オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

レビュー

このページの最終更新日:2018/02/17 00:00


  • この記事のURL:

キーワード

下線

Lenovo「Legion Y720 Tower」ミニレビュー。Ryzen 7 1800X&RX 570搭載で税込14万円台半ばなゲーマー向けPCの実力は

Lenovo「Legion Y720 Tower」ミニレビュー。Ryzen 7 1800X&RX 570搭載で税込14万円台半ばなゲーマー向けPCの実力は

 Lenovoのゲーマー向けPCでは初となるRyzenプロセッサ採用モデル「Legion Y720 Tower」は,8C16T対応の「Ryzen 7 1800X」と「Radeon RX 570」,容量16GBのメインメモリを搭載しながら,税込実勢価格が14万円台半ばとなっている価格対スペック比の高い製品だ。気になる実力はどれほどか,検証してみよう。

[2018/02/17 00:00]

「Ryzen 5 2400G」「Ryzen 3 2200G」レビュー。デスクトップPC向けRaven Ridgeはゲーマーの選択肢になるか?

「Ryzen 5 2400G」「Ryzen 3 2200G」レビュー。デスクトップPC向けRaven Ridgeはゲーマーの選択肢になるか?

 2018年2月12日23:00,AMDは,開発コードネーム「Raven Ridge」と呼ばれてきたAPUのデスクトップPC向けモデル「Ryzen 5 2400G」「Ryzen 3 2200G」を正式に発表した。4Gamerでは気になる「Ryzen+Radeon Vega」な新世代APUをテストすることができたので,その結果をお届けしたい。

[2018/02/12 23:00]

SteelSeries「Sensei 310」「Rival 310」レビュー。「TrueMove3」光学センサー搭載の形違いマウス2製品,その実力やいかに

SteelSeries「Sensei 310」「Rival 310」レビュー。「TrueMove3」光学センサー搭載の形違いマウス2製品,その実力やいかに

 発売から時間が経ってしまったが,SteelSeriesの新しい主力モデルとなるマウス「Sensei 310」「Rival 310」のレビューをお届けしたい。同じ光学センサー「TrueMove3」を搭載しつつ,片方は左右対象形状,片方は右手向け形状というユニークな仕様だが,これらをBRZRK氏はどう見ただろうか。

[2018/02/03 00:00]

「Classic IntelliMouse」ミニレビュー。伝説的マウスの復刻版は2018年の新定番になれるか?

「Classic IntelliMouse」ミニレビュー。伝説的マウスの復刻版は2018年の新定番になれるか?

 後に多くの“クローン”を生んだ伝説的ワイヤードマウス「IntelliMouse Explorer 3.0」。その復刻版となるのが,Microsoftから2018年1月26日に発売予定の「Classic IntelliMouse」だ。4Gamerでは発売に先立ち,短時間ながらテストする機会が得られたので,まずはセンサー性能に絞って,インプレッションをまとめてみたい。

[2018/01/25 00:00]

「SSD 860 PRO」「SSD 860 EVO」レビュー。Samsungの新しいSATA 6Gbps接続型SSDは何が変わったのか

「SSD 860 PRO」「SSD 860 EVO」レビュー。Samsungの新しいSATA 6Gbps接続型SSDは何が変わったのか

 2018年1月24日0:00,Samsung Electronicsは,SATA 6Gbps接続で2.5インチストレージ互換となるSSDの新製品「SSD 860 PRO」「SSD 860 EVO」を発表した。国内発売に関する情報はまだ得られていないが,4Gamerでは実機を入手できたので,従来製品から何が変わったのか,テストを通じて明らかにしてみたい。

[2018/01/24 00:00]

「ZOTAC GeForce GTX 1070 Ti AMP Edition」レビュー。新しい「AMP」モデルは,クーラーの冷却能力と静音性に注目!?

「ZOTAC GeForce GTX 1070 Ti AMP Edition」レビュー。新しい「AMP」モデルは,クーラーの冷却能力と静音性に注目!?

 クロックアップモデル「AMP Edition」の名を冠する,ZOTAC製グラフィックスカード「ZOTAC GeForce GTX 1070 Ti AMP Edition」。メーカーレベルのクロックアップが認められていないGTX 1070 Tiを搭載しつつ,ZOTACはいかにして高い動作クロックを実現しようとしているのだろうか。テストから明らかにしてみたい。

[2018/01/19 00:00]

「TURBO-GTX1070TI-8G」レビュー。ASUSから登場した外排気仕様のGTX 1070 Tiカード,その存在意義を探る

「TURBO-GTX1070TI-8G」レビュー。ASUSから登場した外排気仕様のGTX 1070 Tiカード,その存在意義を探る

 最近のASUSは,グラフィックスカードにさまざまなシリーズ名を与えているが,今回取り上げる「TURBO-GTX1070TI-8G」は,外排気仕様を採用するTURBOシリーズの新製品だ。「GeForce GTX 1070 Ti」搭載のASUS製GTX 1070 Tiカードの中では最廉価となる本製品,その存在意義はどこにあるだろうか。テストから明らかにしたい。

[2018/01/16 00:00]

じわりと来る精神的な恐怖が味わえる「DYING:Reborn」レビュー。魚頭の男に閉じ込められたホステルから,謎を解いて脱出しよう

じわりと来る精神的な恐怖が味わえる「DYING:Reborn」レビュー。魚頭の男に閉じ込められたホステルから,謎を解いて脱出しよう

 DMM.comが本日(2018年1月11日)配信を開始したPC用ホラーアドベンチャー「DYING:Reborn」のレビューをネタバレなしでお届けしよう。本作は中国のOasis Gamesがパブリッシングするタイトルで,謎の魚頭の男が徘徊するホステルから脱出するという作品だ。モンスターやグロといった直接的な表現ではなく,間接的にじわりと来る精神的な恐怖が楽しめる。

[2018/01/11 18:00]

2017年版「Razer Blade」の4Kパネル搭載モデル,ミニレビュー。本気でゲームに使ってみた

2017年版「Razer Blade」の4Kパネル搭載モデル,ミニレビュー。本気でゲームに使ってみた

 14型のゲーマー向けノートPC「Razer Blade」。その2017年モデルにおけるバリエーションである4K液晶パネル搭載製品を入手したので,ゲーム用途に絞ったミニレビューをお届けしたい。Razerの主力機,その実力はどれほどだろうか。

[2018/01/06 09:00]

「The Elder Scrolls V: Skyrim VR」の冒険は最高。メインクエスト完了まで遊んだうえで,通常版より圧倒的に面白いと断言する

「The Elder Scrolls V: Skyrim VR」の冒険は最高。メインクエスト完了まで遊んだうえで,通常版より圧倒的に面白いと断言する

 2017年12月14日に,PlayStation 4用ソフト「The Elder Scrolls V: Skyrim VR」が発売された。オープンワールドRPGの傑作をそのままVR化した本作だが,通常版を散々遊び込んだうえでプレイすると,VRのスカイリムはどのように映るのか。アルドゥインをぶっ飛ばし,メインクエストを完了するところまでじっくりプレイしてみた。

[2017/12/28 00:45]

「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」レビュー。“別バージョン”以上の追加要素を満載した,これまでと立ち位置の異なるタイトル

「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」レビュー。“別バージョン”以上の追加要素を満載した,これまでと立ち位置の異なるタイトル

 2017年11月17日に発売された「ポケットモンスター」シリーズ最新作,「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」のレビューをお届けしよう。従来までの“別バージョン”に近いタイトルでありながら,それ以上と言える新要素が満載で,これまでとは違った展開と進化をしているタイトルだ。

[2017/12/27 00:00]

シャープ製スマートフォン「AQUOS R Compact」レビュー。ゲームもけっこういける小型で高性能な端末だ

シャープ製スマートフォン「AQUOS R Compact」レビュー。ゲームもけっこういける小型で高性能な端末だ

 2017年12月下旬に,KDDIとソフトバンクから,シャープ製のAndroidスマートフォン「AQUOS R Compact」が発売となる。コンパクトなボディと,液晶パネル上端にフロントカメラが食い込んだデザインが特徴の製品だ。ソフトバンクモデルの製品直前版を試用する機会を得たので,ベンチマークとゲームで,その実力を検証してみたい。

[2017/12/16 12:00]

「ゲームの画質が良くなる」というHDMIケーブル「mCable」を試す。オカルトと思いきや映像エンジン搭載,ただ実力は?

「ゲームの画質が良くなる」というHDMIケーブル「mCable」を試す。オカルトと思いきや映像エンジン搭載,ただ実力は?

 米国のMarseilleという企業が「使うだけでゲームの画質がよくなる」というHDMIケーブル「mCable」を発売した。単なるオカルト……と思いきや,ケーブル側に映像エンジンを搭載し,USB駆動でリアルタイム処理するという,面白い製品だ。では,このケーブルに何を期待できるのか。西川善司氏によるレビューをお届けしたい。

[2017/12/09 00:00]

GTX 1070&120Hz液晶パネル搭載のMSI製ノートPC「GE63VR 7RF-003JP」レビュー。「ゲーム専用機」を探しているならアリ

GTX 1070&120Hz液晶パネル搭載のMSI製ノートPC「GE63VR 7RF-003JP」レビュー。「ゲーム専用機」を探しているならアリ

 MSI製ゲーマー向けノートPCの主力であるGEシリーズ。その「GeForce GTX 1070」搭載モデルである「GE63VR 7RF Raider(003JP)」を入手できたので,テスト結果をお伝えしたい。その基本性能は相当に高く,ゲーム専用機として捉えるならアリというのがテスターの結論だが,さて,どういう意味だろう?

[2017/12/04 00:00]

MSI「GeForce GTX 1070 Ti GAMING X 8G」レビュー。GTX 1070 TiはオーバークロックでGTX 1080に迫れるのか

MSI「GeForce GTX 1070 Ti GAMING X 8G」レビュー。GTX 1070 TiはオーバークロックでGTX 1080に迫れるのか

 「GeForce GTX 1070 Ti」のリリースにあたって,NVIDIAがカードメーカーにクロックアップ版の発売を禁止したのは記憶に新しいところだが,ではクロックを引き上げると本当にGTX 1080を“喰う”存在になるのだろうか? Twin Frozr VIクーラー搭載のMSI製カードを入手し,実際にオーバークロックを試したので,結果をお伝えしたい。

[2017/11/29 00:00]

BenQ ZOWIEの新作キーボード「CELERITAS II」レビュー。研ぎ澄まされたリニアなスイッチは文句なしに素晴らしい

BenQ ZOWIEの新作キーボード「CELERITAS II」レビュー。研ぎ澄まされたリニアなスイッチは文句なしに素晴らしい

 BenQ ZOWIEから登場した新しいゲーマー向けキーボード「CELERITAS II」は光学スイッチを「Cherry MXのチャタリング対策」として採用し,その押下特性を徹底的にカスタマイズしたというのがウリだが,果たしてそれはどういうことなのだろうか? 初めて行うテストも交えつつ,その実力を明らかにしていきたい。

[2017/11/27 00:00]

Mionix製キーボード「WEI」レビュー。見た目重視のブランドは,「Cherry MX RGB Red」キースイッチ搭載モデルをどう仕上げたか

Mionix製キーボード「WEI」レビュー。見た目重視のブランドは,「Cherry MX RGB Red」キースイッチ搭載モデルをどう仕上げたか

 Mionixにとって久しぶりとなるゲーマー向けキーボードが,「Cherry MX RGB Red」キースイッチを採用する「WEI」だ。最近になって見た目重視の方向性を打ち出しているMionixは,定番のメカニカルキースイッチ採用モデルをどう料理したのか。テスト結果をお届けしたい。

[2017/11/20 00:00]

新生DHARMAPOINTの第1弾製品となるマウス「DPTM37BK」レビュー。復活した「三七」はゲーマーの期待に応えられるか

新生DHARMAPOINTの第1弾製品となるマウス「DPTM37BK」レビュー。復活した「三七」はゲーマーの期待に応えられるか

 「日本発のゲーマー向け製品ブランド」として国内PCゲーマーの支持を集めていたDHARMAPOINTが別会社の下で復活。その第1弾製品となるマウス「ダーマタクティカルマウス」(DPTM37BK)が発売となったが,この製品は,かつての「三七」を支持していたゲーマーにとっての最適解となるのだろうか。BRZRK氏が検証する。

[2017/11/14 00:00]

「Razer Blade Pro」ノートPCの2017年モデルを試す。薄型メカニカルキースイッチはとにかく素晴らしく,これだけでも買う価値がある

「Razer Blade Pro」ノートPCの2017年モデルを試す。薄型メカニカルキースイッチはとにかく素晴らしく,これだけでも買う価値がある

 Razer製ノートPCのフラグシップである17.3インチ液晶搭載モデル「Blade Pro」。その2017年モデルを入手できたので,テスト結果をお伝えしたい。4K&G-SYNC対応のIGZOパネル,そしてRazer独自の薄型メカニカルキースイッチを採用する最新型は,ゲーマーに何をもたらしてくれるだろうか。

[2017/11/13 00:00]

ZOTACのミニベアボーンPC「ZBOX MAGNUS EN51050」レビュー。GTX 1050+Core i5-7500T搭載の小型PCでゲームはどれくらい動くのか

ZOTACのミニベアボーンPC「ZBOX MAGNUS EN51050」レビュー。GTX 1050+Core i5-7500T搭載の小型PCでゲームはどれくらい動くのか

 ZOTACのベアボーンキットであるZBOXシリーズは,コンパクトサイズの筐体に単体GPUを内蔵して,ゲーム用途にも使える製品をラインナップしている。今回はその中から,GeForce GTX 1050とCore i5-7500Tを標準搭載するエントリー市場向けモデル「ZBOX MAGNUS EN51050」を使い,ゲームがどの程度快適にプレイできるのかを検証してみたい。

[2017/11/06 17:14]

「V!勇者のくせになまいきだR」レビュー。魔王やムスメとともに,箱庭の上で魔物を育てて攻め込もう

「V!勇者のくせになまいきだR」レビュー。魔王やムスメとともに,箱庭の上で魔物を育てて攻め込もう

 SIEJAより2017年10月14日に発売されたPlayStation VR専用タイトル「V!勇者のくせになまいきだR」のレビューをお届けしよう。「勇なま」シリーズの最新作は,舞台がフィールドとなり,目の前に表示された箱庭で魔物を増やして世界征服を目指すことになる。RTSの戦略性と,VRならではの操作感が楽しいタイトルだ。

[2017/11/06 12:52]

「FIFA 18」レビュー。若きフットボーラーの成長と挫折を描くストーリーモード「The Journey」がさらに熱い

「FIFA 18」レビュー。若きフットボーラーの成長と挫折を描くストーリーモード「The Journey」がさらに熱い

 エレクトロニック・アーツのサッカーゲームシリーズ最新作「FIFA 18」が発売中だ。日夜,オンライン上のピッチを駆け巡り,一喜一憂を繰り返している筆者だが,「FIFA 18」はシングルプレイ用ストーリーモード「The Journey」が前作以上に充実している点も見逃せない。

[2017/11/04 00:00]

「GeForce GTX 1070 Ti」レビュー。GTX 1080より100ドル安価な新型GPUは,2017年クリスマス商戦の主役となり得るか?

「GeForce GTX 1070 Ti」レビュー。GTX 1080より100ドル安価な新型GPUは,2017年クリスマス商戦の主役となり得るか?

 GeForce GTX 10シリーズの新型GPU「GeForce GTX 1070 Ti」。同製品を搭載するグラフィックスカードが,2017年11月2日22:00をもって販売解禁となった。GTX 1080とGTX 1070の間に位置づけられるプロセッサは,2017年のクリスマス商戦で主役となれるのか否か,Founders EditionとASUS製カードのテストから占ってみたい。

[2017/11/02 22:00]

ゼンハイザーのアナログ接続型ヘッドセット「GSP 300」レビュー。1万円以下でこの音質と装着感は破格だ

ゼンハイザーのアナログ接続型ヘッドセット「GSP 300」レビュー。1万円以下でこの音質と装着感は破格だ

 発売からだいぶ時間が経ち,店頭価格が1万円を切るに至った,Sennheiserブランドのアナログ接続型ヘッドセット「GSP 300」。ブランドの立ち位置を考えると非常に安価だが,試してみると1点を除き,非常に魅力的だった……ということで,サウンドデザイナーである榎本 涼氏によるレビューをお届けしたい。

[2017/10/30 00:00]

GIGABYTE製外付けグラフィックボックス「AORUS GTX 1070 Gaming Box」レビュー。性能面では及第点だが動作するノートPCを選ぶ

GIGABYTE製外付けグラフィックボックス「AORUS GTX 1070 Gaming Box」レビュー。性能面では及第点だが動作するノートPCを選ぶ

 GIGABYTEから2017年7月に登場した外付けグラフィックスボックス「AORUS GTX 1070 Gaming Box」は,Thunderbolt 3対応ノートPCでデスクトップPC向けのGeForce GTX 1070搭載カードが使えるという周辺機器である。その使い勝手と実力,ノートPCとの互換性はどうなっているのかといったあたりを検証してみたい。

[2017/10/26 00:00]

“眼前構築型”ボードゲーム「桜降る代に決闘を」レビュー。二柱のメガミを組み合わせ,間合による駆け引きを楽しむ和風決闘LCG

“眼前構築型”ボードゲーム「桜降る代に決闘を」レビュー。二柱のメガミを組み合わせ,間合による駆け引きを楽しむ和風決闘LCG

 2016年5月にリリースされ,大きな反響を呼んだ“眼前構築型”ボードゲーム「桜降る代に決闘を」のレビューをお届けする。「惨劇RoopeR」などで知られるヒットメーカー・BakaFire Partyが初めて挑んだリビングカードゲームは,いったいどんなものか。「にじよめ」でサービス予定のデジタル版に先駆け,人気を博しているアナログ版を紹介していこう。

[2017/10/23 15:00]

「Forza Motorsport 7」レビュー。実際の運転で起きそうな挙動変化が伝わってくる“リアリティ”とマシンをコントロールする“楽しさ”が抜群

「Forza Motorsport 7」レビュー。実際の運転で起きそうな挙動変化が伝わってくる“リアリティ”とマシンをコントロールする“楽しさ”が抜群

 日本マイクロソフトから発売された「Forza Motorsport 7」のレビューを掲載する。抜群のグラフィックスとリアリティに定評のあるForzaシリーズだが,待望の最新作はいかなるものか。レースゲームマニアの視点から,「Forza Motorsport 7」の魅力をお伝えしたい。

[2017/10/21 15:00]

「Core i7-8700K」「Core i5-8400」レビュー後編。Coffee Lake-Sは「6コア版Kaby Lake-S」なのか?

「Core i7-8700K」「Core i5-8400」レビュー後編。Coffee Lake-Sは「6コア版Kaby Lake-S」なのか?

 Coffee Lake-S世代の6コア12スレッド対応CPU「Core i7-8700K」と,6コア6スレッド対応「Core i5-8400」のレビュー後編をお届けする。今回は,Kaby Lake-S世代との間にCPUコアレベルで違いはあるのか,コア数が増えたことによる内部的な影響はあるのか,そしてコア数に比例した性能が得られるのかを,確認していきたい。

[2017/10/14 00:00]

Logicool Gのワイヤレスマウス「G603」レビュー。自社開発の新世代センサー「HERO」を搭載した製品は信頼に足るか?

Logicool Gのワイヤレスマウス「G603」レビュー。自社開発の新世代センサー「HERO」を搭載した製品は信頼に足るか?

 ゲーマー向けマウス用センサーの世界で圧倒的な市場シェアを誇るPixArtに頼らず,Logitechが自ら開発した光学センサー「HERO」。同センサーを採用した世界初のマウスである「G603」のレビューをお届けしたい。果たしてその完成度は信頼に足るのか,BRZRK氏が検証する。

[2017/10/07 00:00]

「Core i7-8700K」「Core i5-8400」レビュー。第8世代CoreのデスクトップPC向け6コアモデルはどれだけ速いのか

「Core i7-8700K」「Core i5-8400」レビュー。第8世代CoreのデスクトップPC向け6コアモデルはどれだけ速いのか

 デスクトップPC向けの第8世代Coreプロセッサ「Coffee Lake-S」は,HEDT向けモデルを除いて初のIntel製6コアCPUという,非常に歴史的な特徴があるが,それは性能面にどのような影響を与えているだろうか。6C12T対応の「Core i7-8700K」と,6C6T対応の「Core i5-8400」をテストしてみよう。

[2017/10/05 22:01]

KingstonのNVMe接続型SSD「KC1000」レビュー。その強みは体感速度と5年保証にあった

KingstonのNVMe接続型SSD「KC1000」レビュー。その強みは体感速度と5年保証にあった

 KingstonのNVMe/PCIe x4接続型SSD「KC1000 Solid-State Drive」を入手したので,テスト結果をお届けしたい。決して安価ではないSSDだが,体感速度の高さと5年保証に惹かれるならアリだろう。

[2017/10/02 00:00]

ASUSのGTX 1060 6GBカード「STRIX-GTX1060-DC2O6G」をテスト。価格はちょっと高いが,総合点も高い製品だ

ASUSのGTX 1060 6GBカード「STRIX-GTX1060-DC2O6G」をテスト。価格はちょっと高いが,総合点も高い製品だ

 じわじわと搭載製品の店頭価格が下がり,ミドルクラスの選択肢としてかなり魅力的な存在となった「GeForce GTX 1060 6GB」。本GPUを採用したASUS製グラフィックスカード「STRIX-GTX1060-DC2O6G」を入手したので,テストしてみたい。その仕上がりとコストパフォーマンスはどんな感じだろうか。

[2017/09/30 00:00]

「HyperX Cloud Alpha」ヘッドセットを試す。見た目こそ地味ながら,完成度はシリーズ史上最高だ

「HyperX Cloud Alpha」ヘッドセットを試す。見た目こそ地味ながら,完成度はシリーズ史上最高だ

 KingstonのHyperXブランドから2017年9月21日に発売予定となっているアナログ接続型ヘッドセット「Cloud Alpha」。ひと目でHyperX Cloudシリーズの製品だと分かるルックスを採用しつつ,出力系をチューンしてきたのがアピールポイントだが,その実力やいかに。サウンドデザイナーである榎本 涼氏による評価をお伝えしたい。

[2017/09/19 00:00]

Logicool G「POWERPLAY」レビュー。ワイヤレスマウスを充電や電池交換から解放するシステム,その価値を探る

Logicool G「POWERPLAY」レビュー。ワイヤレスマウスを充電や電池交換から解放するシステム,その価値を探る

 ゲーマー向けワイヤレスマウスを充電からも電池の交換からも解放し,バッテリー残量の心配なしにゲームをプレイし続けられるシステムとして話題を集めたLogicool Gの新製品「POWERPLAY」。2017年9月21日の発売を前に実機を入手できたので,実際に使ってみたムービーを中心に,BRZRK氏の評価をお届けしたい。

[2017/09/19 00:00]

ASUSの新世代スマホ「ZenFone 4」レビュー。「Snapdragon 660」搭載でオールラウンドにゲームを楽しめる1台だ

ASUSの新世代スマホ「ZenFone 4」レビュー。「Snapdragon 660」搭載でオールラウンドにゲームを楽しめる1台だ

 ASUSTeK Computerが9月23日に発売予定の新世代スマートフォン「ZenFone 4」が4Gamer編集部に届いた。Qualcomm製の最新SoC「Snapdragon 660」をいち早く採用したZenFone 4は,ミドルクラススマートフォンの新しい基準となりうる製品だろうか。ベンチマークテストとゲームによる検証で,その実力を確かめてみよう。

[2017/09/16 00:00]

ALIENWARE「AW2518H」「AW2518HF」レビュー。240Hz+G-SYNCと240Hz+FreeSync,同時展開となるディスプレイはベストの選択肢か?

ALIENWARE「AW2518H」「AW2518HF」レビュー。240Hz+G-SYNCと240Hz+FreeSync,同時展開となるディスプレイはベストの選択肢か?

 2009年以来の登場となる,ALIENWAREのゲーマー向けディスプレイ。復活第1弾となる垂直リフレッシュレート240Hz仕様の「AW2518」は,G-SYNCもしくはFreeSyncに対応する2モデル同時展開という,痒いところに手の届くラインナップとなっているが,その実力やいかに。テスト結果をお届けしたい。

[2017/09/16 00:00]

「Radeon RX Vega 64 Liquid Cooled Edition」レビュー。動作クロックがより高く消費電力の大きい簡易液冷版はどれだけ速いのか

「Radeon RX Vega 64 Liquid Cooled Edition」レビュー。動作クロックがより高く消費電力の大きい簡易液冷版はどれだけ速いのか

 AMDの新世代ハイエンドGPU「Radeon RX Vega」。そのリファレンスカードとしては最上位モデルとなる簡易液冷クーラー搭載モデル「Radeon RX Vega 64 Liquid Cooled Edition」を入手できたので,その性能を空冷版および競合製品と比較してみたい。空冷版と比べて動作クロックが高く,消費電力の大きい特別版は,どれだけの実力を示せるだろうか。

[2017/08/31 00:00]

「Radeon RX 560」レビュー。フルHDのゲームプレイがターゲットとなるエントリーミドルGPUは競合製品に勝てるか

「Radeon RX 560」レビュー。フルHDのゲームプレイがターゲットとなるエントリーミドルGPUは競合製品に勝てるか

 カジュアルなゲーマーや,それほどの3D性能が要求されないゲームを好んでプレイする人達の間では,1万円台で購入できるエントリーミドルクラス市場向けGPUのニーズが依然として高いが,「Radeon RX 560」はその市場で存在感を見せることができるのか。Sapphire製の搭載カードを入手したので,テストしてみたい。

[2017/08/28 14:30]

AVerMediaのゲーム実況向けマイク「AM310」レビュー。1万円台前半で買えるコンデンサ型,そのコストパフォーマンスはかなりのものだ

AVerMediaのゲーム実況向けマイク「AM310」レビュー。1万円台前半で買えるコンデンサ型,そのコストパフォーマンスはかなりのものだ

 AVerMediaから登場したUSB接続のゲーム実況向けマイク「AM310」は,1万円台前半という実勢価格のコンデンサ型というのが特徴だが,その使い勝手や品質は実用に堪えるのか。サウンドデザイナーである榎本 涼氏によるレビューをお届けしたい。コストパフォーマンス重視でマイクを探しているなら要チェックだ。

[2017/08/26 00:00]

ホラーアドベンチャー「深夜廻」PS4版をレビュー。2人の少女の視点から,闇夜の新たな恐怖を体験しよう

ホラーアドベンチャー「深夜廻」PS4版をレビュー。2人の少女の視点から,闇夜の新たな恐怖を体験しよう

 日本一ソフトウェアは本日(2017年8月24日),ホラーアクションゲーム「深夜廻」を発売した。2015年に発売された「夜廻」の続編であり,本作では2人の少女の視点から闇夜に潜む恐怖を体験できるようになった。PlayStation 4版のレビューをお届けしていこう。

[2017/08/24 17:40]

マフィア梶田の二次元が来い!:第368回「タマフルけだものフレンズと寺戦弐」

マフィア梶田の二次元が来い!:第368回「タマフルけだものフレンズと寺戦弐」

 ライター,マフィア梶田がお送りする週刊連載「マフィア梶田の二次元が来い!」。今週は,ミストウォーカーとシリコンスタジオが共同開発中の「テラバトル2」を取り上げた「RADIO 4Gamer Tap(仮)」第70回のアーカイブをご紹介。また,原宿Cat Streetにて開催中の「けものフレンズCAFE」の話題もお届けします。

[2017/08/22 12:00]

Ryzen Threadripperレビュー後編。依然として謎の多いプロセッサの正体に,基本テストで可能な限り迫ってみた

Ryzen Threadripperレビュー後編。依然として謎の多いプロセッサの正体に,基本テストで可能な限り迫ってみた

 最大で16コア32スレッド対応となるAMDの新世代ハイエンドデスクトップPC向けCPU「Ryzen Threadripper」。そのレビュー後編をお届けする。「買いか」という話は前編で済んでいるため,今回は,基礎的なテストを実施することで,依然として謎の多いプロセッサの正体に,できる限り迫ってみたいと思う。

[2017/08/21 00:00]

「Radeon RX Vega 56」レビュー。AMDイチオシのGPUには,GTX 1070と真正面から戦える実力があった

「Radeon RX Vega 56」レビュー。AMDイチオシのGPUには,GTX 1070と真正面から戦える実力があった

 発表時点におけるRadeon RX Vegaシリーズの下位モデル「Radeon RX Vega 56」。その性能速報はすでにお伝え済みだが,ゲームにおけるテストを終えることができたので,ここにレビュー記事をお届けしたい。結論から先に述べると,AMDイチオシのGPUは,GTX 1070と真っ向から戦える製品だ。

[2017/08/19 00:00]

「Radeon RX Vega 64」レビュー。ついに登場したVegaは,AMDと一緒に壮大な夢を見たい人向けのGPUだ

「Radeon RX Vega 64」レビュー。ついに登場したVegaは,AMDと一緒に壮大な夢を見たい人向けのGPUだ

 北米時間2017年8月14日に販売解禁の日を迎える,AMDの新世代GPU「Radeon RX Vega」。4Gamerでは上位モデルにあたる「Radeon RX Vega 64」空冷リファレンスモデルを入手したので,気になるそのGPU性能に迫ってみたい。「Vega」は,Radeonファンが期待するとおりの実力を発揮できるだろうか。

[2017/08/14 22:00]

「Razer Lancehead Tournament Edition」レビュー。光学センサー搭載の左右対称形状採用マウスは,本当に「トーナメント向け」なのか

「Razer Lancehead Tournament Edition」レビュー。光学センサー搭載の左右対称形状採用マウスは,本当に「トーナメント向け」なのか

 2017年の新作としてRazerから登場した「Razer Lancehead」。左右対称形状を採用するマウスは,ワイヤレスのレーザーセンサー搭載製品とワイヤードの光学センサー搭載製品の2モデル展開だが,今回は「Tournament Edition」とされる後者を取り上げてみたい。果たして何がトーナメント(≒競技)向けなのか,BRZRK氏が探る。

[2017/08/14 00:00]

Ryzen Threadripperレビュー前編。現時点で世界最高のマルチスレッド性能を引っさげ,AMDがハイエンドデスクトップPC市場へ還ってきた

Ryzen Threadripperレビュー前編。現時点で世界最高のマルチスレッド性能を引っさげ,AMDがハイエンドデスクトップPC市場へ還ってきた

 2017年8月10日,ついに「Ryzen Threadripper」が発売の日を迎えた。4Gamerではそれに合わせ,16C32T仕様の「1950X」と12C24T仕様の「1920X」を短時間ながらテストできたので,まずはゲームや一般アプリで実力を探ってみたい。結論から先に言うと,1950Xは,現時点で最高のマルチスレッド性能を持つデスクトップPC向けCPUだ。

[2017/08/10 22:00]

Corsairの新型マウス「GLAIVE RGB」レビュー。「交換式左サイドパネル採用のIE3.0クローン」をじっくり使ってみた

Corsairの新型マウス「GLAIVE RGB」レビュー。「交換式左サイドパネル採用のIE3.0クローン」をじっくり使ってみた

 Corsair Gamingの「GLAIVE RGB」は,いわゆるIE3.0
クローン的な形状を採用する右手用ワイヤードマウスながら,標準で3枚付属する左サイドパネルによって,より握りやすくカスタマイズできるのが特徴だ。北米市場では「Razer DeathAdder Elite」と同じ価格だが,さてその実力は。BRZRK氏による検証結果をお届けしたい。

[2017/07/31 00:00]

「Ryzen 3 1300X」「Ryzen 3 1200」レビュー。1万円台で買える4コア4スレッド対応CPU,その実力は

「Ryzen 3 1300X」「Ryzen 3 1200」レビュー。1万円台で買える4コア4スレッド対応CPU,その実力は

 2017年7月27日22:00,AMDは,4コア4スレッド対応CPUとなるRyzen 3を発表した。ラインナップは「Ryzen 3 1300X」「Ryzen 3 1200」だ。両製品は「1万円台で買える4コアCPU」として28日11:00発売予定となるが,果たしてその実力やいかに。テストした結果をお届けしてみたい。

[2017/07/27 22:00]

「Core i9-7900X」「Core i7-7740X」レビュー後編。基礎検証と消費電力&温度測定で新世代ハイエンドプラットフォームの特性を掘り下げる

「Core i9-7900X」「Core i7-7740X」レビュー後編。基礎検証と消費電力&温度測定で新世代ハイエンドプラットフォームの特性を掘り下げる

 2017年7月14日,Intelの新世代ハイエンドCPUとなるCore Xシリーズのうち,10コア20スレッド対応以下のモデルが発売となる。4Gamerでは先にアプリケーションベンチマークテストの結果をお届け済みだが,今回はレビュー後編として,Skylake-XおよびKaby Lake-Xの特性に迫り,最終的な結論も下してみたい。

[2017/07/14 00:00]

SRPGとサンドボックスゲームを融合させた意欲作「ハコニワカンパニワークス」をレビュー

SRPGとサンドボックスゲームを融合させた意欲作「ハコニワカンパニワークス」をレビュー

 日本一ソフトウェアから本日(2017年7月13日)発売されるシミュレーションRPG「ハコニワカンパニワークス」のレビューをお届けする。ブロックの世界を舞台にしたサンドボックスゲームらしいクラフトシステムを,シミュレーションRPGに取り入れた独自のシステムが斬新なタイトルだ。

[2017/07/13 00:00]
さらに記事を探す

トピックス
スペシャルコンテンツ