オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

いまから始めるオンラインゲーム
モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

企画記事

このページの最終更新日:2014/07/30 18:19


  • この記事のURL:

キーワード

下線

女子高生大統領が空を翔ける,PS Vita版「解放少女 SIN」プレイムービー。未来の日本で繰り広げられる,重厚でシリアスな政治劇に注目

女子高生大統領が空を翔ける,PS Vita版「解放少女 SIN」プレイムービー。未来の日本で繰り広げられる,重厚でシリアスな政治劇に注目

 5pb.が2014年7月31日に発売するPlayStation Vita用ソフト「解放少女 SIN」プレイムービーをお届けしよう。国土の水没と「大国」の侵略により,今とは大きく変わってしまった100年後の日本を舞台に繰り広げられる,政治と戦争,そして青春の物語。コミカルな要素がありつつも,重厚でシリアスに展開する政治劇に注目してほしい。

[2014/07/30 18:19]

今週発売の「ソニプロ」が15分で分かるプレイムービーを掲載。特盛り感抜群のすーぱーそに子を,自分好みのアイドルに育てよう

今週発売の「ソニプロ」が15分で分かるプレイムービーを掲載。特盛り感抜群のすーぱーそに子を,自分好みのアイドルに育てよう

 イメージエポックより,2014年7月31日に発売予定のニンテンドー3DS用ソフト「ソニプロ」は,ニトロプラスのライブマスコットガール「すーぱーそに子」を主役にした,アドベンチャー&リズムゲームだ。その魅力あますことなく伝えるべく,4Gamerでは今回,序盤のプレイシーンを収録したプレイムービーを用意した。サムネでビビっときた人は要チェックだ。

[2014/07/30 00:00]

「疾走、ヤンキー魂。」がスマートフォンで復活。スクウェア・エニックスの安藤武博氏と伊勢友光氏に意気込みを聞く

「疾走、ヤンキー魂。」がスマートフォンで復活。スクウェア・エニックスの安藤武博氏と伊勢友光氏に意気込みを聞く

 かつてヤンキーゲームの先駆けとして,熱狂的なファンを生んだ「疾走、ヤンキー魂。」のスマートフォン版が,いよいよこの7月よりサービス開始となる。昨年10周年を迎え,ついに始動する第三期“ヤン魂。”を手掛けたキーマン2人に,その開発秘話を聞いた。

[2014/07/29 14:08]

“アイカツおじさん”はなぜ生まれたのか。大型アップデート目前の「アイカツ!」開発陣に聞く,次期シリーズの新要素から大人気の理由まで

“アイカツおじさん”はなぜ生まれたのか。大型アップデート目前の「アイカツ!」開発陣に聞く,次期シリーズの新要素から大人気の理由まで

 今年で稼働3年目を迎えるバンダイのキッズ向けアーケードゲーム「データカードダス アイカツ!」。2014年10月には大型アップデートも予定されている,大ヒットタイトルだ。そのアップデートについて聞いたインタビューをお届けしよう。大ヒットの理由や,実際のプレイヤー層についても詳しく聞いてみたのでお見逃しなく。

[2014/07/28 00:00]

西川善司の「試験に出るゲームグラフィックス」(2)「GUILTY GEAR Xrd -SIGN-」で実現された「アニメにしか見えないリアルタイム3Dグラフィックス」の秘密,後編

西川善司の「試験に出るゲームグラフィックス」(2)「GUILTY GEAR Xrd -SIGN-」で実現された「アニメにしか見えないリアルタイム3Dグラフィックス」の秘密,後編

 西川善司の「試験に出るゲームグラフィックス」第2回では,第1回に引き続き,アークシステムワークスが開発した格闘ゲーム「GUILTY GEAR Xrd -SIGN-」を取り上げる。後編となる今回は,「セルアニメにしか見えない3Dグラフィックス」において,2D格闘ゲームらしさを生むために採用された細かな工夫を中心に紹介していきたい。

[2014/07/26 00:00]

“余命”をかけて挑んだ作品――「俺屍2」を作った桝田省治氏の原点を探るロングインタビューを掲載

“余命”をかけて挑んだ作品――「俺屍2」を作った桝田省治氏の原点を探るロングインタビューを掲載

 2014年7月17日,実に15年越しの完全新作となった「俺の屍を越えてゆけ2」(以下,俺屍2)がついに発売された。4Gamerでは,本作のゲームデザインを手がける桝田省治氏にインタビューを行う機会を得て,ゲームのことや桝田氏自身ことなど,いろいろな話を聞いてみた。氏の考え方や姿勢,あるいはその原点を探ってみた今回のインタビュー。桝田ファンの人はぜひ本稿に目を通してみてほしい。

[2014/07/26 00:00]

モダンさとクラシックな魅力を兼ね備えた,フランスパン格ゲーの集大成。PS3版「UNDER NIGHT IN-BIRTH Exe:Late」レビューを掲載

モダンさとクラシックな魅力を兼ね備えた,フランスパン格ゲーの集大成。PS3版「UNDER NIGHT IN-BIRTH Exe:Late」レビューを掲載

 2014年7月24日,アークシステムワークスから発売となったPS3用対戦格闘ゲーム「UNDER NIGHT IN-BIRTH Exe:Late」のレビューをお届けする。2013年9月にアーケードでリリースされた同名タイトルの,初の家庭用ゲーム機移植となる本作。本稿ではそのバトルデザイン部分を中心に,格闘ゲームとしての面白さに迫ってみよう。

[2014/07/24 00:00]

いい意味で変わらない面白さ。ファン待望の世代交代RPG最新作「俺の屍を越えてゆけ2」をプレイムービーで紹介

いい意味で変わらない面白さ。ファン待望の世代交代RPG最新作「俺の屍を越えてゆけ2」をプレイムービーで紹介

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアより本日(2014年7月17日)発売されたPS Vita用ソフト「俺の屍を越えてゆけ2」の紹介プレイムービーを掲載した。短命の呪いを受けた一族が,子に希望を託して死んでいく。自分の子孫の活躍を見守るという,唯一無二の体験ができる「俺屍」シリーズ最新作の魅力をお伝えしたい。

[2014/07/17 19:36]

さまざまなプレイスタイルで遊べる,「黄昏」シリーズの集大成。「シャリーのアトリエ 〜黄昏の海の錬金術士〜」をプレイムービーで紹介

さまざまなプレイスタイルで遊べる,「黄昏」シリーズの集大成。「シャリーのアトリエ 〜黄昏の海の錬金術士〜」をプレイムービーで紹介

 ガストから2014年7月17日に発売される「シャリーのアトリエ 〜黄昏の海の錬金術士〜」プレイムービーを掲載した。儚く美しい世界観が魅力の「黄昏」シリーズも気がつけば3作め。これまでのアトリエシリーズとは違い,時間の制限が無くなったことで,遊び方が大きく変わった本作の概要と魅力を,13分のムービーでまとめて紹介したい。

[2014/07/17 00:00]

死んでも犯人を挙げろ。ゴーストとなって自身の殺人事件を追う「MURDERED 魂の呼ぶ声」をレビュー

死んでも犯人を挙げろ。ゴーストとなって自身の殺人事件を追う「MURDERED 魂の呼ぶ声」をレビュー

 スクウェア・エニックスから本日(2014年7月17日)発売となるアクションアドベンチャー「MURDERED 魂の呼ぶ声」のレビューをお届けしよう。ゴーストとなり,自分が殺された事件を捜査するという独特なストーリーとゲームシステムを備えた本作の面白さを,ネタバレしない範囲でお伝えする。

[2014/07/17 00:00]

西川善司の「試験に出るゲームグラフィックス」(1)「GUILTY GEAR Xrd -SIGN-」で実現された「アニメにしか見えないリアルタイム3Dグラフィックス」の秘密,前編

西川善司の「試験に出るゲームグラフィックス」(1)「GUILTY GEAR Xrd -SIGN-」で実現された「アニメにしか見えないリアルタイム3Dグラフィックス」の秘密,前編

 新連載「試験に出るゲームグラフィックス」では,西川善司氏が特定タイトルのグラフィックスにスポットを当て,その解説を行っていく。初回シリーズのテーマは,アークシステムワークスが開発した「GUILTY GEAR Xrd -SIGN-」。前後編に分けて,セルアニメにしか見えないリアルタイム3Dグラフィックスの正体に迫っていきたい。

[2014/07/12 00:00]

[EVO2014]いよいよ幕を開ける格闘ゲームフェスティバル「Evolution 2014」観戦ガイド。各種目の見どころから配信スケジュールまでを徹底解説

[EVO2014]いよいよ幕を開ける格闘ゲームフェスティバル「Evolution 2014」観戦ガイド。各種目の見どころから配信スケジュールまでを徹底解説

 2014年もこの時がやってきた。世界各国の格闘ゲーマー達がラスベガスに集い,その頂点を賭けて競う格闘ゲームフェスティバル「Evolution 2014」が,北米時間の7月11日に幕を開ける。「ウルトラストリートファイターIV」から「大乱闘スマッシュブラザーズDX」まで,各タイトルの見どころを注目選手と共に紹介していこう。

[2014/07/11 10:00]

ハッキング能力を駆使して,シカゴの街を支配するクライムアクションゲーム最新作「ウォッチドッグス」のインプレッションをお届け

ハッキング能力を駆使して,シカゴの街を支配するクライムアクションゲーム最新作「ウォッチドッグス」のインプレッションをお届け

 海外での初週販売本数が累計約400万本という記録を打ち立てた,ユービーアイソフトの「ウォッチドッグス」が,2014年6月26日についに日本でも発売となった。本稿では,ハッキング能力を武器に戦う新機軸アクションや多種多彩なミッション,オンラインプレイといった本作の魅力をインプレッションと共にお届けしよう。

[2014/07/11 00:00]

台湾発のスマホ向け音ゲー「Deemo」はどうしてこんなに面白いのか。人気の理由を,あれこれ考えてみた

台湾発のスマホ向け音ゲー「Deemo」はどうしてこんなに面白いのか。人気の理由を,あれこれ考えてみた

 台湾のゲームメーカーRayarkが手がける,スマホ向けリズムゲーム「Deemo」。2013年に発売され,すでにアプリランキング上位の常連となっているタイトルだ。今さらではあるが,最近すっかりハマってしまった筆者によるレビューをお届けしたい。タッチパネルのリズムゲームは数あれど,Deemoはなぜここまで面白いのだろうか。

[2014/07/11 00:00]

Hearthstoneで勝ち抜くためにいますぐあなたが学ぶべきこと 第1回「デッキとマナの関係を理解しよう」

Hearthstoneで勝ち抜くためにいますぐあなたが学ぶべきこと 第1回「デッキとマナの関係を理解しよう」

 Blizzard Entertainmentが,満を持して世に送り出したオンラインカードゲーム「Hearthstone:Heroes of Warcraft」。“カードゲーム”といっても近頃のアレではなく,純然たるカードゲームだ。なので,ルールは把握しても対人で勝てないという人のために,デッキ構築のイロハをお教えしよう。

[2014/07/10 11:50]

「サイコブレイク」をCERO Z相当の内容に引き上げる「ゴアモードDLC」とは。施策の意図と意義をゼニマックス・アジアの高橋 徹ゼネラルマネージャーに聞いてみた

「サイコブレイク」をCERO Z相当の内容に引き上げる「ゴアモードDLC」とは。施策の意図と意義をゼニマックス・アジアの高橋 徹ゼネラルマネージャーに聞いてみた

 ゼニマックス・アジアは,Bethesda Softworksのサバイバルホラーゲーム「サイコブレイク」の日本での発売日を2014年10月23日と発表し,合わせて予約特典となる「ゴアモードDLC」の存在を明らかにした。果たして「ゴアモードDLC」の意図はどこにあるのか。同社のゼネラルマネージャー,高橋 徹氏に話を聞いた。

[2014/07/08 12:31]

[EVO2014]EVO開幕直前「ウルトラストリートファイターIV」座談会。ウメハラ選手ら6名のトッププレイヤー達が語るウルIVとトーナメントシーンのこれから

[EVO2014]EVO開幕直前「ウルトラストリートファイターIV」座談会。ウメハラ選手ら6名のトッププレイヤー達が語るウルIVとトーナメントシーンのこれから

 世界中の格ゲーファンが待ち望む,世界最大級の格闘ゲームフェスティバル「Evolution 2014」が,日本時間の2014年7月12日に開幕となる。それに先んじて収録したトッププレイヤー達の座談会をお届けしよう。「ウルトラストリートファイターIV」を中心に,プレイシーンの現状やEVO2014への抱負などを語ってもらったのでファンはぜひご一読を。

[2014/07/05 23:30]

呪われし一族の血によって紡がれる,壮大な生命のドラマ――コンセプトはそのままに,さらに進化した「俺の屍を越えてゆけ2」プレイレポート

呪われし一族の血によって紡がれる,壮大な生命のドラマ――コンセプトはそのままに,さらに進化した「俺の屍を越えてゆけ2」プレイレポート

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは,PlayStation Vita用ソフト「俺の屍を越えてゆけ2」を2014年7月17日に発売する。子孫に希望をつないでいくという,斬新かつドラマチックなゲーム性で多くのコアなファンを生んだ「俺屍」待望の続編となる本作のプレイレポートを,発売に先駆けてお届けしよう。

[2014/07/05 00:00]

「デモンゲイズ2(仮)」の開発がスタート。前作の大きな壁に続編でどう立ち向かうのか,角川ゲームスとエクスペリエンスのキーパーソンに聞いた

「デモンゲイズ2(仮)」の開発がスタート。前作の大きな壁に続編でどう立ち向かうのか,角川ゲームスとエクスペリエンスのキーパーソンに聞いた

 2014年7月3日に「デモンゲイズ Global Edition」が発売されたばかりのデモンゲイズだが,角川ゲームスとエクスペリエンスでは,すでに“続編”の開発に着手しているという。そこで4Gamerでは,さっそく角川ゲームスに乗り込み,新作がどんなゲームになるのかについて,3名のキーパーソンにあれこれ聞いてきた。

[2014/07/05 00:00]

植民地から独立し,目指すは世界のスーパーパワー!? 箱庭シム最新作「Tropico 5」をプレイムービーで紹介

植民地から独立し,目指すは世界のスーパーパワー!? 箱庭シム最新作「Tropico 5」をプレイムービーで紹介

 カリブ海に浮かぶ小さな島の独裁者となって,発展に導いていく箱庭シムシリーズ最新作「Tropico 5」。自由に国家建設を楽しめる要素を踏襲しつつ,「時代の移り変わり」を新たな要素として取り入れたのが最大の特徴だ。植民地から独立し,世界大戦を乗り越え,冷戦期,そして現代へと変化が楽しい本作の魅力をプレイムービーでお伝えしよう。

[2014/06/30 14:00]

びっくりするほどディストピア。懲役100万年の主人公が自由のために戦う「フリーダムウォーズ」をプレイムービーで紹介

びっくりするほどディストピア。懲役100万年の主人公が自由のために戦う「フリーダムウォーズ」をプレイムービーで紹介

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアが2014年6月26日に発売するPS Vita用ソフト「フリーダムウォーズ」は,近未来の荒廃した世界で限られた資源を奪い合う“奪還”マルチプレイアクションゲームだ。生産性のない人間は生まれただけで懲役100万年の刑を科せられるという,過酷すぎる世界で戦う様子をプレイムービーで紹介しよう。

[2014/06/25 15:00]

忽然と消えた都市の謎を解き明かせ。“アクション×ドラマ×RPG”を謳う「消滅都市」のプレイレポート

忽然と消えた都市の謎を解き明かせ。“アクション×ドラマ×RPG”を謳う「消滅都市」のプレイレポート

 スマートフォン向けアプリ開発を目的としてグリーが設立したライトフライヤースタジオ。その第1弾タイトルとなる「消滅都市」が2014年5月26日に配信開始となった。本作は“アクション×ドラマ×RPG”を謳っており,シンプルな操作で爽快なアクションが楽しめるばかりか,魅力的なキャラクターたちが織り成すストーリーまで味わえるのだ。

[2014/06/20 00:00]

新しいハードで新しいゲームを――PS4専用タイトル「Bloodborne(ブラッドボーン)」とはどんなゲームなのか。ディレクター・宮崎英高氏インタビュー

新しいハードで新しいゲームを――PS4専用タイトル「Bloodborne(ブラッドボーン)」とはどんなゲームなのか。ディレクター・宮崎英高氏インタビュー

 6月10日に行われたPlayStationカンファレンスで電撃的に発表されたPlayStation 4専用タイトル「Bloodborne」。名作「Demon's Souls」から数年の歳月を経て,Sony Computer Entertainmentとフロム・ソフトウェアが再びタッグを組み,あの宮崎英高氏がディレクターを務めるという本作。4Gamerでは,宮崎氏にインタビューをする機会を得て,いろいろ話を聞いてみた。

[2014/06/19 00:00]

プレイヤーの美学が試される。復活を遂げたステルスアクション「Thief」のレビューを掲載

プレイヤーの美学が試される。復活を遂げたステルスアクション「Thief」のレビューを掲載

 スクウェア・エニックスは2014年6月12日に,ステルスアクションゲーム「Thief」を発売した。日本のファンにはあまり馴染みがないかもしれないが,本作は2000年前後に海外で人気を博したPCゲームシリーズの最新作だ。一人称視点のステルスアクションという特徴を受け継ぎつつ,生まれ変わった本作のレビューをお届けしよう。

[2014/06/16 00:00]

[E3 2014]「KINGDOM HEARTS -HD 2.5 ReMIX-」では,色あせない華やかな魅力を再確認してほしい。Co.ディレクター 安江 泰氏へのインタビューを掲載

[E3 2014]「KINGDOM HEARTS -HD 2.5 ReMIX-」では,色あせない華やかな魅力を再確認してほしい。Co.ディレクター 安江 泰氏へのインタビューを掲載

 スクウェア・エニックスは,北米時間の2014年6月10日に開幕したE3 2014に,PS3用ソフト「KINGDOM HEARTS -HD 2.5 ReMIX-」を出展している。シリーズの過去作品をHD化して収録し,「KINGDOM HEARTS III」への橋渡し的作品となる本作のCo.ディレクターを務める安江 泰氏に,開発の狙いなどを聞いてみた。

[2014/06/11 10:00]

これはなかなかの渋さ! 往年の洋ゲーっぽさを醸し出す「Thief」をプレイムービーで紹介

これはなかなかの渋さ! 往年の洋ゲーっぽさを醸し出す「Thief」をプレイムービーで紹介

 スクウェア・エニックスが2014年6月12日に発売するステルスアクション「Thief」のプレイムービーを掲載した。本作は,1998年から2004年にかけてリリースされた「Thief」シリーズを,Eidos Montrealが“再創作”したゲームだ。戦闘が主軸ではなく,あくまでも盗みに特化しているゲーム性が実に渋い本作の見どころをムービーで紹介しよう。

[2014/06/09 11:44]

ああ,また守れなかった……! 見た目に反して意外とハードな「htoL#NiQ −ホタルノニッキ−」をプレイムービーで紹介

ああ,また守れなかった……! 見た目に反して意外とハードな「htoL#NiQ −ホタルノニッキ−」をプレイムービーで紹介

 日本一ソフトウェアが2014年6月19日に発売を予定しているPS Vita用ソフト「htoL#NiQ −ホタルノニッキ−」は,新たな切り口で新規IPを創出していくという同社の企画「NEWBRAND」による完全新作だ。見た目から雰囲気重視のアクションアドベンチャーかと思いきや,意外にも“死にゲー”な本作をプレイムービーで紹介しよう。

[2014/06/07 00:00]

司波深雪と逢坂大河が参戦を果たした「電撃文庫 FIGHTING CLIMAX」。溢れるキャラ愛と格ゲー哲学を,セガ&フランスパン開発陣に聞いてみた

司波深雪と逢坂大河が参戦を果たした「電撃文庫 FIGHTING CLIMAX」。溢れるキャラ愛と格ゲー哲学を,セガ&フランスパン開発陣に聞いてみた

 セガのアーケード用2D対戦格闘ゲーム「電撃文庫 FIGHTING CLIMAX」に,本日(2014年6月5日)より新たなキャラクター達が参戦となる。「魔法科高校の劣等生」「とらドラ!」という,いずれも人気原作から新キャラクターが参戦するこの機会。セガ&フランスパンの開発陣に,あれこれ質問をぶつけてみたので,その模様をお届けしていこう。

[2014/06/05 14:00]

前代未聞の“トライアングルスプレッド”が生み出した傑作クロスオーバーRPG。本日発売の「ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス」のレビューを掲載

前代未聞の“トライアングルスプレッド”が生み出した傑作クロスオーバーRPG。本日発売の「ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス」のレビューを掲載

 アトラスが本日(2014年6月5日)発売するニンテンドー3DS用ソフト「ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス」のレビューをお届けしよう。「ペルソナ3」「ペルソナ4」のキャラクターでパーティを組み,「世界樹の迷宮」のシステムで冒険するという本作のプレイフィールを「ペルソナ」シリーズの“ストーカー”を自負するマフィア梶田が紹介する。

[2014/06/05 00:00]

ヒーローか,それとも悪人か。超能力によるアクションが爽快な「inFAMOUS Second Son」をプレイムービーで紹介

ヒーローか,それとも悪人か。超能力によるアクションが爽快な「inFAMOUS Second Son」をプレイムービーで紹介

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアから5月22日に発売されたPlayStation 4用ソフト「inFAMOUS Second Son」は,オープンワールドを舞台に超能力を使って大暴れできる「inFAMOUS」シリーズの最新作。新世代機のパワーを感じさせるグラフィックスや演出に驚かされる本作の魅力を,プレイムービーでお届けしよう。

[2014/06/03 13:00]

「モンスターハンター」10周年記念インタビュー。シリーズの足跡を振り返ると共に,次回作「モンスターハンター4G」への意気込みを辻本良三氏に聞いた

「モンスターハンター」10周年記念インタビュー。シリーズの足跡を振り返ると共に,次回作「モンスターハンター4G」への意気込みを辻本良三氏に聞いた

 カプコンのハンティングアクションゲーム「モンスターハンター」シリーズは,2014年3月で第1作の発売から10周年を迎えた。今回4Gamerでは,この10年間の足跡を振り返りつつ,今秋発売予定の次回作「モンスターハンター4G」やシリーズの展望について,同シリーズプロデューサーの辻本良三氏に話を聞いてきた。

[2014/05/31 00:00]

より深くなったストーリーとハクスラ要素が魅力のPC版「真・三國無双7 with 猛将伝」をレビュー。4Gamer読者限定の特製壁紙プレゼントもあり

より深くなったストーリーとハクスラ要素が魅力のPC版「真・三國無双7 with 猛将伝」をレビュー。4Gamer読者限定の特製壁紙プレゼントもあり

 コーエーテクモゲームスが2014年5月23日に発売したPC版「真・三國無双7 with 猛将伝」のレビューをお届けしよう。満を持してのリリースとなった本作だが,魅力的な武将達が織りなす物語や,爽快な一騎当千アクションやなどといったシリーズの魅力は,最新作となる本作でどのように進化したのか,確認してほしい。

[2014/05/31 00:00]

「剣の街の異邦人 〜白の王宮〜」は何がどう“難しい”のか? 徹底した遊びやすさと迷宮の怖さを見事に両立させた本作のプレイレポートをお届け

「剣の街の異邦人 〜白の王宮〜」は何がどう“難しい”のか? 徹底した遊びやすさと迷宮の怖さを見事に両立させた本作のプレイレポートをお届け

 エクスペリエンスから2014年6月5日に発売されるXbox 360用ソフト「剣の街の異邦人 〜白の王宮〜」(PC版は8月22日に発売予定)。コアプレイヤー向けの高難度をウリにしている本作だが,実際には何がどう“難しい”のか? 発売前にじっくり遊びこんでみたので,そのプレイレポートをお届けする。

[2014/05/30 00:00]

キマシタワー! 女の子にキスをもらって強くなる「超女神信仰 ノワール 激神ブラックハート」をプレイムービーで紹介

キマシタワー! 女の子にキスをもらって強くなる「超女神信仰 ノワール 激神ブラックハート」をプレイムービーで紹介

 コンパイルハートより本日発売されるPS Vita用ソフト「超女神信仰 ノワール 激神ブラックハート」紹介プレイムービーを掲載した。本作は,同社の看板タイトルである「ネプテューヌ」シリーズの人気キャラクター「ノワール」が主人公を務めるスピンオフ作品だ。シリーズ初のシミュレーションRPGとなった本作を,さっそくチェックしてみよう。

[2014/05/29 00:00]

ゲームフリークは競馬フリーク!?――ゲームフリーク×4Gamerで唐突に「日本ダービー」の結果予想企画を実施してみた

ゲームフリークは競馬フリーク!?――ゲームフリーク×4Gamerで唐突に「日本ダービー」の結果予想企画を実施してみた

 4Gamerでは,今週末に行われる「日本ダービー」の結果予想企画を唐突に実施してみたい。本企画に参加してくれたのは,ゲームフリークで「ソリティ馬」の開発を手がけた一之瀬 剛氏田谷正夫氏の二人。そして4Gamerからは,編集部一の(唯一の?)競馬ファンであるAkiyamaと,ダビスタとウイニングポストでしか競馬を知らないTAITAIの計4名が,「第81回 日本ダービー」を予想。どうしてこうなった?

[2014/05/28 00:00]

オンラインで“濃い”TCGが楽しめる「ラストクロニクル」をレビュー。戦略性を生み出す独自要素,トレード,賞品付き対戦など,充実のシステムでがっつり遊べる一作だ

オンラインで“濃い”TCGが楽しめる「ラストクロニクル」をレビュー。戦略性を生み出す独自要素,トレード,賞品付き対戦など,充実のシステムでがっつり遊べる一作だ

 ホビージャパンが展開するオンラインTCG「ラストクロニクルオンライン」のレビューをお届けする。リアルカード,オンラインどちらでも同じルール・カードで遊べることがウリの本作だが,実のところ,オンラインTCGとしてだけで見ても,非常に面白い。トレードシステムやシールド戦,ドラフト戦なども完備されており,TCG好きにはオススメの一作だ。

[2014/05/24 00:00]

「普通はこうだから」って意見とは戦っていきたい――ニコニコ超会議3を総括する「ゲーマーはもっと経営者を目指すべき!」第18回

「普通はこうだから」って意見とは戦っていきたい――ニコニコ超会議3を総括する「ゲーマーはもっと経営者を目指すべき!」第18回

 4月26日と27日に幕張メッセにて開催された「ニコニコ超会議3」。会場の延べ来場者数12万4966人,公式生放送を視聴したネット総来場者数が759万5978人。前回を大幅に上回る動員数を達成したニコニコ超会議3ですが,4Gamerでは,今年もまた本イベントをふり返る特別座談会をお届けします。

[2014/05/22 10:00]

「DARK SOULS II」の剣術指導をしたジェイ・ノイズ氏に「騎士道剣術」を教えてもらった。中世文化を伝えるティンタジェルの門を叩く

「DARK SOULS II」の剣術指導をしたジェイ・ノイズ氏に「騎士道剣術」を教えてもらった。中世文化を伝えるティンタジェルの門を叩く

 西洋剣術の指南や甲冑を装備してのバトル,中世文化講座の実施といった活動を行う「キャッスル・ティンタジェル」。その“城主”のジェイ・ノイズ氏は,「DARK SOULS II」の剣術指導など,西洋刀剣が登場するゲーム制作に協力している人物だ。今回,そんな氏による指導の下,実際にドイツ剣術を体験させてもらったので,そのレポートをお届けしよう。

[2014/05/17 00:00]

戦い続ける村人達に贈る集中連載「特集:人狼」。最終回は,脱・初心者を目指す人に守ってほしい“15の法則(セオリー)”

戦い続ける村人達に贈る集中連載「特集:人狼」。最終回は,脱・初心者を目指す人に守ってほしい“15の法則(セオリー)”

 さまざまなジャンルに進出し,バラエティ豊かな発展を遂げている人狼ゲームについて深く掘り下げていく連載「特集:人狼」。最終回となる今回は,「もっと勝てるようになりたい!」をテーマにした戦術指南をお届けする。“守るべき15の法則”から,各役職の立ち回り方まで,みっちり解説していこう。

[2014/05/17 00:00]

「剣の街の異邦人 〜白の王宮〜」がついに完成。“Team Muramasaの集大成”の仕上がりについて,千頭 元氏と安宅元也氏に聞いた

「剣の街の異邦人 〜白の王宮〜」がついに完成。“Team Muramasaの集大成”の仕上がりについて,千頭 元氏と安宅元也氏に聞いた

 2014年6月5日に,エクスペリエンスからXbox 360用ソフト「剣の街の異邦人 〜白の王宮〜」が発売される。本作は,同社が長らく手がけてきたハック&スラッシュ型ダンジョンRPGの正統進化を謳い,コアプレイヤー向けの高難度をウリにした作品だ。そんな本作について,プロデューサーを務める千頭 元氏と,ディレクターの安宅元也氏に聞いた。

[2014/05/16 00:00]

12世紀・欧州宗教戦争の覇者となれ。日本語版が登場したドイツの名作陣取りゲーム「王と枢機卿」レビューを掲載

12世紀・欧州宗教戦争の覇者となれ。日本語版が登場したドイツの名作陣取りゲーム「王と枢機卿」レビューを掲載

 2014年3月11日にゲームフィールドから日本語版が発売されたボードゲーム「王と枢機卿」。本作は,各プレイヤーがヨーロッパ各地に修道院を建設し,枢機卿を送り込んで影響力を高め,得られるポイントを競うマルチプレイヤータイプの陣取りゲームだ。そんな骨太さと平易さを兼ね備えた,故き良きドイツボードゲームの魅力を紹介していこう。

[2014/05/14 12:00]

なぜ今,努力しないで成功する物語がはやるのか?――引きこもりのプロブロガー・海燕氏がゲストの「ゲーマーはもっと経営者を目指すべき!」第17回

なぜ今,努力しないで成功する物語がはやるのか?――引きこもりのプロブロガー・海燕氏がゲストの「ゲーマーはもっと経営者を目指すべき!」第17回

 連載第17回めとなる,ドワンゴ・川上量生氏との対談企画「ゲーマーはもっと経営者を目指すべき!」。今回は,ニコニコチャンネルで「海燕のゆるオタひきこもり生活研究室」を運営する海燕氏をゲストに迎え, オタクとヤンキーの違いとはなにか,なぜ今は「努力しないで成功する物語」がはやっているのか,そもそもオタクとはどういう生き物なのか?など,いろいろなことを語ってもらいました。

[2014/05/10 00:00]

“熱きナニか”がたぎってきた! いろいろなものが限界に近い「限界凸記 モエロクロニクル」をプレイムービーで紹介

“熱きナニか”がたぎってきた! いろいろなものが限界に近い「限界凸記 モエロクロニクル」をプレイムービーで紹介

 表現の限界に挑戦しすぎている,コンパイルハートの新作「限界凸記 モエロクロニクル」。モンスター娘をこすって脱がせる「胸キュンスクラッチ」ばかりに目が行きがちな本作だが,軽快でストレスのないダンジョンパートが予想以上に遊びやすい作品だった。今回は,そんな本作をプレイムービーで紹介しよう。

[2014/05/09 00:00]

クラクラ系デビューが遅れた人には,常夏の島で銃弾をプレゼント。Supercellの新作「Boom Beach」日本語版を紹介しよう

クラクラ系デビューが遅れた人には,常夏の島で銃弾をプレゼント。Supercellの新作「Boom Beach」日本語版を紹介しよう

 Supercellのクラクラ系新作「Boom Beach」は,常夏の海で「島を育てる/襲撃する」ゲームだ。先日4月24日に日本語に対応したばかりで,これからクラクラ系に手を出そうと思っている人にもまさに旬と言えるタイトルになっている。連休シーズンは,キレイな海に囲まれた島でバカンスと洒落込もうもれなく銃弾もセットだ

[2014/05/02 20:00]

まさに今が始め時? アーケードの定番クイズゲーム最新作「クイズマジックアカデミー天の学舎」をプレイムービーでがっつり紹介

まさに今が始め時? アーケードの定番クイズゲーム最新作「クイズマジックアカデミー天の学舎」をプレイムービーでがっつり紹介

 アーケード用クイズゲームとして長く人気を誇るKONAMIの「クイズマジックアカデミー」シリーズ。現在稼働中の最新作「天の学舎」では,GW期間限定の新イベントが開催中だ。そのイベント「ジャンル別!クイズ力測定バトル」をプレイムービーで紹介しよう。高山央旨プロデューサーへのミニインタビューも合せて掲載するので,こちらも要チェックだ。

[2014/04/28 16:41]

「コアマスターズ」のカジュアルモード(チーム戦)で初心者はどう動くべきか。「何をしていいか分からない」人のために戦い方を解説

「コアマスターズ」のカジュアルモード(チーム戦)で初心者はどう動くべきか。「何をしていいか分からない」人のために戦い方を解説

 OBTがスタートした「コアマスターズ」の,初心者向けのガイド記事を掲載した。RTSの戦略性とRPG的な成長要素を併せ持つMOBAの中でも,かなり遊びやすい本作だが,対人戦がメインということで「一見さんお断り」的なハードルの高さを感じている人もいるはず。本稿を通じて,ぜひ基本的な戦い方と心構えを学んでほしい。

[2014/04/25 12:00]

ユービーアイソフトが放つ2D RPG,「チャイルド オブ ライト」をプレイムービーで紹介。この感触のよさは要注目だ

ユービーアイソフトが放つ2D RPG,「チャイルド オブ ライト」をプレイムービーで紹介。この感触のよさは要注目だ

 ユービーアイソフトが2014年5月1日に発売を予定しているダウンロード専用ソフト,「チャイルド オブ ライト」を紹介するムービーを掲載した。水彩画のようなグラフィックスや,悲しげな音楽など,アーティスティックな要素が印象的な作品だ。もちろん,それらも魅力的なのだが,実際にプレイして一番驚いたのは「感触のよさ」だった。

[2014/04/25 00:00]

「GUILTY GEAR Xrd -SIGN-」が目指した“心機一転”。アークシステムワークス・石渡太輔氏と関根一利氏が語る,新時代の格闘ゲームとは

「GUILTY GEAR Xrd -SIGN-」が目指した“心機一転”。アークシステムワークス・石渡太輔氏と関根一利氏が語る,新時代の格闘ゲームとは

 2014年2月20日に稼働を開始したアーケード用格闘ゲーム「GUILTY GEAR Xrd -SIGN-」。シリーズの生みの親であるゼネラルプロデューサー・石渡太輔氏が手がける格闘ゲームとしては,実に10年ぶりとなるこのタイトルは,いかにして生み出されたのか。その思いの丈を,石渡氏本人とバトルプランナー・関根一利氏に聞いてみた。

[2014/04/23 00:00]

エネルギッシュな魅力はまったく色褪せない! シリーズの原点となる初期3作品を収録した「逆転裁判123 成歩堂セレクション」をプレイムービーで紹介

エネルギッシュな魅力はまったく色褪せない! シリーズの原点となる初期3作品を収録した「逆転裁判123 成歩堂セレクション」をプレイムービーで紹介

 カプコンから本日(2014年4月17日)発売されるニンテンドー3DS用ソフト「逆転裁判123 成歩堂セレクション」のプレイムービーを掲載した。本作は,法廷バトルゲーム「逆転裁判」シリーズの初期3作品を1本に収録した作品だ。個性豊かなキャラクター,痛快な法廷バトル,独特のセリフ回しなど,今もなお色褪せない本作の魅力をチェックしてほしい。

[2014/04/17 00:00]

MMORPGでも“ジャンプ操作”は絶対必要なんです!――チーフプランナー安西 崇氏も招いた「ドラゴンクエストX」バージョン2.1インタビュー

MMORPGでも“ジャンプ操作”は絶対必要なんです!――チーフプランナー安西 崇氏も招いた「ドラゴンクエストX」バージョン2.1インタビュー

 国産のオンラインゲームとしては最大級の規模を誇る「ドラゴンクエストX」。本日,バージョン2.1[後期]へのアップデートが行われる予定の本作だが,4Gamerでは,バージョン2.1に合わせる形で取材を行った。インタビューに応じてくれたのは,お馴染みの本作プロデューサー・齊藤陽介氏とディレクターの齋藤 力氏,さらにチーフプランナーとして活躍する安西 崇氏を加えたお三方だ。

[2014/04/17 00:00]
さらに記事を探す

トピックス
スペシャルコンテンツ