オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

西川善司

このページの最終更新日:2017/07/08 00:00

rss


  • このページのURL:

キーワード

下線

西川善司の「試験に出るゲームグラフィックス」(7)「人喰いの大鷲トリコ」の「リアルとアートの狭間」はこうして生まれた・前編

西川善司の「試験に出るゲームグラフィックス」(7)「人喰いの大鷲トリコ」の「リアルとアートの狭間」はこうして生まれた・前編

 非常に長い開発期間を経ての登場となった,ゲームクリエイター上田文人氏の新作「人喰いの大鷲トリコ」。連載「試験に出るゲームグラフィックス」,第7回からは本作の映像表現におけるリアリティとアートを掘り下げてみたい。

[2017/07/08 00:00]

E3 2017でIntelが披露した「ワイヤレスVR」&「超高負荷VR」を体験してきた

E3 2017でIntelが披露した「ワイヤレスVR」&「超高負荷VR」を体験してきた

 E3 2017でIntelは,同社のVRに関する最新の取り組みを体験するブースを用意していた。そこでは,60GHz帯の電波を使った「ワイヤレスVR」や,発売前の「Core i9-7920X」を搭載したPCによる超高負荷VRといった興味深いデモが行われている。Intelが取り組むVR環境についてレポートしてみたい。

[2017/06/24 00:00]

西川善司の3DGE:「Forza Motorsport 7」の求めるリアリティとは何か

西川善司の3DGE:「Forza Motorsport 7」の求めるリアリティとは何か

 シミュレータ系レースゲームのブランドとしてグランツーリスモと双璧をなす「Forza」。その最新作となる「Forza Motorsport 7」は果たして何を狙い,何を実現しているのか。連載「西川善司の3Dゲームエクスタシー」,今回は担当者に話を聞き,そして実際にプレイして分かったことをお伝えしたい。

[2017/06/22 00:00]

[E3 2017]PS VRでプレイする「グランツーリスモSPORT」は酔いにくく,現実の車のように運転できる。「T-GT」で操作できた試遊台での体験をレポート

[E3 2017]PS VRでプレイする「グランツーリスモSPORT」は酔いにくく,現実の車のように運転できる。「T-GT」で操作できた試遊台での体験をレポート

 E3 2017のSIEブースには,「グランツーリスモSPORT」の試遊台がコクピットタイプとPS VRタイプの2種類用意されていた。PS VRタイプを発表されたばかりのステアリングコントローラ「T-GT」で体験できたので,プレイレポートをお届けしよう。

[2017/06/17 17:33]

[E3 2017]SIEカンファレンスに登壇する“あの人”はどんな人物なのか。Shawn Layden氏にインタビュー

[E3 2017]SIEカンファレンスに登壇する“あの人”はどんな人物なのか。Shawn Layden氏にインタビュー

 SIEのE3 2017におけるプレスカンファレンスで,司会進行役を務めたのがSIEAのプレジデントCEOであり,SIEWWSのChairmanであるShawn Layden氏だ。これまでもさまざまなカンファレンスに登壇していた氏だが,そもそもどんな人物なのか。今回,短い時間ながら単独インタビューが実現したので,その内容をレポートしよう。

[2017/06/17 00:00]

[E3 2017]西川善司の3DGE:「グランツーリスモSPORT」のグラフィックスは10年後でも通用する!?

[E3 2017]西川善司の3DGE:「グランツーリスモSPORT」のグラフィックスは10年後でも通用する!?

 E3 2017会期中,SIEブースの「グランツーリスモSPORT」コーナーでは,ポリフォニー・デジタルの山内一典氏によるブリーフィングが,一般来場者も聞けるオープンな形式で行われた。連載「西川善司の3Dゲームエクスタシー」,今回はそんな山内氏の話から,技術的なキーポイントについて説明したい。

[2017/06/16 16:59]

[E3 2017]SIE WWS 吉田修平氏に訊く,PS4版「ワンダと巨像」や“HDRと広色域”への取り組み,そしてPS VR&PS Vitaのこれからについて

[E3 2017]SIE WWS 吉田修平氏に訊く,PS4版「ワンダと巨像」や“HDRと広色域”への取り組み,そしてPS VR&PS Vitaのこれからについて

 E3 2017の開幕に合わせて,ソニー・インタラクティブエンタテインメント World Wide Studios プレジデントの吉田修平氏に短時間ながら話をうかがう機会を得た。プレスカンファレンスの発表やPS VRの展望などを聞いてみたので,ぜひご覧いただきたい。

[2017/06/15 20:00]

[E3 2017]「METAL GEAR SURVIVE」のマルチプレイを体験。潜入し,拠点を作り,クリーチャーの群れを撃退せよ

[E3 2017]「METAL GEAR SURVIVE」のマルチプレイを体験。潜入し,拠点を作り,クリーチャーの群れを撃退せよ

 KONAMIが2018年初頭に発売を予定している「METAL GEAR SURVIVE」が,E3 2017でプレイアブル出展されていたので,プレイレポートをお届けする。今回体験できたのは,迫り来るクリーチャー達を撃退するマルチプレイで,爽快感と緊張感が感じられるものとなっていた。

[2017/06/15 18:56]

[E3 2017]西川善司の3DGE:Xbox One Xの外観と内部構造を見て分かったこと

[E3 2017]西川善司の3DGE:Xbox One Xの外観と内部構造を見て分かったこと

 E3 2017でMicrosoftは,「Xbox One X」の本体と,その内部構造を公開した。連載「西川善司の3Dゲームエクスタシー」,今回は,実機とその内部を見ることで分かった内容をまとめてみたいと思う。

[2017/06/15 00:00]

[E3 2017]無駄に豪華な陰影表現? Minecraftの「Super Duper Graphics Pack」はここまで凄い

[E3 2017]無駄に豪華な陰影表現? Minecraftの「Super Duper Graphics Pack」はここまで凄い

 カクカクした輪郭はそのままに,最先端のライティング技術が導入されるという「Minecaft」「Super Duper Graphics Pack」。MicrosoftのE3 2017プレスカンファレンス後に行われた体験イベント会場で,そのグラフィックス効果に使われた技術の詳細について話を聞いてきた。

[2017/06/14 16:38]

[E3 2017]西川善司の3DGE:Xbox One XはPS4 Proと何が違うのか

[E3 2017]西川善司の3DGE:Xbox One XはPS4 Proと何が違うのか

 「Xbox One X」が発表された。これまで「Project Scorpio」と呼ばれてきた高性能版Xbox Oneは,「世界最強のゲーム機」として2017年11月7日に世界市場で発売になるが,果たしてその特徴はどこにあり,PS4 Proとは何が違うのか。連載「西川善司の3Dゲームエクスタシー」では今回,その点をまとめてみたい。

[2017/06/14 00:00]

ZOTAC,「世界最小のGTX 1080 Tiカード」やコンパクトな外付けグラフィックスボックスなどを準備中

ZOTAC,「世界最小のGTX 1080 Tiカード」やコンパクトな外付けグラフィックスボックスなどを準備中

 COMPUTEX TAIPEI 2017でZOTACは,世界最小と謳う短尺GTX 1080 Tiカードや,コンパクトな外付けグラフィックスボックス,GeForce GTX 10シリーズ搭載の小型PC,Ryzen Mobile内蔵の超小型PCなど,興味深い製品を多数出展していた。本稿ではZOTACの気合いが入った新製品群をまとめてレポートしたい。

[2017/06/12 00:00]

HDR&広色域の波がプロ向け液晶ディスプレイにもやってきた。COMPUTEXで見た注目の非ゲーマー向けディスプレイ製品をまとめてレポート

HDR&広色域の波がプロ向け液晶ディスプレイにもやってきた。COMPUTEXで見た注目の非ゲーマー向けディスプレイ製品をまとめてレポート

 COMPUTEX TAIPEIというイベントでは,毎年,多数のディスプレイ新製品が出展される。ゲーマー向け製品についてはレポート済みだが,そのほかの一般消費者向けや,デザイナー,アーティスト向け液晶ディスプレイにも興味深い新製品がいくつかあった。とくに注目すべきポイントは,「HDR」と「広色域」への対応だ。

[2017/06/08 16:31]

[COMPUTEX]PowerColorから第2世代の外付けグラフィックスボックスが登場。デザイン変更で大型グラフィックスカードも利用可能に

[COMPUTEX]PowerColorから第2世代の外付けグラフィックスボックスが登場。デザイン変更で大型グラフィックスカードも利用可能に

 「PowerColor」ブランドでグラフィックスカードなどを展開するTulは,COMPUTEX TAIPEI 2017のプライベートブースで,新しい外付けグラフィックスボックス「GAMING BOX」を出展していた。第1世代の「DEVIL BOX」が国内発売となってから,半年弱で披露となった新型は,いったい何が変わったののだろうか。

[2017/06/07 00:00]

[COMPUTEX]視線追跡デバイス搭載液晶ディスプレイを大拡充するAcer。HDR対応モデルはASUSと同じ液晶パネル?

[COMPUTEX]視線追跡デバイス搭載液晶ディスプレイを大拡充するAcer。HDR対応モデルはASUSと同じ液晶パネル?

 COMPUTEX TAIPEI 2017におけるAcerは,VRやMRデバイスと,ゲーマー向け製品をメインに展開していた。今回はその中から,新型ディスプレイをまとめて紹介しよう。Acerは今後,ゲーマー向け液晶ディスプレイに視線追跡デバイスの搭載を進めていくとのこと。さらにHDR表示対応する製品もラインナップしており,ゲーマーの注目を集めそうだ。

[2017/06/05 22:54]

[COMPUTEX]ノイズキャンセリング機能搭載のゲーム実況向けマイク「ROG STRIX MAGNUS」がASUSから登場

[COMPUTEX]ノイズキャンセリング機能搭載のゲーム実況向けマイク「ROG STRIX MAGNUS」がASUSから登場

 COMPUTEX TAIPEI 2017でASUSは,ゲーム実況者向けを謳うUSB接続型マイク「ROG STRIX MAGNUS」を出展していた。Razerの据え置き型マイク「Seiren」を強烈にライバル視したこの製品は,ノイズキャンセリング機能の搭載が特徴であるという。なかなか興味深いこの製品を簡単にレポートしよう。

[2017/06/05 14:03]

[COMPUTEX]上下左右にぐるんぐるん動くVRゲーム筐体をGIGABYTEブースで体験してきた

[COMPUTEX]上下左右にぐるんぐるん動くVRゲーム筐体をGIGABYTEブースで体験してきた

 COMPUTEX TAIPEI 2017のGIGABYTEブースには,ぐりんぐりん動き回る可動型筐体に乗ってプレイする,ライド系のVRアトラクションが出展されていて,「これのためだけでも,ブースに行く価値がある」と言われていた。1日50人限定という限られた人数しか体験できないこのアトラクションを体験してきたので,レポートしてみたい。

[2017/06/03 16:10]

[COMPUTEX]MSIが同社初のゲーマー向けディスプレイ「Optix」を発表。垂直144Hz対応の湾曲型VA液晶を採用する2製品を7月に投入

[COMPUTEX]MSIが同社初のゲーマー向けディスプレイ「Optix」を発表。垂直144Hz対応の湾曲型VA液晶を採用する2製品を7月に投入

 ゲーマー向けPC大手として知られるMSIが,ゲーマー向け液晶ディスプレイ市場に参戦する。「Optix」というブランド名を冠した第1弾製品は,湾曲型VA液晶パネルを採用し,最大垂直リフレッシュレート144Hzに対応する27インチと24インチの2モデルになるという。製品の特徴をMSIブースでチェックしてみた。

[2017/06/02 20:15]

[COMPUTEX]AVerMediaが4K/60fps対応のビデオキャプチャカードを発表。人気の「AVT-C878」はマイナーチェンジ版を開発中

[COMPUTEX]AVerMediaが4K/60fps対応のビデオキャプチャカードを発表。人気の「AVT-C878」はマイナーチェンジ版を開発中

 ビデオキャプチャデバイスで名高いAVerMediaは,COMPUTEX TAIPEI 2017で,同社らしいユニークなビデオキャプチャ関連の新製品を展示していた。とくに注目すべきは,4K/60fps対応のHDMI 2.0キャプチャカードや,人気のデバイス「AVT-C878」のマイナーチェンジ版といった新製品だ。注目の展示をレポートしよう。

[2017/06/02 16:14]

[COMPUTEX]ASUSがHDR対応のゲーマー向け液晶ディスプレイ2製品を披露。湾曲型とフラットな4Kモデルをラインナップ

[COMPUTEX]ASUSがHDR対応のゲーマー向け液晶ディスプレイ2製品を披露。湾曲型とフラットな4Kモデルをラインナップ

 2017年前半までは,ほとんど製品が出なかったPC用のHDR表示対応液晶ディスプレイが,COMPUTEX TAIPEI 2017で登場し始めた。先陣を切ってHDR対応液晶ディスプレイの製品化を表明していたASUSTeK Computerが,ゲーマー向けのHDR対応液晶ディスプレイを2製品出展していたので,早速チェックしてみた。

[2017/06/02 00:00]

[COMPUTEX]「Max-Q」以外にジェンスン・フアン氏は何を語ったのか。「NVIDIA AI Forum」基調講演レポート

[COMPUTEX]「Max-Q」以外にジェンスン・フアン氏は何を語ったのか。「NVIDIA AI Forum」基調講演レポート

 NVIDIAは,COMPUTEX TAIPEI 2017の開幕に連動して,会場近くのホテルで自社イベント「NVIDIA AI Forum」を開催した。目玉であった「Max-Q Design」についてはすでに紹介済みだが,それ以外にJensen Huang氏から語られた内容をまとめてお伝えしよう。

[2017/06/01 20:46]

[COMPUTEX]Ryzen ThreadripperとEPYCはピン互換だが,電気的には互換性なし。これから登場する製品の気になるところをAMDに聞いてきた

[COMPUTEX]Ryzen ThreadripperとEPYCはピン互換だが,電気的には互換性なし。これから登場する製品の気になるところをAMDに聞いてきた

 AMDは,COMPUTEX TAIPEI 2017の会期2日めとなる台湾時間2017年5月31日,台北市内のホテル,The Westin Taipeiで報道関係者向けイベントを開催した。ここではAMDの担当者やエグゼクティブに対するインタビューセッションの内容をお届けすることにしたい。

[2017/06/01 17:12]

[COMPUTEX]西川善司の3DGE:ARMの最新GPU「Mali-G72」はどこがどう変わったのか

[COMPUTEX]西川善司の3DGE:ARMの最新GPU「Mali-G72」はどこがどう変わったのか

 2017年5月29日,COMPUTEX TAIPEI 2017の開催に先駆けて行われたARMのプレスカンファレンスで,新世代GPU IPコア「Mali-G72」が発表となった。その特徴と性能について,カンファレンスの内容と関係者へのインタビューで分かったことをまとめてお伝えしよう。

[2017/06/01 00:00]

[COMPUTEX]西川善司の3DGE:GTX 1080搭載ノートPCの厚みを20mm未満にできる技術「Max-Q」とは一体なんぞや?

[COMPUTEX]西川善司の3DGE:GTX 1080搭載ノートPCの厚みを20mm未満にできる技術「Max-Q」とは一体なんぞや?

 2017年5月30日,NVIDIAは,COMPUTEX TAIPEI 2017に合わせて実施した自社イベントで,薄型ノートPCにハイエンドのGeForceを搭載できる技術「Max-Q」を発表した。GeForce GTX 1080搭載PCの「筐体サイズを20mm未満にする」と言うが,にわかには信じがたい人もいるだろう。そんなMax-Qの正体を明らかにしてみたい。

[2017/05/31 17:25]

GTC 2017のVR展示ブース「VR Village」で,将来の360度ビデオ技術やNASAが手がける「Hybrid Reality」を体験してみた

GTC 2017のVR展示ブース「VR Village」で,将来の360度ビデオ技術やNASAが手がける「Hybrid Reality」を体験してみた

 GTCというイベントがAI分野へ焦点を移したとはいえ,GPUとグラフィックス処理は,ゲーム以外にも仮想現実用途で広く使われるようになっており,それに関する展示は,2017年も多かった。そこで本稿では,NVIDIAの展示ブース「VR Village」でチェックした,注目に値するVR技術の展示をまとめてレポートしよう。

[2017/05/24 00:00]

Volta世代GPUにあわせて進化した「CUDA 9」の改良点とは? Tensor Coreへの対応やプログラミングモデルの拡張が鍵に

Volta世代GPUにあわせて進化した「CUDA 9」の改良点とは? Tensor Coreへの対応やプログラミングモデルの拡張が鍵に

 GTC 2017で大々的に発表されたNVIDIAの次世代アーキテクチャ「Volta」。それに対応する新しいCUDAとなるのが「CUDA 9」だ。NVIDIAでMr.CUDAと呼ばれるMark Harris氏によるCUDA 9の解説セッション「CUDA 9 and Beyond」の内容をもとに,CUDAに加えられた改良点についてレポートしよう。

[2017/05/19 00:00]

次世代GPU「Volta」からAIまで,新製品&新サービスラッシュだったJensen Huang氏のGTC 2017基調講演レポート

次世代GPU「Volta」からAIまで,新製品&新サービスラッシュだったJensen Huang氏のGTC 2017基調講演レポート

 NVIDIAの総帥であるJensen Huang氏によるGTC 2017基調講演は,「Volta」世代のGPUコアを採用する「Tesla V100」の話題を中心に,スーパーコンピュータから拡張カード,ロボットAIの学習システムまで,多岐に渡る製品やサービスが発表される盛りだくさんの内容となった。NVIDIAの今が分かる凝縮した講演レポートをお届けしよう。

[2017/05/17 00:00]

[GTC 2017]西川善司の3DGE:Volta世代のGPU「GV100」は,これまでと大きく異なるプロセッサだ――いったい何が?

[GTC 2017]西川善司の3DGE:Volta世代のGPU「GV100」は,これまでと大きく異なるプロセッサだ――いったい何が?

 GTC 2017で発表となった,Volta世代初のGPU「GV100」。現地では発表後にアーキテクチャのより深い話を聞くことができたので,連載「西川善司の3Dゲームエクスタシー」では,その内容を取りあげたい。結論から先に述べると,GV100とはこれまでとはかなり異なるプロセッサだ。

[2017/05/13 00:00]

[GTC 2017]安全が保証される理想郷,それとも総監視社会? NVIDIAのAI技術「Metropolis」はSF映画的な人物認識技術を現実世界にもたらす

[GTC 2017]安全が保証される理想郷,それとも総監視社会? NVIDIAのAI技術「Metropolis」はSF映画的な人物認識技術を現実世界にもたらす

 AIとカメラの組み合わせが「より安全な世界を作る」か,「総監視社会をもたらす」かは議論が分かれるところだが,NVIDIAがGTC 2017の展示会場で披露していた展示は,まさにSF映画で幾度となく描かれてきたようなビデオ分析技術だった。「Metropolis」という名が与えられた新しいプラットフォームの概要をお伝えしたい。

[2017/05/11 15:00]

[GTC 2017]NVIDIA,VR向けの新しい視線追跡型レンダリング技術「Foveated Reconstruction」を発表

[GTC 2017]NVIDIA,VR向けの新しい視線追跡型レンダリング技術「Foveated Reconstruction」を発表

 GTC 2017に合わせて,NVIDIAが新たな視線追跡型レンダリング技術「Foveated Reconstruction」を発表した。視界外周でレンダリング解像度ではなくライティングやシェーディングの密度を下げることにより,見栄えを確保しつつGPU負荷を下げるというものだ。

[2017/05/11 00:00]

[GTC 2017]西川善司のNVIDIA新社屋「Endeavor」見学記。GPUメーカーが建物に込めた“ポリゴン愛”を味わう

[GTC 2017]西川善司のNVIDIA新社屋「Endeavor」見学記。GPUメーカーが建物に込めた“ポリゴン愛”を味わう

 NVIDIA主催のGPU技術カンファレンス「GTC 2017」が開幕したが,その初日となる現地時間2017年5月8日には,報道関係者を対象とする建設中のNVIDIA新社屋「Endeavor」見学ツアーがあった。それに参加してきた西川善司氏によるレポートをお届けしたい。

[2017/05/10 00:00]

西川善司の「試験に出るゲームグラフィックス」(6)レイトレアプローチで作り上げた「The Tomorrow Children」の先進ビジュアル,後編

西川善司の「試験に出るゲームグラフィックス」(6)レイトレアプローチで作り上げた「The Tomorrow Children」の先進ビジュアル,後編

 連載「試験に出るゲームグラフィックス」第6回は,長きにわたった「The Tomorrow Children」のグラフィックス解説・後編だ。前編・中編に負けず劣らず,地形表現を語る今回も難解だが,ほかが試みていないグラフィックス技術がてんこ盛りなので,ぜひチェックしてほしい。

[2017/04/29 00:00]

西川善司の3DGE:「Project Scorpio」はどこへ行くのか

西川善司の3DGE:「Project Scorpio」はどこへ行くのか

 世界市場で2017年中に登場予定の高性能版Xbox One「Project Scorpio」。そのハードウェア最終スペックに関する情報が出てきたところで,連載「西川善司の3Dゲームエクスタシー」では,MicrosoftがProject Scorpioで何をしようとしているのか,ちょっと考えてみたい。

[2017/04/10 00:00]

【西川善司】「Splatoon2」先行試射会体験記

【西川善司】「Splatoon2」先行試射会体験記

 2017年3月25日と26日に開催された,「Splatoon2」の先行試射会に参加した西川善司氏。「(善)後不覚」第47回では,そんな試射会のレポートをお届けする。前作をWii Uで相当プレイしていた西川氏にとって,Nintendo Switchで遊ぶイカはどんなものだったのか。

[2017/04/08 00:00]

[GDC 2017]Amazon.comのゲームエンジン「Lumberyard」に注目が集まる。UE4とUnityに並ぶ3大ゲームエンジンとなるか?

[GDC 2017]Amazon.comのゲームエンジン「Lumberyard」に注目が集まる。UE4とUnityに並ぶ3大ゲームエンジンとなるか?

 UnityとUnreal Engineというゲームエンジン2強時代に,割って入るかもしれないという勢いを見せているのがAmazon.comのゲームエンジン「Lumberyard」だ。Lumberyardは,GDC 2017の展示会場にも巨大なブースを設けて,開発者へのアピールに務めていた。ブースの展示をチェックして,何が特徴なのかをレポートしよう。

[2017/03/11 00:00]

西川善司の3DGE:GeForceの隠し機能「Tiled Caching」が明らかに。PowerVRの特徴を取り入れて高性能化を図る!?

西川善司の3DGE:GeForceの隠し機能「Tiled Caching」が明らかに。PowerVRの特徴を取り入れて高性能化を図る!?

 NVIDIAは,「GeForce GTX 1080 Ti」の発表に合わせて,GPUの高性能を支える技術「Tiled Caching」「Dual DualFET」の存在を明らかにした。連載「西川善司の3Dゲームエクスタシー」,今回のテーマはこれら2つの技術についてだ。とくにTiled Cachingの正体について,細かく解説していきたい。

[2017/03/09 23:00]

AMDのサーバー向け次世代CPU「Naples」は2017年第2四半期に出荷。32コア64スレッド対応でメモリコントローラは8ch,PCIe Gen.3レーン数128

AMDのサーバー向け次世代CPU「Naples」は2017年第2四半期に出荷。32コア64スレッド対応でメモリコントローラは8ch,PCIe Gen.3レーン数128

 北米時間2017年3月7日,AMDは次世代サーバー向けCPU「Naples」を2017年第2四半期に出荷すると発表し,追加の製品概要を明らかにした。32C64T仕様は発表済みだが,メモリコントローラが8chのDDR4-2400,PCI Express Gen.3レーン数が128ということと,競合との性能比較が新情報として出てきたので,まとめてみたい。

[2017/03/07 22:00]

[GDC 2017]VRハードウェアの進化は止まらない。8K解像度のVR HMD「IDEALENS M8K」を体験してみた

[GDC 2017]VRハードウェアの進化は止まらない。8K解像度のVR HMD「IDEALENS M8K」を体験してみた

 VR HMDのリリースが相次いだ2016年から一転して,2017年はVR対応のソフトウェアやコンテンツの開発環境整備が加速しているが,ハードウェアの進化が止まっているわけではない。8K解像度のVR体験を謳うVR HMD「IDEALENS M8K」を体験したので,レポートしよう。

[2017/03/07 15:33]

[GDC 2017]AI時代のUIデザインに取り組む「Magic Lab VR」,そしてPS4標準SDKに搭載の「OpenSubdiv」が世界初公開となったPlayStationブース

[GDC 2017]AI時代のUIデザインに取り組む「Magic Lab VR」,そしてPS4標準SDKに搭載の「OpenSubdiv」が世界初公開となったPlayStationブース

 GDC 2017のSIEブースでは,2つの「世界初公開」なデモをチェックすることができた。1つは,次世代インタフェースもしくはインタラクションのデモ「Magic Lab VR」,もう1つはPS4の開発キットに実装された「Subdiv」技術のデモだ。まとめて紹介したい。

[2017/03/07 00:00]

[GDC 2017]「バイオハザード7」はこうして作られた。方向性の転換が迫られた最新作の開発秘話

[GDC 2017]「バイオハザード7」はこうして作られた。方向性の転換が迫られた最新作の開発秘話

 世界的にも評価が高い,カプコンのサバイバルホラーゲーム「バイオハザード7 レジデント イービル」の誕生秘話が語られたセッション「Reliving the Horror:Talking "Resident Evil" forward by Looking Back」が,GDC 2017で行われた。バイオハザード7がいかに開発されたが説明された講演の内容をレポートしよう。

[2017/03/04 21:21]

[GDC 2017]「C#ベースのオールインワンエンジン」や「組み込むだけでHDR出力対応できるYEBIS」が出展されたシリコンスタジオブース

[GDC 2017]「C#ベースのオールインワンエンジン」や「組み込むだけでHDR出力対応できるYEBIS」が出展されたシリコンスタジオブース

 GDC 2017のEXPOフロアには,ゲームメーカーだけでなく,ミドルウェアメーカーもブースを構えている。毎年,日本のミドルウェア開発スタジオでは最大のブースを設けているシリコンスタジオが今年も意欲的な展示を行っていたのでレポートしよう。

[2017/03/04 00:00]

[GDC 2017]VRMarkに新テスト「Cyan Room」が追加。GDC 2017 EXPOのFuturemarkブースをレポート

[GDC 2017]VRMarkに新テスト「Cyan Room」が追加。GDC 2017 EXPOのFuturemarkブースをレポート

 2017年3月2日にGDC 2017が会期3日めを迎え,会場では参加企業の見本市,展示会であるEXPOが開幕した。今回,ベンチマークソフトの老舗「Futuremark」は,VRMarkに新たなテストモード「Cyan Room」を追加しての出展となる。この内容を含め,同社のブースレポートをお届けしよう。

[2017/03/03 18:22]

西川善司の3DGE:「Ryzen」は何が新しくなったのか。そのマイクロアーキテクチャに迫る

西川善司の3DGE:「Ryzen」は何が新しくなったのか。そのマイクロアーキテクチャに迫る

 2017年3月3日,「Ryzen」がついに正式発表となったが,果たして新世代CPUでは何が新しくなったのか。連載「西川善司の3Dゲームエクスタシー」では,「Zen」マイクロアーキテクチャの詳細を明らかにすることを通じ,注目のプロセッサが持つ性能の秘密に迫りたい。

[2017/03/02 23:00]

[GDC 2017]ピンチはチャンスに変えられるはず。田畑 端氏が「FINAL FANTASY XV」の開発を振り返ったセッションをレポート

[GDC 2017]ピンチはチャンスに変えられるはず。田畑 端氏が「FINAL FANTASY XV」の開発を振り返ったセッションをレポート

 「FINAL FANTASY XV」のディレクターである田畑 端氏が,その開発を振り返るセッションがGDC 2017で開催された。発売から約1か月でパッケージ版の出荷数とダウンロード販売数の合計が600万を超えたFFXVだが,その道のりは険しかったようだ。※2017年3月3日14:40 Luminous Studio Proのムービーを追加しました。

[2017/03/02 20:02]

[GDC 2017]PS4&Xbox One用タイトルのPC移植スペシャリストが語る「DX12の理想と現実」

[GDC 2017]PS4&Xbox One用タイトルのPC移植スペシャリストが語る「DX12の理想と現実」

 果たしてDirectX 12は必要なのか? 「Rise of the Tomb Raider」「Deus Ex: Mankind Divided」のPC版移植を手がけ,DirectX 12パッチも完成させたゲームデベロッパが,自分達の経験から得られた知見をGDC 2017で報告したので,その内容をまとめてみたい。

[2017/03/02 00:00]

[GDC 2017]NVIDIA,「GeForce GTX 1080 Ti」を発表。699ドル(税別)でGTX 1080より35%速い

[GDC 2017]NVIDIA,「GeForce GTX 1080 Ti」を発表。699ドル(税別)でGTX 1080より35%速い

 北米時間2017年2月28日,NVIDIAは,GDC 2017に合わせて米サンフランシスコ市内でイベントを開催し,その場で,Pascalアーキテクチャ採用の新しいフラグシップGeForceとなるGPU「GeForce GTX 1080 Ti」を発表した。GTX 1080より35%速い新製品は699ドル(税別)で来週発売予定だ。【※13:45頃,詳報に差し替え】

[2017/03/01 12:51]

西川善司の3DGE:「RyzenはCore i7よりこれだけ速い」――AMDが披露したベンチマーク結果をチェックする

西川善司の3DGE:「RyzenはCore i7よりこれだけ速い」――AMDが披露したベンチマーク結果をチェックする

 新世代CPU「Ryzen 7」の発売日と価格を予告したAMDは,報道関係者向けイベントの会場で,実機を用いてのベンチマークも披露した。連載「西川善司の3Dゲームエクスタシー」,今回は,現地で見てきたベンチマークの内容を,ムービー付きでお届けしたい。

[2017/02/23 18:11]

西川善司の3DGE:AMDの新世代CPU「Ryzen 7」は北米時間3月2日発売決定。8コア16スレッドの最上位モデル「Ryzen 7 1800X」は499ドルに

西川善司の3DGE:AMDの新世代CPU「Ryzen 7」は北米時間3月2日発売決定。8コア16スレッドの最上位モデル「Ryzen 7 1800X」は499ドルに

 2017年2月22日,AMDは,新世代CPU「Ryzen 7」を北米時間3月2日に発売すると発表した。フラグシップ製品「Ryzen 7 1800X」は,競合のi7-6900Kより速く,それでいて価格は半値以下の499ドル(税別)になるとのことだ。西川善司氏による現地レポートをお届けしたい。【3月23日:国内価格情報を追記】

[2017/02/22 23:00]

西川善司の「試験に出るゲームグラフィックス」(5)レイトレアプローチで作り上げた「The Tomorrow Children」の先進ビジュアル,中編

西川善司の「試験に出るゲームグラフィックス」(5)レイトレアプローチで作り上げた「The Tomorrow Children」の先進ビジュアル,中編

 前編から間が空いてしまったが,連載「試験に出るゲームグラフィックス」第5回は,「The Tomorrow Children」のグラフィックス解説・中編だ。今回のテーマは,本作における影生成やパーティクルシステム,表面下散乱表現となる。前回同様に難解だが,ぜひ付いてきてほしい。

[2017/02/11 00:00]

西川善司の3DGE:「Nintendo Switch」のプレゼンテーションと体験会で分かったこと,まとめ

西川善司の3DGE:「Nintendo Switch」のプレゼンテーションと体験会で分かったこと,まとめ

 2017年3月3日に2万9980円(税別)で発売となることがついに明らかとなった,任天堂の新世代ゲーム機「Nintendo Switch」。連載「西川善司の3Dゲームエクスタシー」では,任天堂主催のイベントに参加した西川善司氏による「まとめ」をお伝えしたい。

[2017/01/15 00:00]
さらに記事を探す

トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月21日〜07月22日
タイトル評価ランキング
88
82
ARMS (Nintendo Switch)
82
NieR:Automata (PS4)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年01月〜2017年07月