オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

GPU

このページの最終更新日:2014/04/18 14:53


  • この記事のURL:

キーワード

下線

AMD,R9 290XやKaveriが当たるFacebookキャンペーン開始。5月4日まで

[2014/04/18 14:53]

玄人志向からR9 295X2搭載カードが発売に。想定売価は19万円前後

[2014/04/18 14:15]

NVIDIA,サポートページで「337.61 Beta Hotfix」ドライバを公開。Dell製4Kディスプレイで生じる問題などに緊急対処

[2014/04/18 10:49]

換装用静音クーラーの付属するGTX TITAN BlackカードがGIGABYTEから

[2014/04/17 15:37]

耐久性重視のR7 260カードがASUSから発売に。ツインファンクーラー搭載

[2014/04/17 12:42]

北米での想定売価1499ドルが日本に来ると20万円!? リファレンス仕様のSapphire製R9 295X2カードが発売に

北米での想定売価1499ドルが日本に来ると20万円!? リファレンス仕様のSapphire製R9 295X2カードが発売に

 2014年4月16日,アスクは,「Radeon R9 295X2」ベースのSapphire Technology製デュアルGPUグラフィックスカード「R9 295X2 8G GDDR5」を,4月21日に国内発売すると発表した。AMDの想定売価が1499ドル程度なのに対して,本製品の販売代理店想定売価は20万円前後と,相当にインパクトが大きい。

[2014/04/16 16:05]

新型APU「Athlon」「Sempron」の紹介イベントが秋葉原UDXで4月20日に開催。ドラクエXプロデューサーによるセッションも実施

新型APU「Athlon」「Sempron」の紹介イベントが秋葉原UDXで4月20日に開催。ドラクエXプロデューサーによるセッションも実施

 2014年4月14日,日本AMDは,ソケット版KabiniベースのAPU「Athlon」「Sempron」やパートナー企業の対応製品を紹介するイベントを,4月20日に東京秋葉原の秋葉原UDXにて開催すると発表した。「ドラゴンクエストX」のプロデューサーである齊藤陽介氏が登壇するトークセッションや,グッズが当たるじゃんけん大会も実施される予定だ。

[2014/04/14 17:43]

復活したAthlonはゲーマーにとって価値があるのか? 6000円台で買えるデスクトップPC向けAPU「Athlon 5350」を試す

復活したAthlonはゲーマーにとって価値があるのか? 6000円台で買えるデスクトップPC向けAPU「Athlon 5350」を試す

 2014年4月9日21:00,AMDは,デスクトップPC向け「Kabini」を,AthlonおよびSempronプロセッサとして正式に発表した。往年の名CPU名がエントリーモデルとして復活したわけだが,果たしてその実力はいかに。発表時点の最上位モデルにして,6000円台で購入できるAPU「Athlon 5350」のテスト結果をお届けしたい。

[2014/04/09 21:00]

Qualcomm,64bit命令対応のハイエンドSoC「Snapdragon 810/808」を発表。搭載製品は2015年前半に登場予定

Qualcomm,64bit命令対応のハイエンドSoC「Snapdragon 810/808」を発表。搭載製品は2015年前半に登場予定

 北米時間2014年4月7日,Qualcommは,「Snapdragon 800」シリーズでは初となる,64bit命令対応SoC「Snapdragon 810」「Snapdragon 808」を発表した。ARM製CPUコア「Cortex-A57」と「Cortex-A53」を採用し,新GPUコアの「Adreno 430」「Adreno 418」を集積するなど,高性能化を図ったのが特徴だ。搭載製品は2015年前半に登場の予定。

[2014/04/09 17:22]

公称消費電力は脅威の500W。AMD,1499ドルのデュアルGPUカード「Radeon R9 295X2」を発表

公称消費電力は脅威の500W。AMD,1499ドルのデュアルGPUカード「Radeon R9 295X2」を発表

 2014年4月8日21:00,AMDから,新しいデュアルGPUカード「Radeon R9 295X2」が発表になった。簡易液冷ユニットを標準採用し,公称典型消費電力500Wというスペックを持つ新製品をAMDは「極めて危険なグラフィックスカード」と位置づけているが,果たしてどんな製品なのか。AMDの担当者が語った内容を基に,その正体に迫ってみたい。

[2014/04/08 21:00]

「Radeon R9 295X2」レビュー。“デュアルR9 290X”は疑いなく史上最速シングルカードだ

「Radeon R9 295X2」レビュー。“デュアルR9 290X”は疑いなく史上最速シングルカードだ

 別途お伝えしているとおり,AMDから,デュアルGPUカードの新製品「Radeon R9 295X2」が発表になった。Radeon R9 290Xを2基集積する怪物は,公称典型消費電力500W,標準で簡易液冷ユニット付きと,なかなかトンデモないが,その性能も目を見張るもののようだ。4K解像度でのテスト結果を中心に,その実力を明らかにしてみたい。

[2014/04/08 21:00]

ワークステーション向けGPUの新製品「FirePro W9100」登場。倍精度2.62TFLOPSを実現して約65万円

ワークステーション向けGPUの新製品「FirePro W9100」登場。倍精度2.62TFLOPSを実現して約65万円

 2014年4月8日,エーキューブは,AMDの新世代ワークステーション向けグラフィックスカード「FirePro W9100」を2014年夏に発売すると発表した。代理店による参考価格は64万8000円(税込)。Hawaiiベースで倍精度演算性能2.62TFLOPS,グラフィックスメモリ容量16GBを誇る新製品は,4K解像度における複数のタスク処理がターゲットとなっている。

[2014/04/08 13:17]

複数のタイトルに向けて最適化の進んだ「GeForce 337.50 Driver Beta」登場。デスクトップ録画に対応した「GeForce Experience 2.0」も

複数のタイトルに向けて最適化の進んだ「GeForce 337.50 Driver Beta」登場。デスクトップ録画に対応した「GeForce Experience 2.0」も

 北米時間2014年4月7日,NVIDIAは,公式最新β版グラフィックスドライバ「GeForce 337.50 Driver Beta」を公開した。複数のゲームタイトルに向けた最適化,そして,デスクトップPCにおけるデスクトップ録画やノートPCでの「ShadowPlay」などをサポートする「GeForce Experience 2.0」の統合がトピックだ。

[2014/04/08 00:00]

「AMDが披露したアタッシュケース」の中身は簡易液冷クーラー付きデュアルGPUカードか

「AMDが披露したアタッシュケース」の中身は簡易液冷クーラー付きデュアルGPUカードか

 AMDの公開した「意味深なアタッシュケース」には,簡易液冷クーラー付きのデュアルGPUカードが入っているようだ。これは,同社のYouTube公式チャネルで掲載されたムービーから明らかになったもの。こうして次々と“じらし”が入る以上,登場も近いと見ていいのではないかと思われるが,果たして幾らになるのだろう?

[2014/04/07 11:07]

玄人志向から1万2000円台のRadeon R7 250X&250搭載カードが発売に

[2014/04/04 16:15]

AMDが意味ありげなアタッシュケースを披露。新製品?

AMDが意味ありげなアタッシュケースを披露。新製品?

 2014年4月2日,AMDが,意味深なアタッシュケースを披露した。AMDはこれが何なのか一切明らかにしていないものの,「Radeon」と書かれていることから,Radeonの新製品を収めるためのものである可能性が高そうだ。Radeonでアタッシュケースというと,ASUSのデュアルHD 7970 GHz Editionカード「ARES2-6GD5」が思い出されるが,さて。

[2014/04/02 21:00]

「3DMark」のマイナーアップデート対応と,Mantleに関する判断追加を行って,4Gamerベンチマークレギュレーションはバージョン15.1に

「3DMark」のマイナーアップデート対応と,Mantleに関する判断追加を行って,4Gamerベンチマークレギュレーションはバージョン15.1に

 4GamerがGPUやPCなどのテストに用いている独自のレギュレーションをバージョン15.1へ引き上げた。今回は,「3DMark」のマイナーアップデートを受けてのものとなるが,ついにリリースされたMantle版「Battlefield 4」をどうするかについても言及してあるので,4Gamerのハードウェアレビューに興味のある人は確認しておいてほしい。

[2014/03/31 19:35]

独自クーラー搭載でOC仕様のEVGA製GTX 780 Ti搭載カード2製品が発売

[2014/03/31 13:45]

HDMI×2で4K解像度の60Hz表示に対応するGIGABYTE製GTX 750カード

[2014/03/28 21:24]

[GTC 2014]デュアルGK110のTITAN Zから組み込み向けTegra K1まで,上へ下へとCUDAを広げるNVIDIAの戦略を読み解く

[GTC 2014]デュアルGK110のTITAN Zから組み込み向けTegra K1まで,上へ下へとCUDAを広げるNVIDIAの戦略を読み解く

 GTC 2014基調講演のレポート最終回では,新しいデュアルGPUカード「GeForce GTX TITAN Z」とクラウドレンダリング向け新サーバー,そしてモバイル向けSoC「Tegra K1」の話題をレポートしよう。これらから,ハイエンドから組み込みまでにCUDAを広げる,NVIDIAの周到な戦略が見えてくる。

[2014/03/28 20:21]

「MantleはDX12までのつなぎではない」「PS4やXbox Oneにも提供可能」。AMD,Mantle関連の新事実を明らかに

「MantleはDX12までのつなぎではない」「PS4やXbox Oneにも提供可能」。AMD,Mantle関連の新事実を明らかに

 AMD本社でソフトウェアメーカーとの協力体制を築くための部門でシニアディレクターを務めるNeal Robison氏が来日。AMD独自のAPI「Mantle」について,「DirectX 12までのつなぎではなく,進化を続けていく」「PS4とXbox Oneへ提供する用意がある」ことを明らかにした。

[2014/03/28 17:29]

AMD,4980円でローエンドRichland「A4-4020」を国内発売。TDPは65W

[2014/03/27 19:31]

[GTC 2014]賢い人工知能はGPUで作る。NVIDIAが取り組むGPGPUの新たな活用分野「機械学習」とは何か?

[GTC 2014]賢い人工知能はGPUで作る。NVIDIAが取り組むGPGPUの新たな活用分野「機械学習」とは何か?

 GTC 2014 2日めとなる,北米時間2014年3月25日に行われたJen-Hsun Huang氏による基調講演の中から,今回は「機械学習」に関する話題をレポートしたい。大量のデータから特徴や意味を解析して,コンピュータ自体が学習していくという新しい技術に,進化し続けるGPUはどう活用されるのかを紐解いてみよう。

[2014/03/27 16:52]

[GTC 2014]Maxwellの次に来る次世代GPU「Pascal」。「NVLink」と3次元メモリがその“次世代性能”を切り開く

[GTC 2014]Maxwellの次に来る次世代GPU「Pascal」。「NVLink」と3次元メモリがその“次世代性能”を切り開く

 NVIDIA主催のGPU技術者会議「GTC 2014」が開幕。その基調講演で,Jen-Hsun Huang社長が,次世代GPU「Pascal」と,その関連技術である「NVLink」および3次元メモリの概要を明らかにした。本稿では,氏の基調講演で語られた内容から,Maxwellの次に来るGPUアーキテクチャに迫ってみたい。

[2014/03/27 00:00]

ドスパラ,KaveriやMantle解説イベントを3月30日に秋葉原パーツ館で開催

[2014/03/26 16:10]

[GTC 2014]価格は圧巻の2999ドル! デュアルGK110カード「GeForce GTX TITAN Z」登場

[GTC 2014]価格は圧巻の2999ドル! デュアルGK110カード「GeForce GTX TITAN Z」登場

 北米時間2014年3月25日,NVIDIA主催のGPUコンピューティング開発者会議「GPU Technology Conference」で,デュアル「GK110」カードとなる「GeForce GTX TITAN Z」を披露した。CUDA Core総数は5760基で,グラフィックスメモリ容量は合計12GB。メーカー想定売価は圧巻の2999ドルだ。ターゲットとなる解像度は“5K”という。

[2014/03/26 02:33]

[GTC 2014]NVIDIAの次世代GPUは2016年の「Pascal」。3次元メモリ技術で帯域幅は1TB/sに

[GTC 2014]NVIDIAの次世代GPUは2016年の「Pascal」。3次元メモリ技術で帯域幅は1TB/sに

 NVIDIAの次世代GPUは「Pascal」(パスカル,開発コードネーム)になる。これは同社総帥であるJen-Hsun Huang氏が明らかにしたもの。CPU&GPU間およびGPU&GPU間の帯域幅を大幅に拡張する「NVLink」,そして1TB/sものメモリバス帯域幅を実現する3次元メモリを採用するのが特徴だ。登場は2016年の予定となっている。

[2014/03/26 02:13]

[GDC 2014]PowerVRがついにリアルタイムレイトレーシングエンジンを統合。ゲームグラフィックスはハイブリッド時代へ

[GDC 2014]PowerVRがついにリアルタイムレイトレーシングエンジンを統合。ゲームグラフィックスはハイブリッド時代へ

 組み込み機器向けグラフィックスIPの大手であるImagination Technologiesが,レイトレーシングユニット統合型GPU「PowerVR Wizard」をGDC 2014で発表した。では実際のところ,レイトレーシングユニットとはいったいナニモノで,これを統合することによって何ができるようになるのか。この点を明らかにしてみよう。

[2014/03/25 00:00]

[GDC 2014]ゲーム開発者の取り込みを狙うIntel,統合型グラフィックス機能の性能を引き出す最適化セッションを実施

[GDC 2014]ゲーム開発者の取り込みを狙うIntel,統合型グラフィックス機能の性能を引き出す最適化セッションを実施

 今回はIntelがGDC 2014で実施したスポンサーセッションの中から,ゲーム開発に関わりの深いグラフィックス関連のセッション3つを取り上げて,Intelが何を訴えていたのかをレポートしたい。トピックは,統合型グラフィックス機能向けの最適化テクニックや,「Iris Pro Graphics 5200」で組み合わされるeDRAMの仕組みなどだ。

[2014/03/25 00:00]

[GDC 2014]OpenGL ES 3.1でリーダーシップを取るのはIntel? Bay Trail-Tと開発者向けツールでAndroid向けゲームの取り込みを狙う

[GDC 2014]OpenGL ES 3.1でリーダーシップを取るのはIntel? Bay Trail-Tと開発者向けツールでAndroid向けゲームの取り込みを狙う

 北米時間2014年3月20日,Intelは,GDC 2014に合わせて,Bay Trail-T搭載Android端末に向けたゲーム開発に関する記者説明会を開催した。OpenGL ES 3.1を高く評価するIntelは,これに素早く対応することで,Androidでの存在感を高めることを狙っている。OpenGL ES 3.1に向けた同社の取り組みをレポートしよう。

[2014/03/22 17:12]

[GDC 2014]Compute Shader導入で注目が集まるOpenGL ES 3.1セッションレポート。OpenGLのドライバオーバーヘッドは「Mantle」と戦えるレベルに

[GDC 2014]Compute Shader導入で注目が集まるOpenGL ES 3.1セッションレポート。OpenGLのドライバオーバーヘッドは「Mantle」と戦えるレベルに

 GDC 2014に合わせてKhronos Groupは,報道関係者向け説明会を開催し,OpenGL ESの最新版である「OpenGL ES 3.1」を発表した。本稿では説明会で披露されたOpenGL ES 3.1の要点と,AMDの「Mantle」登場で注目されるようになった「ドライバオーバーヘッド」がOpenGLでどうなったかをレポートしたい。

[2014/03/21 15:12]

[GDC 2014]Intel,次世代ハイエンドCPU「Haswell-E」の試作チップを披露。All-in-One PCの試作モデル「Project Black Brook」も

[GDC 2014]Intel,次世代ハイエンドCPU「Haswell-E」の試作チップを披露。All-in-One PCの試作モデル「Project Black Brook」も

 北米時間2014年3月19日,Intelは,GDC 2014に合わせて報道関係者向けのイベントを開催し,2014年半ば以降の投入を予定している「Haswell-E」や「Devil’s Canyon」といったデスクトップPC向け新CPUや,All-in-One PCの試作機「Project Black Brook」を披露した。デスクトップPCに向けたIntelの戦略が見えたイベントをレポートしよう。

[2014/03/21 00:00]

NVIDIA,「Unreal Engine 4」のGeForceとTegra最適化をアピール

[2014/03/20 20:57]

税別9500円以上の玄人志向製グラフィックスカードが1000円引。4月6日まで

[2014/03/20 13:18]

GainwardのGeForce GTX 750シリーズ搭載カード4製品がリンクスから発売

[2014/03/20 13:10]

[GDC 2014]Intel,第5世代Coreプロセッサ「Broadwell」や次期ハイエンドCPU「Haswell-E」などの概要を公開。Pentiumの20周年記念モデルも

[GDC 2014]Intel,第5世代Coreプロセッサ「Broadwell」や次期ハイエンドCPU「Haswell-E」などの概要を公開。Pentiumの20周年記念モデルも

 北米時間2014年3月19日,IntelはGDC 2014に合わせ,第5世代Coreプロセッサとなる「Broadwell」と,次期Core i7 Extreme Editionとなる「Haswell-E」,20周年記念版「Pentium」など,デスクトップPC向けCPUに関する複数の予告を行った。ここでは,明らかになった内容をまとめてお伝えしてみたい。

[2014/03/20 09:00]

EVGA製のGTX 750 Ti&GTX 750カードが国内発売。いずれもOC版

[2014/03/19 17:10]

Imagination,レイトレーシング機能を統合したGPU IP「PowerVR Wizard」発表。第1弾GPUは「PowerVR GR6500」

Imagination,レイトレーシング機能を統合したGPU IP「PowerVR Wizard」発表。第1弾GPUは「PowerVR GR6500」

 北米時間2014年3月18日,Imagination Technologiesは,リアルタイムのレイトレーシングに対応するモバイルGPUシリーズ「PowerVR Wizard」と,その第1弾となるGPU IPコア「PowerVR GR6500」を発表した。Rogue世代の「PowerVR Series6XT」にレイトレーシング機能を統合したGPUとなっている。

[2014/03/19 16:54]

GIGABYTE製R9 280&GTX 750 Ti搭載カードが登場。どちらもOC仕様

[2014/03/18 14:49]

「Thief」でMantleとTrueAudioの利用が可能になった公式最新β版ドライバ「Catalyst 14.3 Beta」リリース

「Thief」でMantleとTrueAudioの利用が可能になった公式最新β版ドライバ「Catalyst 14.3 Beta」リリース

 北米時間3月18日,AMDは,同社製GPUおよびAPUに対応する公式最新β版グラフィックスドライバ「Catalyst 14.3 Beta」を公開した。導入により,PC版「Thief」で,グラフィックスAPI「Mantle」と,同プログラマブルサウンドエンジン「TrueAudio」を利用できるのがトピックだ。TrueAudioが使えるようになるのは今回が初めてとなる。

[2014/03/18 13:01]

Khronos,「OpenGL ES 3.1」を発表。OpenGL 4.xとの親和性を高める改良を施す

Khronos,「OpenGL ES 3.1」を発表。OpenGL 4.xとの親和性を高める改良を施す

 北米時間2014年3月17日,Khronos Groupは,OpenGL ESのマイナーアップデートとなる「OpenGL ES 3.1」を発表した。PCや据置ゲーム機向けのAPIである「OpenGL 4.4」との親和性を高める方向での改良を施したのが特徴で,たとえばOpenGL 4.3で導入された「ComputeShader」が,OpenGL ES 3.1で利用可能になっている。

[2014/03/18 13:00]

MSI,ハイエンド志向の「R9 290X Lightning」を発売。「Twin Frozr IV Advanced」搭載のゲーマー向けR9 280搭載カードも

[2014/03/14 17:34]

玄人志向,OC仕様のRadeon R9 280&R7 265搭載カードを3月中旬に発売

[2014/03/14 15:01]

Intel,公式β版グラフィックスドライバ「15.33.0.3496」公開。「Titanfall」と「Thief」向けの最適化とバグ修正が進む

[2014/03/14 13:27]

GeForce GTX 200シリーズなどDX10世代のGPUはサポート終了。NVIDIAが予告

[2014/03/14 10:50]

NVIDIA,ノートPC向けのGeForce 800Mシリーズを正式発表。ゲームプレイ時のバッテリー駆動時間を延ばす「Battery Boost」がキモ

NVIDIA,ノートPC向けのGeForce 800Mシリーズを正式発表。ゲームプレイ時のバッテリー駆動時間を延ばす「Battery Boost」がキモ

 2014年3月13日1:00,NVIDIAは,ノートPC向けGPUの新モデルとなるGeForce GTX 800M&GeForce 800Mシリーズを正式発表した。ハイエンドモデルはKepler,ミドル〜エントリーモデルはMaxwellベース。GTX型番のゲーマー向け製品で,ゲームプレイ時のバッテリー駆動時間を延ばす技術「Battery Boost」を採用するのが大きな特徴だ。

[2014/03/13 01:00]

Kaveriを買うと「BF4」がもらえるキャンペーンがスタート。4月13日まで

[2014/03/11 18:24]

100mm径ファン採用のクーラーを搭載するGIGABYTE製R7 250Xカード

[2014/03/11 14:46]

「Titanfall」への最適化が謳われる公式最新版「GeForce 335.23 Driver」

[2014/03/11 11:56]

「いまはピンとこないかもしれないが,AMDの技術が状況を変える」。AMDでアジア太平洋&日本地域の事業を統括するベネット副社長インタビュー

「いまはピンとこないかもしれないが,AMDの技術が状況を変える」。AMDでアジア太平洋&日本地域の事業を統括するベネット副社長インタビュー

 AMDでアジア太平洋および日本における事業展開を指揮するデイビッド・ベネット副社長にインタビューする機会が得られた。AMDにとって日本はどういう国であり,同社は今後,日本で何をしようとしているのか。過去数年にわたってほとんど語られたなかった部分を聞いてきたので,その内容を余すところなくお伝えしたい。

[2014/03/08 00:00]
さらに記事を探す

トピックス
スペシャルコンテンツ