいよ到来するVR時代のハードとソフト

 2016年は,HTCの「Vive」を始め,Oculus VRの「Rift」,Sony Compter Entertainmentの「PlayStation VR」など,VR(仮想現実)対応ヘッドマウントディスプレイが次々と市場に投入される「VR元年」とも呼べそうな年だ。果たしてVRは我々ゲーマーになにをもたらすのか? ゲームはどう変わるかのか? について考えてみたい。

[2016/02/29 12:00]

Access Accepted第489回:2016年のリリースを取りやめた,「アサシン クリード」という大きなフランチャイズ

Access Accepted第489回:2016年のリリースを取りやめた,「アサシン クリード」という大きなフランチャイズ

 「アサシン クリード」シリーズの最新作が,2016年にはリリースされないことがUbisoft Entertainmentから発表された。多くのファンが残念に思う一方,「仕方がない」と受けとめているゲーマーも少なくないという。2009年以降,毎年新作が発売され,ゲームの規模も年ごとに大きくなってきた本シリーズの歴史を振り返りつつ,将来を考えてみたい。

[2016/02/22 12:00]

Access Accepted第488回:再注目されるエピソディックゲーム

Access Accepted第488回:再注目されるエピソディックゲーム

 10年前に登場して話題になったものの,その後,ほぼ忘れられた存在になっていたゲームの販売手法,「エピソディックゲーム」が再び注目を集めている。Telltale Gamesの「The Walking Dead」シリーズのヒットから火が付き,2016年にはこの方法を採用したタイトルが次々に登場する予定だ。今週は,そんなエピソディックゲームを考察してみたい。

[2016/02/15 12:00]

Access Accepted第487回:Electronic Artsがブース出展を取りやめたE3 2016

Access Accepted第487回:Electronic Artsがブース出展を取りやめたE3 2016

 アメリカの大手パブリッシャ,Electronic Artsが,「ゲーム業界の最重要イベント」とも言われるE3 2016でブース出展を行わないことが明らかになった。その代わり,E3 2106開催直前に,会場のそばでファン参加型の独自イベントを開催するという。今週は,この話題を中心に,存在意義が問われるE3の現状について紹介したい。

[2016/02/08 12:00]
さらに記事を探す

トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月29日〜04月30日
タイトル評価ランキング
87
82
NieR:Automata (PS4)
70
FINAL FANTASY XV (PS4)
69
2016年10月〜2017年04月